« サラ・ジェシカ・パーカー | トップページ | 「氷の微笑2」と「ミッション・インポッシブル3」 »

2005年10月15日 (土)

「エリザベスタウン」Elizabethtown【その2】

elizabethtown2キャメロン・クロウ監督の最新作。「あの頃、ペニーレインと」と同じく監督自身のパーソナルな体験を基に、詩的とも言える映像と音楽、そしてオーランド・ブルームとキルティン・ダンストという旬な若手と、スーザン・サランドン、アレック・ボードウィンという重量級脇役を配して、今度こそアカデミー賞との呼び声も高かったのに、トロント映画祭で披露されたとたん、批評家からはボロカスに叩かれている本作。個人的に今年最高の期待作だっただけに気になって仕方がなく、公開初日に行って来ました。

で、結論から言えば、評論家の言う事を信じてはいけません。十分納得の出来栄え。特に音楽の使い方が益々凄くなってきて、音楽が絵を、そしてストーリーを引っ張っている感さえあり。お馴染みのエルトン・ジョンも良いのですが、今回はケンタッキーからメンフィス近辺という舞台とマッチしてアメリカンロック勢優勢。特にトム・ペティの曲が心に染み入ります。また生演奏シーンで使われるレイナード・スキナードの名曲「フリー・バード(映画館で歌っていた人あり)」、そしてキング牧師のシーンでのU2のあの曲(当然というか、ベタな使い方)と音楽がキラキラしています(音楽担当は監督の愛妻&ハートのギタリスト、ナンシー・ウィルソン・“続き“にサントラ曲目を入れておきますが、入っていない曲が多すぎ)。

興味深かったのは、今年見たジャームッシュの新作「ブロークン・フラワーズ」が、成功した中年男が息子と失われた過去を求めて、人生を見つめなおす(でも癒されない)旅に出る映画だったのに対して、「エリザベスタウン」は、若くして全てを失った男が、父の人生に触れ旅に出て自分を見つめなおし、癒されていくという裏表の構造だったこと。双方とも中西部の田舎を舞台にし、渋い音楽に彩られている点が共通していますが、残酷なまでに突き放すジャームシュに対し、こちらは愛情と希望に満ちている点が最大の違い(尊敬するビリーワイルダーの影響か)。このあたりが常にキャメロン・クロウが「甘い」と叩かれるゆえんでしょうか。でもいいじゃないですか。映画を見るほうは、十分現実で突き放されているのですから、希望を信じても。

これがコスプレ以外初のオーランド・ブルームは、ナイーブな感性が良く出ていてファンにはたまらないのでは。キルティン・ダンストは前半ちょっとうるさい感じですが、後半どんどん良くなります。チョイ役のジェシカ・ビールが魅力的。しかし出番は少ないもののやっぱりスーザン・サランドン。映画の一番美味しいところを持っていきます。

確かに個々のエピソードの切れが悪く、特に前半の転がりが悪いので、傑作、名作とは言えずアカデミー賞戦線からは脱落してしまいましたが、私には愛しき小品。機会があれば出来るだけ音響の良い環境で耳と目でお楽しみ下さい。

過去記事: 「エリザベスタウン」Elizabethtown 2005年8月 3日 (水)-別ポスター有
人気blogランキングに参加しました。是非ご支援のクリックを
banner_02

エリザベスタウン・サウンドトラック
1.60B <エリザベスタウンのテーマ> / ナンシー・ウィルソン
2.イットゥル・オール・ワーク・アウト / トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
3.父の銃 / エルトン・ジョン
4.io (ジズ・タイム・アラウンド) / ヘレン・ステラ
5.カム・ピック・ミー・アップ / ライアン・アダムス
6.ホエア・トゥ・ビギン / マイ・モーニング・ジャケット
7.ロング・ライド・ホーム / パティ・グリフィン
8.シュガー・ブルー/ ジェフ・フィンリン
9.ドント・アイ・ホールド・ユー / ウィート
10.シャット・アス・ダウン / リンジー・バッキンガム
11.レット・イット・アウト(レット・イット・オール・ハング・アウト) / ザ・オンブレス
12.ハード・タイムズ / イーストマウンテンサウス
13.ジーザス・ワズ・ア・クロスメーカー / ザ・ホリーズ
14.スクエア・ワン / トム・ペティ
15.セイム・イン・エニー・ランゲイジ / I Nine

