2013年2月20日 (水)

「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」

Silver_linings_playbook 前作「ザ・ファイター」で第83回アカデミー賞にて助演男優賞(クリスチャン・ベール)、助演女優賞(メリッサ・レオ)の2冠をもたらしたデヴィッド・O・ラッセル監督の新作。前作がシリアスな人間ドラマの皮をかぶった“爽快スポ根もの”だったのと同じでこちらもシリアスな心の闇を抱えた者同士の“ラブコメ(ロマンチックコメディ)”小作品ながら皆から愛され今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞に加えて主演・助演の4演技部門に全てノミネートされています。

痛々しくてしょうがない主人公ブラッドリー・クーパー、爆弾のようなジェニファー・ローレンス、ちょっとおかしな主人公の父親ロバート・デ・ニーロ、見守る母親ジャッキー・ウィーヴァー、そしてジュリア・スタイルズ、クリス・タッカー等の曲者たちの奏でる“アンサンブル”が素晴らしいのがこの映画。これもベール・アダムス・レオの4人がウォールバーグを支える形でドラマを盛り上げていた「ザ・ファイター」と同じフォーメーション。切れるシーンでLed Zeppelinがかかるのも同じw(「アルゴ」でもZepがかかっていましたね)。

恐るべきは若干22歳で2度目のアカデミー賞ノミネートのジェニファー・ローレンス。日本では「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「ハンガーゲーム」で出てきた新進女優のイメージがあるかもしれませんが、17歳で出演した「あの日、欲望の大地で」でキム・ベイシンガー、シャーリーズ・セロンというオスカー女優を完全に食っていました。既にSAG賞等で主演女優賞に輝いていており堂々たるスピーチを披露。どこまで伸びるのか底の見えない才能です。

ブラッドリー・クーパーもどうしても「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のイメージがつきまといますが、元々アクターズ・スタジオで学び舞台で鍛えた実力を垣間見せてくれ、心の壊れた主人公を熱演しています。ダニエル・デイ=ルイスが居なければ(!)今頃アカデミー賞の本命と言われていたのでは?まあ、また機会はあります。

今週末のアカデミー賞の結果や如何に?今から楽しみです。続きに予告編あり。

続きを読む "「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月 1日 (月)

「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」

Pitch_perfect 大学のアカペラ部(そんなもんあるんかいっ!)の青春ドラマ・コメディ「ピッチ・パーフェクトPitch Perfect」、面白かった!アナ・ケンドリックはもっと大物になると思うけどこの役はちょいと優等生すぎ

続きを読む "「Pitch Perfect/ピッチ・パーフェクト(原題)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

TED(原題)

Ted この夏アメリカで最もヒットしたコメディ映画。小さな男の子の願いがかなって本当に動き出し話はじめたテディ・ベア(故に名前はTED)。でもこの御伽噺には続きがあったのです・・・

 ぐうたらな大人になった男の子(マーク・ウォールバーグ)と不良になったTEDの友情と成長(?)を描くコメディです。なにせこのTEDたるや薬物乱用、娼婦を呼び込み喧嘩をさせればジェイソン・ボーン並みに強いという恐るべき二頭身。他にはなんでこんなぼんくら主人公といつまで付き合っているんだろうというガールフレンドにミラ・クニス。久々に爆笑させてもらいました。

監督は今最も勢いのあるコメディ作家セス・マクファーレン(TEDの声も担当)。日本の公開は良くわかりませんが絶対に子供を連れていってはいけません。

続きを読む "TED(原題)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

ウッディ・アレンの新作「To Rome with Love」

To_rome_with_love

Bkline_2

続きを読む "ウッディ・アレンの新作「To Rome with Love」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

ROCK OF AGES/ロック・オブ・エイジズ

Rock_of_ages 最初はキワモノ扱いだったのにその能天気な楽しさが受けてロングランとなったブロードウェイ・ロック・ミュージカルの映画化。

1980年代のサンセット・ストリップ(LA)のライブハウスを舞台にして、ディエゴ・ボネータ、ジュリアン・ハフという売り出し中の若手を中心にトム・クルーズ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、アレック・ボールドウィンといったメンバーが、デフ・レパード(Rock of Agesとは彼らの曲)、ポイズン、ジャーニー、ガンズ、ボン・ジョビ、REOスピードワゴン等のヒット曲を歌い踊ります。

鑑賞後の実感と作品情報は続きに:

Bkline_2

続きを読む "ROCK OF AGES/ロック・オブ・エイジズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

トロピック・サンダー/史上最低の作戦

「ナイト・ミュージアム」で日本でもやっと知られてきたベン・スティーラー、この夏声優として「カンフー・パンダ」をヒットさせたジャック・ブラック、そして「アイアンマン」が大ヒットしたロバートダウニーJrの三人が組んだオオバカ・コメディは映画界の裏ネタ満載。でも一番おかしいのはこのプロモーション・ヴィデオだったりして・・・

ベン・スティーラー×ジャック・ブラック×ロバート・ダウニー・Jr 自主制作バイラルビデオ

公式サイト

ちなみにゲストの大物の二人、昔共にペネロペ・クルズとつき合ってましたよね?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年10月10日 (金)

底抜けに楽しいミュージカル映画『マンマ・ミーア!』

1 NY発の株式暴落により世界恐慌の危機に瀕し、ポール・ニューマンや緒方拳といった名優が去ってしまったこの暗い時代。少なくとも映画や演劇、音楽といったエンタテイメントは明るく前向きなものに触れたいもの。そんな時にぴったりの底抜けに楽しいミュージカル映画が『マンマ・ミーア!』。日本公開が2009年1月30日と来年になってしまうのが残念ですが、明るい気分になりたい人にはお勧めの一本。
Bkline_2

 エーゲ海にギリシャの浮かぶ美しい島。この島で小さなホテルを経営するドナ(メリル・ストリープ)の女手ひとつで育てられてきたソフィ(アマンダ・セイフライド)は明日が結婚式。自分の父が誰か知らない彼女は“結婚式では父とヴァージン・ロードを歩きたい”と心から望み、ドナがかつて付き合っていた3人の男性サム(ピアース・ブロスナン)・ビル(ステラン・スカルスガルド)・ハリー(コリン・ファース)に母に内緒で式に招待するが、三人ともが現れてしまったことにより大混乱。果たして本当の父親は誰なのか?そして彼女は父親とヴァージン・ロードを歩むことは出来るのか? 1_2
Bkline_2  勿論“オリジナル”は1999年にロンドンで初演されニューヨーク・ブロードウェイでも大ヒット、日本でも上演されたミュージカル『マンマ・ミーア!』。全編のセリフがABBAの大ヒット曲で構成される(それもオリジナルの歌詞そのままで)という当時としては画期的なミュージカルでした。この映画もミュージカル版と同じくABBAのオリジナル・メンバーであるビヨルン&ベニー(「木枯らしの少女」!)ことベニー・アンダーソン&ビヨルン・ウルヴァースが製作総指揮として深く関っており、ミュージカル版で演出を手がけたフィリダ・ロイドが監督。よってオリジナルのオリジナルのABBAの楽曲が持つ能天気なまでの人生賛歌、恋愛賛歌、SEX肯定(当時スウェーデンは“性”の先端地とされていましたなあ。)という明るさと母子家庭もゲイも離婚も整形もみんなオッケー、歌って踊って笑って前向きに進んでいこうよというミュージカル版の双方が持つ“超肯定的な世界観”を見事なまでに保っています(映画ですから地中海の風景をバックにしている分より強調)。メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン等主要キャストは全員その歌声を披露していますが、中でもメリル・ストリープは「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のカントリー・シンガーからこの映画のABBAまでこなす実力はその演技の幅の広さと同様で感服するのみ。

 元々ミュージカルは雨に打たれている人が突然歌いだしたり、歌って踊りながら喧嘩をしたり、一曲朗々と歌いながらお亡くなりになったりというSFを凌ぐ非日常的世界で、「なんで急に道端で歌いだすんだ」とかいう突っ込みはしないのがお約束。この映画を見て「顔をみりゃ誰が親父だかわかりそう(そもそもドナは誰が親父かは覚えているだろう)」とか「メリル・ストリープの年齢が高すぎで娘とバランスがおかしい」とか「どうしてそこでその歌なんだ?」etc…の突っ込みを入れるのは野暮というもの。不景気で暗く落ち込んでいる人も見終わった後には踊りだしたい気分が味わえますので是非(さすがにミュージカルと同じように踊っている人はいませんでしたが、試写会で歌っている人はいましたよ)。

・ABBAについては別館“The Song Remains The Same”にて近日。
・ニューヨークでプレヴュー版を見たミュージカル版『マンマ・ミーア!』の思い出は本館“「USAのんびり亭」日記”にて近日。

続きに作品情報。

続きを読む "底抜けに楽しいミュージカル映画『マンマ・ミーア!』"

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2008年1月 7日 (月)

「マンマ、ミーア」Mamma Mia!

2008年10月10日:日本に戻り試写会で見ました。底抜けに楽しいミュージカル映画『マンマ・ミーア!』をご覧下さい。

Line500_1
 ギリシャの小さな島で結婚を控えた娘とその母親(メリル・ストリープ)。娘は結婚式に実の父を招待しようとするが、実はその候補は三人いた・・・・。

 考えようによってはかなり無茶苦茶なお話ですが、全編アバのヒット曲に乗せて歌って踊れば楽しいコメディということで、日本でも上演されている大ヒット・ミュージカルの映画化がこの夏登場。「シカゴ」「ヘアスプレイ」のような興行的にも作品的にも成功作になるか、それとも「レント」「プロデューサーズ」のように尻つぼみになってしまうか?公開が楽しみです。7月18日公開。予告編は続きにあり。

続きを読む "「マンマ、ミーア」Mamma Mia!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲット・スマート(「それゆけスマート」Get Smart)

Get_smart480 1960年代、当時の最高のアクションシリーズであり憧れであった「007」はありとあらゆるタイプのスパイ物を生み出しましたが、その中でもスパイ・コメディとして人気があったドン・アダムス主演「それゆけスマート」Get Smartを、当代きっての人気コメディアン・スティーブ・カレルとアン・ハサウェイ(エージェント99)で映画化したのがこの作品。ライバル(?)であるスーパースパイ・エージェント23を演じているのがロック様。6月20日公開

尚、このTVシリーズがメル・ブルックス(「プロデューサーズ」「ヤングフランケンシュタイン」)の出世作だそうで今更ながらに彼の天才振りがわかります。続きに予告編あり。

続きを読む "ゲット・スマート(「それゆけスマート」Get Smart)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

「ハンコック」Hancock

2008年10月10日
感想はこちらにまとめました:2008年夏の映画総括その1:アクション映画編
TOPに戻る
Line500_1

Hancock480「アイ・アム・レジェンド」でシリアスなヒーローを演じたウィル・スミスが持ち味である口八丁・手八丁のヒーローに復帰するコメディ・SF映画が「ハンコック(原題)」Hancock。「メン・イン・ブラック」「インデペンデンス・デイ」「ワイルド・ワイルド・ウエスト」に続いて独立記念日に現れ世界を救うのか!?7月2日公開
続きに予告編あり

続きを読む "「ハンコック」Hancock"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