« 「リトル・マンハッタン」Little Manhattan | トップページ | ニューヨークな映画たち・Part II »

2005年9月14日 (水)

「ブロークバック・マウンテン(原題)」Brokeback Mountain

brokeback日本では「たけし、受賞を逃す」というような記事ばかりですが、10日夜に閉幕したヴェネチア映画祭の最優秀賞である金獅子賞に輝いたのはこのアン・リー監督作品(情報はツボヤキさんの「ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY」から)。

1963年から80年代までのワイオミング壮大な自然と四季を舞台にした、二人の男の愛の物語。「ブラザース・グリム」ではマット・デイモンとコンビだったヒース・レッジャー&若手最高の演技派と目されるジェイク・ギレンズホール*のコンビは、新時代の「真夜中のカウボーイ」か「スケアクロウ」か。お姫様女優・アン・ハサウェイ(「プリティ・プリンセス」)のシリアスな演技にも注目。

今まで水面下でしたが、これで一気にアカデミー賞レースに躍り出てきました。同時に男優賞(デヴィッド・ストラザーン)とオゼッラ賞(脚本賞・ジョージ・クルーニー&グラント・ヘスロブ)を獲得した、「グッドナイト・アンド・グッドラック」もやはり前評判通りの強さを発揮。

ジェイク・ギレンズホール:
デビューが「シティ・スリッカーズ」とは調べるまで知りませんでした。2001年のカルト作「ドニーダルコ」で注目を集め、「Good Girl」での繊細な演技で若手演技派と目されるようになりました。知名度をあげなきゃいけないと思ったのか「デイ・アフター・トゥモロー」にも出演。今年の後半だけで「Brokeback Mountain」「Jarhead(これも注目作)」、「Proof(いまいち評価が低いけれど)」、「Jiminy Glick in La La Wood」と4作が待機中。プライヴェートではキルティン・ダンストの長年に渡るパートナー。一時期トビー・マグワイアに代わり「スパイダーマン2」の主演にという話もありました。

続きに作品情報

「ブロークバック・マウンテン(原題)」Brokeback Mountain
分野: ドラマ、ロマンス
米国公開日: 2005年12月9日 NY, LA, SF先行公開。
米国版公式サイト
米国配給会社: Focus Features
日本公開日: 未定
主演: Heath Ledger, Jake Gyllenhaal, Anne Hathaway, Michelle Williams, Randy Quaid
監督: Ang Lee
製作: David Linde, James Schamus, Diana Ossana

|

« 「リトル・マンハッタン」Little Manhattan | トップページ | ニューヨークな映画たち・Part II »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブロークバック・マウンテン(原題)」Brokeback Mountain:

» ■Brokeback Mountain ブロークバック・マウンテン [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■Brokeback Mountain ブロークバック・マウンテン ●アン・リーから、壮大なアメリカ、ワイオミングを舞台にしたラヴ・ストーリーが届きそうだ。ピューリツァー賞受賞者の著者アニー・プルーによって書かれた短編を元に、ラリー・マクマートリーとダイアナ・Ossanaによって脚... [続きを読む]

受信: 2005年10月17日 (月) 00時34分

« 「リトル・マンハッタン」Little Manhattan | トップページ | ニューヨークな映画たち・Part II »