« 「テキサス・チェーンソー・ザ・ビギニング」Texas Chainsaw Massacre: The Beginning | トップページ | ディズニー・ピクサーの2007年新作「レミーのおいしいレストラン(ラタトゥーイー)」Ratatouille »

2006年6月11日 (日)

やっぱり凄かった「カーズ」Cars

ただ今米国で大ヒット中のピクサー・アニメの最新作「カーズ」Carsを見てきましたが、やはり今回も素晴らしい作品でした。

無茶苦茶早いけれど頭の中はお金と名誉で一杯の新進気鋭のレースカー”ライトニング・マックイーン★ (声:オーウェン・ウィルソン)”。引退を表明している王者ザ・キング(声:リチャード・ペティ)、性格の悪いライバル・チック・ヒックス(声:マイケル・キートン★★)と三つ巴の王者決定戦に望むためカリフォルニアに向かいますが、その途中ふとした事から今は寂れたルート66★★★ぞいの町ラジエーター・スプリングスで自分がぼろぼろにした道路の整備をする羽目に。でもその街で過去のある判事ドク(声:ポール・ニューマン)、元キャリアポルシェ(?)のサリー・カレラ(声:ボニー・ハント)、陽気なレッカー車・メーター(声:コメディアンのラリー・ザ・ケーブル・ガイ)達と触れ合ううちに、お金や名誉よりももっと大切な物がある事を知ります。

本当はディズニー・ピクサーの連携の最終作となるはずだった今作品。所が一転してディズニーがピクサーの親会社になっての第一回作品。技術的に言えば、これ見よがしに車体曲面に写り込む周りのイメージを見せ付け(それもグリグリ変化)、5本位CGアニメ作品の予告編がくっついていたのですが、他社を圧倒して進化している事を知らしめてくれます★★★★

内容的には前回の「Mr. インクレディブル(The Incredibles)」はアメリカでのレイティングがPG(親の同伴・ガイダンス推奨)という事で、子供が見るものという枠を越えて大人が見ても十二分に鑑賞できる深みを持っていたのに対し、今回はGレイティングで、やや子供向けではないかと懸念していたのですが、(その点を指摘している評論多し)、より小さな子供でもわかり易いシンプルなストーリーであるが故に”インクレディブル”、”ニモ”とはまた違った味わいがあります。加えてこれがピクサー作品の最大の強みですが、それぞれの車のキャラクターの生き生きしてしている事!皆CGで描かれたアニメと判っていても皆いとおしい(笑)。見る前と見た後では下のポスターの印象がまるで違います。

という事で、またもや子供をだしに大人が見に行って十分に楽しい作品。ただし子供、特に男の子にとっては恐ろしく影響力がありそうで、見せたら最後、キャラクターグッズ代に映画よりお金がかかる事をご覚悟ください。尚、お約束のオープニング短編、そしてエンドタイトルバックのお楽しみ、そしてクレジット終了時のお楽しみと付録も豪華。時間に遅れず、最後まで席を立たずにお楽しみ下さいませ。

★の解説は“続き“にあります。 過去プレビュー記事はこちら(別ポスターあり)  人気blogランキング参加中。 banner_02

cars420

★マックイーン
勿論、スピード狂で自ら”栄光のルマン”等に主演した故スティーブ・マックイーンにちなんでいることは言うまでもありません。同じアクターズ・ステュディオで学び、同年代のライバルでもあり、そしてまたレーサーであるポール・ニューマンとの共演(「タワーリング・インフェルノ」で共演したときは皆興奮しましたなあ)は涙ものです。
★★マイケル・キートン
昨年公開の「バービー/機械仕掛けのキューピット」でレーサーの父親を演じていました。ディズニーの大ヒットシリーズ「バービー」と色々な意味でこの「カーズ」CARSは共通点があります。
★★★ルート66
国道66号線-アメリカの旧街道。シカゴから最終地サンタモニカを結ぶこのルートに沿ってアメリカは発展してきたのですが、1950年代以降大陸横断高速道路の登場と共にその役割を終えました。この「カーズ」CARSの初期製作中仮タイトルはその名も”ルート66”でした。
★★★★他のCGアニメ
唯一この作品に対抗できていたのは2007年公開の新作「ラタテューイー(2006/6/15追記:日本公開タイトルは「レミーのおいしいレストラン」との事」のみ。ディズニー・ピクサーの新作だから当たり前ですが。

|

« 「テキサス・チェーンソー・ザ・ビギニング」Texas Chainsaw Massacre: The Beginning | トップページ | ディズニー・ピクサーの2007年新作「レミーのおいしいレストラン(ラタトゥーイー)」Ratatouille »

