« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

【Movie/改定】STAR WARS EPISODE VII/スターウォーズ・エピソード7

【11/3日改定写真追加】面白い事を考える人たちがいるものです。
アメリカでは既にこうしたポスターを考える人、監督、主演で議論を戦わせる人等喧々諤々の議論が開始!
Bkline_2
Sw_vii_2 Episode_vii_2

Bkline_2
左のポスター:https://twitter.com/AMCTheatres
右のポスター:Geek Tyrant

Bkline_2
Darth Vader: What Are You Going to Do Next?

Bkline_2

続きを読む "【Movie/改定】STAR WARS EPISODE VII/スターウォーズ・エピソード7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

【結果・北米映画興行】「アルゴ」公開3週目でNo.1へ

Argo 非常にスローなこの時期。「アルゴ」が3週目で1位になるという結果。これは①「アルゴ」の足の長さと②他の作品の落ち込みが激しく③初公開作品がだらしなかったという要素の結果です。

1 「Argo/アルゴ」   $ 12,355,000
2 「Hotel Transylvania/ホテル・トランシルバニア」 9,500,000
3 「Cloud Atlasクラウドアトラス」 9,400,000
4 「Paranormal Activity 4パラノーマル・アクティビティ4 8,675,000
5 「Taken 2 96時間 リベンジ」 8,000,000
5 「Silent Hill: Revelation/サイレント・ヒル レヴァレーション(原題)」 8,000,000
*土曜時点の予測。4位から6位は変動の可能性大(ハリケーン・サンディの影響も?)

続きを読む "【結果・北米映画興行】「アルゴ」公開3週目でNo.1へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

【結果】北米映画興行「パラノーマル・アクティビティ4」がTop初登場も・・・ / 10月19日-10月21日

【10/21/2012】改定最新の順位
1 Paranormal Activity 4/パラノーマル・アクティビティ4  $ 30,200,00
2 Argo/アルゴ                 $16,625,000
3 Hotel Transylvania/ホテル・トランシルバニア      $13,500,000
4 Taken 2/96時間 リベンジ             $13,400,000
5 Alex Cross/アレックス・クロス(原題)    $11,750,000

【10/20/2012オリジナル記事】
Paranormal_activity_4 ハロウィーンをひかえた10/19-21日の北米映画興行「パラノーマル・アクティビティ4」が、金曜の段階でがっちりTOPを確定させたものの「3」よりもかなり数字を落としている模様。

 続くのは「ARGO/アルゴ(2週目)」で、前週比でたったの14%減という素晴らしいキープぶりで第二位。更に3Dアニメ「ホテル・トランシルバニア(4週目)」、「96時間 リベンジ(3週目)」、「Alex Cross/アレックスクロス(原題・初)」という順位が予想されています。週末に続報します。

続きを読む "【結果】北米映画興行「パラノーマル・アクティビティ4」がTop初登場も・・・ / 10月19日-10月21日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

ARGO/アルゴ

Argo 今年公開され私が見た映画(*)の中で現時点でのNo1。理由は後半の脱出劇に代表されるようにシンプルにサスペンス映画として優れている点に加え、「イランアメリカ大使館人質事件」こそが現在に至るアメリカとイスラム社会の対立の大きな分岐点だったことを見据えている点です。個人的には私が「アメリカの夜」や「ブギー・ナイト」、「エド・ウッド」のような映画製作の裏側の映画に弱い点もありますが(笑)。

 囲まれて苛立ちながらもワインを楽しみ「Led Zeppelin IV」のLP(!当然ですが、CD以前の時代です)をかける人質達、享楽&退廃的な生活の明け暮れるハリウッド人と現実的なイラン民衆との“格差”は今も変わっていない事を痛感させられます。

 監督・主演のベン・アフレックはそこに批判的な目を向けている訳ではなくて、そうした要素をドキュメンタリータッチで取り込みながら、そこに隠し味としてハリウッド映画人の“活動屋魂”、歴史の影で職責を果たそうとするCIA職員のプロ意識の高さを盛り込んで“娯楽映画”として結晶させています。あくまでも“実話を元にした”フィクションである事をお忘れなきよう(日本の宣伝は“実話”を強調しすぎ?)。

続きを読む "ARGO/アルゴ"

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2012年10月17日 (水)

Carrie/キャリー

スティーブン・キングの処女作にしてブライアン・デパルマの出世作、シシー・スペイセックの初主演作、そしてジョン・トラボルタのデビュー作だった「キャリー(1976)」のリメイク、予告編登場。主人公のいじめられっ子クロエ・グレース・モレッツ、そして狂気の母親にジュリアン・ムーア!

続きに新旧ポスターあり。

続きを読む "Carrie/キャリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

【改定】北米映画興行「96時間2」2週連続top / 10月12日-10月14日

【改定・追加 10/14/2012 12:50PM】北米週末興行成績速報(現時点では推定)

Taken_two1. 「96時間 リベンジ」      $22.5M(2週連続一位)
2. 「Argo/アルゴ」    $20.1M(初登場)
  アカデミー賞の呼び声も高いベン・アフレック主演、監督作品
3. 「Sinister/シニスター(原題) $18.3M (初登場)
  イーサンホーク主演のホラー/ハロウィーン・シーズン到来!