分野:ドラマ・コメディ:
米国公開日:2005年10月14日
日本公開日:2005年11月下旬
主演: Orlando Bloom, Kirsten Dunst, Susan Sarandon, Jessica Biel, Judy Greer
監督: Cameron Crowe
製作: Cameron Crowe, Tom Cruise, Paula Wagner
米国公式サイト: http://www.elizabethtown.com/
日本公式サイト: http://www.e-town-movie.jp/

|

« サラ・ジェシカ・パーカー | トップページ | 「氷の微笑2」と「ミッション・インポッシブル3」 »

コメント

TBありがとうございました!
登場人物が魅力的に描かれていた事は私も激しく同意です★道中に流れるミュージックも、心地良く耳に響いて、楽しむ事が出来、是非ともサントラが欲しい!!とまで思ったのですが、いかんせんストーリーがわたし的にはダメでした…。ちょっとファンタジックで浮世離れしてるなと感じてしまったかもしれません…。ですが、色々な意見があるから、感想を見るのが楽しいというものですよね!

投稿: けい | 2005年10月16日 (日) 22時50分

★けいさん、コメント&TBどうもありがとうございます。

同じ映画を見て意見が違うということは、素敵な事だと思っています。それを話すのもまた映画の楽しみ。是非また遊びに来てくださいませ。

投稿: rambler | 2005年10月17日 (月) 00時06分

TBありがとうございます。
そうでしたか。確かに評論家筋あまりの評価の低さに、(期待が大きい分だけ)かなり不安だったのですが、
>、評論家の言う事を信じてはいけません。十分納得の出来栄え。
のひと言に胸をなでおろしています。
加えて音楽も相当に期待大ですね、やっぱり。

投稿: nikidasu | 2005年10月17日 (月) 08時19分

★nikidasuさん、コメント&TBどうもありがとうございました。

アメリカでのYahoo Movieを見ると、評論家Cで一般観客B評価でした。かなり評価が割れてはいますが、そこは自分の感性を信じて見ればいいと思っています。日本での公開を、お楽しみに。

投稿: rambler | 2005年10月17日 (月) 10時56分

TBありがとうございました。
す~っと温かく爽やかな気持ちにさせられ私にも愛しき小品になりました。
音楽がホントに心地よくってサントラは買いです!

投稿: ななな | 2005年10月21日 (金) 13時36分

★なななさん、コメントどうもありがとうございました。

早速サントラ買って「60B」、聞いております。映画で使われたいくつかの曲については、近日中に音楽ブログの方で書きますので、お楽しみに。

投稿: rambler | 2005年10月22日 (土) 11時14分

TBありがとうございました!
ナンシー・ウィルソンってハートだったのかぁ~
学生時代にハートのコピーバンドもやったことあるのに知りませんでした(汗)
バラクーダじゃなくてフリーバードをメインにもってくるなんて、音楽ファンの心も鷲づかみってところですね♪

投稿: kossy | 2005年11月13日 (日) 00時36分

★kossyさん、コメントどうもありがとうございます。「ハート」は1昨年ニューヨークで見ましたが、相変わらず元気でした、ナンシーは体型も変わらず(笑)。

「フリーバード」は南部の人にとって「聖歌」みたいなものですね。お笑いにつかっちゃっていいんでしょうか!?

投稿: rambler | 2005年11月13日 (日) 02時18分

はじめまして♪TBありがとうございます。
サントラのナンバー知りたかったです。
ナイスでした。

投稿: ぎん | 2005年11月20日 (日) 13時06分

★ぎんさん、こめんといありがとうございました。が、サントラには映画で使われた曲のかなりのものが入っていないんです。このあたりはDVDが出たら書きたいと思っています。

投稿: rambler | 2005年11月21日 (月) 00時02分

こんにちわ。
エリザベスタウンでTBかけさせていただきました。これ、私はとっても好きな映画。今年見た中でも高得点な1本です。
ところで、サントラ!私も買いましたが、まさしく入っていない曲が多すぎる~(怒)。
エルトンの曲は入っていたからよかったものの、
(まぁあの曲が入ってなかったら本当にびっくりしますが。)
エンドロールのラストで流れた「ムーンリバー」の
ニューバージョン。あれが心に響いたので、絶対聞きたかったのに・・・。入ってませんでした・・・無念でなりません。あれはいったい誰が歌ってたんでしょうね・・・。

投稿: SHOKO | 2005年11月21日 (月) 11時57分

★SHOKOさん、コメントありがとうございます。本と、フリートウッド・マック(もしくはリンジーバッキンガムの?)「Big Love」、U2「Pride:In The Name of Love」、トムペティ&ハートブレイカーズの「(度忘れ)」、そして「フリーバード」等など、未収録曲でアルバムが、もう一枚作れるますね。「ムーンリバー」新ヴァージョン、調べておきます。

