2008年12月23日 (火)

X-MEN ORIGINS第一弾は「ウルヴァリン」

Wolverine480 「X-MEN ファイナルディシジョン」で一応の三部作のけじめを付けた大ヒットアメコミシリーズ。続編は個々のキャラクターにスポットを当てたものになりますが、その第一弾は人気キャラクターウルヴァリン」の誕生の秘密を描きます。夏の話題作の先陣を切って5月1日公開。

Bkline_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

2008年夏の映画総括その1:アクション映画編

復活にあたりこれまでちょこちょこ書いてきたサマームービーについての考察を一気に行きます。長文失礼(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

関連:
・2008年夏の北米ヒット作品 1位~10位
・2008年夏の北米ヒット作品 11位~21位
・2008年夏の映画総括その2:恋愛、ミュージカル&その他映画編

Line500_1

2008年夏の映画総括その1:アクション映画編
 時は1988年。大ヒットシリーズ第三作にして年間最大ヒット作最有力候補と思われた「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」*に対し、その1ヶ月後に封切られアメリカの観客を熱狂させ年間一位の座を奪ったのはティム・バートン監督・マイケル・キートン扮するバットマンとジャック・ニコルソン扮するジョーカーが対決する「バットマン」第一作でした(日本ではインディの勝利)。20年の時を越え再び対決したインディ・ジョーンズとバットマン(&ジョーカー)、の戦いはアメリカではまたしてもバットマン(ダークナイト)の勝ち(日本ではインディの勝ち)。「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」はアメリカで300億円以上を稼ぎましたが、「タイタニック」以外の全ての興行成績を打ち破り歴史上第二位の大ヒット作となった「ダークナイト」には大きく引き離されました。

 「インディ」は確かに面白かったのですが、正直言ってあまりに古めかしいアドヴェンチャー。このシリーズ、元々はそういう古めかしい冒険活劇の復活がテーマだったのですが、やはりスピルバーグ&ルーカスには21世紀ヴァージョンのインディアナ・ジョーンズを見せて欲しかったと思います。今最高の女優の一人であるケイト・ブランシェットも楽しそうに悪役を演じていますが、“スターリンの秘蔵っ子”としての優秀さは出ていても悪女としての色気不足。シーア・ラブーフの起用、カレン・アレンの復帰と併せてもハリソン・フォードの高齢化を救えなかったのが残念(○蔵○で危機脱出はないよね)。

 これに比べ新装開店版第二弾となったクリストファー・ノーラン版バットマン「ダークナイト」の進化の凄まじさ。“どうせ、コミックの映画版だろ”と言われ軽んじられていた時代に比べての内容に加わった深み。アメリカではヒース・レッジャーの助演男優賞だけではなく作品自体をアカデミー賞に押す声が出ています。

続きを読む "2008年夏の映画総括その1:アクション映画編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

「ヘルボーイ2・ゴールデンアーミー(原題)」HellBoy II Golden Army

Hellboy_two_ver4_360Hellboy_two_ver2_360Hellboy_two_ver3_360

Bkline

2004年に公開された「ヘルボーイ」の続編。悪魔の姿をした正義のヒーロー・ヘルボーイ(ロン・パールマン)の活躍を描くアメコミ・アクション・ヒーロー物第二弾登場。「パンズ・ラビリンス」で一気に映像派としての名声を確立した監督ギレルモ・デル・トロ、そして脇を固めるAbe=ダグ・ジョーンズ、Liz=セルマ・ブレアーも復帰で楽しめそうな一本。7月11日公開
続きに予告編あり

続きを読む "「ヘルボーイ2・ゴールデンアーミー(原題)」HellBoy II Golden Army"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

鋼鉄の男 「アイアンマン」Iron Man

2008年10月10日
感想はこちらにまとめました:2008年夏の映画総括その1:アクション映画編
TOPに戻る
Line500_1

Ironman_220 スパイダーマン、Xメン、デアデビル、ファンタスティック・フォー、ゴーストライダー等のマーベル系コミック・ヒーローの映画登場が続く中、「アイアンマン」が登場。同時期に「ハルク」の映画版も登場し、宿敵DCコミック系の「バットマン ダークナイト」との興行戦争勃発。

 15歳で理工学系の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)を卒業し、20歳で事故死を遂げた父親に代わって巨大軍需関連企業を率いる事になった主人公・トニー・スターク。戦場(原作ではベトナム・予告編ではこの設定は大幅に変更されています)で、地雷を踏み瀕死の重傷を負った上にゲリラに捕らえられ兵器の開発を強制された彼の脱出の手段は自らに鋼鉄のパワードスーツ(ペースメーカー機能付)を装着する事だった。

