« ニューヨークの青春「スパイダーマン3」 | トップページ | お知らせ »

2007年6月17日 (日)

ファンタスティック・フォー:銀河の危機

Riseofthesilversurfer このブログを始めてもうすぐ2年ですが、この2年間で既に続編が登場した映画は2本目。最初は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで、2本目はこの「ファンタスティック・フォー」。アメコミの人気ヒーロー達を描くこの第一作「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」が公開されたときは“ジェシカ・アルバ”という言葉への検索から当ブログへお越し頂いた方が多く、その意味でこの映画は当ブログの初期の立役者。

感謝を込めて(?)続編「銀河の危機」は初日の金曜日に見に行ってまいりました。

  ゴム人間“Mr.ファンタスティック”ことリード(ヨアン・グリフィズ)、透明人間“インビジブルウーマン”ことスー(ジェシカ・アルバ)、怪力“シング”ことベン(マイケル・チクリス)、空飛ぶ炎“ヒューマントーチ”ことジョニー(クリス・エヴァンズ)のファンタスティック・フォーの4人のメンバーは、リードとスーの結婚式を目前にして平和な日々を過ごしています(本拠地ニューヨーク)。しかし訪れた星を8日間で滅ぼすという謎の飛行体シルバーサーファーが日本の駿河湾(?)、エジプト、ロスアンゼルス上空に飛来、よりによって結婚式の当日にニューヨーク上空に登場したことで、4人は否が応でも戦いの場に引き戻されます。

人気blogランキング参加中。 banner_02

過去記事: ファンタスティック・フォー 銀河の危機 プレビュー 別ポスター、YouTube予告編あり

 「ターミネイター2」のT-1000にも似た水銀体であらゆる物体をすり抜け、ジョニーを凌ぐ高速で移動することが出来、更に衝撃波やヒーリング能力等多くの能力を持つ超強敵シルバーサーファーだけでもピンチなのに、復活した4人の宿敵&元同僚“Dr.ドゥーム”ことヴィクター(ジュリアン・マクマホン)の登場が事態を悪化させ、更にはシルバーサーファー飛来の目的がはっきりすると共に、最悪の“地球存亡の危機”を迎えます。果たして4人は地球の危機を救い、無事にリードとスーの結婚式を挙げる事が出来るのか?

 これはヒーロー物の定番ですが、第一作が“誕生編”であったのに対し、第二作は“活躍編”「スパイダーマン」に比べても全員大人なメンバーなので苦悩も少なく(マリッジブルー約3分だけ)、正体を隠す必要も無く(セレブな結婚はアメリカ最大の話題)、強力な敵を迎え撃ってのアクション大増量。ニューヨーク、ロンドン、ドイツを経て中国、そして宇宙空間へと飛び回るスピード感は爽快感すらおぼえるほどで、徹底した夏休み向け、ヒーロー物大活劇ポップコーン・ムービー。

 ただかなり原作ファンに気を使っているので、一般の観客にはシルバーサーファーとその背後にある“超巨大な存在”についての若干の知識がないと終局がややわかりにくいかも知れません(スーとジョニーが姉弟であることくらい知っていれば、前作は見ていなくても大丈夫ですが)。

 ヒーロー物の定番でラストはきっちり爽快となりますが、残念ながら日本人だけは脱力感を味わうかと。公開されたら“2ちゃんねる”では皆、怒るだろうなあ。

|

« ニューヨークの青春「スパイダーマン3」 | トップページ | お知らせ »

コメント

こんにちは。おげんきですか?
2年とは!!あっという間ですね。
ファンタスティック・フォーなんてついこの前のようなぁ。
やっと、パイレーツオブカリビアン見てきました。
今週で終わりなんですがぁ。
エンドロールが長いのに、最後にいいとこあるからわくわくしたら、あ~んそうゆうこと。
大体の映画はエンドロールまで見なきゃ気がすまないけど。
さすがの私でも疲れました。
のんびり亭映画情報のますますのご発展を祈って(^^)V
また遊びに行きます。

投稿: yaya | 2007年7月13日 (金) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティック・フォー:銀河の危機:

» 仮面ライダー電王:仮面ライダー電王のページ [仮面ライダー電王:仮面ライダー電王のページ]
2007年(平成19年)1月28日[1]からテレビ朝日系列で毎週日曜日8:00 - 8:30に放映されている。「仮面ライダークウガ」から始まる「平成仮面ライダーシリーズ」としては第8作目となる特撮テレビドラマ作品。 [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 23時04分

« ニューヨークの青春「スパイダーマン3」 | トップページ | お知らせ »