投稿: rambler | 2005年11月22日 (火) 11時30分

こんにちは。reismと申します。
エリザベスタウン、よかったですよね。
オーリー様に夢中です。
TBさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

投稿: reism | 2005年11月23日 (水) 08時27分

★reismさん、コメントありがとうございます。

オーランドブルーム、一気にスターになっちゃいましたが、今はどちらかというとこういう”大作”ではない作品で着々と地固めする時期だと思っています。「パイレーツ2&3」の後、どんな作品選びをするか楽しみです。

投稿: rambler | 2005年11月27日 (日) 02時08分

はじめまして。
TBさせていただきましたー。
音楽がとってもいい映画でしたよねぇ。
オーランドもこういう作品にもっともっと
出ればいいのになーと今回思いました。
まるでアイドルですからねぇ。
ではではまた遊びにきますね。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: minori | 2005年12月 5日 (月) 19時53分

★minoriさん、コメントありがとうございます。

オーランド・ブルーム、いきなりスターになっちゃって戸惑っていると思いますが、今回のアメリカン・イングリッシュへの対応の見事さは、やっぱり只者ではないと思っています。これからが楽しみ。

これからも是非お立ち寄り下さい。

投稿: rambler | 2005年12月 5日 (月) 21時49分

★Shokoさんへのお返事(亀レス失礼)。
ラストに流れるムーンリヴァーはパティ・グリフィンだそうです。彼女のHPはこちら。
http://www.pattygriffin.com/index.php

投稿: rambler | 2005年12月 6日 (火) 02時45分

TBありがとうございます。膨大な記事に感服です。
不評なレビューには「ん?」な作品ですよね。どうしてもボロカスな評価が多いのか、さっぱりわかりません。
これは機にキャメロン・クロウ監督作見直してみたくなりました。

投稿: THOM | 2005年12月 6日 (火) 12時18分

TBありがとうございました。
キャメロン・クロウ大好きなので、私は満足でしたが、
つまらなかった、という人の気持ちもわかります。

オーランド、なんかキャラが弱い気がするんですけど・・・
でも、こういう路線、似合ってます。

投稿: kino | 2005年12月 6日 (火) 23時26分

★THOMさん、コメントありがとうございます。

皆さんのレヴューを読んで思うに、どうも「感動」を期待しすぎて映画館に行っているような・・・多分宣伝の仕方にも問題があるのかも知れませんが。

キャメロンクロウの持ち味は「感動」とはもっと別な感じがします。私は久方ぶりに「Singles」が見返したくなりました。

★kinoさん、コメントありがとうございます。
確かに細かなギャグが滑っていた所もあるので、アメリカでも受けは良くなかったのですが(&毎回、甘すぎると書かれる)、私には大切な一本です。

オーランド、今は「大作」よりも、これくらいのサイズの映画で力を蓄えるほうが、良いのでは。

投稿: rambler | 2005年12月 7日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エリザベスタウン」Elizabethtown【その2】:

» 「 エリザベスタウン 」 [MoonDreamWorks]
監督 : キャメロン・クロウ 製作:トム・クルーズ 主演 : オーランド・ブルーム / キルステン・ダンスト /      / スーザン・サランドン  /  公式HP  アメリカ公式HP 当初10月公開予定だったこの作品は、遅れに遅れて試写会さえも延期になり、か...... [続きを読む]

受信: 2005年10月16日 (日) 10時35分

» 「エリザベスタウン」オーリーの最高傑作だ! [新作映画ピンポイント情報]
 「エリザベスタウン」(UIP)は、「キングダム・オブ・ヘブン」(05)のオーランド・ブルーム主演最新作!人生最悪の日か [続きを読む]

受信: 2005年10月16日 (日) 21時25分

» ■Elizabethtown エリザベス・タウン [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■Elizabethtown エリザベス・タウン ●やっと、アップできる日が来た・・・キャメロン・クロウ監督の新作。撮影は昨年から徐々に進められ、その様子にヤキモキさせられた。何故か・・・いったいどーゆー物語なんだ、こんなに大勢のキャスト・・・! さ、間違いなく面白いぞ... [続きを読む]

