« 「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」 | トップページ | 【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」 »

2012年10月 2日 (火)

見てきました!「SKYFALL/007スカイフォール」

【見てきました!/11月17日】
Skyfall_yoko
 製作会社MGMの経済的な問題により一時は絶望視されていた007シリーズ23作目が復活!面白いのはそんなインサイド・ストーリーを反映させてか劇中で描かれるのもジェームス・ボンドの死と再生。「アメリカン・ビューティ」のサム・メンデスを監督として起用して描く重厚な人間ドラマ+猛アクションを組合わせた21世紀型ジェームズ・ボンド映画です。

 そしてその全体を貫くシリアスさを生み出しているのが、ボンドの上司M(ジュディ・デンチ)とサイバー・テロリスト・シルバ(ハビエル・バルデム、「ノーカントリー」のおかっぱ殺し屋!)。シルバは前半は見えない”影”として、後半はハニバル・レクターか、ジョーカーかという存在感で映画全体を引き締めていますが、しかしなんと言ってもこの映画の裏主役はM。どんなに優秀な部下でも時には”捨て駒”として使わねばならない組織の長としての非情さと孤独を鮮やかに演じています。

 面白いのはボンドガール(!映画にまったく似合わない表現)の二人・ベレニス・マーロウ&ナオミ・ハリスが過去の伝統である”悪役の情婦タイプ(ボンドに陥落される)”と”ボンドの相棒タイプ(最後まで触らせない)”にくっきりと別れている点。この対比がちょっとした映画のアクセントになっています。

 他にもレイフ・ファインズ、アルバート・フィニー(この役はあの人に演じて欲しかった!)といった脇役もそれぞれ個性を発揮していますが、こんな曲者に囲まれた中で堂々と主役を張るジェームス・ボンド=ダニエル・クレイグの成熟ぶり。Mとの上司・部下を超えた絆の強さ(シルバとの対比になっている)、そして自分自身の過去との対峙。あと2作は彼が主演でシリーズ継続だそうですが、早くも24作目が楽しみです。

【11月11日】007史上新記録で「スカイフォール」発進!

【10/27追加】


【10/1オリジナル記事】
製作会社MGMの経済的な問題により一時は絶望視されていた007シリーズ23作目が、死の淵から甦った!

主演はこれが三作目のダニエル・クレイグ、悪役にシルヴァ(ハビエル・バルデム)、ボンドガールにベレニス・マーロウ&ナオミ・ハリス、そして監督に英国舞台の名匠サム・メンデスを迎えますが、今回大きな役割を果たすのはボンドの上司M(ジュディ・デンチ)との噂。確かにサム・メンデスとジュディ・デンチが顔を会わせたら重厚なドラマが期待できそうです。

続きに別ヴァージョンのポスター、公式サイト、予告編あり。
Bkline_2

SKYFALL/007スカイフォール
米国公開日:2012年11月9日
米国公式サイト:http://www.007.com/skyfall/

日本公開;2012年12月1日
日本公式サイト:http://www.skyfall.jp/

Skyfall

Skyfall_3


|

« 「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」 | トップページ | 【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/55840251

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました!「SKYFALL/007スカイフォール」:

« 「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」 | トップページ | 【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」 »