 仮面ライダーやサイボーグ009にも共通する点がありますが、このトニー・スタークを演じるのがロバート・ダウニーJr。何故彼のような名優がと疑問にも思うでしょうが、このヒーローは天才ゆえの強烈なエゴを抱えながらも傷つきやすく、アルコールに溺れるという弱みを持つスタークにはひょっとしてぴったり?エドワード・ノートンの「ハルク」と共に楽しみです。

予告編を見ていただくと笑えるのがブラックサバスのあの曲(当然ですが)。映画の中でも使われるのでしょうか?続きに作品情報と予告編。

続きを読む "鋼鉄の男 「アイアンマン」Iron Man"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新バットマン 「ダーク・ナイト」The Dark Knight

2008年10月10日
感想はこちらにまとめました:2008年夏の映画総括その1:アクション映画編
TOPに戻る

画像クリックで超拡大:
Dark_knight_2_1200

Dark_knight_3_1200

Dark_knight_1_1200

Line500_1

12/14/2007 「I AM LEGEND」の公開に併せて遂に予告編登場!が、まだYouTubeにも登場していないで少々お待ち下さい->追加しました。

Dark_knight112/06/2007
まずはそうきたかの悪役ポスター。旧バットマンのジャック・ニコルソン・ジョーカーの怪演にどこまでせまれるか、ヒース・レッジャー・ジョーカー?

Thedarkknight_logo360

 ガタが来ていたシリーズをリニューアルして大成功となったクリストファー・ノーラン版「バットマン・ビギンズ」の続編登場。クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンの前作超重量級メンバーに加え、宿敵ジョーカーに「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レッジャー★が、そしてハーヴィ・デント/トゥーファイスにはアーロン・エックハートが登場します。前作後トム・クルーズ妻になったケイティ・ホームズは出ずにマギー・ギレンホールがヒロインとはまた地味な(前シリーズは、キム・ベイシンガー、ミシェル・ファイファー、ニコール・キッドマン、ユマ・サーマンでしたから)。

★出世作が「A Knight's Tale(「騎士物語」が何故か邦題「ロック・ユー」)」だった事を考えるとバットマン=The Dark Knight(暗闇の騎士)を演じてもおかしくないわけですが。このあたりのバットマン=ジョーカーの裏表の関係が面白そうです。

続きに作品情報&予告編(YouTube)有り。

続きを読む "新バットマン 「ダーク・ナイト」The Dark Knight"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

ファンタスティック・フォー:銀河の危機

Riseofthesilversurfer このブログを始めてもうすぐ2年ですが、この2年間で既に続編が登場した映画は2本目。最初は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで、2本目はこの「ファンタスティック・フォー」。アメコミの人気ヒーロー達を描くこの第一作「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」が公開されたときは“ジェシカ・アルバ”という言葉への検索から当ブログへお越し頂いた方が多く、その意味でこの映画は当ブログの初期の立役者。

感謝を込めて(?)続編「銀河の危機」は初日の金曜日に見に行ってまいりました。

  ゴム人間“Mr.ファンタスティック”ことリード(ヨアン・グリフィズ)、透明人間“インビジブルウーマン”ことスー(ジェシカ・アルバ)、怪力“シング”ことベン(マイケル・チクリス)、空飛ぶ炎“ヒューマントーチ”ことジョニー(クリス・エヴァンズ)のファンタスティック・フォーの4人のメンバーは、リードとスーの結婚式を目前にして平和な日々を過ごしています(本拠地ニューヨーク)。しかし訪れた星を8日間で滅ぼすという謎の飛行体シルバーサーファーが日本の駿河湾(?)、エジプト、ロスアンゼルス上空に飛来、よりによって結婚式の当日にニューヨーク上空に登場したことで、4人は否が応でも戦いの場に引き戻されます。

人気blogランキング参加中。 banner_02

過去記事: ファンタスティック・フォー 銀河の危機 プレビュー 別ポスター、YouTube予告編あり

続きを読む "ファンタスティック・フォー:銀河の危機"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年5月14日 (月)

ニューヨークの青春「スパイダーマン3」

いきなりですが、クイズです:監督サム・ライミの盟友ブルースキャンベルが3作続けてカメオ出演。今回はフレンチ・レストランの怪しげな受付で笑わせてくれますが、さて第一作&二作ではどこに出ていたでしょうか?回答は続きに。

