« 2005年公開作品北米興行成績順位 | トップページ | スピルバーグの危険な賭け:「ミュンヘン」Munich レビュー »

2006年1月 5日 (木)

「クラッシュ」Crash レビュー

3月10日追記:なんと本年度のアカデミー作品賞に輝きました(詳細こちら)。本命の「ブロークバック・マウンテン」が破れ、この作品が勝った事で、「ハリウッドの保守性の証明」との声も高いのですが、「クラッシュ」をご覧になったかたならお分かりの通り、この作品もそんな保守的な作品ではありません(真に保守ならば今回はクルーニー、ホフマンも受賞はなかったかと思います)。でも「クラッシュ」に票を投じた会員も勝つとは思っていなかったらしい(笑)。
line500

crashロスアンゼルスは全てが溶け合い融合する“るつぼ”ではなく、混ざり合いながら決して一緒にはならない“サラダボウル”。ニューヨークは路地一本、地下鉄、バスの簡単な間違いで貧富、人種の壁を実感しますが、ロスアンゼルスは基本的に住み分けは出来ていて、車でそれぞれの領域内に踏み込まない限り日常の中で壁を意識する事はありません。しかしLA在住時の1992年に人種間緊張の高まりの中で暴動が起きたとき、普段出来ている壁が脆くも崩れ去ってしまうのを目の当たりにし、なんと我々の住む日常とは脆く儚い物かと実感した事を思いだします。

この「クラッシュ」Crashは、映画というメディアを使って、あのLA暴動の時に露になった人種間、貧富の差の壁を追体験させてくれるような作品。36時間という限られた時間とLAという限られた空間の中で、高級住宅街ブレントウッド(O.J.シンプソン事件が起きた場所)に住む野心的地方検事とその妻、ペルシャ系アメリカ人雑貨店主とその家族、アフリカン・アメリカン&ヒスパニックの刑事コンビ、アフリカン・アメリカンTVディレクターとその妻、アフリカン・アメリカン・カージャックコンビ、韓国人初老カップル、正義心の強い新米警官と17年目のベテラン(人種差別主義者)といった、ある意味ではありふれたLAの人間群像の人生が、交通事故(クラッシュ)というLAでは日常的な出来事をきっかけに交錯、激突(クラッシュ)します。

2005年5月に公開され、評価は上の下くらいだったものが、観客から口コミで支持され5500万ドルと言うヒットになったこの作品は、「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家・ポール・ハギスの監督デビュー作(原案、共同制作、脚本兼任)。全ての登場人物に善悪では割り切れない複雑さを持たせながら、それぞれの話を交錯させて見せる手腕は鮮やかで、これからが楽しみな監督。「ホテル・ルワンダ(日本での公開が被る?)」のドン・チードルが刑事役+共同製作兼任、新婚サンドラ・ブロックが新境地、そしてマット・ディロンがベテラン警官役で複雑な演技を見せ、アカデミー助演男優賞候補の声も出ています(作品賞は競合多数で厳しくなってきましたが)。 3/10修正・お恥ずかしい。

クリスマスが近い群像劇(それぞれが関係アリ)といえば「ラブ・アクチュアリー」ですが、こちらはやはりLAが舞台の群像劇と言うことで「マグノリア」のテイストに近い映画(あれよりシンプル)。「マグノリア」とは違ったあり得ないものが降ります。マーク・アイシャムの音楽にもご注目を。

人気blogランキングに参加しました。是非ご支援下さいbanner_02

「クラッシュ」Crash 
分野: ドラマ
米国公開日: 2005年5月6日
米国配給会社: Lions Gate Films 米国公式サイト:http://www.crashfilm.com/
日本公開日: 2006年2月 日本公式サイト: http://www.crash-movie.jp/
主演:Sandra Bullock, Don Cheadle, Matt Dillon, Jennifer Esposito, William Fichtner
監督:Paul Haggis
製作:: Andrew Reimer, Tom Nunan, Jan Korbelin

|

« 2005年公開作品北米興行成績順位 | トップページ | スピルバーグの危険な賭け:「ミュンヘン」Munich レビュー »

コメント

こんにちは、TB有難うございました。
こちらからもさせてもらいました。
私はこの映画は授業の一環としてみたのですが、
とても色々と考えさせられたのを覚えてます。
確かに派手には宣伝されてませんでしたが、私はこちらのほうが「ミリオンダラーベイビー」より好きでした。

