« 「40歳の童貞(原題)」The 40-Year-Old Virgin、その2 | トップページ | 2006年夏の陣 »

2005年9月 7日 (水)

「シンデレラ・マン」Cinderella Man

cinderellaman大体まだ9月に入った時点で、2006年3月に発表になるアカデミー賞に向けて、「最有力」と宣伝する映画にろくなものはない、大体ノミネートの発表は来年なんだし、と映画ファンであれば身構えてしまいます。過去に痛い授業料を払わされているので。

ところがところが、本当にこの9月の時点で締め切りならば、本当に大本命な作品がこの「シンデレラ・マン」Cinderella Man。大恐慌時代に「負け犬」から「奇跡」を起こし全米に夢と勇気を与えた馬の物語・・・ってそれは「シービスケット」。ところがこの「シンデレラマン」の主人公のボクサー・ジム・ブラッドックの物語と競走馬シービスケットは、時代背景、挫折から栄光への軌跡、そして当時の人々の間に巻き起こした熱狂度等において、比較される存在との事。「シービスケット」を観た方なら比較も面白いかも。そういえば「シービスケット」も夏の公開で、当時はアカデミー賞の本命と言われていましたが、年末公開の「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」に敗れたのでしたが、この作品は果たしてどうなるでしょうか。これから公開のライバル映画についてはこちらをご覧下さい、Part I, Part II

とにかくラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガーの主役が素晴らしく、個人的にはそれぞれがアカデミー賞をとった「グラディエイター」「コールドマウンテン」よりも上と思っていますが、4月にも書いたように、マネージャーを演じるポール・ジアマッティに是非アカデミー助演男優賞を!

過去記事:
Summer Movie 2:シンデレラマン(April 30, 2005) ポスター別ヴァージョン有り。
日本語公式サイト、「アカデミー賞最有力」の文字が踊っています。

|

« 「40歳の童貞(原題)」The 40-Year-Old Virgin、その2 | トップページ | 2006年夏の陣 »

コメント

TBありがとうございます。
引っ越し先のブログからTBさせて頂きました。
本当に、ポール・ジアマッティの演技は素晴らしかったです! 私の中で助演男優賞は彼に決定!

投稿: bakabros | 2005年9月 7日 (水) 22時22分

★bakabrosさん、コメントありがとうございます。

ポール・ジアマッティはサイドウェイズで、主演男優賞にノミネートされなかったのが、不満だったのですが、確かに主役の華よりもこうした脇で、美味しいところをさらうほうが、向いているのかも知れませんね。来年が楽しみ(気が早すぎ?)

投稿: rambler | 2005年9月 9日 (金) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シンデレラ・マン」Cinderella Man:

» アカデミー賞はちと厳しいか 「シンデレラマン」 [平気の平左]
評価:70点 シンデレラマン 銀座のヤマハホールでの試写会に行ってまいりましたー。 私は「こちとら自腹じゃ!!」的な精神があって、「自分で金払って、時間使ってんだから、どんなに酷評しようといいだろ!!」という考えの持ち主なのですが、今回は試写会・・・ 酷評しなければならないような出来だったら、もう一度映画館に足を運んで、金を払わなければならないなぁ、でも、酷評するためにもう1回映画館行って時間と金を使うのもバカらしいなぁ、と変なこ... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 11時53分

» アカデミー賞はちと厳しいか 「シンデレラマン」 [平気の平左]
評価:70点 シンデレラマン 銀座のヤマハホールでの試写会に行ってまいりましたー。 私は「こちとら自腹じゃ!!」的な精神があって、「自分で金払って、時間使ってんだから、どんなに酷評しようといいだろ!!」という考えの持ち主なのですが、今回は試写会・・・ 酷評しなければならないような出来だったら、もう一度映画館に足を運んで、金を払わなければならないなぁ、でも、酷評するためにもう1回映画館行って時間と金を使うのもバカらしいなぁ、と変なこ... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 11時53分

» 『シンデレラマン』 [ラムの大通り]
-----なになに?まだ6月というのに、 アカデミー賞最有力候補だって? 「いくらなんでも気が早すぎるよね。 ロン・ハワード&ラッセル・クロウ、 そしてレニー・ゼルウィガーとくれば、 確かに何かやってくれそうだけど」 -----可能性あるの? 「まず難しいだろうね」 ----そりゃまた、あまりにもあっさり(笑)。 「一番の理由が、主人公がボクサーと言うこと。 『ミリオンダラー・ベイビー』に続いて�... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 17時01分

» 「 シンデレラ・マン 」 [MoonDreamWorks]
監督 : ロン・ハワード「ビューティフル・マインド」主演 : ラッセル・クロウ / レニー・ゼルウィガー /       公式HP:http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ 「 Cinderellaman 」  「 あなたは、みんなの希望だけど、私の大切な人 」 試合の...... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 19時28分

» 「シンデレラマン」 [試写会帰りに]
東京FMホール「シンデレラマン」試写会。 実話を基に、大恐慌時代にどん底から這い上がったボクサーとその家族を描いたサクセスシンデレラストーリー。ロン・ハワード監督作品。 ラッセル・クロウが、彼とわかっていてもラッセル・クロウに見えない。 ボクサー役という事で..... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 22時17分

» ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて アメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた"シンデレラマン"と呼ばれたボクサーが居た。 前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、幸....... [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 (金) 11時24分

» シンデレラマン [まぁず、なにやってんだか]
今年度のアカデミー賞最有力とウワサの「シンデレラマン」、初日の初回上映を観てきました。 地元の新聞の懸賞で、近所の映画館で使える鑑賞券が当たったので、話題作を初日に観よう!と思ったワケです。 赤坂泰彦の「One on One」というラジオ番組でも、ゲストが「この半年で一番の傑作」と褒め称えていたので、期待大。 予告編を観ただけで、泣いちゃった私としては、もう泣く気マンマンですよ。 物語はジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)が前途有望なボクサーで暮らしも豊かだった場面から、一転して右手... [続きを読む]

受信: 2005年9月17日 (土) 22時19分

» 人はだれのために戦うか〜シンデレラマン [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「万歳!映画パラダイス」と銘打ったブログを展開しながら、3カ月あまり、映画を観ていなかった。正直なところ、あまり観たい映画がなかったのだ。観るからには感動したい。SFXは好みではないので。きょう、「シンデレラマン」の初日に「MOVIX 京都」に観にいった。前....... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 22時34分

» 「シンデレラマン」・・・これは泣けるーっ(;_;)  [HappyDays]
(ネタバレ注意)アメリカ、1930年代の大恐慌の頃、不況にあえぐ人々に、希望を持たせてくれた男がいた。ジム・ブラドック。実話だそうだ。順調にボクサー人生を歩んでいたはずのジムだったが、手の骨折が元で、引退を余儀なくされる。不況の折、仕事はなかなか見つからず...... [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 13時18分

» エエモンはエエですよ。 [映画コンサルタント日記]
今年に入って「ナショナル・トレジャー」(20億円)以外「プリティ・プリンセス2」 [続きを読む]

受信: 2005年9月23日 (金) 10時15分

» [映画/芝居]「CINDERELLA MAN」を観てきました [kazkaz diary]
「アポロ13」で月へ向かう宇宙飛行で起きた事故での奇跡の生還を描き、「ビューティフル・マインド」で実在の数学者を描いてアカデミー賞を取得したロン・ハワード監督の作品「シンデレラ・マン」を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2005年9月25日 (日) 17時51分

» シンデレラマン-CINDERELLA MAN- [shimoの音楽&映画鑑賞日記]
監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ    レニー・ゼルウィガー    ポール・ジアマッティ    クレイグ・ビアーコ  愛する妻メイと3人の子供に囲まれ幸せに暮らすジムは、ボクサーとしても将... [続きを読む]

受信: 2005年9月27日 (火) 08時58分

» シンデレラ・マン [月夜を詠む、風を観る]
久しぶりに、土曜日に映画シンデレラ・マンを観る(いつもは平日・一人)。 ボクシング映画…と思っていたら、違った。確かに、ボクサーが主人公なのだけど…。 世界大恐慌による貧困の中、ジムが家族を守り、どうやって乗り切っていったかという家族愛のストーリー(だと...... [続きを読む]

受信: 2005年9月27日 (火) 15時35分

» シンデレラマン [tosiブロ 物欲優等生]
ジャンルとしてはロッキーです。 ラッセル・クロウとレニー・ゼルヴィガーのアカデミーコンビ(監督も受賞してるからトリオかな?)が送るロッキー。 大恐慌版ロッキー。 家族愛版ロッキー。 ボクシングシーンのリアリティの無さまでロッキー。... [続きを読む]

受信: 2005年10月21日 (金) 07時44分

« 「40歳の童貞(原題)」The 40-Year-Old Virgin、その2 | トップページ | 2006年夏の陣 »