« 「レッドアイ」RED EYE レヴュー | トップページ | 知的銀行強盗映画「インサイド・マン」 レビュー »

2006年4月12日 (水)

ジャスト・ライク・ヘブン Just Like Heaven レヴュー

Just_like_heaven220「ウォーク・ザ・ライン」で主演じゃないのに、本年度のアカデミー主演女優賞をさらっていったリーズ・ウィザースプーン主演の「天国からきたチャンピオン」型・幽体離脱ラブコメ。アメリカでの公開は「ウォーク・ザ・ライン」よりも先です。

サンフランシスコの病院で仕事一途のエリザベス(リーズ)。キャリアは順調なれども働き過ぎで彼氏なし暦?年(ちょっとそれはうそ臭い)。見かねた姉が男性を紹介してくれるというパーティへ向かう途中で交通事故でどっかん(そりゃ24時間連続勤務の後にサンフランシスコ市内を運転したら、誰でも事故起こします)。彼女の唯一の心休まるアパートはなんと、彼女の家具つきでリースされてしまいます。で、その部屋に入って来たのが妻を亡くしてから失意のどん底のデビット(売れっ子・マーク・ラファロ)。超破格条件のその部屋には当然の事ながら、リースが憑いて現れます。

一歩間違えればそこは幽霊屋敷ホラーですが、勿論この映画は絵に描いたようなラブコメですから、はらはらどきどきさせつつラストにはfeel goodにしてくれます(故にDVDのおまけについているbad endingというかジョーク・エンディングは爆笑もの)。こうした役をやらせると現役ラブコメ女王候補No1★のリーズが生き生きとしています。ラブコメ分野ファンのつぼはきっちり押さえた作品です。

●リース・ウィザースプーンDVD

★ラブコメ女王について
昔ならゴールディ・ホーン、ちょっと前ならメグ・ライアン、ジュリア・ロバーツ(シリアスな役よりこの分野が本領)、サンドラ・ブロックが君臨していたラブコメ女王の座。現在ならばリーズとジェニファー・アニストン、ケイト・ハドソンあたりが最強候補で、これを追うのがドリュー・バリモアあたりでしょうか。キャメロン・ディアスがやるとちょっと下品だし、ニコール・キッドマンだと似合わないし、ユマ・サーマン、ジェニファー・ロペス、ケイト・ウィンスレット、ケイト・ベッキンセール、ダイアン・レインだとちょっと重いし、ジェニファー・コネリーやナオミ・ワッツ、アンジェリーナ・ジョリーではちょっと怖いし(笑)、ウィノーナ・ライダーだと万引きの影が付きまとってしまいます。更にその下の年代だとキルスティン・ダンスト、キーラ・ナイトレイ、スカーレット・ヨハンセン、ナタリー・ポートマン、ジェシカ・アルバではまだまだ女王の座は遠い感じがします。ここはアカデミー賞で変に演技派に走らずリーズには女王の座を狙って欲しいものです。

★★ジョン・ヘッダー
怪しい書店店員・実は霊媒役を演じていい味を出しているのがジョン・ヘッダー。一昨年の「ナポレオン・ダイナマイト(日本では“バス男”・なんで?)」でタイトル・ロールを演じた若手人気俳優。先週から公開の「ベンチウォーマーズ」でも主演トリオの一人を演じていて、これから一気にきそうな注目株です。

昨年の紹介記事(別ポスターあり): 「ジャスト・ライク・ヘブン(原題)」Just Like Heaven
人気blogランキング参加中。 banner_02

「ジャスト・ライク・ヘブン(原題)」Just Like Heaven
分野: ロマンス、コメディ
米国公開日: 2005年9月16日 米国版公式サイト
http://www.justlikeheaven-themovie.com/
米国流通会社: DreamWorks SKG
日本公開日: 未定
主演: Reese Witherspoon, Mark Ruffalo, Donal Logue, Dina Spybey, Ben Shenkman
監督: Mark S. Waters
製作: Laurie MacDonald, Walter F. Parkes, David Householter

|

« 「レッドアイ」RED EYE レヴュー | トップページ | 知的銀行強盗映画「インサイド・マン」 レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャスト・ライク・ヘブン Just Like Heaven レヴュー:

« 「レッドアイ」RED EYE レヴュー | トップページ | 知的銀行強盗映画「インサイド・マン」 レビュー »