続きを読む "【改定】北米映画興行「96時間2」2週連続top / 10月12日-10月14日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

タランティーノ最新作『Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者』

タランティーノ最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』の新予告編が公開されました(英語)。最初の予告編(日本語字幕付は続きにあり)。ディカプリオの悪役ぶりがかな~りはまっています。

続きを読む "タランティーノ最新作『Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

「のんびり亭映画情報」復活します

長い長いお休みを頂いていたこの「のんびり亭映画情報」、復活します。

お休みの間もずっと映画は見続けていて昨年が劇場で30本、今年が既に23本、自宅でDVD, Netflix(見放題!)、飛行機での映画も加え自分の中で書きたい事が沸々と湧き上がってきました。昔のようなこまめなup-dateは出来ないかも知れませんが、Twitter等も駆使してアメリカにいる地の利を生かして情報発信に努めますので宜しくお願い致します。

再開にあたり以下の情報をまとめました(続きに一覧):

続きを読む "「のんびり亭映画情報」復活します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

マーベル・シネマティックユニバース・フェイズ2について

Thor2_2
”マーベル・シネマティック・ユニバースとはアメリカン・コミックにおいてDCコミックス(スーパーマン、バットマンが所属)と並んで双璧を成すマーベル社のキャラクター達が共存する映画世界。原作のコミック世界は完全にパラレルワールドと化してしまってもう収拾がつかない(?)状態なので、映画だけは一貫性を持たせようとしています。

とりあえずフェイズ1(第一期)
「アイアンマン」
->「アイアンマン2」
->「インクレディブル・ハルク」
ー>「マイティ・ソー」
->「キャプテン・アメリカ」
と続いて来て「アベンジャーズ」でとりあえずのフェイズ1の区切りがついています。

続きを読む "マーベル・シネマティックユニバース・フェイズ2について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

【予告編&ポスター追加】IRON MAN 3/アイアンマン3

【10/23追記:公式予告編登場!&ポスター追加】

Iron_man_3

Bkline_2

続きを読む "【予告編&ポスター追加】IRON MAN 3/アイアンマン3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

GODZILLA/ハリウッド版ゴジラは2014年公開

Godzilla2014 ハリウッド版ゴジラの最新作(勿論過去のいかなる作品ともつながっていないそう)は米国で2014年5月16日公開。

監督はギャレス・エドワーズに決定してはいますが、現在脚本はまだ手直し中でキャスティングもまだ、で、当然撮影もまだ。さてどうなりますか。今後も継続的に情報をお伝えして参ります。

関連記事:
Warner Bros. Sets Release Date for 'Godzilla'


続きを読む "GODZILLA/ハリウッド版ゴジラは2014年公開"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」

【10/25追記 公式予告編登場】息子と娘に囲まれて頑固親父、暴れます。

続きを読む "【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月 2日 (火)

見てきました!「SKYFALL/007スカイフォール」

【見てきました!/11月17日】
Skyfall_yoko
 製作会社MGMの経済的な問題により一時は絶望視されていた007シリーズ23作目が復活!面白いのはそんなインサイド・ストーリーを反映させてか劇中で描かれるのもジェームス・ボンドの死と再生。「アメリカン・ビューティ」のサム・メンデスを監督として起用して描く重厚な人間ドラマ+猛アクションを組合わせた21世紀型ジェームズ・ボンド映画です。

 そしてその全体を貫くシリアスさを生み出しているのが、ボンドの上司M(ジュディ・デンチ)とサイバー・テロリスト・シルバ(ハビエル・バルデム、「ノーカントリー」のおかっぱ殺し屋!)。シルバは前半は見えない”影”として、後半はハニバル・レクターか、ジョーカーかという存在感で映画全体を引き締めていますが、しかしなんと言ってもこの映画の裏主役はM。どんなに優秀な部下でも時には”捨て駒”として使わねばならない組織の長としての非情さと孤独を鮮やかに演じています。

 面白いのはボンドガール(!映画にまったく似合わない表現)の二人・ベレニス・マーロウ&ナオミ・ハリスが過去の伝統である”悪役の情婦タイプ(ボンドに陥落される)”と”ボンドの相棒タイプ(最後まで触らせない)”にくっきりと別れている点。この対比がちょっとした映画のアクセントになっています。

 他にもレイフ・ファインズ、アルバート・フィニー(この役はあの人に演じて欲しかった!)といった脇役もそれぞれ個性を発揮していますが、こんな曲者に囲まれた中で堂々と主役を張るジェームス・ボンド=ダニエル・クレイグの成熟ぶり。Mとの上司・部下を超えた絆の強さ(シルバとの対比になっている)、そして自分自身の過去との対峙。あと2作は彼が主演でシリーズ継続だそうですが、早くも24作目が楽しみです。

【11月11日】007史上新記録で「スカイフォール」発進!

【10/27追加】


続きを読む "見てきました!「SKYFALL/007スカイフォール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」

Pitch_perfect 大学のアカペラ部(そんなもんあるんかいっ!)の青春ドラマ・コメディ「ピッチ・パーフェクトPitch Perfect」、面白かった!アナ・ケンドリックはもっと大物になると思うけどこの役はちょいと優等生すぎ

続きを読む "「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »