2006年11月23日 (木)

追悼・ロバート・アルトマン「今宵、フィッツジェラルド劇場で」ア・プレイリー・ホーム・コンパニオン

Altman220 カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭で最高賞を受賞しながら、母国アメリカのアカデミー賞には縁がなかった(5回ノミネートされ無冠に終り、今年3月にやっと功労賞を受賞)巨匠ロバート・アルトマン監督が20日、がんによる合併症のためロサンゼルスの病院で死去しました。享年81歳。

 最近の映画ファンには馴染みはあまりないかも知れませんが、「マグノリア」「ラブ・アクチュアリー」や今年のアカデミー賞の作品賞に輝いた「クラッシュ」、そして現在公開中の「バベル」のような、複数のストーリーラインと登場人物が絡み合いながら一つの映画を構成する群像劇の映像文法(アルトマン・スタイル)を生み出した人。いわゆる“ハリウッド映画”とは、一線を画した独立系の監督の代表的な存在であり、知的でシニカルな笑いを盛り込んだ作品群(代表作は続きに)で知られていていましたが、俳優たちからの尊敬は厚くギャラを削っても有名スターが結集する事でも知られていました。80年代には「ポパイ」等の失敗で地味にしていましたが、ハリウッド嫌いがハリウッドに対して放った毒矢とも言うべき「ザ・プレイヤーズ(1992年)」で再認識されたのは大いなる皮肉(それも、ジュリア・ロバーツ、ブルース・ウィリスというような“ハリウッド・スター”をちりばめて)。

prairie_home_companion1 今年5月に公開され、遺作となってしまった“ア・プレイリー・ホーム・コンパニオン(「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のタイトルで2007年春公開)”も、彼らしい群像劇で、カントリー系ラジオの人気公開番組「ア・プレイリー・ホーム・コンパニオン」★の最終回を舞台に司会者(ギャリソン・キーラー=実際にこの番組の創始者・司会者・構成作家、そしてこの映画の原作・脚本)、ガードマン(ケビン・クライン)、出演者達・ジョンソン・シスターズ(メリル・ストリープ&リリー・トムリン・コンビ★★+リンジー・ローハン)、漫才シンガース・ラスティ&ダスティ(ジョン・C・ライリー&ウィディ・ハレルソン)、劇場オーナー(トミー・リー・ジョーンズ)、そして謎の女(ヴァージニア・マドセン)が絡むという豪華版。それぞれの役者の味を引き出しながら(リンジー・ローハンがはじめて可愛く思えました・笑)相変わらずの達者な語り口で綴られる楽しい劇場奇譚。

 カントリー・ミュージックが主で舞台を描くというと、どうしても「ナッシュビル」を思い浮かべてしまうと思いますが、こちらはギャリソン・キーラーという実在の人間国宝的芸達者(劇中で展開される“生CM”は名人芸)のドキュメンタリー的側面も持っていて、“ギャリソン・キーラー作品”の印象が強く、アルトマン的な毒味は薄く、さらりとした印象。物足りないと思う方も多いかとは思いますが、肩の力を抜いてもこれくらいは楽々出来ると、今更ながらこの”映画作家“の実力を示した作品でした。

 来年早々には次回作の撮影に入る準備をしていたとの事ですが、もう次回作が見れないかと思うと、寂しさがこみ上げてきます。合掌。

過去記事:ロバート・アルトマンの新作「ア・プレイリー・ホーム・コンパニオン」人気blogランキング参加中。 banner_02

★実際には常設の劇場では終了しましたが、現在でも“ツアー”の形で、番組は継続中。
★★今年のアカデミー賞でこの二人がコンビでアルトマン監督を紹介していましたね。それぞれが勝手に喋っていながら最後はストンと話を落とす絶妙の語り口がアルトマン流。

続きを読む "追悼・ロバート・アルトマン「今宵、フィッツジェラルド劇場で」ア・プレイリー・ホーム・コンパニオン"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年11月 3日 (金)

大統領をめぐる最新映画2:「シャラップ&シング/ Shut Up & Sing」

大統領をめぐる最新映画1:「デス・オブ・ア・プレジデント(ある大統領の死)/ Death of a President」”から続く。

Shut_up_and_sing_220_1 そのブッシュ大統領を2003年に“私たちはアメリカの大統領がテキサス出身なのを恥ずかしいと思っている/ Just so you know, we're ashamed the president of the United States is from Texas”とコンサートで本音を言ってしまったが為に(イギリスだったので安心したのか?)、強烈なバッシングを受けてしまったカントリーのスター・グループ・ディクシー・チックスを描いたドキュメンタリーが同じく10月27日に公開になった「シャラップ&シング(黙って歌え!)/ Shut Up & Sing」。

 マドンナはコンサートでテキサスの事を“てめえら、ブッシュのXXXでもくわえてろ!」と罵っていましたが、これはマドンナだから言える事で、ディクシー・チックスの発言がこんなに問題になっちゃったのは、彼女たちの音楽が基本的に最もアメリカの保守的な心理と密接に結びついたカントリー・ミュージックだった事と、大統領のお膝元であり、保守的なテキサスの同郷だったということ。

