« 「イカとクジラ」 レビュー | トップページ | タキシード対決はペンギン勝利。週末北米興行成績11月17日~19日 »

2006年11月19日 (日)

ジェイムス・ボンド・ビギンズ「007 カジノ・ロワイヤル」

Casino_royale220 続編はやりのこの世の中、トラさん亡き後最長不倒のシリーズといえばご存知英国の生んだスーパースパイ・コードネーム007を描いたジェイムス・ボンド・シリーズ。興行的には成功だったピアース・ブロスネン・ボンドの後を受け、悪役顔だ、金髪だ、暗いだの無茶苦茶言われてきたダニエル・クレイグ新ボンドがデビューする第21作目「カジノ・ロワイヤル」が遂に昨日アメリカで公開されました。結果は少なくともアメリカでは作品的に評価が高く(絶賛記事多し)、興行的にも成功の模様で(初日に14.4M)、このシリーズ欲しさにMGMを買収したと噂のSony★幹部も胸をなでおろしている所でしょう。

 ストーリーは911後の世界を反映して、ボンドは暗躍するテロリストを追っていますが、その背景にテロリストに資金提供している銀行家(ル・シフル)がいる事を突き止め、彼とモンテネグロのカジノで対決し、その勝負の資金供給者・英国財務省からのお目付け役(殺しのライセンスはあってもボンドも公務員)として送り込まれた美女ヴェスパー(エヴァ・グリーン)と本気の恋に落ちます。基本設定はやり直しで、暗くリアリスティックなトーンの内に“ヒーロー”の誕生を描く本作の印象はとっても“バットマン・ビギンズ”。

 シリーズの常としてアクションは派手に、スケールは大きく、秘密兵器(ガジェット)はより奇天烈になる傾向がありますが、その反動で行き過ぎると主役交代が起こり(主演役者の年齢とも関係)、「007は二度死ぬ」で宇宙ロケットが出てきて初代ショーン・コネリーが降板、三代目ロジャー・ムーアも「ムーンレイカー」で宇宙まで飛び出して失速しました(その後の3本は多分シリーズ最低作)。好評だった5代目ピアース・ブロスネンも、やはり宇宙衛星が出てくる(悪役がGPSを狂わせる)「トゥモロー・ネヴァー・ダイ」、そして衛星からの熱線で北緯38度線を焦土と化す前作「ダイ・アナザー・デイ」でそろそろ潮時かと思っていました(特に“透明の車”はやっぱりやりすぎ)。

 そうした行き過ぎの反動で生まれる“揺り返し”ボンドは、肉体を駆使したアクション・リアリスティックさが売り物になります。二代目ジョージ・レイゼンビーの「女王陛下の007」、四代目ティモシー・ダルトン主演の「リビング・デイライツ」「消されたライセンス」はそんな志向の作品ですが、興行的にはふるわず二人とも早々に“消されて”しまいました。偶数ボンドは“つなぎ”と言われている所以です。

 今回のダニエル・クレイグ・ボンドはそうした偶数ボンドの流れの作品で、全体は基本に戻ったスパイ・スリラー(エスピオナージ)物であり、“荒唐無稽”を排した原点復帰作★★。当然不幸な“偶数ボンド”で終わらせるつもりはずはなく、アクション・シーンにも勿論手抜きは無し。ハラハラドキドキのアクション・シーンがいつものように贅沢に用意されていますが、格闘シーンやリンチのシーン★★★からも“痛み”が伝わってくる点にご注意を。このあたりは「ミッション・インポッシブル」や「(ジェイソン)ボーン」シリーズには負けないという本家の意地がほとばしっています。ただ肉体アクションを見せるだけならば、ジュード・ロウでもヒュー・ジャックマンでもクライブ・オーウェンでもデビット・ベッカム(笑)でも良かったはず。

