« ハッピー・カジノ、遂に陥落。12月8日~10日付北米週末興行順位 | トップページ | 2007アカデミー賞を探る:助演男優賞 »

2006年12月12日 (火)

2007アカデミー賞を探る:助演女優賞

★賞レースの最新の結果はこちら:アカデミー賞総合案内ページ

2006.12.20追記:
12月14日にノミネート発表となった”前哨戦”ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品には頭に●を記載。最優秀賞の発表は1月15日(日本時間16日)。

 ある意味では最も注目されているこの助演女優賞部門。「バベル」での体当たりの演技が評価されて、日本の菊地凛子(菊凛子, umikarahajimaruさん、ご指摘ありがとうございました)のノミネートが噂されているからです。日本では年末の様々な受賞で急浮上してきたかのように書かれていますが、アメリカのメディアでは既に9月から噂になっていました。では、本当にノミネート、受賞の可能性はあるのでしょうか?

Jh240Rinko240Ab240Abigailbreslin240Ss240

Bkline

 結論から言うと、ノミネートはかなり有力ですが、最優秀には手がとどかなそうというのが現時点の予測です。ノミネートに関しては、ハンディキャップのある役は過去の例から見ても評価されやすく、またその大胆なヌードもプラスで、下記の各誌全てが有力候補として取り上げておりかなり堅そうです。しかしながら受賞に関しては①は「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンの歌って演技しての評価が高く、さすがにここまでは手が届かなさそう、②同じ「バベル」のアドリアナ・バラーザも評価が高いため票が割れる可能性があることです。いずれにしても、現時点でエマ・トンプソン、ケイト・ブランシェット、トニ・コラット等の名だたる女優を抑えて名前が挙がっているだけでもこれは快挙だと思います。

 テイタム・オニール、アナ・パキンとこの部門は子役が過去に受賞しているのですが、今回も「リトル・ミス・サンシャイン」脅威の10歳・アビゲイル・ブレスティンのノミネートはありそう。おかしいのは「ボビー」での演技が評価されてのシャロン・ストーン。2006年はじめに公開された「氷の微笑2」ではラジー賞の大本命と見られており、このダブル・ノミネートはあるのでしょうか?

有力候補:
●ジェニファー・ハドソン 「 ドリームガールズ 」 ★ A A
●菊地凛子 「 バベル 」 ★ A B
●アドリアナ・バラーザ 「 バベル 」 ★ C A
アビゲイル・ブレスティン 「 リトル・ミス・サンシャイン 」 ★ B B
シャロン・ストーン 「 ボビー 」 ★ B B

第二グループ:
エマ・トンプソン 「 ストレンジャー・ザン・フィクション 」 - B A
●ケイト・ブランシェット 「 ノーツ・オン・スキャンダル/Notes on a Scandal 」 - A B
ジル・クレイバーグ 「 ラニング・ウィズ・シザース/Running with Scissors 」 - C A
フィリス・サマーヴィル 「 リトル・チルドレン 」 - C A
トニ・コラッテ 「 リトル・ミス・サンシャイン 」 ★ - B

第三グループ:
シャリーカ・エップス 「 ハーフ・ネルソン/Half Nelson 」 ★ - -
サンドラ・ブロック 「 インフェイマス/Infamous 」 ★ - -
デミ・ムーア 「 ボビー 」 ★ - -
キャスリーン・オハラ 「 フォー・ユア・コンシダレーション/For Your Cosideration 」 - B -
アニカ・ノミ・ローズ 「 ドリームガールズ 」 - B -
メリル・ストリープ 「 今宵、フィッツジェラルド劇場で 」 - C -
ロビン・ライト・ペン 「 ブレーキング・アンド・エンタリング/Breaking and Entering 」 - C -
●エミリー・ブラント「プラダを着た悪魔」

評価の見方:左から
サイト:【Oscar Watch】(候補作に挙げられた物は★)
雑誌:【Entartainment Weekly 11/17号】 3段階評価・A-C評価に換算(Aが最有力)
雑誌:【Premiere 12月号】 2段階評価・A-Bに換算(Aが最有力)

人気blogランキング参加中。 banner_02

関連記事:
・「2007年アカデミー賞を探る(9/3)
・「2007アカデミー賞を探る:作品賞」(2006.12.1)
・「2007アカデミー賞を探る:監督賞」(2006.12.2)
・「2007アカデミー賞を探る:主演男優賞」(2006.12.4)
・「2007アカデミー賞を探る:主演女優賞」(2006.12.5)
・「2007アカデミー賞を探る:助演女優賞
・「2007アカデミー賞を探る:助演男優賞」(2006.12上旬公開予定)

|

« ハッピー・カジノ、遂に陥落。12月8日~10日付北米週末興行順位 | トップページ | 2007アカデミー賞を探る:助演男優賞 »

コメント

TBありがとうございました。
私も自分のブログ(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200612/article_7.html)で書いたのですが、菊地凛子さんは助演賞はともかく新人賞だったらかなり行けるんじゃないかと思いますね~。だから、受賞の可能性があるのは新人賞のある映画賞に限られてしまいますが。
あ、それから、上の記事、菊地凛子さんの漢字が違ってますよ~。

投稿: umikarahajimaru | 2006年12月13日 (水) 14時02分

★umikarahajimaruさん、コメントありがとうございました。漢字の間違いのご指摘、ありがとうございます。早速修正させて頂きました。

 日本だと”確実”報道のところも出てきましたか(笑)。それってオリンピック報道(金メダル確実!)と似てますね。でもノミネートされればそれだけで十分凄い事だと思うのですが。

投稿: rambler | 2006年12月13日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007アカデミー賞を探る:助演女優賞:

» 菊地凛子に大注目! [海から始まる!?]
 一部のエンタメ・ニュースで、もうアカデミー賞助演女優賞ノミネート確実みたいな書かれ方をしているので、あんまり期待を煽らないで欲しいなと思ったりもしたんですが、調べてみるとまんざら可能性がないわけではないことがわかりました。  誰のことかというと、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ監督の『バベル』に出演した菊地凛子さんのことです。... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 13時54分

« ハッピー・カジノ、遂に陥落。12月8日~10日付北米週末興行順位 | トップページ | 2007アカデミー賞を探る:助演男優賞 »