« 先週の「USAのんびり亭」映画情報 4/24-30日 | トップページ | ついに公開「ミッション・インポッシブル3」 »

2006年5月 5日 (金)

ウディ・アレンの新作「マッチ・ポイント」

Mp_220ニューヨーク人ウディ・アレンとロンドンの出会い。この新しい出会いは今年の暮れで70歳になる巨匠にまた新たなる創作意欲をかきたてているようです。

昨年末にアメリカで公開されるや、“近年最高の出来”と評価されたウディ・アレンの新作がこの「マッチ・ポイント」。ウディ・アレンと言えばニューヨーク、ニューヨークといえばアレンなのですが、今回はなんとニューヨークを離れて、ロンドンが舞台。音楽はジャズではなくオペラ。これが影響してかどうか、全編に欝な空気が漂よわせながらも上質なサスペンス映画となっています。

ツアーに明け暮れる日々に疲れプロ・テニス・プレイヤーをリタイアした男・クリス(「ヴェルベット・ゴールドマイン」、そして今週末に公開の「ミュッションインポッシブル3」にも出ているジョナサン・リースメイヤース)。偶然イギリス上流階級ファミリーの友人と知り合い、その姉と付き合うことになって運が開けてきますが、その友人の婚約者である魅力的な、そして危険なアメリカ女性(スカーレット・ヨハンソン)と出会った事から歯車が狂い始めます。マッチ・ポイントに追い詰められたクリスがとった運命の一打とは。そしてその運命のボールは果たしてネットのどちら側にころがるのか。一歩間違えると“火曜サスペンス劇場”になってしまいそうなお話に運命の機微を盛り込みながら、無駄のない乾いた語り口で見せるのはまさに達人の技です。

Matchpoint2その乾いたタッチの中でひときわ光るのがスカーレット・ヨハンソンの艶やかさ。同年代のライバル、ナタリーポートマン、キーラ・ナイトレイ(共に雑誌ヴァニティ・フェアをヌードで飾った記事はこちら)、レイチェル・マクアダムス等と比べてもこの人の色気は重要な武器(まだ21歳)。ブラッカイマー(“アイランド”も去年の作品でしたね)からアレン作品までこなす幅の広さは只者ではありません(ラブコメは似あわなそうだけれども)。

ウッディ・アレンもよほど気に入ったのか、昨年撮影し今年の後半公開予定の新作「スクープ」では、再度主演に起用。ちょっかいを出さなければいいなと思いますが(笑)、これも非常に楽しみです。相手役はヒュー・ジャックマンとの事。

2006/6/25追加:最新作「スクープ」情報はこちら

人気blogランキング参加中。 banner_02

|

« 先週の「USAのんびり亭」映画情報 4/24-30日 | トップページ | ついに公開「ミッション・インポッシブル3」 »

コメント

trackありがとうございます。いろいろ書かれていて凄いですね。また遊びにきます。

投稿: yesquire | 2006年5月 6日 (土) 16時19分

★yesquireさん、コメントどうもありがとうございました。表参道生活!なんだかマンハッタン生活に通じる感じですね~。また遊びにいらしてくださいませ。

投稿: rambler | 2006年5月 7日 (日) 01時45分

自分も面白く楽しんで観ました。劇中ヒロインがウディっぽくない、という設定に驚かされました。いつもの彼の作品とはガラリと違う作風で、良かったと思います。日本でもヒットするかしらん?

投稿: kozono | 2006年6月 1日 (木) 13時46分

★kozonoさん、コメントありがとうございました。面白かったですよね~、この作品。

スカヨハ+ヒュージャックマン+アレン御大自ら登場の最新作「スクープ」の予告編も既に上映されているのですが、これも面白そう(今度はかな~りコメディ入っています)です。近日ご紹介。