 では、どうして彼が選ばれたかと言えば、今回の“物語”が、欲したから。冒頭登場するボンドは、上司M(前作から唯一継続参加・ジュディ・デンチ)も手を焼く危険で荒々しい野獣、もしくは殺人マシーンで、ちょっと軽はずみ。しかし物語の経過に伴い、タキシードとドライ・マルティーニの似合う英国紳士の仮面の下にその危険な牙を隠すようになって行く=逆にクールに人を殺せる凄みを身に着けて行く事になり、ラストで我々は真の意味での“ダニエル・クレイグ=ジェイムス・ボンド”の誕生を目撃する事になります(「スターウォーズ・EPISODE III」のダース・ヴェイダーの誕生を思い出しました)。これには若くて荒々しく、冷酷そう&荒削りに見えるダニエル・クレイグが適任(他の候補はちょっと甘すぎ)。その意味で一番見事なのはこの映画の脚本(ニール・パービス、ロバート・ウェイド&ポール・ハギス!)で、この物語にそってのキャスティングだったことが痛感させられます。

 こうなると続きが見たくなりますが、ダニエル・クレイグはこの作品だけのつなぎとなることなく、次回作への出演も決定済みで2008年11月公開とか。気を長く持って待ちたいと思います。

過去記事: 「007/カジノ・ロワイヤル」Casino Royale (2006)

人気blogランキング参加中。 banner_02

★ PCがVAIOなのを初め、携帯もモニターもみなSony製。さすがにプレステ3は出てきませんが。2000年頃に権利の関係でよじれた「007」を作ると宣言して、本家MGMと裁判になり計画を断念。しかしそのMGMを買収してついに製作にこぎつけた経緯あり。
★ ★原作はイアン・フレミングの第一作でありボンドの小説デビュー作。権利のよじれからシリーズとは関係ない超怪作「カジノ・ロワイヤル」となりました。
★★★前作「ダイ・アナザー・デイ」の北朝鮮リンチ・シーンに比べると確実に“痛そう”。


|

« 「イカとクジラ」 レビュー | トップページ | タキシード対決はペンギン勝利。週末北米興行成績11月17日~19日 »

コメント

TBありがとうございました。
大変詳しい解説で、シリーズ全体の制作の流れを知る事ができました。
他のレビューもゆっくり読ませていただきますね。

投稿: hyoutan2005 | 2006年11月24日 (金) 09時33分

★hyoutan2005さん、コメントどうもありがとうございました。

 ここでは触れませんでしたが、007には「カジノ・ロワイヤル」という原作は同じなのに、吹っ飛んだパロディ番外編とショーン・コネリーが出てキム・ベイシンガーがボンドガールという「ネヴァー・セイ・ネヴァー」(こちらは「サンダーボール」の映画化にあたります)という番外編の2本が存在します。

 「スパーダーマン3」の予告編ですが、最も重要な部分(V絡み)がしっかりと隠されていると思います。

投稿: rambler | 2006年11月28日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェイムス・ボンド・ビギンズ「007 カジノ・ロワイヤル」:

» 『007/カジノ・ロワイヤル』 [ラムの大通り]
(原題:CASINO ROYALE) ----おっ、ついに出たニャ。 本家本元の『007』。 これって、新ボンド役のダニエル・クレイグが 007のイメージではないとかで、 ファンが騒いだんだよね。 監督もなかなか決まらなかったみたいだし。 「しかも、『これは、若きジェームズ・ボンドが“007“になるまでの物語』 と銘打っているように、 この映画は、これまでの作品とはかなり違う。 このシリーズって、ショー... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 14時12分

» 「007/カジノ・ロワイヤル」完成披露試写会。 [酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑]
偉大なる父がこれまで作り上げてきた“大いなる幻影”を遂に打ち破り、その息子と娘が満を持して放った新たなるボンドシリーズの鮮やかな幕開け。文字通り“Everything Or Nothing”、不退転の決意と勇気で敢然とプロデュ... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 14時27分

» 007 カジノ・ロワイヤル /007 Casino Royale [我想一個人映画美的女人blog]
007、TVなどでもやってるのに、実はまともにちゃんと観たことなかったの! 若きジェームズボンドが"007"になるまでの物語〜 ってコトで、ジェームズボンドビギンズ??  エピソード1?? 男の人って好きな人多いよね。 ワタシの敬愛するチャウ・シンチーもパロディを作るほど大好きなこのシリーズ。 でも今まで観なかったのは、この長いシリーズを最初から観るのが大変すぎっ{/ase/}てのと 最近の�... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 10時18分