コメント

TBありがとうございます。

たまたま試写会に来ていた子供だけかもしれませんが、小さい子供には無理のようでした。
まあ、英語も判らん、漢字も読めんじゃ、無理以前の問題かもしれません。

ルート66といえば挿入歌が主題歌の1960年代のTVドラマを思い起こさせます。

Ratatouille、邦題忘れました、確認中。
料理は「ラタトゥイユ」として知られているようです。
ディズニーのサイトでは、rat・a・too・ee と書かれてますね。


投稿: KGR | 2006年6月15日 (木) 14時31分

★KGRさん、コメントどうもありがとうございます。

アメリカでも小さな子供が結構騒いでいました。まあ、2時間という上映時間は小さな子供の集中力の続く時間を超えているのでしょうね。

「ラタトゥーイー」のタイトルの件、ありがとうございます。「レミーのおいしいレストラン」、さてさてどんな内容になるんでしょうか。予告編を見る限りやっぱり面白そうです。


投稿: rambler | 2006年6月16日 (金) 00時43分

こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、クルマ達が走る描写での疾走感溢れる映像や終盤から結末までの流れに中々見応えを感じました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

投稿: たろ | 2006年6月21日 (水) 00時37分

★たろさん、コメントありがとうございます。

疾走感!そう、CGでここまで空気を切り裂く感じを表現しているのは感動的でした。確かに中だるみも感じたのですが、まあ後半への”ため”だったという事で(笑)。

是非また遊びにいらしてください。

投稿: rambler | 2006年6月21日 (水) 08時35分

私の愛するオーウェン・ウィルソンが、とうとう
アニメの声優!と 楽しみにしてます。
吹き替え版の方が多かったらイヤだなぁ。

投稿: kino | 2006年6月22日 (木) 00時09分

こんばんは。
大人の遊び心に溢れた、素晴しい映画でした。
しかしこの映画の面白さは、かなりアメリカのクルマ文化の背景に依存している様な気がして、その点日本ではイマイチ受けないのではという気がしています。
ルート66への郷愁なんかはやはりアメリカならではですからねえ。

投稿: ノラネコ | 2006年6月25日 (日) 23時09分

どうしようかなあ・・・と思っていたんですけど観に行きます。また寄らせていただきます。ありがとです。

投稿: やすよ | 2006年7月 1日 (土) 00時36分

★kinoさん、コメントありがとうございます。オーウェン・ウィルソンの声優、良かったですね。

新作「ユー、ミー アンド デュプリー」も出来るだけ早く見に行ってご報告いたします。お楽しみに。

★ノラネコさん、いつもありがとうございます。「ルート66」への思い、車への思い、確かに日本(&女性観客)へは通じにくいかも知れませんね。

★やすよさん、コメントありがとうございます。是非ご覧になられた感想をお聞かせくださいね。

投稿: rambler | 2006年7月 5日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり凄かった「カーズ」Cars:

» カーズ、試写会 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
(副題:子供は連れて来るな!) 銀座、ヤマハホールでの開催。 字幕版を選んで応募したので子供は少ないと踏んでいたが、少しはいた。 「お前ら、英語判んのかよ。」と思いつつみていたが、 案の定、前の席に陣取ったガキが、 「何て言ってんの。」「ブーブーどうしたの。」 「何で、レースしないの。」「何でみんな行かないの。」とか、 うるさいったらありゃしない。 途中で嫌になって後ろ向きに座ったりするし、 いす�... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 14時23分

» 映画:カーズ(字幕版)試写会 [駒吉の日記]
カーズ(字幕版)@サイエンスホール 「ようこそ、ラジエーター・スプリングスへ」 今回はameblo主催、どうもありがとうございます~ 普天王関(http://ameblo.jp/futenou/ )がゲストで登壇、一緒に鑑賞してました。 公式サイトのストーリーと宣伝文句はちょーっと違うよ... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 14時49分

» 『カーズ』 [試写会帰りに]
ピクサー作品ファンとして待ちに待った最新作『カーズ』(『Cars』)を試写にて鑑賞しました! 登場人物が全て車#63679;#63911;という無茶な設定にとまどいつつ、まったりシーンもなんのその、ほのぼのギャグで笑わせ、お決まりながらもホロッとさせる、楽しくて味..... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 14時57分

» 『カーズ』 [ラムの大通り]
----これってディズニー/ピクサーの最新作でしょ? 『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター監督が 6年ぶりに監督を務めた作品なんだって? 「うん。ジョン・ラセターは 父親がシボレー販売店に勤務。そして母親は美術教師。 本人は『僕の血管にはディズニーの血が流れているけど、 車のオイルも流れているんだ』と語っている。 この世界のパイオニアが 自分の体験や思い出を元に描いただけあって、 テクノロジー�... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 15時38分

» 『カーズ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★ [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 19時25分

» 良い子のみんなはコクヨノートで。 [Stylish jam - Blog]
なんだかワールドカップ大会で盛り上がりすぎると、 それしか記事を書かなくなってしまいそうなので、映画の話題でも。 いつもココで映画のことを書く時は、昔に見た作品だったり、 最近DVDで見た作品だったり、ってケースが多かったりするのだけど、 今回はこれから劇場公開される映画について書こうか、と。 勿論、見に行きたいと思ってる作品ばかりなんだけれど。 公開前だから何書いたってネタバレにはならないだろうし・・・(笑)。 近所に無いし、そう頻繁には劇場に足を運べないんだけどね(汗)... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 09時14分

» 「カーズ」試写会 [ミチミチ]
「カーズ」 監督 ジョン・ラセター CAST オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン・・・story クルマだけの世界。ここで繰り広げられるレーシング、ピストンカップ。新人ライトニング・マックィーンは、チャンピョンを目指していた。しかし、レースの移動中に・・・...... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 23時45分

» 「カーズ」を試写会で観賞 [エミー・ファン!ブログ]
2006/07/01公開 公式http://www.disney.co.jp/movies/cars/ 日本でもお馴染みとなった。ピクサー・スタジオの最新作です。 前作『Mr.インクレディブル』はやや毛色が違っていましたが 今作は『トイ・ストーリー... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 23時33分

» 「カーズ」を観る [紫@試写会マニア]
ディズニー/ピクサーの最新作、フルCGアニメ「カーズ」を観てきました。 ポスターやTVの宣伝フィルムでも既にお承知の様に、今回の‘世界’はクルマの世界です。 くりんくりんしたお目めは、「モンスターズ・インク」や「ファインディング・ニモ」のそれとよく似ていて、この手の‘顔’が好きな人には「はまる」でしょう。 その昔ディズニーのお話に、「ちいさなプロペラ飛行機」が主人公のモノがあったんですが・・・(ご存知でしょうか?)、そんな感じの男の子が好きそうなお話でした。 「ルート66」と... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 00時36分

» 「 カーズ 」 [MoonDreamWorks]
監督 : ジョン・ラセター 出演 : オーウェン・ウィルソン / ポール・ニューマン / ボニー・ハント      公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/cars/「大事なのは勝つ事だけじゃない・・」っという事を教えてくれる軽快で愉快な作品です。ディズニーと...... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 23時38分

» カーズ [Rohi-ta_site.com]
試写会で、声の出演:オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケイブル・ガイ/チーチ・マリン/トニー・シャルーブ/グイド・クアローニ/ジョージ・カーリン/脚本:ジョン・ラセター/ドン・レイク/監督:ジョン・ラセター/作品『カーズ』を観ました。 ●感想  ・生まれて初めてインターネットで応募した試写会が当たったので、そんなに期待していた作品ではなかったのですが、縁起モノだと思い、ありがたい気持ちで観て参りました。  ・いや〜、それにしても試写会ってインタ..... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 17時35分