投稿: KiKi | 2006年1月12日 (木) 10時27分

★KiKiさん、コメントありがとうございました。
授業の一環としてこの映画!素晴らしいですね。

確かにズシンとくる重い映画ではありますが、意外なくらい後味は悪くない、このあたりが監督の腕の冴えだと思います。

投稿: rambler | 2006年1月15日 (日) 23時56分

TBありがとうございました。
クラッシュについては置いといて…米国在住とは羨ましいです。
だって、日本で上映待ちの話題作の殆どは既に米国で公開済みでしょう…

羨ましいったらないやコリャ

今後もちょこちょこ覘かせてもらいますので、話題作の情報期待してますね!

投稿: 三木 | 2006年2月18日 (土) 16時57分

TBありがとうございます。
この作品は、期待した以上の出来でした・・・。
こちらもTBさせていただきますね。

投稿: smiley | 2006年2月20日 (月) 02時37分

こんばんは、TBさせていただきました。
確かにちょっと「マグノリア」を思い出しました。
ぶつかっても、傷ついても、人間は結局人間を求め、それが結果的に小さな希望を灯す。
とても好きな映画になりました。

投稿: ノラネコ | 2006年2月21日 (火) 00時03分

★三木さん、お返事が遅くなりまして失礼致しました。

最近は話題作の同時公開も結構あるのですが、アカデミー賞候補の作品などは”受賞”待ちもあって、やはりアメリカの方が早く見れます。これからもがんがん、かつネタばれ無しで行きますので、是非お立ち寄り下さい。

★smileyさん、ノラネコさん、コメントありがとうございます。

凄く重たい映画のなのに、見終わった後の感じは意外なほどfeel goodにさせてくれるこの映画。アメリカでも評論家より観客を味方につけての成功作となりました。意外や意外の作品賞大逆転はあるでしょうか?

投稿: rambler | 2006年2月23日 (木) 14時01分

いつも一緒に映画を見ている友人もLAに住んでいたことがあるので、クルマ社会であること。それぞれの領域内に踏み込まない限り日常の中で壁を意識する事はないこと。人と触れ合うことが少ないこと。を教わりました。それにしてもこの映画。ひとつひとつ宝石のようなエピソードが細いクサリで繋がれてラスト感動に至る素晴らしい映画でした。

投稿: Cartouche | 2006年2月26日 (日) 12時42分

★Cartoucheさん、コメントありがとうございます。

ディズニーランドも高級住宅街のビバリーヒルズも、暴動の起きたサウスセントラルも、UCLAのあるウエストウッドも、ロス疑惑の現場も美しいビーチも皆LA。この映画はその意味で究極のLA映画だったのではないかと思っています。

「ブロークバックマウンテン」本命のアカデミー賞で波乱を起こす可能性を持っているのは、この映画だけでしょう。

投稿: rambler | 2006年2月26日 (日) 16時09分

はじめまして、
肯定的映画評論室のきのこスパです。

マイブログ(ココログ支店)の方に
トラックバックありがとうございます。
ただ、ココログ支店からは何度試みても
TBがハジかれてしまいますので、
別のブログ(新館)よりTBさせてもらいました。

昨日のオスカー作品賞のニュースにはビックリしました。
作品賞にはやや地味な感じもしますが、
内容的には文句なしに素晴らしかったです。
序盤から中盤は重苦しい空気が漂うんだけど、
“ひとつの奇跡”によって、
それまでの絶望や怒りや憎しみが一気に浄化され、
“大きな愛”に変わっていく‥‥
それはもう言葉では説明できないくらいの感動なでした。

投稿: きのこスパ | 2006年3月 7日 (火) 10時17分

★きのこスパさん、コメントどうもありがとうございます。いつも覗かせて頂いております。

私もこの作品、大好きな作品だったのですが、さすがに「作品賞」にはびっくりしました。今年のアカデミー賞は地味だ地味だと言われながら、作品の質優先の良い年だったと思います。

また是非お立ち寄り下さいませ。

投稿: rambler | 2006年3月 7日 (火) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クラッシュ」Crash レビュー:

» Crash (クラッシュ) [アリゾナ映画ログ]
2005年5月21日 Tagline: You think you know who you are. You have no idea. これは、たまたま映画館に着いた時、1番上映時間が近かったから観た作品。 とても重いテーマが幾つも交じり合っている。 人種差別、性的虐待、貧富差問題、銃・暴力等、今のアメリカが抱える問題のオンパレード。 その大きな問題の中に、常にイライラする妻とそれを理解しない夫、兄弟仲、親のボケなど、よくここまで様々な問題を無理なく1つのストーリーにまとめた... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 04時47分