» 映画 「007 カジノ・ロワイヤル」 [ようこそMr.G]
映画 「007 カジノ・ロワイヤル」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 12時35分

» 007カジノ・ロワイヤル [ICEBLUE WEBLOG]
 一昨日行ってきました『007/カジノ・ロワイヤル』ジャパンプレミア試写会。 というわけで早速レヴューします。一足先に観にいかせて頂きましたが、 「続き」以降はバリバリネタばれしているので注意してください。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 17時28分

» 007/カジノ・ロワイヤル [シャーロットの涙]
21作目にしてジェームズボンドのピュアなラブストーリーにも触れる今作品。公開に先がけて見てまいりました。 かなりボンドのイメージと違うとかなんとか色々言われ続けてきたらしいダニエル・グレイクのジェームズ・ボンド・・・ボンドのイメージというと私にはショーン・コネリーなんだけど、ショーン@ボンド以上の活躍を魅せてくれて私はご満悦{/hearts_red/} で、なんでグレイクがボンドのイメージじゃないのかー?... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 23時21分

» 「007カジノ・ロワイヤル」ジャパン・プレミア [Thanksgiving Day]
東京国際フォーラムで行われた、映画「007カジノロワイヤル」のジャパン・プレミアに行ってきました!! 007シリーズといえば、ジェームズ・ボンドが活躍する、超有名な映画ですけど、ちゃんと観るのは実はこれが初めてだったりするんですよ。テレビでやってるのをちょっと....... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 00時56分

» さすがに長すぎる 「007/カジノ・ロワイヤル」 [平気の平左]
評価:60点 [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 01時35分

» 続編に期待。 [ひょうたんからこま]
『007/カジノロワイヤル』(2006年・アメリカ/144分)2006年11月21日(火)19;00〜東京国際フォーラムA・ジャパンプレミアにて鑑賞公式サイト007 ジェームズ・ボンド。不滅のキャラクターが今、新たに生まれ変わる。非情になりきる前のまだ垢抜けないボンド。シニカルでお洒落なボンドに成長する前の、真面目で泥臭いボンド。世紀のプレイボーイにも、心を盗まれた過去... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 09時28分

» 「 007/カジノロワイヤル 007/Casino Royale(2006) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : マーティン・キャンベル 出演 : ダニエル・クレイグ  /エヴァ・グリーン  /ジュディ・デンチ /  [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 12時46分

» 007 カジノ・ロワイヤル [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。【ストーリー】チラシからの引用。国家予算1500万ドルを賭けたカジノ。それが、ジェームズ・ボンド最初の任務だ。敵は、世界中のテロリストに資金を提供する”死の商人”ル・シッフル。ボンドのパートナーは、監視役として送り込まれた美女、ヴェスパー。最初は彼女を信用しなかったボンドだが、彼女の勇気と思いやりの深さに心を奪われていく。全財産を賭けた白熱の戦いに惨敗したル・シッフルはヴェスパーを拉致、追いかけるボンドにさらなる罠と危険が降りかかる。しか...... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 23時01分

» 007/カジノ・ロワイヤル [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年12月1日 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 監督:マーティン・キャンベル 出演:ダニエル・クレイグ,エヴァ・グリーン,マッツ・ミケルセン 鑑賞日:2006年11月24日(試写会) よみうりホール(座席数...... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 22時42分

» 『007 カジノ・ロワイヤル』 [SMASH ASH]
昨日、試写会で話題の映画をお先に観てきました。 『007 カジノ・ロワイヤル』 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時04分

» 映画:007カジノ・ロワイヤル試写会 [駒吉の日記]
007カジノ・ロワイヤル 試写会@ヤクルトホール 「”OO”への昇進は早すぎたようね」 ジェームズ・ボンドにそんなに思い入れがあるわけではないのですが、ブロンドにブルーアイはなかろう・・・と思ってました。 で試写会当たれば観るかな~程度。結果としてはちょーっ... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 15時15分