» 試写会鑑賞 科学技術館 サイエンスホールにて 〜 ジョン・ラセター 「 カーズ 」 [** Paradise Garage **]
こんにちは。 曇り空の木曜日です。 今日は、昨日 一足先に科学技術館 サイエンスホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ジョン・ラセター氏の新作映画について。 上映に先立ち、 Amebaブログで『 現役力士 普天王 どすこい大相撲日記 』 を運営されているIT力士こと普天王関が登場。ディズニー/ピクサー・アニメのお話があり、普天王関が観客を背に携帯での記念撮影をしてから観客席に移動しました。 ... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 00時26分

» カーズ(Cars)、ピクサー(Pixar) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
「カーズ(Cars)」の予告編を初めて見たときは「擬人化もTOYや虫や魚だと大丈 [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 08時04分

» 今回は大人向けかも?ピクサー映画「カーズ」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
※画像は試写会終了後に 行われたキャラクター人気投票で bobbyshiroが投票した 「グイド」です。 「トイ・ストーリー」の ジョン・ラセター監督の 新作ピクサー映画「カーズ」の 試写会に行ってきました。 ワンパターン的な感じもあるが どうして「ピクサーの映画」は 楽しくて 勇気と希望をいつも与えてくれるのだろう? 俺が幼稚すぎるのかなあ〜 今度は<クルマの世界>だったので 話の�... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 22時40分

» カーズ 【日本語吹き替え版】 [UkiUkiれいんぼーデイ]
『トイ・ストーリー』から6年ぶりに監督を務めた 巨匠ジョン・ラセター監督と ディズニー/ピクサーに心から申し上げたい・・・ 素晴らしい映画をありがとう!! フル3Dで描かれる、クルマばかりの世界。 一つ一つのクルマに、命が吹き込まれてました[:拍手:] 速く走ることだけを追求し設計された、主人公・天才レーサーのライトニング・マックイーン。 あたしゃ、この“マックィーン”という響きだけでもシビレるほど、スティーブ・マックィーンが好きだ〜[:ハート大小:] じゃが芋でも“... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 10時20分

» カーズ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「ビックリした!」というのがファーストインプレッション。 ジョン・ラセター御大自らが、久々に送り出してきた作品が、これほどマニアックな代物だったとは。 「カーズ」は、勿論非常に優れたファミリー映画である... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 22時13分

» カーズ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「ビックリした!」というのがファーストインプレッション。 ジョン・ラセター御大自らが、久々に送り出してきた作品が、これほどマニアックな代物だったとは。 「カーズ」は、勿論非常に優れたファミリー映画である... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 23時03分

» 試写27 「カーズ(字幕版)」 [河童屋。]
2006米 ブエナ・ビスタ/96分 7月1日(土)より全国公開 オフィ ⇒http://www.disney.co.jp/movies/cars/index.html 監督・脚本:ジョン・ラセター 音楽:ランディ・ニューマン 声:オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、ポール・ニューマ..... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 19時22分

» 「カーズ」 [しんのすけの イッツマイライフ]
もっと子供向けの映画かと思いきや、 いや~、なかなかどうして、   素晴らしくよかったですヨ~♪ [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 23時37分

» カーズ(字幕版) [ネタバレ映画館]
 ケニーG風の音楽聴いてたら眠くなって事故るぞ! [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 18時44分

» カーズ [シネマ日記]
エンドクレジットが一番おもしろい、、、というと、怒られそうですね。「あ〜あ、言っちゃったよ」って感じでしょうか?“エンドクレジットもおもしろいから見てね”というのはこのブログでもいつもの「オマケ」コーナーに登場するべきフレーズなんですけど、今回ワタクシが一番笑ったのは本当にエンドクレジットの間だったんですよねー。これまでのピクサーの作品を見ていない人にとってはあんまりおもしろくはないんですけどね。... [続きを読む]