» 『CRASH クラッシュ』★★ [六本木シネマだより]
『ミリオンダラー・ベイビー』で脚本を書いたポール・ハギス(カナダ人)による初監督作。年末に突然飛び込んできた今年のベスト1。っていうか、生涯のベスト3には入ってきている予感。  交通事故をきっかけに連鎖反応を起こす、さまざまな人々の運命…という説明じゃほとんどわからないこの映画の良さ。そろそろ映画に「アカデミー賞、最有力!」という宣伝が踊る季節ですが、あまり賞に興味がない私でも、「これはとるかもしれないな」いや「とってほしいな」と思わされた作品。  人種差別がテーマだが、弱者が強者を告発... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 11時07分

» ドン・チードルのクラッシュ Crash [Audio-Visual Trivia for Movie & Music]
Crach ドン・チードル主演の”クラッシュ”はポール・ハギス監督がアメリカ社会の問題を提議する社会派サスペンス映画です。

[続きを読む]

受信: 2006年1月11日 (水) 22時04分

» クラッシュ [笑う蛙の穴]
映画館で映画を観る事の楽しみの一つに予告編があります。 映画の面白いトコロをテンポ良く繋げて行き、結末は隠される。色々な事を想像し、期待と興奮に胸を膨らませる。そして、再び映画館へと足を運んでしまう。まんまと映画産業界の策略に乗せられてハヤ○年...汗 そんな悪魔的な魅力を持つ予告編で、この時期になると必ず目にするのが「アカデミー賞最有力」の文字。そんな映画に限って受賞どころかノミネートさえされないんですがね。 そんな自称「アカデミ�... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 00時05分

» Crash (2005) [azcar]
【邦題】クラッシュ 【Cast】Sandra Bullock, Don Cheadle, Matt Dillon, Jennifer Esposito, William Fichtner 【Director】Paul Haggis 【Length】1 hr. 40 min. 【Genres】Drama 【Story】詳しい説明は、此方。 It's the sense of touch. In any real city, you walk, you know? You ... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 10時24分

» 『クラッシュ(Crash)』 [映像と音は言葉にできないけれど]
『ミリオン・ダラー・ベイビー』も重かったですが、これも相当きます。 結構有名な俳優が出ていますが、誰が主演というわけでもなく、短いタームで様々なエピソードが絡むところがこの映画の面白さです。... [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 20時09分

» 映画『クラッシュ』紹介! [萌えきすとらBLOG]
どうも、遙です!バーチャルネットシネマパーソナリティーとして、2006年2月11日(祝)から公開される映画『クラッシュ』を紹介したいと思います♪ 映画題名:クラッシュ 公開日:2006年2月11日 ←※(補足) ※(補足)全国順次公開予定作品なので、シャンテ・シネ(日比谷)や新宿武蔵野館の公開日です。お近くの劇場での公開日は、劇場にお問い合わせください。 遙が大好きな『デンジャラス・ビューティー』の主演女優サンドラ・ブロックさんが出演している本作。物語は交通事故から始まるそうです... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 10時55分

» 「 クラッシュ 」 [MoonDreamWorks]
監督 : ポール・ハギス 主演 : サンドラ・ブロック / ドン・チードル / マット・ディロン      公式HP:http://www.crash-movie.jp/ 各国の映画賞で22部門を受賞した作品です。 この作品の特執すべきは、あの 「 ミリオンダラー・ベイビー 」の脚本...... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 22時01分

» 『クラッシュ』 [ラムの大通り]
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割には なぜか地味な感じがするよね。 「内容が内容だからね。 プレスに載っている解説を引用すれば 『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、 思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、 さまざまな人々の運命を導いていく…』となる」 ----ふうん。カッコいいフレーズ。 でもニュアンスは分かるけど、 いったいどういう映画なのかが�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 13時58分

» 「クラッシュ」 [試写会帰りに]
スペースFS汐留「クラッシュ」試写会。 映画の冒頭から延々と続く、登場人物達のあからさまな人種差別発言に、嫌悪感と疲労感がつのっていくような、あるシーンの前までに感じていた気分と、そのシーン以降、見終わった後の感想、感じ方がガラっと変わる映画でした。 差別す..... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 13時59分

