2013年5月 3日 (金)

映画「アメイジング・スパイダーマン2」、ニューヨークで撮影中

Os_corp_01
 上はありふれたオフィスビルのエントランスですがこれを見て「おっ」と思った貴方はかなりのアメコミ通、もしくはアメコミ映画好きです。その正体は続きに!

続きを読む "映画「アメイジング・スパイダーマン2」、ニューヨークで撮影中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

個人的なアカデミー賞一押し「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」

Zero_dark_thirty_ver4 個人的には最もアカデミー賞の作品賞を取って欲しい映画。「ハートロッカー」で元夫ジェームス・キャメロンの「アバター」を打ち破り、アカデミー賞作品賞、監督賞に輝いたキャスリン・ビグロウ監督の新作「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」は、前作が映画を見た者をイラク戦争の爆弾処理の現場へ送り込んだように、この映画ではアルカイダの首領・ウサマ・ビン・ラディン追跡の渦中へ見るものを叩き込みます。

 素晴らしいのはこの映画が単なるウサマ・ビン・ラディン殺害の内幕映画のような“題材によりかかったキワモノ”ではなく、追跡サスペンス映画としても一級品な点。「ツリー・オブ・ライフ」「ヘルプ」で昨年のアカデミー賞を騒がせたジェシカ・チャスティンが堂々の主役ぶりで執念に燃えるCIAの情報分析官を演じ、アカデミー賞主演女優賞のフロントランナーへ躍り出ています。

 元々失敗に終わったビン・ラディン逮捕作戦を描く予定で準備を進めていたら米国海軍特殊部隊が本当にビン・ラディンの殺害に成功してしまった為、内容が大幅に変更になったこの映画。余りにディープに秘密だったはずの追跡・殺害作戦の内容を詳細に描いている為、また拷問が本当にあったかどうかで政治的な議論に巻き込まれています。

 こうした議論があったせいかどうか、アカデミー賞の前哨戦では有利だったにも関わらず、作品賞にはノミネートされたものの監督賞にノミネートされず。作品としては「ハートロッカー」に劣らず、それ以上の評価を得ているこの作品でキャスリン・ビグロウ監督を落とすとは、相変わらずアカデミー協会も保守的です(まあ今年のアカデミー賞は確かに例年以上に水準が高いのも事実ですが)。日本では2月15日公開。

続きを読む "個人的なアカデミー賞一押し「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

予告編登場!「World War Z」

史上空前のスケールのゾンビ映画、予告編登場。ブラピ、製作&主演「World War Z/ワールド・ウォーZ(原題)」


続きを読む "予告編登場!「World War Z」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

【Movie/改定】STAR WARS EPISODE VII/スターウォーズ・エピソード7

【11/3日改定写真追加】面白い事を考える人たちがいるものです。
アメリカでは既にこうしたポスターを考える人、監督、主演で議論を戦わせる人等喧々諤々の議論が開始!
Bkline_2
Sw_vii_2 Episode_vii_2

Bkline_2
左のポスター:https://twitter.com/AMCTheatres
右のポスター:Geek Tyrant

Bkline_2
Darth Vader: What Are You Going to Do Next?

Bkline_2

続きを読む "【Movie/改定】STAR WARS EPISODE VII/スターウォーズ・エピソード7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

タランティーノ最新作『Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者』

タランティーノ最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』の新予告編が公開されました(英語)。最初の予告編(日本語字幕付は続きにあり)。ディカプリオの悪役ぶりがかな~りはまっています。

続きを読む "タランティーノ最新作『Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

マーベル・シネマティックユニバース・フェイズ2について

Thor2_2
”マーベル・シネマティック・ユニバースとはアメリカン・コミックにおいてDCコミックス(スーパーマン、バットマンが所属)と並んで双璧を成すマーベル社のキャラクター達が共存する映画世界。原作のコミック世界は完全にパラレルワールドと化してしまってもう収拾がつかない(?)状態なので、映画だけは一貫性を持たせようとしています。

とりあえずフェイズ1(第一期)
「アイアンマン」
->「アイアンマン2」
->「インクレディブル・ハルク」
ー>「マイティ・ソー」
->「キャプテン・アメリカ」
と続いて来て「アベンジャーズ」でとりあえずのフェイズ1の区切りがついています。

続きを読む "マーベル・シネマティックユニバース・フェイズ2について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

【予告編&ポスター追加】IRON MAN 3/アイアンマン3

【10/23追記:公式予告編登場!&ポスター追加】

Iron_man_3

Bkline_2

続きを読む "【予告編&ポスター追加】IRON MAN 3/アイアンマン3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

GODZILLA/ハリウッド版ゴジラは2014年公開

Godzilla2014 ハリウッド版ゴジラの最新作(勿論過去のいかなる作品ともつながっていないそう)は米国で2014年5月16日公開。

監督はギャレス・エドワーズに決定してはいますが、現在脚本はまだ手直し中でキャスティングもまだ、で、当然撮影もまだ。さてどうなりますか。今後も継続的に情報をお伝えして参ります。

関連記事:
Warner Bros. Sets Release Date for 'Godzilla'


続きを読む "GODZILLA/ハリウッド版ゴジラは2014年公開"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」

【10/25追記 公式予告編登場】息子と娘に囲まれて頑固親父、暴れます。

続きを読む "【公式予告編追加】「A Good Day to Die Hard/ダイ・ハード ラスト・デイ」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月 2日 (火)

見てきました!「SKYFALL/007スカイフォール」

【見てきました!/11月17日】
Skyfall_yoko
 製作会社MGMの経済的な問題により一時は絶望視されていた007シリーズ23作目が復活!面白いのはそんなインサイド・ストーリーを反映させてか劇中で描かれるのもジェームス・ボンドの死と再生。「アメリカン・ビューティ」のサム・メンデスを監督として起用して描く重厚な人間ドラマ+猛アクションを組合わせた21世紀型ジェームズ・ボンド映画です。

 そしてその全体を貫くシリアスさを生み出しているのが、ボンドの上司M(ジュディ・デンチ)とサイバー・テロリスト・シルバ(ハビエル・バルデム、「ノーカントリー」のおかっぱ殺し屋!)。シルバは前半は見えない”影”として、後半はハニバル・レクターか、ジョーカーかという存在感で映画全体を引き締めていますが、しかしなんと言ってもこの映画の裏主役はM。どんなに優秀な部下でも時には”捨て駒”として使わねばならない組織の長としての非情さと孤独を鮮やかに演じています。

 面白いのはボンドガール(!映画にまったく似合わない表現)の二人・ベレニス・マーロウ&ナオミ・ハリスが過去の伝統である”悪役の情婦タイプ(ボンドに陥落される)”と”ボンドの相棒タイプ(最後まで触らせない)”にくっきりと別れている点。この対比がちょっとした映画のアクセントになっています。

 他にもレイフ・ファインズ、アルバート・フィニー(この役はあの人に演じて欲しかった!)といった脇役もそれぞれ個性を発揮していますが、こんな曲者に囲まれた中で堂々と主役を張るジェームス・ボンド=ダニエル・クレイグの成熟ぶり。Mとの上司・部下を超えた絆の強さ(シルバとの対比になっている)、そして自分自身の過去との対峙。あと2作は彼が主演でシリーズ継続だそうですが、早くも24作目が楽しみです。

【11月11日】007史上新記録で「スカイフォール」発進!

【10/27追加】


続きを読む "見てきました!「SKYFALL/007スカイフォール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