« グランド・セントラルステーション100周年! | トップページ | 「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」 »

2013年2月19日 (火)

「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」

Django_unchained_jf Django_unchained_cv Django_unchained_kw Django_unchained_ld Django_unchained_sj
Bkline_2

 ご存知クエンティン・タランティーノ監督の最新作。前作の「イングロリアス・バスターズ」が戦争映画re-mixだったのと同様に西部劇、特にマカロニ・ウエスタン(アメリカではスパゲティウエスタン)のre-mix。マカロニの原型を作った名作『続・荒野の用心棒』(セルジオ・コルブッチ監督、フランク・ネロ主演、そして原題は“Django”)を下味に、その中に様々な素材をぶち込んで混ぜ合わせて(mix)タランティーノ味に仕込むその手腕は健在です。勿論最後の仕上げにはたっぷり血のソース。

 アメリカでの評価も高く、アカデミー賞作品賞にノミネート。クリスマスに同時公開された「レミゼラブル」を興行成績でも上回り、タランティーノ映画史上最もヒットした映画になりました。日本ではアカデミー賞といえば”感動の名作(=泣ける)”映画を想像しますが、“イングロリアス”同様に堂々の作品賞ノミネート。日本で“アカデミー賞ノミネート”と言う言葉に引かれて、ディカプリオ*のファンがもし見に行ったら多分悪夢にうなされるでしょう。

 では何故こんな残虐・暴言映画が高い評価を受けるのかといえば、優れた脚本、練りこまれたセリフ(ダイアローグ)、鮮やかな絵作り(構図)、そして天才的な登場人物達の造形、すなわち主役から脇役に至る個々のキャラクターが“立っている”等“映画”作りに関するその職人的な手腕が同業者から評価されているのだと思われます(アカデミー賞はハリウッドの現場人の投票で決まる)。

 ただ難点はその“美味しい”キャラを情容赦なく虐殺すること。元祖マカロニウエスタンならばpart 7くらいまでは作りそうな気もしますが、、、残念。まあそうしない所もまあ、潔しとしましょう。是非今回もタランティーノワールドをご堪能下さい。


*怪演!アカデミー賞にノミネートされなかったのは残念。多分クリストフ・ヴァルツと票割れした事、今年の助演男優賞候補が凄すぎる2点が原因かと思われます。

【過去記事 2012年10月10日】タランティーノ最新作『Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者』
タランティーノ最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』の新予告編が公開されました(英語)。最初の予告編(日本語字幕付は続きにあり)。ディカプリオの悪役ぶりがかな~りはまっています。

|

« グランド・セントラルステーション100周年! | トップページ | 「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/56836010

この記事へのトラックバック一覧です: 「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」:

» 『ジャンゴ・繋がれざる者』 [ラムの大通り]
(原題:Django Unchained) ----これ、一時間以上前に行ったんだって? タランティーノは好きじゃなかったはずなのに、 どういう心境の変化。 「うん。 この映画がセルジオ・コルブッチの『続荒野の用心棒』が基になっていること、 そして前作『イングロリアス・バスタ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 22時18分

» 映画:ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained 世間の大絶賛とは別に、妙に冷めている当ブログ(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
世間の絶賛とは別に、ちょっと冷めている当ブログ(笑) その理由を以下。 戦争映画→マカロニ・ウエスタンときたので、どうしても前作(以下、イングリ)と比べてしまう。 ポスターは、アメリカで言う スパゲッティ・ウエスタンそのまま(写真)でカッコいいのだが... ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月27日 (水) 20時33分

» ジャンゴ 繋がれざる者 [Memoirs_of_dai]
“D”はサレント 【Story】 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 2日 (土) 12時18分

» 『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突 [映画のブログ]
 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。  奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 4日 (月) 07時57分

» 「ジャンゴ 繋がれざる者」 タランティーノ感ありつつも、いつもより見易い [はらやんの映画徒然草]
クエンティン・タランティーノの初の西部劇。 マカロニ・ウェスタン大好きな感じは「 [続きを読む]

受信: 2013年3月12日 (火) 22時39分

» 『ジャンゴ 繋がれざる者』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ジャンゴ 繋がれざる者」 □監督・脚本 クエンティン・タランティーノ□キャスト ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、        ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ウォルトン・...... [続きを読む]

受信: 2013年3月14日 (木) 11時42分

« グランド・セントラルステーション100周年! | トップページ | 「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」 »