Spider_man_3_4_360 郊外の街(クイーンズ)で育ち、同じ高校に通っていた二人の男と一人の女。裕福ではないけれどやさしい叔父叔母に育てられたまじめでちょっとおたくなピーター、大金持ちの息子でありながらピーターと気が合い親友となるハリー、そしてその二人から愛される高校の人気者・メリー・ジェーン(通称MJ)。卒業後、微妙な関係を秘めたままそれぞれの夢を目指して大都会ニューヨークに移り住んだ三人を待ち受けていたのは、誰もが予想できない過酷な運命のドラマ。そしてついにこの三人の関係に決着の日がやってきます。

 サマーシーズンの幕開けを飾り予想通り爆発的なヒットとなった「スパイダーマン3」。詰め込みすぎだとか、前作「2」の完成度には及ばない等とは言われていますが、逆によくぞここまで内容を盛り込んだと思わせるエンタテイメント作品。特に予想通りとはいえ後半のクライマックスのヒーローの危機に助っ人参上シーンは少年ジャンプ的快感の極地(友情・努力・勝利!)。映画館一杯の子供たちも前半は大笑いして見ていたのですが、後半はもう食い入るようにスクリーンに集中していました。

人気blogランキング参加中。 banner_02

続きを読む "ニューヨークの青春「スパイダーマン3」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月24日 (土)

地獄からの使者「ゴーストライダー」

Gr220_1Gr3_220Gr2_220

Bkline

 アメリカの2月は何故かアメコミ・ヒーローが活躍する時期で、過去「デアデビル」とか、「コンスタンティン」がこの時期にやってきて活躍してくれました。で、今年の出し物は、地獄からやってきた伝説のヒーロー、黄金バット、いや“ゴーストライダー”

 テキサスの荒野・クロスロード・モニュメントバレー的風景・疾走する暴れ馬(バイク)・ショットガン・賞金稼ぎの伝説・廃坑・墓場・投げ縄(チェーン)・セニョリータなヒロイン(エバ・メンデス・実はキューバ系)といった西部劇的映像をちりばめながら、そこに悪魔・地獄・呪い・髑髏といったホラー要素をぶち込み、かつ最新のヴィジュアル・エフェクツで見せるアクション映画。主人公が単純な正義の見方ではなく、悪魔との契約により、地獄からの逃亡者を追う賞金稼ぎにしている設定がみそで、原作ファンだったというニコラス・ケイジが苦悩するヒーローを楽しそうに演じています。

 ヒーローものとしては敵が弱いのが残念ですが、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」にもあった旧ヒーローとの共演シーンや、元祖「イージーライダー(あの映画もチョッパーでアメリカの荒野を疾走”)」ピーターフォンダの使い方、そしてバイカーっぽくヘヴィメタル(オジー・オズボーンの「クレイジートレイン」!)系サウンドが流れる中、主人公だけ○ーペ○ター○を聞いている所とかの細かなシーンで見ている人をなごませるヒーローもの(故にホラーテイストはあってもそれほど残酷ではない)。個人的にはメフィストが出てきて「悪魔くん」を思い出してしまいました(笑)。

 ということでメディアからはぼこぼこにされ(マスコミ向け試写すらアメリカではしなかった)、アカデミー賞とは絶対に縁が無い(!)映画ですが、観客の支持を受けて堂々と大ヒットの「ゴーストライダー」。勢いを受けて続編も期待されますが、本当の勝者はこの映画を予告編にして超強敵「パイレーツ」と5月対決する同じマーベル&コロムビア(ソニー)の「スパイダーマン3」。そろそろヴェノムの映像もちらちらして来ましたのでご覧ください(紹介ページ)。

★監督も「デアデビル」と同じマーク・スティーブン・ジョンソン。ちなみに同じマーベル所属のデアデビルとゴーストライダーは、コミックでは共演してともに悪と戦うこともあるとのこと。続編や共演作が映画化されたらニコラス・ケイジは喜んで出そうですが、きっとベン・アフレック(デアデビル)や“奥さん”ジェニファー・ガーナー(エレクトラ)は出ないんでしょうね。

人気blogランキング参加中。 banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2006年7月 3日 (月)

王の帰還・「スーパーマン・リターンズ」 Superman Returns

Superman_returns_220帰って来たスーパーマンは堂々たる風格の古典的正統派“王道”超大作娯楽映画でした。

ヒロインであるロイス・レーン(ケイト・ボズワース)の設定がちょっとだけ現代風ですが、ヒーロー(ブランドン・ルースー>日本ではラウスになってたんですね)は女性の喫煙にも反対するストイックな古典派(笑)。愛に悩んでも非行に走ったりせずに、代わりに仕事に打ち込んでしまう生真面目男。この硬い主人公を囲んで宿敵レックス・ルーサーをケビン・スペイシーが思いっきり楽しそうに演じ、美味しい部分をさらいます。デイリー・プラネット編集長のフランク・ランジェラ(最近では「グッドナイト&グッドラック」)もいい味出しています。

