« 「エリザベスタウン」Elizabethtown | トップページ | 「V・フォー・ヴェンデッタ」V for Vendetta »

2005年8月 5日 (金)

今だから語れる「シスの復讐」

jedisith拙文「スターウォーズ EPISODEIII〜そして伝説へ」へのトラックバック、コメント、どうもありがとうございました。TBだけで15件は「のんびり亭」開設以来の最高。調子にのりまして、この程、映画情報を切り離し、「USAのんびり亭」映画情報を新たに開設しましたのでよろしくお願いします。

 さてさて「シス」に戻りますと、米国公開から3ヶ月近く、日本公開から1ヶ月、この作品が「映画」ジャンルを飛び越えた大きな「イベント」だったと今更ながら感じる次第。この微妙なずれが終えて、あの熱気はどこかに行ってしまった今、やっとネタバレ会話の楽しめる時期がやって参りました。以下続きにて、今だから語れる「シスの復讐」。

ジュダイ・サイド:
1)静かなジャージャー
意味無しおしゃべりで多くのスターウォーズ・ファンとニュージャージーの住民(ジャージャーは時にNJ住民の蔑称)を敵に回したジャージャービンクスが静かだったこと。エピIの扱いを見るときっとルーカスはチューバッカやロボットコンビのような人気キャラにしたかったのでしょうが。

2)チャンバラの魅力
エピIではクワイガンジンVSダースモール、オビワンVSダースモールのように、一対一できちんと決着のつく対決が多かったのに、ドゥークー伯爵VSアナキン、オビワン、ヨーダのような変則タッグで、なおかつ不透明決着の目だったエピII。エピIIIではその不満を振り払うかのように、アナキンVSドゥークー伯爵、オビワンVSグリーバス将軍という対決をセミファイナルにして、ダブルメインイベント、皇帝VSヨーダ、アナキンVSオビワンが実現。前者が文字通りのリングアウトに終わる不満をアナキンVSオビワン戦の決着で解消。チャンバラ映画の魅力満載。

3)ビバ!皇帝
エピIIIは完全にパルパティーン皇帝様の映画。権謀術数を駆使し、才能はあるが思慮に欠くアナキンを転ばせ、自ら生み出した共和国の敵分離主義者を鎮圧して見せ、返す刀で政敵ジュダイを抹殺。平和的手段を持って共和国を帝政に変更し、自ら初代皇帝になるというのは豊臣秀吉もびっくりの大出世、ピカレスクロマン。自ら剣(ライトサーバー)を振るってヨーダ撃退という実力もあり、カッコ良すぎ。ちゃんと力のある役者を使っていながら穴に落としただけだったエピVIから30年近く、やっとルーカス落とし前。

シスサイド・ダーク・サイド:
1)子供殺しアナキン
個人的にはそれまでの宇宙に安定をもたらしていたジュダイ・マスターをばったばったとなぎ倒す“悪のヒーロー” ダースベイダーの活躍を楽しみにしていたのですが、ベイダーになってから倒すのはいたいけな子供たち。“子供殺し”の異名を取るベイダー。ちょっとせこい悪の華。

2)万感の思いをこめて
ドラマ面での不満としては、完全に暗黒面暗黒面に落ちる瞬間、アナキンがオビワンに向かって言い放つ“I hate you”に、今までの3部作のドラマが集約されて見事、だったら良かったのですが、現実には単なる切れやすい子供のたわ言にしか聞こえないのが残念。しかしクリスチャン・ヘイデンはカッコ良く、才能があって実はガキという設定には妙にはまり役。

3)ハンソロ、どこいった?
噂では制作最初の段階では、10歳のハン・ソロがちらっとかつ重要な役で出てくるという話があったのですが、結局なし。噂ではIIIとIVの間を描くTVシリーズが作られ、そこで生き残りのジュダイ達が追われる話や、ハンソロとチューバッカの出会い、ランドー・カリシアンやボバ・フェット等の話が語られるそうですが、そりゃせこい。出し惜しみはいけません、ルーカスさん。