» ■週末の学び11/24「007」〜ジェームズ・ボンド〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
007 最新作 [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 17時32分

» 007カジノロワイヤル [風と雲の郷(読書と時折の旅と・・)]
 昨日は、仕事が終わって、「007カジノロワイヤル」の試写会に行ってきた。 イアン・フレミング原作、マーティン・キャンベル監督で、主演のジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグである。この原作は、フレミングの007シリーズ第1作目であるという。 この物...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 21時20分

» 『007/カジノ・ロワイヤル』 [試写会帰りに]
冒頭、息もつかせぬ勢いで上へ下へと、実写版ドンキーコングのような、とび職アクション連続の逃走劇の一幕は、あり得なさと同時に体を張った目の覚めるような本物のアクションが上手く融合されていて、今までに観た事がない映像の緊迫感に手に汗握り、スクリーンに釘付けに..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 00時56分

» 『007/カジノ・ロワイヤル』 [映像と音は言葉にできないけれど]
先日DVDショップを眺めたら、007アルティメット・コレクションBOX」という定価で\65,000もする品を発見しました。周囲もなんとなくジェームズ・ボンド復活を祝っているかのようです。 それを証明するかのようにボンドの母国イギリスでもボックスオフィスを賑わす..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 00時59分

» 007/カジノロワイヤル鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『007/カジノロワイヤル』鑑賞レビュー! すべては007になるために── これは、007が誕生するまでの物語 007シリーズの第1作目のリメイク シリーズ21作目にして初めて明かされる 人間ジェームズ・ボンドの素顔—— そしてだれも知らない過去—— 彼の長いキャリアの中でも 決して忘れられない任務、そして運命の女 これは、ジェームズ・ボンドが 007になる前の物語 人気スパイアクション007シリーズ第21作 ★review★ ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 04時33分

» 007/カジノ・ロワイヤル [勝手に映画評]
タイトル 007/カジノ・ロワイヤル ---感想--- 奇しくも007シリーズの第一作といわれる作品は1967年の『カジノ・ロワイヤル』ですが、意味不明の映画としても有名です。その意味では、この作品は、きちんとした007シリーズとしての『カジノ・ロワイヤル』と言っても良いでしょう。この作品から、ジェームズ・ボンドは、第6代目ダニエル・クレイグに代わっていますが、彼はイアン・フレミングがイメージ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 15時52分

» 『007/カジノ・ロワイヤル』 [Sweet* Days]
CAST:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、ジュディ・ディンチ 他 STORY:暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は「00(ダブルオー)」の地位に昇格する。そして最初の任務は世界中のテロリストの資金源となっている男とのポーカーゲームだった・・・ 007シリーズ、これまで1本ぐらい見たことあったかなぁ・・・程度の記憶。 って事で、殆ど初ボンドです。 で、最新007はボンドの最初の任務、そして本気で愛した女性との物語。 勿論アクションはすごい!! ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 17時29分

» 映画「007/カジノ・ロワイヤル」観ました。 [描いた漫画を公開します!(日記&犬)]
今日は旦那と、映画「007/カジノ・ロワイヤル」を観てきました~。 ジェームズ・ボンド役に抜擢された、イギリス人俳優ダニエル・クレイグが、 フジテレビの「特ダネ!」に生出演していて、おすぎが映画を褒めまくって いたので気になったから。 おすぎが単にダニエル・クレイグがタイプだったから絶賛したのか?( (LOVE光線{%heart1_a%}送りまくりだったよ{%sweat%}) 本当に内容が面白いのか?で感想は・・・... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 00時06分

» 「007/カジノ・ロワイヤル」  Casino Royale [俺の明日はどっちだ]
適度にアナログしているタイトルバックからどことなく手作り感を感じさせたけれど、なんたってそれに続くショートシークエンスの後のボンドが延々としつこいくらいテロリスト追いかけるアクションシーンが ----- CG を極力使わないその生身加減が絶妙で ------ とにかく見ごたえ充分で秀逸。 走って走って、飛んで飛んで、殴って殴ってと、その小気味良い演出に胸ワクワク。 そしてそうした荒唐無稽�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 02時00分

