« 「ナイト・ミュージアム」レビュー | トップページ | ゴーストライダーがやってきた!2月16日~18日付北米興行収入順位 »

2007年2月14日 (水)

ウッディ・アレンの最新作「スクープ」

Scoop220_1 前作「マッチ・ポイント」で舞台をニューヨークからロンドンに移し、新たな境地を切り開いた巨匠ウッディ・アレン。同作で悪女ぶりを発揮して新境地をひらいたスカーレット・ヨハンソンが女子大生探偵主人公に扮し、アレンみずからその助手役の手品師に扮して、ロンドンに発生した謎の連続殺人事件の謎に関する“スクープ”を追うコメディ&サスペンス。疑惑の渦中の億万長者の跡取り息子がヒュー・ジャックマン★という豪華共演です。

 基本的にはここしばらくのアレン軽いコメディの流れをくむ作品で、以前からのウッディ・アレンファンには馴染みの感覚を持っていますが、それゆえに前作「マッチ・ポイント」の異色ぶりが際立ち、前作でウッディ・アレン入門を果たした人には“なんじゃこれ”となる可能性あり。ヨハンソン&アレンの探偵コンビの凸凹ぶりとやり取りのおかしさが作品の“核”でこれに乗れるかどうかで作品の評価が変わってくるかと思われます。アメリカでは、前作ほどの評判は呼ばず今年のアカデミー賞レースでは噂にものぼりませんでした。

人気blogランキング参加中。 banner_02

 売れっ子ヨハンソンは前作の悪女ぶりから一転して軽めのメガネっ娘女子大生役。「マッチ・ポイント」「ブラック・ダリア」等年の割には“妖艶”な役が続いていますが、実はコメディ等もいけるかも。最新作はベストセラーの映画化「The Nanny Diaries」で3月アメリカ公開。丁度昨年の今頃話題になったヌード表紙はこちら:キーラ・ナイトレイ&スカーレット・ヨハンセン

★昨年は「X_MEN ファイナル・ディシジョン」、この「スクープ」、そしてスカーレット・ヨハンセンと再共演し、バットマン・クリスチャン・ベールとライバル奇術師を演じる「ザ・プレステイジ」、ダーレン・アノロフスキーの新作「ザ・ファウンテン」、そして「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」の声優と無敵状態(?)。「X-MEN」以外は全て2007年公開ですから、日本では今年の最も主演作が多く公開されるアクター?

|

« 「ナイト・ミュージアム」レビュー | トップページ | ゴーストライダーがやってきた!2月16日~18日付北米興行収入順位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッディ・アレンの最新作「スクープ」:

« 「ナイト・ミュージアム」レビュー | トップページ | ゴーストライダーがやってきた!2月16日~18日付北米興行収入順位 »