投稿: rambler | 2006年6月 6日 (火) 05時31分

こんにちは☆
いつもお世話になっています♪

文字化けしてみえないのですが
ムリやりかいています
いつもありがとうございます

アレン作品、次回も楽しみです☆

投稿: mig | 2006年8月21日 (月) 08時28分

こんにちは☆
いつもお世話になっています♪

文字化けしてみえないのですが
ムリやりかいています
いつもありがとうございます

アレン作品、次回も楽しみです☆

投稿: mig | 2006年8月21日 (月) 08時28分

★migさん、コメントありがとうございます。
近々スクープも見てきますので、お楽しみに。

更にそのまた先のコリン・ファレル&ユアン・マクレガー共演の新作(タイトル未定)もまたロンドンが舞台のようですね。楽しみです(でも、早くニューヨークに戻ってこないかなあ)。

投稿: rambler | 2006年8月22日 (火) 12時16分

こんばんは、TBありがとうございました!
こちらからもお返ししようとしたのですがうまく行かなかったようで、コメントにて失礼します。
スカーレット・ヨハンソンのいぢわるそうな風情、スターの貫禄たっぷりですよね。
彼女の作品では『ゴースト・ワールド』のやる気の無い女子高生役が好きです。

投稿: Ken | 2006年8月28日 (月) 20時19分

★kenさん、コメントどうもありがとうございました。

スカヨハ、まだまだ若いのに貫禄十分で”スター”の魅力がありますね。性格が悪いとの伝説もありますが、出演作品が続々登場でこれからが、楽しみです!

投稿: rambler | 2006年9月 3日 (日) 15時00分

はじめまして!
TBありがとうございました。
僕もTBがうまく送れなかったのでコメントのほうでお礼を!

スカヨハにはビッチ街道一直線でいってもらいたいですね(笑)華も実もあるから誰も文句言えない。

投稿: moviepad | 2006年9月 3日 (日) 20時35分

★moviepadさん、コメントどうもありがとうございました。

”ビッチ街道一直線”・・・納得。確かに映画女優としての華があるので、このまま突っ走って欲しい物ですね。演技派への転向にはまだ20年早い!

投稿: rambler | 2006年9月 5日 (火) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウディ・アレンの新作「マッチ・ポイント」:

» 映画レビュー#23「Match Point」 ★★★★★ [Production Rif-Raf]
基本情報 「Match Point」(2006、アメリカ) 監督:ウッディ・アレン(アニー・ホール、世界中がアイラブユー) 脚本:ウッディ・アレン 製作:Stephen Tenenbaum, Gareth Wiley 出演:ブライアン・コックス(アダプテーション)、スカーレット・ヨハンソン(ロスト・イン..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 05時31分

» 究極の決断 [things4u]
☆人気blogランキング集☆  ☆インテリアと海外生活のブログ集☆ ↑TOP10入り目指してガンバッテマス。今日も応援オネガイシマス。↑ 昨夜観た映画は「Match Point」(邦題:マッチ・ポイント)。 英国社交界でのし上がろうと画策する、テニスの元プロ選手クリス (ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、テニスの教え子だった富豪令嬢 クロエ(エミリー・モーティマー)との結婚にこぎつけた矢先、クロエの兄である トム(マシュー・グード)の婚約者、ノーラ(スカーレット・ヨハン... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 04時01分

» マッチポイント【Match Point】 [maimai's cinema land]
大好きなウディ・アレンの新作!イチ早く見てしまいました♪去年のカンヌでも話題になってましたよね。 今回は、近年のウディ作品らしからぬ、シリアスで緊張感のある映画でした。ロンドンの上流階級が舞台の、欲望と愛に挟まれた男の運命。ストーリーはシンプルで、ある男のたどる運命、がテーマなんだけど、彼は元テニスコーチ。で、「マッチポイント」というたとえが出てくるわけです。 神経質でしゃべりすぎな男は影を潜め、落ち着いてわざとクラッシックにした作りや、NYからロンドン、Jazzからオペラへと舞... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 16時06分

» Match Point [Sleepless in Portland]
--The man who said I'd rather be lucky than good saw deeply into life. People are often afraid to realize how much of an impact luck plays. There are moments in a tennis match where the ball hits the top of the net, and for a split second, ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 13時44分

» 『マッチポイント』 [試写会帰りに]
『マッチポイント』(MATCH POINT)試写。ウッディ・アレン監督がニューヨークを離れ、初めてロンドンで撮影を行なったラブ・サスペンスという事で、どんな作品になっているのかと興味津々。オペラをバックに滑らかな語り口で、“運”というものに徹底的にこだわった心理描写..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 21時57分