» 007/カジノ・ロワイヤル [Diarydiary!]
《007/カジノ・ロワイヤル》 2006年 イギリス/チェコ/ドイツ/アメリカ [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 20時48分

» 007 カジノ・ロワイヤル 2006-66 [観たよ〜ん〜]
「007 カジノ・ロワイヤル」を観てきました〜♪ イギリス情報部員のジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は『00(ダブル・オー)』の資格を手に入れた。昇格後最初のミッションは、テロ組織の資金源であるル・シッフル(マッツ・ミケルセン)とポーカー対決。ボンドは、イギリス財務省のヴェスパー(エヴァ・グリーン)と共にモンテネグロへ向かう・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、『00×』になれるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 21時05分

» 「007カジノ・ロワイヤル」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「007カジノ・ロワイヤル」 監督:マーティン・キャンベル 出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ イギリスの諜報機関MI6からの依頼をクリアし「00(ダブルオー)」ナンバー、すなわち“殺しのライセンス”を手に入れたボンド。 だが、いき過ぎる彼の行動にMは言う。 「あなたに00(ダブルオー)は早すぎた�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 21時33分

» 007/カジノ・ロワイヤル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
すべては007になるために・・・これは、ジェームズ・ボンドが、007になる前の物語 世界最長かつ最強のシリーズ21作目にして初めて明かされる、人間ジェームズ・ボンドの素顔誰もが知っているジェームズ・ボンドに、誰も知らない過去があった。“彼の長いキャリア...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 22時03分

» 「007/カジノ・ロワイヤル」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
映画の日に公開になった「007/カジノ・ロワイヤル」を観てきました。 英国諜報部に属する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く 人気スパイ・アクションのシリーズ第21弾。 今作ではボンドが殺しのライセンスを持つ “007”になる前の物語から始まり、 国際テロ組織の..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 22時20分

» 「007 カジノ・ロワイヤル」 [しんのすけの イッツマイライフ]
主人公ジェームスボンドには新しくダニエル・クレイブ。 いままでの甘~いマスクのジェントルマンとは違って、 野性味ある眼光持つ、口よりも行動で女を落としそうな兄ちゃんです。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 22時35分

» 「007/カジノ・ロワイヤル」 007 21作目 [★しゃべりば ★]
劇場で見るのはなんと1983年「ユアーアイズオンリー」以来ですわぁ。内容は忘れちゃったけどこの主題歌は印象的でした。今回はオープニング映像がアニメーションタッチでかわいかった♪「おっなんかちがうぞっ」って思わせましたね・  6代目ボンドのダニエル・クレイグは素朴でやさしそうなとこが結構好きかも。 笑顔がかわいいですわ胸毛のないとこもいい〜(笑) いい男とはいえんと思うけど(笑)のっけから大追跡〜!... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 14時03分

» 007 カジノ・ロワイヤル [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
最初の任務は、 自分の愛を殺すこと。 評価:★6点(満点10点) 2006年 144min 監督:マーティン・キャンベル 主演:ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン マッツ・ミケルセン   【あらすじ】....... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 22時54分

» 『007カジノ・ロワイヤル』 [ねこのひたい〜絵日記室]
ソニーによるMGMの買収により、今作から配給がコロンビアになった007。 そのため劇中でジェームズ・ボンドが使用するパソコンは、コロンビアの親会社であるソニー製VAIO。 これまでは、ジュディ・デンチ演... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 08時45分

» 007/カジノ・ロワイヤル [壺のある生活]
007/カジノ・ロワイヤル Casino Royale (2006/アメリカ・イギリス) 筋肉!筋肉! 監督 マーティン・キャンベル Martin Campbell 原作 イアン・フレミング Ian Fleming 『007/カジノ・ロワイヤル』(東... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 22時59分

» ★「007/カジノ・ロワイヤル(2006)」 [ひらりん的映画ブログ]
「007ダブルオーセブン」シリーズの最新作・・・見てきました。 主人公のジェームス・ポンドが交代して、ダニエル・クレイグに・・・。 しかも、1967年製作の同シリーズのリメイクだとか。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 02時35分