 これによって彼女たちはCDは焼かれるわ、ブルドーザーで踏み潰されるわ、カントリーの専門ラジオ局で曲が流されなくなるわ、脅迫されるわの大変な目にあうのですが、結果として彼女たちは今やカントリーの枠に留まらないアーティストに成長しつつあります。映画のキャッチフレーズが“言論の自由は問題ない、公衆の前でなければ”というのが強烈な皮肉です。

 ポスターは左が元のポスター(2003年のEntertainment Weeklyの表紙をコラージュしたもの)ですが、結局“続き”のように布で覆われてしまいました・・・・

続きに予告編&作品情報&検閲後(?)ポスターあり。
人気blogランキング参加中。 banner_02

続きを読む "大統領をめぐる最新映画2:「シャラップ&シング/ Shut Up & Sing」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

「エリザベスタウン」映画音楽解説

ET01_220ET02_220ET03_220
line500

イン・ハー・シューズ」に続く昨年秋の映画のDVDフォローアップシリーズ第二弾。キャメロン・クロウ監督 オーランドブルーム&キルスティン・ダンスト主演「エリザベスタウン」。

こちらも当初はアカデミー賞候補の呼び声も高かったのですが、賛否両論で失速(個人的には大好き)。でもこの映画のサウンドトラックに関しては好評だったようなので、かなりマニアックな企画ですが、この映画のサウンドトラックを、DVDを見ながら確認致しました。

下記の曲順はエンドタイトルを書き出し、映画を見ながらどのシーンで流れていたかを確認したもの。上にあるように、サントラは3種類出ていますので、どれに収録されているのか、未収録かを記載してあります。かなり長くなりますので、気合をこめて”続き”をご覧下さい。

★購入には是非こちらをご利用下さい(続きの中のAmazonへのリンクはアフィリエイトは関係ありません)。
エリザベスタウン・Vol1    エリザベスタウン・Vol2    エリザベスタウン・スコア

人気blogランキング参加中。 banner_02

続きを読む "「エリザベスタウン」映画音楽解説"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

ロックな映画:「ニール・ヤング:ハート・オブ・ゴールド(原題)」

heart_of_gold「羊たちの沈黙」「フィラデルフィア」、そして「ストップ・メイキング・センス」の名匠ジョナサン・デミの新作はロックミュージシャン・ニール・ヤングのドキュメンタリー。ジム・ジャームッシュも彼のドキュメンタリー「The Year of the Horse」を撮っている事を考えると、本当に魅力的な映画としての“題材”なんでしょうね。

このドキュメンタリーはカントリー&ウエスタンのメッカ・ナッシュビルのライマン・オーディトリアムでの彼の2005年夏のコンサートを収録したもの。ということは脳腫瘍の手術からの復活後という事ですね。タイトルは名盤「Harvest」収録の彼の名曲&彼の唯一の全米No1ソングでもあります。日本のタイトルは「心の旅路」。カントリーの名花・エミルーハリスも華を添えています。続きに作品情報あります。

人気blogランキング参加中。 banner_02

続きを読む "ロックな映画:「ニール・ヤング:ハート・オブ・ゴールド(原題)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

The Concert for New York City

CFNYC2私にとっての10月20日は「The Concert for New York Cityの日」。

丁度4年前、2001年の10月20日にマジソン・スクエア・ガーデンで「The Concert for New York City」は行われました。これは2001年9月11日のテロで亡くなった方々、特にワールド・トレード・センターで救出活動にあたり亡くなった消防関係者、警察関係者とその遺族の為に行われたチャリティ・コンサート。

ポール・マッカートニーミック&キース、クラプトン、エルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、ボン・ジョビ、ザ・フー、デステニーズ・チャイルド、バックストリート・ボーイズといった超豪華ミュージシャンが出演。

これに加えハリソンフォード、ロバート・デ・ニーロ、レオナルド・ディカプリオ、ハリー・ベリー、スーザン・サランドン、ナタリー・ポートマン、メグライアン、リチャード・ギアといったハリウッドスター、そしてクリントン夫妻、ジュリアーニ市長(当時)、ジョー・トーレ(ヤンキース監督)といった政治・スポーツの大物がスピーチで沸かせ、泣かせ、ビリー・クリスタル、マイク・マイヤーズ、アダム・サンドラー、ウィル・ファレルのサタデーナイトライブOBオールスターにジム・キャリーが笑わせるという大イベント。

コンサートの間のつなぎとしてマーティン・スコセージ、ウッディ・アレン、ケビン・スミス等がニューヨークを題材にした短編映画をこのイベントの為に作ってきたというおまけつき。コンサート全体の製作にはミラマックスがあたっています。

映画とは違いますが、二度と見られないような映画スター&ミュージシャン、コメディアンの共演。是非機会があればDVDでご覧下さい。詳しいコンサートの中身につきましてはこちらをお読みくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)