SFXはやはり圧倒的で、人が空を飛ぶ感覚の自然さ・スピード感の進歩も素晴らしく、冒頭の飛行機救出シーンは、先日の「X-MEN ファイナル・ディシジョン」のゴールデン・ゲイトブリッジの破壊シーンと並んで最新技術の最高峰。思わず拍手をしたくなる鮮やかな“帰還”ぶりです(ただし飛行機の中であんなにふっとされれば即死)。しかし全編この調子でアクションに続くアクションのつるべ打ちかと思いきや、後半は結構かっちりと人間ドラマ。このあたりで評価は分かれると思いますが、これによって単純男の子向けアクション映画ではなく女性観客にもアピールする内容となっています。お約束の夜間飛行シーンもロマンチック。

そして全編に通じる旧クリストファー・リーブ・スーパーマンへの“敬意”。今回の製作スタッフ達の子供の頃に見た旧作に対する憧れと、それを乗り越えようとするチャレンジが感じられ、大人達へもアピールする“王道”の風格を保っています。同じ70年代映画を蘇らせた「ポセイドン」はここに失敗していましたが、両方の“旧作”に出ていたジーン・ハックマンに“新作”の感想を聞いて見たいですね。

という事で夏休み向け王道ハリウッド映画のこの作品、“人が空を飛ぶ”気持ちよさは是非劇場でお楽しみ下さい。尚作品をより楽しむ為の情報(ネタばれ無し)&新旧ポスターを続きの中に入れてあります。

過去記事: 「スーパーマン・リターンズ」Superman Returns (予告)別ポスター多数あり。
人気blogランキング参加中。 banner_02

Superman3_220Superman1_220Superman2_220
line

続きを読む "王の帰還・「スーパーマン・リターンズ」 Superman Returns"

| | コメント (7) | トラックバック (12)

2006年6月28日 (水)

予告編きたっーーースパイダーマン3

2007/5/12
感想まとめました:ニューヨークの青春「スパイダーマン3」

2007/3/10 最新情報更新
Spiderman3_360
Bkline

タイトル: スパイダーマン3
原題: Spiderman 3
分野: アクション・アドベンチャー、コミック、続編
製作会社: Columbia Pictures
製作: Avi Arad, Stan Lee, Joseph M. Caracciolo Jr
監督: Sam Raimi
出演: Tobey Maguire, Kirsten Dunst, Thomas Haden Church, Topher Grace, James Franco
上映時間: 未定
米国公開: 5月4日
米国公式サイト: http://spiderman3.sonypictures.com/
米国配給会社: Sony Pictures Releasing
米国レイティング: 未定
日本公開: 5月1日
日本公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/spider-man3/index.html
日本配給会社: ソニーピクチャーズ
予告編: TVで公開された7分間の映像です。ネタバレを含みますのでお気をつけください。


Line500_1

2007.2.23
FOX・TVで「スパイダーマン2」が放送されたときに流された「3」の特報紹介。遂にヴェノムがちらりと。

Bkline

2006.11.26日:更にポスター追加
Spider_man_3_4_360Spider_man_3_5_360

Bkline

2006.11.12.新予告編登場。

-----------------------------------------------------------------

Spiderman3_4_2202006年7月31日追記:
なんと7月16日にご紹介した下記”黒と赤”ヴァージョンのポスターは、ファンが作った非公式ポスターである事が判明・・・・すみません。お詫びに左が新しいポスター。黒く染まったピーター・パーカー。何が起きているのか?
Line500_1

2006年7月16日:更に新ポスター登場。ますます赤と黒の葛藤の色彩が強まってきました。2007年は「パイレーツ」と勝負!左右の蜘蛛の形が微妙に違う点にご注目(クリックするとそれぞれ拡大します)。

Spider_man3_3_400Spider_man3_4_400

Bkline

2006年7月14日:新ポスター登場
Spiderman3_2_420

Bkline

噂通り本日の「スーパーマン・リターンズ」の公開に合わせて「スパイダーマン3」の予告編登場っ! こちら(要Quick Time)

噂の”黒いスパイダーマン・○ェ○○”がやはり中核となりそうですが、更に”○男”も登場(予告編でちらりと)で更にパワーアップしたアクションが見られそう。ピーター、ハリー、MJの青春物語に加えてグウェン・ステイシー(原作だとピーターの最初の彼女)も登場で更にややこしい人間関係が展開しそうです。 人気blogランキングに参加中 banner_02

過去記事:スパイダーマン3、ポスター公開

spiderman3big

| | コメント (0) | トラックバック (0)