受信: 2005年10月17日 (月) 00時36分

» Elton John : My Father's Gun [俺の明日はどっちだ]
昨日紹介した“ Almost Famous ”のキャメロン・クロウ監督の新作のニュースをお馴染みツボヤキ氏のブログで知った。 で、まずはと思いこの“ Elizabethtown ”と名付けられた映画のオフィシャルサイトをhttp://www.elizabethtown.com/index.html覗いてみると、「オーランド・ブルームのファンでなくても、キルスティン・ダンストが苦手でも、きっと気に入っていただけそうな気配が充満している」�... [続きを読む]

受信: 2005年10月17日 (月) 08時22分

» エリザベスタウン [toe@cinematiclife]
先日、銀座ヤマハホールでの試写会に行ってきた。 主演はオーランド・ブルーム(オーリー)。 さすがオーリー大人気で、ほぼ満席の大盛況。私は、ちょっと美少年苦手で、オーリーもあまり興味無かったのだけど、映画はなかなか良い映画だったのよぉ~。 <STORY> 靴製造会社に8年間勤務したドリュー(オーランド・ブルーム)は、改心の出来だったはずの靴が大量に返品される事態になってしまい、その靴に社運を賭けた会... [続きを読む]

受信: 2005年10月17日 (月) 17時30分

» 「エリザベスタウン」 [徒然雑草]
2005/10/13 東京銀座「ヤマハホール」で「エリザベスタウン」の試写を観た。監督・脚本:キャメロン・クロウ製作:キャメロン・クロウ、トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー出演:オーランド・ブルーム(ドリュー…... [続きを読む]

受信: 2005年10月17日 (月) 22時16分

» 『エリザベスタウン』とプレスシート [シネマのしたため]
『エリザベスタウン』 すてきなプレスシートをいただきました。 箱入りパステルカラーに胸キュン。 配給会社さんに感謝の気持ちを込めて、試写blogです。 今回は『エリザベスタウン』。ソフトシューズ/UIPさんです。 『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『キ...... [続きを読む]

受信: 2005年10月20日 (木) 00時43分

» 試写会『エリザベスタウン』鑑賞 [蛇足帳~blogばん~]
 Cameron Crowe監督作品&Orlando Bloom主演の『ELIZABETHTOWN』の試写会に行って来ました。開場少し前に行って並んだんだけど凄い人でした。満席状態だったなぁ。劇場公開11/12からですが、Orlando主演だけあって注目度が高いみたいですね。  トレイラーで判明している程..... [続きを読む]

受信: 2005年10月20日 (木) 12時53分

» エリザベスタウン [映画を観たよ]
楽しみにしていました。 でも期待しすぎたかな? あの頃ペニー・レインと」の方が断然好き。 それでもこっちも嫌いじゃない。それなりに好き。 あの予告だけ見るとどうも感動ドラマと取り違えてしまうような気がしたり車で旅する映画に見えてしまったり・・・あの予告よくできてるよね。 とりあえずドラマで車で旅するけど、でも予告を期待していくと肩透かしを食らうかもです。 どちらかって言うとユーモア�... [続きを読む]

受信: 2005年10月21日 (金) 13時16分

» 「エリザベスタウン」@明治安田生命ホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
10月公開予定だったのにもかかわらず、フィルム到着の遅れ?編集の遅れ?で11月公開に変更になった「エリザベスタウン」。10月の始めの頃は、試写作品が変更になったり、劇券になったりとバタバタ・・・あーちゃんも当選していましたが『試写会が中止になりましたので劇券を贈ります。』と手紙入りの封書が届き、あ〜〜〜…というフラストレーションが作品への過剰な期待へ!と変化していったので、要注意★と思いながら鑑賞。期待しすぎ... [続きを読む]

受信: 2005年10月23日 (日) 15時44分

» 「エリザベスタウン」試写会 [ミチミチ]
「エリザベスタウン」 監督・脚本 キャメロン・クロウ CAST オーランド・ブルーム/キルスティン・ダストン・・・ story  夢のようなシューズを開発したドリュー。しかし、プロジェクトは大失敗、返品の山。そこへ追い討ちをかけるように、父の死を知らされる。父の故...... [続きを読む]

受信: 2005年10月27日 (木) 16時42分

» 「エリザベスタウン」(2005)試写 [MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜]
11/12(土)より全国ロードショーです。"ELIZABETHTOWN"監督、脚本・・・キャメロン・クロウ出演・・・オーランド・ブルーム OrlandoBloomドリューキルステン・ダンスト KirstenDunstクレアスーザン・サランドン SusanSarandonホリーアレック・ボールドウィン Alec...... [続きを読む]