受信: 2006年6月29日 (木) 08時50分

» 映画 『カーズ (Cars)』 (2006) [エコノ研究所]
PIXAR の最新作 Cars を見た。2006年現在、人類史上最高の CGI (Computer Graphics Imaginary) が見られる。シェリル・クロウのオーブニングと共に「やられる」。 ストーリーはややしつこいなとは思わ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 02時59分

» 映画 『カーズ (Cars)』 (2006) [エコノ研究所]
PIXAR の最新作 Cars を見た。2006年現在、人類史上最高の CGI (Computer Graphics Imaginary) が見られる。シェリル・クロウのオーブニングと共に「やられる」。 ストーリーはややしつこいなとは思わ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 03時03分

» 映画「カーズ」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年38本目の劇場鑑賞です。公開当日、映画の日に観ました。「バグズ・ライフ」「トイ・ストーリー2」のジョン・ラセター監督作品。クルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。CGアニメを劇場で観るのは「Mr.インクレディブル」以来となります。ストーリーは解り易くて...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 00時37分

» CARS(カーズ)を観てきた! [達也の日記]
今日は映画の日。何を観ようが1000円均一。だとゆーのにわざわざ前売り券(1300円)を使ってカーズを観てきた。窓口で、『今日は映画の日なので当日券1000円なのですが、前売り券でよろしかったですかー?』とか... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 00時41分

» 「カーズ」 Cars [俺の明日はどっちだ]
主人公は、オーバルコースのレースで活躍するアメリカレーシングカーのスティーヴならぬライトニン・マックィーン。 レースに勝つこととより大きなスポンサー契約にしか関心のなかったマックィーンだったけれど、大事なレースを前に、ルート66にある田舎町「ラジエーター・スプリングス」に迷い込んでしまう。 そしてそこでトラブルを起こしながらもやがて町の住民というか住車(?)と友情が芽生え、そうした様々�... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 14時54分

» 『カーズ』(字幕版) [京の昼寝〜♪]
今度の奇跡は「クルマ世界」に起こる 地図から消えた街「ラジエーター・スプリングス」を救え! ■監督・脚本 ジョン・ラセター■キャスト(声) オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、ポール・ニューマン、マイケル・キートン□オフィシャルサイト  『カーズ』   (注:結構重いので開くのに時間がかかります。) カー・レース... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 11時36分

» 『カーズ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『カーズ』鑑賞レビュー! ディズニー/ピクサー最新作! 6月9日に全米3985館で封切られ 初登場No.1を記録 ピクサー・アニメーション・スタジオの 20周年記念作品♪ 同社は1986年に アップルコンピュータ 現CEOのスティーブ・ジョブス氏 によって創立され、これまでに 『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』 『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』 『ファインディング・ニモ』 『Mr. インクレディブル』を製作 米アカデミー賞を多数受賞してい... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 18時42分

» カーズ [Alice in Wonderland]
ピクサー映画が大好きな私ですが未だに『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』を越えるような作品が出てこない状況でこのカーズの予告を観た時に…機関車トーマスのパクリじゃん!車が主役なんて全然キャラも可愛くないし、なんだか期待薄だななんて思っていたの...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木) 14時06分

» 『カーズ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『カーズ』鑑賞レビュー! ディズニー/ピクサー最新作! 6月9日に全米3985館で封切られ 初登場No.1を記録 ピクサー・アニメーション・スタジオの 20周年記念作品♪ 同社は1986年に アップルコンピュータ 現CEOのスティーブ・ジョブス氏 によって創立され、これまでに 『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』 『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』 『ファインディング・ニモ』 『Mr. インクレディブル』を製作 米アカデミー賞を多数受賞してい... [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 09時10分

» 「カーズ」 [しんのすけの イッツマイライフ]
もっと子供向けの映画かと思いきや、 いや~、なかなかどうして、   素晴らしくよかったですヨ~♪ [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 12時46分

« 「テキサス・チェーンソー・ザ・ビギニング」Texas Chainsaw Massacre: The Beginning | トップページ | ディズニー・ピクサーの2007年新作「レミーのおいしいレストラン(ラタトゥーイー)」Ratatouille »