» 007/カジノ・ロワイヤル [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ&イギリス  アクション&サスペンス&アドベンチャー  監督:マーティン・キャンベル  出演:ダニエル・クレイグ      エヴァ・グリーン      マッツ・ミケルセン      ジュディ・デンチ 殺しのライセンスである00(ダブル・オー)を取...... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 11時34分

» 007/カジノ・ロワイヤル(映画館) [ひるめし。]
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。 [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 13時44分

» 【劇場映画】 007/カジノ・ロワイヤル [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている“死の商人”ル・シッフルの存在を突き止める。高額掛金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、モンテネグロに向かうボンドの前に、国家予算である掛金1500万ドルの監視役として財務省から送り込まれた美貌の女性ヴェスパー・リンドが現れる。(goo映画より) 007シリーズは荒唐無稽な秘密兵器があったり、どんな女の人でも口説いちゃう... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 20時30分

» 007 カジノ・ロワイヤル [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:マーティン・キャンベル キャスト:ダニエル・クレイグ 、       エヴァ・グリーン 、       マッツ・ミケルセン 、       ジュディ・デンチ 、       ジェフリー... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 08時28分

» 映画「007/カジノ・ロワイヤル」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年68本目の劇場鑑賞です。公開翌日レイトショーで観ました。「007/ゴールデンアイ」「マスク・オブ・ゾロ」のマーティン・キャンベル監督作品。新たに抜擢されたダニエル・クレイグ扮する6代目ボンドが初登場するシリーズ通算21作目。イアン・フレミングによる原作シ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 11時36分

» 007 / カジノ・ロワイヤル・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ジェームス・ボンド・ザ・ビギニング。 もともとこの「カジノ・ロワイヤル」のリメイクを提案したのは、タランティーノだったという。 故イアン・フレミングの残したボンド原作は既にすべて映画化されていたが、唯一... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 23時29分

» 「007 / カジノ・ロワイヤル」を観ました。 [Cinema Chips ブログ版]
私は「007」シリーズに何の思い入れも無く、と言うより、むしろ苦手な方の映画だったので、映画館で観るのはこれが初めてでした。 だから、ボンド史上初の金髪で青い目の新ジェームズ・ボンド役に選ばれたダニエル・クレイグさんに何の偏見も違和感も無く観ました。シリーズものを観ると言うより(殆ど知らないのでね!(~_~メ))、ただ1本の映画を観ると言う感じで観ました。 ■ストーリー抜粋≫ 【ジェームズ・ボンド�... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 14時32分

» 『007 カジノ・ロワイヤル』 [京の昼寝〜♪]
最初の任務は、自分の愛を殺すこと。 ■監督 マーチン・キャンベル■脚色 ニール・バーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス■原作 イアン・フレミング(「007カジノ・ロワイヤル」東京創元社刊)■キャスト ダニエル・クレイグ、エバ・グリーン、マッツ・ミケルセン、カテリーナ・ムリーノ、ジュディ・デンチ □オフィシャルサイト  『007 カジノ・ロワ... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 07時31分

» 映画『007/CASINO ROYALE』劇場鑑賞 [蛇足帳~blogばん~]
人気の「007」シリーズの新生James Bondお披露目となる作品『CASINO RAYALE』を観て来ました。 この作品で6代目Bondを演じるのが英国俳優のDaniel Craigですが、彼がBondを演じると決まった当初は、5代目BondのPierce Brosnanを理想としていた一部ファンから酷いバッシング..... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 16時14分

» 007/カジノ・ロワイヤル (Casino Royale) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーティン・キャンベル 主演 ダニエル・クレイグ 2006年 アメリカ/イギリス映画 144分 アクション 採点★★★★ 容姿やら年齢やら言葉のアクセントやら何かと条件が厳しいらしい、ジェームズ・ボンド役。まぁ、確かにある程度厳しい条件でもつけていないと、真っ先に..... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 20時09分

« 「イカとクジラ」 レビュー | トップページ | タキシード対決はペンギン勝利。週末北米興行成績11月17日~19日 »