受信: 2005年10月28日 (金) 01時28分

» エリザベスタウン [毎週水曜日にMOVIE!]
いやあ。なんと2週間ぶりの投稿。こんなにあけてしまって情けないったら。今日までに4本も書いていない映画があるわけです。。そのまず一弾め。 ね。普通のオーリーです。普通のTシャツです。いかがでしょう。 「エリザベスタウン」・・ケンタッキー州のハイウェイの出口60Bを出たとこにあります。 シューズメーカー(N○KEっぽいんだけどね)のデザイナー、ドリュー(オーランド・ブルーム)は新作に大失敗し、会社に10億ドルもの損失を与え恋人を失い、死のうとします。 そこへ、父の急死の知らせ。いそ... [続きを読む]

受信: 2005年11月 9日 (水) 17時21分

» エリザベスタウン観賞 [Cafeアリス]
エリザベスタウン観賞してきました。 今回は、めずらしく公開初日の初回に行きましたが、空いてましたね~。 この作品を、観ようと思う人は、オーランド・ブルームのファンなのか、 キャメロン・クロウ監督のファンなのか、予告編がよかったからか・・・。 さて、私...... [続きを読む]

受信: 2005年11月12日 (土) 19時07分

» エリザベスタウン [Saturday In The Park]
アメリカ 118分 監督:キャメロン・クロウ 出演:オーランド・ブルーム     キルステン・ダンスト     スーザン・サランドン     アレック・ボールドウィン シューズ会社に勤務するデザイナーのドリューは自分が企画したシューズが失敗 に終わり会社...... [続きを読む]

受信: 2005年11月12日 (土) 23時33分

» エリザベスタウン [ネタバレ映画館]
 レーナード・スキナードの「フリーバード」。スーザン・サランドンのムーン・リバー・ダンス。さりげなく映る『ローマの休日』・・・涙が出るほど嬉しい音楽と映像の数々だが、極めつけはKISSの骨壷だった!  『あの頃ペニー・レインと』でもそうだったけど、選曲のセンスが良すぎるキャメロン・クロウ。あの映画でもローリング・ストーン誌スタッフとして働いていた彼の経験が活かされていたけど、今回も監督自身の経験... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 00時31分

» エリザベスタウン [映画君の毎日]
最近観た映画上映前の予告編で、とても素晴しい作品に思えた。 土曜日は公開初日。しかもオーランド・ブルームは人気がある。 でも感動は旬のうちにと映画館へ。 作品は挫折と不幸が重なった主人公が立ち直るまでのストーリー。 自分も歳だけは食ってても、... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 02時20分

» エリザベスタウン [みずのシネマ食いしん坊]
********************** ○作品名:エリザベスタウン ○監督:キャメロン・クロウ ○製作:キャメロン・クロウ トム・クルーズほか ○出演: オーランド・ブルーム キルスティン・ダンスト スーザン・サランドン アレック・ボールドウィン     ... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 02時25分

» 「エリザベスタウン」 [首都クロム]
 コスチュームプレイから離れたオーランドに興味があり、見に行きました。何だかとても新鮮でしたね。アメリカン役のオーランドも然りですが、話の内容などが。作品全体から受けるイメージが“「ビッグ・フィッシュ」-黄色”です。とても穏やかに、そして恐らく的確に、一人の青年の心象をスケッチした作品かと思いました。  使われていた音楽がとても良さそうな曲ばかりで、サントラにも興味あり。ですが、実際問題として少々煩かった感も拭えません。もう少しボリューム落として聞かせたら、ドラマを見に来た客も音楽を聴きたい客... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 10時16分

» [movie]エリザベスタウン [時計仕掛けの日々]
 Story:シューズ会社に勤務するデザイナー、ドリュー(オーランド・ブルーム)は、長年開発に打ち込んできた画期的なシューズが失敗に終わり会社をクビになってしまう。自らの人生を終わらせる覚悟を決めるが、命を絶とうとしたまさにその時、故郷を訪れていた父親が心臓発作で亡くなったという報せが届く。父の葬儀のためにケンタッキー州の小さな街、エリザベスタウンへと向かう。失意の彼は飛行機の中で、陽気でお節介焼きのフライト・アテンダント、クレア(キルスティン・ダンスト)と出会う…。  監督・脚本は『あの頃ペニ... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 21時13分

» エリザベスタウン [ブログ的雪かき]
エリザベスタウン ?  つれづれなるままに80本目。エリザベスタウン。 ?  観賞in吉祥寺。初日のナイトショー9時開演。で、テレビでも散々プロモーションしてることだし結構混んでるだろうと思い行ってみると、なんと客の入りは2割くらい。まあナイトショー... [続きを読む]