» クラッシュ【2005年】 [こっちゃんと映画をみまちょ♪]
色んな映画を観ていると、時としてこんな映画に出くわすことがあります。 まるで自分の心を映しだす『鏡』のような.....『クラッシュ』はまさにそんな映画です。 こっちゃんが『クラッシュ』というタイトルを耳にしてパッ!と思い出す映画に、ディビッド・クローネンバーグ監督による1996年製作の同名作品があります。(画像右)これは実に、強烈なお話しでした。交通事故で傷を負いエクスタシーを感じるとい�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 14時53分

» クラッシュ / CRASH [我想一個人映画美的女人blog]
"サンドラブロック主演"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品、5月に全米公開されて 9月にはドーヴィル映画祭でグランプリ、先日のゴールデングローブ賞、 脚本賞&助演男優賞ノミネート(マットディロン) アカデミ�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 16時34分

» クラッシュ CRASH [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真正面から描いた映画でした 自動車事故が起き 多様な人々の接点が微妙に関わっていきます アフリカ系で白人敵視をしている アンソニー (ルダクリス) とピーター (ラレンツ・テイト) リック (ブレンダン・フレイザー) とジーン (サンドラ・ブロッ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 18時10分

» 『クラッシュ』 [サミームービーストック]
 スペースFS汐留で2月11日公開の映画を試写した。ラッキー。  ポール・ハギス監督作品。いや~、この監督凄いね。もの凄い作品ですよ。112分考え込んじゃって偉い疲れました。まさに「人間」そのものを描いた作品だと思いました、これほど鮮烈に「人間」を描い...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 22時51分

» ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/テレンス・ハワード 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を...... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 07時51分

» クラッシュ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛   [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 21時35分

» 映画: クラッシュ [Pocket Warmer]
邦題:クラッシュ 原題:Crash 監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロ [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 20時46分

» 「クラッシュ」★ [映画って、いいね! -No Cinema,No Life-]
 久々に映画館に行きました。アカデミー賞授賞式も近づいてきたしねえ。とはいえ、賞を獲った映画が自分にとって好きな映画かというとこれはまた別な話。それが映画ってもんですよね [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 01時10分

» クラッシュ(2004/アメリカ/監督:ポール・ハギス) [のら猫の日記]
【新宿武蔵野館】クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)とその同僚でヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)。白人に敵意を抱く黒人青年アンソニー(クリス... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 23時47分

» ★「クラッシュ」 [ひらりん的映画ブログ]
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 23時58分

» 『クラッシュ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某雑誌で当選した 『クラッシュ』の試写会に行ってきた。 会場は珍しく40代、50代の人が多い [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 12時04分

» クラシュ−(映画:今年24本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー 評価:90点(100点満点) 公式サイト 「それでも私たちは生きていくのだ」 (以下ネタバレあり) ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 14時24分

» クラッシュ - crash - [浪漫じゃけぇ]
10数人の男女が同じ時間、同じ街に生き、偶然のきっかけでぶつかり合い感情を交わし人生を交差させていく。 <ストーリー> ※某サイトより引用 深夜のロサンゼルス、黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)と同僚で恋人でもあるスペイン系リタ(ジェニファー・エスポジト)は交通事故に巻き込まれていた。 事故を起こした車を運転していた中国系の女性はリタに対し、人種差別的な言葉を捲くし立てながら、自分の非を認める気などは一切なかった。 その事故現場の横ではアフロ・アメリカンの若い男... [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 16時49分

» 触れ合いたい 「クラッシュ」 [平気の平左]
評価:80点{/fuki_love/} クラッシュ こういう映画大好きです。 群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。 さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。 大本命の「ブロークバック・マウンテン」があるので、「最有力!」はちょっと言いすぎだと思いますが、「大穴�... [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 17時44分

» 14 クラッシュ [毎週水曜日にMOVIE!]
アカデミーの前にはほんとは、作品賞はみておきたいです。なかなか日本ではそれができずに残念。 なので、これはがんばってみなくちゃと、行ってきました。ほぼ満席。すごいです。 「ミリオンダラーベイビー」脚本のポール・ハギスが監督。 ・・・それだけでいかばかりか?と心配しましたが、案の定やられました。 前作についで、重い思いが残ってしまいました。 ロスのある36時間の話。 一台の車のクラッシュ事件。その前後の36時間。 多くの人々が絡み合っていきます。 黒人の刑事。メキシコ女といわれ... [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 23時56分