» 感想/マッチポイント(試写) [APRIL FOOLS]
ウディ・アレン監督最新作『マッチポイント』8月19日公開。おもろいけど、神様のイタズラにしちゃーお痛が過ぎる幕切れ!  マッチポイント 野心家アイルランド青年・クリス。金持ちトムのテニスコーチとになり、トムの妹クロエに一目惚れされ、上流階級への切符をゲット。その一方でトムの婚約者であるアメリカ人女優の卵・ノラの艶女っぷりに惚れちゃう。地位と色情の間で綱渡り二重生活した末の衝撃的結末。ヒトの人生、しょせんは運命に弄ばれるだけなんかい!? まあ、4分の3くらいまではありがちな痴情のもつれで... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 07時42分

» マッチポイント/MATCH POINT [我想一個人映画美的女人blog]
今度のウディ・アレンはちょっと違う{/star/} 1.自分は出てない。 2.ベタなコメディじゃない。 3.NYじゃなくって舞台はイギリス 4.全編にかかるのは、ジャズじゃなくってスタンダードなオペラ これまでずっとこだわってたNYを離れイギリスを拠点に活動開始したウディアレン。           この作品、海外ではゴールデングローブ賞を4部門でノミネートされたり、 アカデミー賞脚本賞ノ�... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 08時29分

» マッチポイント [シャーロットの涙]
アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。 高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。 ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。 やがて交際が始まり、クリスはクロエの父親の会社の社員になり二人は結婚、クリスの人生は前途洋々に見えた。 しかしクリスはトムの恋人・ノラとも浮気を続けていた。 ノラを愛しているが、クロエが与えてくれるリッチな生活も�... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 10時21分

» マッチポイント [unaG -2nd Season-]
待望、ウディ・アレンの新作「マッチポイント」です。 NYを離れロンドンで撮影した1作目。 "ウディ... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 16時17分

» 『マッチポイント』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日はGTFトーキョーシネマショーで『マッチポイント』を観た。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 20時03分

» マッチポイント [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  これは強運?それとも狂運?   [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 21時31分

» マッチポイント GTFトーキョーシネマショー2006 [レンタルだけど映画好き ]
愛に負けるか。欲に勝つか。 それでも人生は、運が決める―― 2005年 イギリス/アメリカ/ルクセンブルグ 監督 ウディ・アレン 出演 ジョナサン・リス・マイヤーズ/ スカーレット・ヨハンソン /エミリー・モーティマー/マシュー・グード /ブライアン・コックス /ペネロープ・ウィルトン あらすじ テニス・インストラクターのクリスが上流階級の青年トムと意気投合し、彼の妹クロエと結婚。なにもかもが順調なクリスだったが、トムの婚約者である官能的な米国人女性ノラとの情事におぼれていく。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 22時26分

» マッチポイント [unaG -2nd Season-]
待望、ウディ・アレンの新作「マッチポイント」です。 NYを離れロンドンで撮影した1作目。 "ウディ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日) 18時00分

» マッチポイント MATCH POINT [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ジョナサン・リス・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン主演 クリス・ウィルトンはプロテニスプレーヤーですがツアーに飽き テニスクラブでレッスンプロとして働こうとします エリートがやってくるクラブで クリスはトム・ヒューイットと言う 大企業の社長の息子のレッスンをする事になります トムとクリスはオペラを通じ親しくなります トムには女優志望のノーラと言う恋人がいますがトムの母親は毛嫌いし 結婚まではこぎつけません ノーラは魅力的でクリスは惹かれます トムには妹クロエがいます クロエはテニスをす... [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日) 19時56分

» 「マッチポイント」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「マッチポイント」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョナサン・リス・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン、マシュー・グード、エミリー・モーティマー、ブライアン・コックス、ペネロピー・ウィルトン *監督・脚本:ウディ・アレン 感想・..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時50分

« 先週の「USAのんびり亭」映画情報 4/24-30日 | トップページ | ついに公開「ミッション・インポッシブル3」 »