受信: 2005年11月14日 (月) 15時08分

» 「エリザベスタウン」 [GOOD☆NEWS]
「エリザベスタウン」を観て来ました。主演は「ロード・オブ・ザ・リング」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「トロイ」とコスチューム役のイメージが強く残っているオーランド・ブルームです。共演が「スパイダーマン」のヒロイン役のキルスティン・ダンスト。「ステ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 10時40分

» 「エリザベスタウン」 Elizabethtown [俺の明日はどっちだ]
「すべてを失った僕を、待っている場所があった・・・・・・」 そこはアメリカ南部ケンタッキー州のエリザベスタウンキャメロン・クロウ監督作品「あの頃ペニーレインと」“ Almost Famous ”から5年。 7月頃からネットで流されていた予告編ではエルトン・ジョンの“ My Father's Gun ”が1曲丸ごと流れ、インサートされるシーンも期待感溢れる仕上がりだったこともあって実はこの秋公開される映画の中で一番気にな�... [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 01時24分

» エリザベスタウン [まぁず、なにやってんだか]
予告編を観て、この映画はどんなジャンルなのか、ラブストーリーでもないようだし、父子の絆かな? 何を言いたいのかわからないけど、オーランド・ブルームが主演だから、いい映画かも!と臨んだレディースディ2本目の「エリザベスタウン」。 一言で言い表せば「予告と同じ内容」。つまり、予告で観たこと以外に私に訴えかける何かが何もなかった。 オーリーは素敵でしたよ。失意のオーリー、伏し目にすると、黒いまつげがびっしりとしているし、笑ったオーリーも素敵。オーリーの顔立ちはもろ好み、ストライクゾーン。 ... [続きを読む]

受信: 2005年11月17日 (木) 22時43分

» 『エリザベスタウン』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月19日 『エリザベスタウン』観賞レビュー! Elizabethtown すべてを失った僕を、待っている場所があった… この秋、爽やかな感動でみたされる 6日間の愛のストーリー 2005/アメリカ カラー/118分 配給:UIP映画 生きることの素晴らしさを伝えたい....。 ★スタッフ★ 監督・脚本 キャメロン・クロウ 製作 キャメロン・クロウ トム・クルーズ ポーラ・ワグナー ★キャスト★... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 04時59分

» エリザベスタウン [Chic & Sweet * びいず・びい]
「父と子の感動の物語!」と、期待をふくらませて出張ったのでちょっとガッカリ。 予告編やCMでは幼い主人公が父とダンスらしきものを踊っている姿や、車を走らせて涙ながらに遺灰を蒔く姿が印象的で、「泣かせてもらいます!」体勢で臨んだけど微妙~にツボが違かったようで。。。 失意のどん底から立ち上がる青年の物語であることに変わりはないのだけれど、その蘇生のきっかけが、 「父」に限らず、父の故郷の人々、家族、そして偶然新たに出会った一人の女性・・・「新しい出会い」がメインです。そういうツクリももちろん... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 08時12分

» 『エリザベスタウン』を観てきました [図書館と音楽と映画の日々]
『エリザベスタウン』を観てきました。 「人と関わりあうことの素晴らしさ」を 存分に表現した作品だと思いました。 胸にとても温かいものが押し寄せてきます。 絶望の淵から、希望の先へ・・・・ 嫌なヤツも愛しい人も、みんなひっくるめて 抱きしめたくなっち....... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 12時34分

» エリザベスタウン [めいきょう]
http://www.e-town-movie.jp/ キャメロン・クロウ 監督(「あの頃ペニー・レインと」「バニラ・スカイ」) ドリュー by オーランド・ブルーム(「ロード・オブ・ザ・リング」) クレア by キルステン・ダンスト(「スパイダーマン」) ドリューの母 by スー... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 13時08分

» エリザベスタウン [KINOKANAL]
監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ 製作:トム・クルーズ 出演:オーランド・ブルーム,キルステン・ダンスト,スーザン・サランドン,アレック・ボールドウィン 仕事一筋に情熱を燃やしてきた大手シューズ・メーカーの新進デザイナー、ドリューは、社運を賭けた新....... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 15時25分

» エリザベスタウン [セルフセラピー]
製作:2005年 監督:キャメロン・クロウ 出演:オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト、スーザン・サランドン HP:http://www.e-town-movie.jp/site/home.html 監督はバニラ・スカイ、あの頃ペニー・レインのキャメロン・クロウ。現在48歳らしい。六星占術で..... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 22時15分