» 映画「クラッシュ(crash)」観たいぞ [酒焼け☆わんわん]
ロサンゼルス、24時―。ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、思いもよらない”衝突”の連鎖を生み出し、さまざまな人々の運命を導いていく… 「crash(クラッシュ)」は「ブロークバック・マウンテン」と並んで今年のアカデミー賞最有力とのこと。東京ではもう公開が始まってるんですね。 銃とか裁判とか事故のシーン(悲劇)は苦手なのでどうかなって気はしますが、評判よさそうなので興味津々です(^^... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 11時35分

» ブラボー! と言いたくなった映画 [映画を観て日常を考える]
『クラッシュ』(Crash)を観ました。 まず初めに書いておきますが、私は賞などには全く左右されない人間です。賞にノミネートされていようが、批評家間の評判が良かろうが、自分にとって“響く”ものがなければ正直にそう言ってしまいます。 しかし今回は・・・、観終わった後に「ブラボー!」と叫びたくなりましたよ。 作品の持つ空気感的なものや音楽の雰囲気は少々『トラフィック』に近く、全くの他人同士がそれぞれのドラマの中で繋がり合っていく『タンポポ』的な展開もやはり似たものがあるんですが、もっと... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 02時38分

» クラッシュ [映画君の毎日]
何故大規模な公開でないのかと思ったら、 見たことのない映画会社のオープニングで、 やはり映画会社の力の大きさが影響したのだろう。 物語はとにかくいろいろな出来事が起き、 観る人それぞれにそれぞれの感動を与えそうだ。 自分が一番応えたのはやはり人種差別... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 23時46分

» クラッシュ・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 00時00分

» クラッシュ(映画館) [ひるめし。]
それはあなたも流したことのあるあたたかい涙 CAST:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 112分 本年度アカデミー賞主要5部門ノミネートしている本作。そういうコトなんでかなり期待しちゃっての観賞〜。 なんとも衝撃的な作品で人と人との繋がりが上手く描いた群像劇。ちょっと前に観た「ホテル・ルワンダ�... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 08時53分

» *クラッシュ* [Cartouche]
{{{    ***STORY***              2005年   アメリカ 冬、クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイでLAPDの黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇で発見された、若い黒人男性の死体の捜査に引きつけられた...。 夜のウェストウッド。若いアフリカ系黒人のアンソニー(リュダクリス)とピーター(ラレンツ・テ..... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 12時33分

» 映画館「クラッシュ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンには、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...... [続きを読む]

受信: 2006年2月27日 (月) 16時32分

» クラッシュ(2回目) [八ちゃんの日常空間]
自動車の衝突事故をきっかけに、次々と起こる人間ドラマを描いたものかなぁ、と思っていたら、群像劇だった。1日という短いスパンで人々の連鎖的に起こる「運命」を詩的に表現している。 シーンの移り変わりが自然なくらい、きれいに流れていくのでイマイチどんなつながり...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 22時43分

» 本年度アカデミー作品賞・監督賞他6部門ノミネート『クラッシュ』 [Dead Movie Society★映画三昧★]
今回は、映画三昧ブログ開設1周年記念! というわけで最近、1週間以上も更新できなかったこともあり、 この1年間の反省と自戒をこめて『クラッシュ』について書こう。 コレ、今回のアカデミー作品賞候補5本の中で唯一見ている映画。 オスカー予想とは別に、とても応援... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 14時39分

» 映画鑑賞記「クラッシュ」 [けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ]
鑑賞日:06.03.03 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 人種のるつぼでもあるアメリカ社会、その複雑な関係は、時に憎悪や暴力にもなり、涙の愛や感動にもなったりする。 この映画は、そんな社会をいくつかの同時進行の感動ストーリーで描いている。 第78回 アカデミー賞6部門ノミネート <作品賞> <助演男優賞> ・マット・ディロン <監督賞> ・ポール・ハギス <オリジナル脚本賞> <編集賞> <オリジナル主題歌賞> <ストーリー> ロサンゼルス、24時・・・・・、ハイウェイ... [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 09時22分

» Crash(クラッシュ) [街猫 in NYC=街猫日記 Part 2]
Crashを見て来た。 Reviewはこちら。 もうオスカーまでに見る機会もないと思ったがVillageの映画館でやっているのを見つけて、行ってみたのだ。 夫は評判の映画なので期待が高く、街猫はそうは言ってもたいした事ないだろうと思いながら見に行った。 そうすると....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 01時15分

