« 「バンディダス」Bandidas (予告) | トップページ | ライオンと魔女、ハリーを破る。全米週末興行収入順位12/9-11日付 »

2005年12月11日 (日)

「ミュンヘン」Munich (予告、その2)

TimeCover1スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」が話題を呼んでいます。今週の「TIME」の表紙を、スピルバーグが飾ると共に“Spielberg’s Secret masterpiece(スピルバーグの隠された傑作)”という記事、本人の独占インタビューを掲載しています。ワーナーと同じメディア系列の「TIME」が、別グループ・ユニヴァーサル製作の「ミュンヘン」を、巻頭で紹介するという事自体が、この映画の持つ社会的なインパクトの強さを物語っています。またベイエリア在住の映画評論家町山智浩さんの「アメリカ日記」というブログでは、「2005年に観た映画ではベストワンだ。とにかく強烈で、壮絶な映画だった。」と紹介しています。アカデミー賞でも本命視する声が出てきています(関連記事こちら

ユダヤ系アメリカ人スピルバーグがイスラエルのパレスチナテロリストに対する復讐を描くこの映画が、勧善懲悪、イスラエル万歳になっているのではないかという懸念が、製作の発表以来常に付きまとってきました。これに対し、スピルバーグは徹底して作品そのものを見て欲しい、作品が全てを語るとの態度でメディアに接し、インタビューも今回の「TIME」誌のみとのこと。

作品は勿論勧善懲悪映画ではなく、この中東紛争の分岐点となったパレスチナ・ゲリラによるミュンヘン・オリンピックのイスラエル選手団の殺害事件と、その影響を描くことにより、テロリストを追うものがまたテロリストになっていく、そして報復が報復を生み出していく911以降の現在を照射した作品となっている様子。その為の暴力描写が「セービング・プライベート・ライアン」の如く、リアリスティックになっているとの事で、このあたりはまた議論を呼びそうです。

米国内では12月23日に大都市部でまず公開し、新年6日から拡大公開。日本でも2月の上旬には公開されるとのこと。ただ今、この映画見たさに都市部への年末旅行を考え中です。是非まずは重々しい予告編をご覧下さいー>こちら

人気blogランキングに参加しました。是非ご支援下さいbanner_02

続きに11月9日の紹介「その1」あり。

2005年11月 9日 (水)

「ミュンヘン」Munich

munich10月末まで撮影を続けていたスティーブン・スピルバーグ監督最新作。公開日までに本当に間に合うのかどうか心配ですが、最近のスピルバーグはデジタルカメラ&デジタル編集を多用していて、撮影を続けながら現場でばんばん編集しているらしいので期待しましょう。公開日がクリスマスでスピルバーグといえば、それだけで来年のアカデミー賞候補に上げる人も多いのですが、これはアクション巨編なのか、重厚な人間ドラマなのか?その違いによって大分変わってくるかと思われます。

1972年のミュンヘン・オリンピックで起きたアラブ・テロリスト“黒い九月”のイスラエル選手の殺害事件。その主犯テロリストたちを執念で追いかけるイスラエル諜報機関モサドの戦いを描くという、無茶苦茶政治的議論を引き起こしそうな映画。当初のタイトルも“ベンジェンス(復讐)”だったのですが、最終的に「ミュンヘン」Munichに落ち着きました。HBO(ケーブルTV)製作の「Angels in America」で、高い評価を受けたトニー・クシュナー脚本、「トロイ」「ハルク」のエリック・バナ主演、新ジェームス・ボンド・ダニエル・クレイグ&ジェフリー・ラッシュ共演と重厚そうですが、それは逆に危ない感じをかもし出しています。

「ミュンヘン」Munich
分野: アクション・アドヴェンチャー・サスペンス・スリラー・ドラマ
米国公開日: 2005年12月23日(限定公開-1/06/2006に全国公開)
米国公式サイト:http://www.munichmovie.com/
米国配給会社: Universal Pictures
日本公開日: 2006年2月上旬
主演:Eric Bana, Daniel Craig, Geoffrey Rush, Mathieu Kassovitz, Hanns Zischler
監督:Steven Spielberg
製作:Kathleen Kennedy, Barry Mendel, Steven Spielberg

|

« 「バンディダス」Bandidas (予告) | トップページ | ライオンと魔女、ハリーを破る。全米週末興行収入順位12/9-11日付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミュンヘン」Munich (予告、その2):

» ミュンヘンに立ち戻ったスピルバーグの祈り [TIME ガイダンス-choibiki's BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し]
Spielberg takes on Terror ・・・タイム記事へ   ミュンヘン(独、Munich)という街は、現代史の中ではとかく不幸を背負ってきた街でもあります。ドイツ第三の都市、百万人都市で、ビールや芸術、自動車でも名高いこの都市には、幾度かの悲劇がありました。その中でも、ナチスヒトラーの拠点となってしまった場所であること。そして、もうひとつが、今回のテーマであるオリンピックでの悲劇です。 巨匠スピルバーグ(Steven Spielberg)監督によって... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 04時53分

» 映画 MUNICH [プリンストンに暮らす]
本日スピルバーグ監督の映画 Munich が全米公開されました。 ミュンヘン在住時より、この映画の製作にはとても興味を持っていたので、 早速主人とプリンストンの古い小さな映画館へ出かけてきました。 もちろんイスラエル関係紙は、ハリウッドの冷めたスープとの酷評ですが、 米国メディアは、スピルバーグ最高傑作などと絶賛!! お決まりのTwo Thumbs-upの評価以上に力強く、大きな問題を私達に 投げかける作品です。2時間44分... [続きを読む]

受信: 2005年12月26日 (月) 02時20分

« 「バンディダス」Bandidas (予告) | トップページ | ライオンと魔女、ハリーを破る。全米週末興行収入順位12/9-11日付 »