» サントラ買っちゃいましたの。「エリザベスタウン」 [ココロにおいしいシネマ]
「エリザベスタウン」 この映画はね~、音楽がずるいっ!!素晴らしすぎてね。 この [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 11時47分

» 第16回映画の話『悲しみと共に』 [浪人猫-美術系浪人生の日常-]
久しぶりに映画の話です。 今回は『エリザベスタウン』です。 今の私には良い映画です。 なぜなら、今不幸せだから・・・(苦笑) 不幸せってほどでもないけど(っていうか幸せな部類であると思うんだけど)、寂しい・・。 そんな人にはいい映画なんではないでしょうか?... [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 22時16分

» エリザベスタウン ~Orlando Bloom最高!~ [Cheers!]
日曜日。 ハリーポッターでは、睡魔に負け 悔しい思いをしたので、 エリザベスタウン を観に行く。 今度は、寝なかった! 当たり前だ。 なぜなら、オーリー様(Orlando Bloom)が かっこよすぎたから。 オーリー様に釘付け。 今までの歴史... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 00時14分

» 映画館「エリザベスタウン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
会社を解雇され、恋人にフラレ、父が亡くなり失意のどん底の主人公ドリュー。父の故郷エリザベスタウンに訪れた彼は父を愛した人たちに出会う。。。 この映画を観ながら、自営業で会社をやっている私の父が会社が傾いた時や大変なときにいつも「命までは取りはしないさ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 (水) 13時47分

» 「エリザベスタウン」見てきました。 [よしなしごと]
 エリザベスタウンを見てきました。早くもアカデミー賞有力候補と言われている映画なので見に行くことに。 (いつも思うのですが、誰が有力候補とかって決めているのか疑問に思うのですが。。。あと、ロードオブザリングなんかは「今まで、映画化不可能と言われていた。」って宣伝されていましたが、誰が不可能って言っていたんでしょうか?)... [続きを読む]

受信: 2005年11月24日 (木) 22時08分

» 人生の再出発を爽やかに描いた「エリザベスタウン」 [田中陽子の映画ほめちぎり]
人生の中で、成功と失敗は隣り合わせだ。 主人公のドリュー(オーランド・ブルーム) [続きを読む]

受信: 2005年11月24日 (木) 23時45分

» 「エリザベスタウン」感傷に浸ったっていいだろ? [映画侍、ぶった斬り!!!]
自分の責任で巨額の損失を与え会社の存続すら危うい。すべての視線が自分に注がれる。死んでしまいたい。電話が鳴り、父が故郷で亡くなったと言う。行かざるを得ない。 「傷心の旅」はあるものだ。俺にも経験がある。解決すべき問題が山ほどあるのに、数十年もろくに帰った... [続きを読む]

受信: 2005年11月24日 (木) 23時54分

» 「エリザベスタウン」見てきました [Talk about music+movie]
オーランド・ブルームがキュート!現代劇のオーリーがとっても新鮮。共演のキルスティン・ダンストも魅力的。 すべてを失った僕を、待っている場所があった―― シューズ開発プロジェクトのデザイナードリュー(オーリー)は新商品の失敗により解雇される。企業に大損失を与..... [続きを読む]

受信: 2005年11月27日 (日) 10時05分

» エリザベスタウンに見たアメリカ的癒され方 [夜明け前]
[続きを読む]

受信: 2005年11月27日 (日) 18時53分

» 『エリザベス・タウン』★★・・・30点 [ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ]
『エリザベス・タウン』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/米                      配給;UIP  上映時間;133分        監督;キャメロン・クロウ       出演;オーランド・ブルーム/キルステン・ダン...... [続きを読む]

受信: 2005年11月28日 (月) 11時16分

» 『エリザベスタウン』 [晴れ、ときどき 三匹とシネマ。]
【ネタバレしてます】 ■監督・脚本■ キャメロン・クロウ  ■キャスト■ オーランド・ブルーム キルスティン・ダンスト スーザン・サランドン ジュディ・グリア トム・デヴィット ジェシカ・ビール アレック・ボールドウィン ジェド・リース 《あらすじ》シュ....... [続きを読む]

受信: 2005年11月28日 (月) 20時59分

» 『エリザベスタウン』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
ラブストーリーではなくてラブソングなのかー。 コミカルでポップなのに味わいはとてもスイート。 失意のどん底にいた僕に生命力を吹き込んでくれた出逢いの町。 胸キューンと心に沁みる旅ムービー。音楽はイイし、気に入った。 アメリカ本国でウケの悪い映画は、私は気に入る、の法則。 シューズ・メーカーに勤務して8年、デザイナーのドリューはプロジェクトを失敗させ、会社に大損害を与えて首になる。絶望の矢先に父の訃報が重なり、父の故郷の町へ向かう。ケンタッキー州エリザベスタウンへ。 この物語は、キ... [続きを読む]

受信: 2005年12月 4日 (日) 23時25分

» 『エリザベスタウン』 (2) [地球が回ればフィルムも回る]
前の『エリザベスタウン』の記事のコメント欄で書いたことを整理してまとめてみました。 『エリザベスタウン』 ー中途半端さが味わいになっている奇妙な映画ー この映画は中途半端なつくりのところがあり、それが不評の要因のひとつになっているのかもしれませんが、個人的にはその中途半端さが味わいとなって面白く思えてしまうという奇妙な作品のように思いました。 キャメロン・クロウ監督は、ビリー・ワイルダーにインタビューした「ワイルダーならどうする?」という著書があるぐらいのシネフィルの監督で、この映画でも往年... [続きを読む]

受信: 2005年12月 5日 (月) 11時15分

» 『エリザベスタウン』 地図と音楽の旅に出る。 [キマグレなヒトリゴト]
『あの頃ペニーレインと』『バニラスカイ』、サントラが結構 好きな私のお気に入りサントラの上位にあがるこの二つ。 (サントラについて私が以前アツク語った記事は こちら。サントラ考、のところです) ともにこの映画の監督、キャメロン・クロウによる映画です。 そしても..... [続きを読む]

受信: 2005年12月 5日 (月) 19時53分

» “誰でも一度は旅に出るものよ。音楽を連れて” [c a n a d i a n - r o c k y - s p m t .]
 「エリザベスタウン」 を観た。  キャメロン・クロウ監督最新作。 天地が引っくり返るほどの大失敗。 会社を解雇された主人公ドリューは自殺を決意する。 そんな折、ドリューは妹から父の突然の死を知らされる...  いろんなレビューを見た。賛否両論具合....... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 12時18分

» 「エリザベスタウン」地図など要らない [soramove]
「エリザベスタウン」★★★ オーランド・ブルーム、キルステン・ダンスト、スーザン・サランドン主演 キャメロン・クロウ監督、2005年、アメリカ 会社に巨額の損失を 与えた主人公は 自殺を考えるが、 そんな時、 父の死を知らされた。 旅の途中で 知り...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 20時04分

» 『エリザベスタウン』―不在の父親からの暖かな「まなざし」 [とりあえずジャンプ・カット!]
なかなか好感触だったキャメロン・クロウ監督の『エリザベスタウン』。いささか音楽を使いすぎるのが難と思いつつも、その選曲の良さにごまかされてしまった感もあり、また、この映画における「視線」への尋常でないこだわりが、私を穏やかな満足へと導いてくれました…。 ...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 23時07分

» 『エリザベスタウン』―不在の父親からの暖かな「まなざし」 [とりあえずジャンプ・カット!]
なかなか好感触だったキャメロン・クロウ監督の『エリザベスタウン』。いささか音楽を使いすぎるのが難と思いつつも、その選曲の良さにごまかされてしまった感もあり、また、この映画における「視線」への尋常でないこだわりが、私を穏やかな満足へと導いてくれました…。 ...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 23時09分

» 「エリザベスタウン」 キャメロン・クロウの世界 [目の中のリンゴ]
オーランドの次回作はキャメロン・クロウのセイシュンものらしい、と 聞いた時から、ずーっと楽しみにしていた映画です! 「ロード・オブ・ザ・リング」直後に、キャメロン・クロウが監督した GAPのCM(オーランドとケイト・ベッキンセールが出演)を観た時から いつか絶対にこの2人の映画が見てみたい!!と切に願っていました。 最初、アシュトン・クッチャーがこの役をやる予定だったけど、 演技が下手だ... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 23時24分

» エリザベスタウン [まつさんの映画伝道師]
第272回 ★★☆(劇場) (読んでみれば印象が変わるので、ご注意あそばせ)  悲しみを紛らわせるために、人は他人と接触することで「傷」を「舐め合う」。  ところがこの映画では「穴埋め」という言葉を使う。お互いの足りないところを見つけて、デコボコ....... [続きを読む]

受信: 2005年12月 9日 (金) 12時03分

« サラ・ジェシカ・パーカー | トップページ | 「氷の微笑2」と「ミッション・インポッシブル3」 »