« 第80回アカデミー賞、ノミネート予想 | トップページ | 第80回アカデミー賞ノミネート作品発表 »

2008年1月22日 (火)

深海の暗き淵より「クローバーフィールド HAKAISHA」Cloverfield

Cloverfield_240 いや~、「ボーン」シリーズでも「ユナイテッド93」でも平気だった私が多分はじめてと言っていいくらい映画に酔いました。それも悪酔い。映画全体が個人のカメラに映った“事件”を捉えた映像という事で徹底された作品がこの「クローバーフィールド HAKAISYA」Cloverfield。

 TVシリーズ「エイリアス」「LOST」を大ヒットさせ、映画「M:I:III」の監督に抜擢され、そして今、「スタートレックX」でエンタプライズ号を再発進させるプロジェクトに取り組んでいる俊英JJエイブラムスが仕掛けた(製作)低予算怪獣映画(制作費$25Mは超格安)なのですが、タイトルをあかさず予告編を流し、変なおもちゃとのタイアップなどしないでモンスターを見せず、予告編とインターネットを駆使して噂をあおりまくった結果、公開3日で$41Mを売り上げる大ヒットとなった作品です。

 とにかくカメラが揺れる揺れるで頭がくらくらするのですが、映画自体は実際にニューヨークに起きた事件をドキュメンタリーで追う様なシャープな迫力があり、また911のテロリストアタックの悪夢を再現するかのような映像に満ちていて見るほうを消耗させてくれます(褒め言葉)。

 問題は“それって「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」じゃん”という批判ですが、まあこっちの方が映画トータルとして良く出来ているので良しとしましょう。更に大きな問題はジョージ・A・ロメロの新作(2月公開)「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」が殆ど同じようなアイデア作品だと言う事なのですが・・・(詳細こちら)。肝心の怪獣ですが、それは秘密(笑)。おぞましい化け物で印象はゴジラというよりクトゥルー神話なのですが、4月の公開までインターネット上のネタバレを避けつつお待ち下さい。

日本語サイト(予告編あります):http://www.04-05.jp/

|

« 第80回アカデミー賞、ノミネート予想 | トップページ | 第80回アカデミー賞ノミネート作品発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深海の暗き淵より「クローバーフィールド HAKAISHA」Cloverfield:

« 第80回アカデミー賞、ノミネート予想 | トップページ | 第80回アカデミー賞ノミネート作品発表 »