« 鋼鉄の男 「アイアンマン」Iron Man | トップページ | 「アメリカン・ギャングスター」American Gangster »

2007年11月20日 (火)

「ノーカントリー」No Country for Old Men

No_country_for_old_men480 麻薬取引の現場。全滅したと思われるギャングと見られる死体。現場に残された大金。そのヤバイ金を偶然見つけ持ち逃げする男ジョシュ・ブローリン。彼を追う不気味な殺し屋ハヴィエル・バルデム。事件に絡むシェリフにトミー・リー・ジョーンズ。ジョエル&イーサンのコーエン兄弟が「ファーゴ」の白銀の世界をメキシコ国境線の荒涼とした世界に変えて構築したモダン・ウエスタンの秀作。

 主演の3人の個性が絡み合ってコーエン兄弟独特の世界を構築しており、2008年のアカデミー賞を騒がせそうな作品。特に怪物殺し屋を演じるハヴィエル・バルデム(ポスターだとまるでホラー映画の雰囲気をかもし出しています)が話題ですが、彼に喰われることなく個性を発揮するトミー・リー・ジョーンズ(他に「エラの谷」もあり)とジョシュ・ブローリン(他に「アメリカン・ギャングスター」もあり)もさすが。

 ウォルター・マッソー主演、ドン・シーゲルが監督した「突破口」という同じような設定の映画がありましたが、こちら「ノーカントリー」はもっと暗めでとってもコーエン兄弟。ドン・シーゲルも現代劇設定のウエスタン(ダーティーハリーとか)を得意とした人でしたね。

予告編は続きにあり(YouTube)

|

« 鋼鉄の男 「アイアンマン」Iron Man | トップページ | 「アメリカン・ギャングスター」American Gangster »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ノーカントリー」No Country for Old Men:

« 鋼鉄の男 「アイアンマン」Iron Man | トップページ | 「アメリカン・ギャングスター」American Gangster »