« 「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」 | トップページ | 第85回アカデミー賞全部門予測 »

2013年2月20日 (水)

「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」

Silver_linings_playbook 前作「ザ・ファイター」で第83回アカデミー賞にて助演男優賞(クリスチャン・ベール)、助演女優賞(メリッサ・レオ)の2冠をもたらしたデヴィッド・O・ラッセル監督の新作。前作がシリアスな人間ドラマの皮をかぶった“爽快スポ根もの”だったのと同じでこちらもシリアスな心の闇を抱えた者同士の“ラブコメ(ロマンチックコメディ)”小作品ながら皆から愛され今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞に加えて主演・助演の4演技部門に全てノミネートされています。

痛々しくてしょうがない主人公ブラッドリー・クーパー、爆弾のようなジェニファー・ローレンス、ちょっとおかしな主人公の父親ロバート・デ・ニーロ、見守る母親ジャッキー・ウィーヴァー、そしてジュリア・スタイルズ、クリス・タッカー等の曲者たちの奏でる“アンサンブル”が素晴らしいのがこの映画。これもベール・アダムス・レオの4人がウォールバーグを支える形でドラマを盛り上げていた「ザ・ファイター」と同じフォーメーション。切れるシーンでLed Zeppelinがかかるのも同じw(「アルゴ」でもZepがかかっていましたね)。

恐るべきは若干22歳で2度目のアカデミー賞ノミネートのジェニファー・ローレンス。日本では「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「ハンガーゲーム」で出てきた新進女優のイメージがあるかもしれませんが、17歳で出演した「あの日、欲望の大地で」でキム・ベイシンガー、シャーリーズ・セロンというオスカー女優を完全に食っていました。既にSAG賞等で主演女優賞に輝いていており堂々たるスピーチを披露。どこまで伸びるのか底の見えない才能です。

ブラッドリー・クーパーもどうしても「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のイメージがつきまといますが、元々アクターズ・スタジオで学び舞台で鍛えた実力を垣間見せてくれ、心の壊れた主人公を熱演しています。ダニエル・デイ=ルイスが居なければ(!)今頃アカデミー賞の本命と言われていたのでは?まあ、また機会はあります。

今週末のアカデミー賞の結果や如何に?今から楽しみです。続きに予告編あり。

|

« 「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」 | トップページ | 第85回アカデミー賞全部門予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/56836495

この記事へのトラックバック一覧です: 「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」:

» 映画:世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook 8部門ノミネート中でおおいに期待したが... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞発表2日前に公開の今作は、なんと8部門ノミネート中。 それらは、 作品賞 監督賞 主演男優賞 ブラッドレー・クーパー 主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ 助演女優賞 ジャッキー・ウィーヴァー 脚色賞 編集賞 こ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月27日 (水) 20時34分

« 「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」 | トップページ | 第85回アカデミー賞全部門予測 »