» 『クラッシュ(ポール・ハギス)』、観ました。 [肯定的映画評論室・新館]
[続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火) 10時06分

» クラッシュ [Alice in Wonderland]
『バタフライ・エフェクト』に続きなんて素晴らしい脚本なんだろうかと感心させられた映画でした。心の痛い部分をわしづかみにされたような痛みもあり、ほっとするような感動のシーンもあり、日常的な出来事でありながら普段はタブー視されているような内容を何ともいえな...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火) 12時27分

» アカデミー賞 [Aliiyブログ]
こんにちは。『Aliiy』編集部・ナオです。 ブログ内にAliiyアンケートを設置!ぜひご参加ください♪ 先日の日本アカデミー賞の授賞式、皆さんはご覧になりましたか? 大本命の「ALWAYS 三丁目の夕日」が総なめという感じでしたね。 やっぱり毎年、日本アカデミー賞の選出基準がよくわからないのですが…。 授賞式自体は、見所がありました! 正装が求められる場での個性的な装いは、面白かったです。 オダギリジョーさんの髪型がステキで、やっぱり存在感が違... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 18時40分

» クラッシュ/crash [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ドン・チードル/サンドラ・ブロック/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ウィリアム・フィットナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/クリス・“ルダクリス”・ブリッジス/サンディ・ニュートン/ライアン・フィリップ/ラレンツ・テイト/ノナ・ゲイ/マイケル・ペニャ/ロレッタ・ディヴァイン/ショーン・トーブ/ビヴァリー・トッド/バハー・スーメク/キース・デヴィッド/トニー・ダンザ/脚本:ポール・ハギス/ボビー・モレスコ/原案・監督:ポール・ハギス/作品『クラッシュ/cr..... [続きを読む]

受信: 2006年3月10日 (金) 15時36分

» クラッシュ(2005年) [勝手に映画評]
タイトル クラッシュ ---感想--- 2006年アカデミー作品賞受賞作。下馬評では、「ブロークバック・マウンテン」が受賞と言う感じだったんですが、大どんでん返し。もっとも、監督賞は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リーだったんですが。この結果は、「ブロークバック・マウンテン」は同性愛を描いていたので嫌われたが、無視できない作品だったので、監督賞を与えたと言うような都市伝説になってもします。 白人、黒人、ヒス�... [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 08時10分

» 「クラッシュ」〜地獄のLAに希望の雪 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 本命視されていた「ブロークバック・マウンテン」を破って、見事アカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」(ポール・ハギス監督)をきょう観てきた。ロサンゼルスを舞台にした映画は数え切れないほどあるが、この作品ほど深く鮮明に、街の空気とそこに住む人々の喜怒哀楽(....... [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 16時35分

» 映画鑑賞記「クラッシュ」 [けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ]
鑑賞日:06.03.03 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 人種のるつぼでもあるアメリカ社会。その複雑な関係は、時に憎悪や暴力にもなり、涙ものの感動の愛にもなったりもする。 この映画は、そんな社会の姿をいくつかの感動ストーリーを同時進行で描いている群像劇。 第78回 アカデミー賞6部門ノミネート (★印最優秀) <★作品賞> <助演男優賞> ・マット・ディロン <監督賞> ・ポール・ハギス <★オリジナル脚本賞> <★編集賞> <オリジナル主題歌賞> <ストーリー> ... [続きを読む]

受信: 2006年3月13日 (月) 11時42分

» クラッシュ [Long after Midnight - とうに夜半を過ぎて]
アカデミー作品賞をとった『クラッシュ』、日本ではぢみな扱われかたで、旅行の準備でばたばたしているうちに見逃してしまった。 しかし早々とDVDが出たので借りてきた(DVD化が早いために二番館、三番館がなくなり、ロードショーで見逃すと劇場で見るのが難しくなった)。 劇場で予告編を見たときは、「交通事故をきっかけとして起こる人間関係の連鎖反応」といったイメージだったが、実は冒頭の交通事故は物語の時系列の最後に来るのだった。 アカデミーの作品賞の最有力候補だった『ブロークバック・マウンテン... [続きを読む]

受信: 2006年7月27日 (木) 17時31分

« 2005年公開作品北米興行成績順位 | トップページ | スピルバーグの危険な賭け:「ミュンヘン」Munich レビュー »