SWIIIDVD残された謎
・オビワンやルークを預かったオーウェン夫婦が何故19年(IIIとIVの間)であんなに老けてしまったのか?惑星タトウィーンは太陽が二つで日差しが強かったからという説が有力ですが、真実は?
・出生を秘密にしなくてはいけないのに、何故堂々とルークにスカイウォーカー姓を名乗らせたのか?この世界ではスカイウォーカーという姓は「鈴木さん」、韓国の「キムさん」みたいなポピュラーなものという説もありますが納得は行きません。
・アナキンの父は?
 結局謎のまま。ルークVSアナキンの親子喧嘩構造のキーは「腕」。腕を戦いで失った父が息子の腕を切るという因果応報、輪廻転生的考察で行くと、アナキンの腕を切り、そのアナキンに腕を切り落とされるドゥークー伯爵が有力(ころびジュダイも共通)とも思ったのですが、結局謎。

という事で結局DVD(米国11月1日)を買ってまた見てしまうんでしょうね〜。今からちょいと楽しみです。

|

« 「エリザベスタウン」Elizabethtown | トップページ | 「V・フォー・ヴェンデッタ」V for Vendetta »

コメント

別館開設おめでとうございます。

「シス」については、いくら書いても書ききれないという感じがします。たぶんもう一度見にいったらまた書くと思います(笑)

トップの画像、最高ですね。どこでゲットされたんですか?こっそり教えて下さい。

投稿: kingdow | 2005年8月 7日 (日) 06時49分

kingdow さん、早速のお越しありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。遅くなりましたがリンクもはらせて下さい。

「シス」、語らせる力が非常に強い映画ですね。私もDVDを買ったらまた書いてしまいそう。エピI、IIは見たら黙ってしまったのに(笑)。

画像に関してはhttp://affiliates.allposters.com/link/redirect.asp?AID=1418364763&PSTID=1<ID=5&startat=%2Fstartpage%2Easp">Allpostershttp://tracking.allposters.com/allposters.gif?AID=1418364763&PSTID=1<ID=5" border="0" height="1" width="1">をクリックしてみてくださいませ。

投稿: rambler | 2005年8月 7日 (日) 23時27分

TB有難うございました。
別館をオープンなさったんですね。
これからも色んな記事をアップして下さい。
また遊びに来ます。

投稿: bleu | 2005年8月 8日 (月) 01時57分

Blueさん、こちらへもお越しありがとうございます。

最近ニューヨークから縁遠くなっていますが、またNY関連の話題も取り上げますのでよろしくお願い致します。是非また遊びにいらしてください。

投稿: rambler | 2005年8月 9日 (火) 06時24分

TBさせて頂きました。
やっと落ち着いて感想を語れる時が来ましたが、でも言葉に出来ない想いが溢れてきて結局雑感のようなものになってしまいます。

SWシリーズは、一本の映画を超えた存在になりました。

投稿: bakabros | 2005年8月28日 (日) 01時04分

TBありがとうございました!
こちらの記事は、つっこみどころが鋭くて、すごく興味深いですね。面白いです!
特に、なぜ堂々とスカイウォーカー姓を名乗らせたのか、ってところが。確かにその通りですね!!
きっとよくある苗字だったのでしょう~!^^

投稿: 魅人画報 | 2005年9月 9日 (金) 07時21分

★魅人画報さん、コメントありがとうございます。
スターウォーズ、第一作(IV)がヒットしたので、基本構想はあったものの、後付で細部を組み立てていったので、結構矛盾があります。でもこうして、色々考えていると結局DVDも買ってしまい、ルーカスの思う壺、別名ダークサイドに・・・・落ちていきます。

投稿: rambler | 2005年9月 9日 (金) 13時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今だから語れる「シスの復讐」:

» スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 [シアフレ.blog]
アナキン・スカイウォーカーがダークサイドへ落ちていく過程と共和国終焉への運命が描かれたシリーズ完結編。 なぜアナキンがダース・ベイダーへと変貌したのか、オビ=ワンやヨーダが、伝説的なジェダイの壊滅をどうやって生き延びたのか等、これまで持ち越されてきた多く... [続きを読む]

受信: 2005年8月 8日 (月) 15時30分

» 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」三回目に思う [試写会帰りに]
プレミアで2回、いよいよ3回目、劇場へ最後のSWを見納めに。 日比谷日劇PLEX1は、スクリーンサイズは大きいものの、音の大きさや重低音の響き、何よりもフィルム上映なので、映像の鮮明さが無く、白っぽくぼやけていたり、暗くて見づらかったり。 何故DLP上映館でフィルム..... [続きを読む]

受信: 2005年8月28日 (日) 01時00分

« 「エリザベスタウン」Elizabethtown | トップページ | 「V・フォー・ヴェンデッタ」V for Vendetta »