2013年2月20日 (水)

「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」

Silver_linings_playbook 前作「ザ・ファイター」で第83回アカデミー賞にて助演男優賞(クリスチャン・ベール)、助演女優賞(メリッサ・レオ)の2冠をもたらしたデヴィッド・O・ラッセル監督の新作。前作がシリアスな人間ドラマの皮をかぶった“爽快スポ根もの”だったのと同じでこちらもシリアスな心の闇を抱えた者同士の“ラブコメ(ロマンチックコメディ)”小作品ながら皆から愛され今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞に加えて主演・助演の4演技部門に全てノミネートされています。

痛々しくてしょうがない主人公ブラッドリー・クーパー、爆弾のようなジェニファー・ローレンス、ちょっとおかしな主人公の父親ロバート・デ・ニーロ、見守る母親ジャッキー・ウィーヴァー、そしてジュリア・スタイルズ、クリス・タッカー等の曲者たちの奏でる“アンサンブル”が素晴らしいのがこの映画。これもベール・アダムス・レオの4人がウォールバーグを支える形でドラマを盛り上げていた「ザ・ファイター」と同じフォーメーション。切れるシーンでLed Zeppelinがかかるのも同じw(「アルゴ」でもZepがかかっていましたね)。

恐るべきは若干22歳で2度目のアカデミー賞ノミネートのジェニファー・ローレンス。日本では「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「ハンガーゲーム」で出てきた新進女優のイメージがあるかもしれませんが、17歳で出演した「あの日、欲望の大地で」でキム・ベイシンガー、シャーリーズ・セロンというオスカー女優を完全に食っていました。既にSAG賞等で主演女優賞に輝いていており堂々たるスピーチを披露。どこまで伸びるのか底の見えない才能です。

ブラッドリー・クーパーもどうしても「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のイメージがつきまといますが、元々アクターズ・スタジオで学び舞台で鍛えた実力を垣間見せてくれ、心の壊れた主人公を熱演しています。ダニエル・デイ=ルイスが居なければ(!)今頃アカデミー賞の本命と言われていたのでは?まあ、また機会はあります。

今週末のアカデミー賞の結果や如何に?今から楽しみです。続きに予告編あり。

続きを読む "「Silver Linings Playbook/世界にひとつのプレイブック」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年1月13日 (日)

アカデミー賞の本命へ「Lincoln/リンカーン」

Lincoln アメリカの大統領史上、今でも最も愛されてるのは第16代大統領・エイブラハム・リンカーン。そのリンカーン”をスピルバーグが監督するとすれば、“王道伝記映画”、もしくは「プライベイト・ライアン」のような凄絶な南北戦争映画を想像すると思いますが、この映画にそれを期待するとそれは肩透かし。ピューリツアー受賞作家Doris Kearns Goodwinの"Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln"という小説を原作にしたこの作品は政治家としてのリンカーンがどうやって奴隷解放を実現していったかを描く政治劇です。「アメリカ合衆国憲法修正第13条」の可否をめぐっての虚虚実実の駆け引きを中心にリンカーン最後の4ヶ月間を派手な映像もアクションは抑え目にしながら、淡々と描いています。

 会話主体の映画らしく、アカデミー賞の助演賞候補に選ばれたサリー・フィールド(リンカーン夫人)、トミー・リー・ジョーンズ (法案の行方を握る有力議員サディアス・スティーヴンス)に加えてデヴィッド・ストラザーン (ウィリアム・スワード国務長官)、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ジョン・ホークスという豪華キャストがそれぞれ実力を発揮していますが、しかし何と言ってもこの映画の最大の見せ場はダニエル・デイ・ルイス=リンカーン。ひとたび彼が言葉を発すれば大物政治家らしい説得力、自信、忍耐力、意志の強さが噴出します。映画後半になると彼がしゃべる出すのを待ち構えていた程。圧巻。今年もアカデミー賞主演男優賞の大本命です。

作品自体も余りに落ち着いていて、刺激的な「ゼロ・ダーク・サーティ」や「アルゴ」、「レ・ミゼラブル」に比べて地味な感じは否めませんが、“リンカーンがそこにいたから、(オバマ大統領が誕生する)今のアメリカが存在している”という強烈なメッセージと、大統領選挙(昨年11月)、映画の公開(11月)、そしてオバマ大統領就任式(1月20日)という現実とが絶妙なリンクしあって作品賞候補としても本命に浮上してきました。2月24日の発表が楽しみです。

続きを読む "アカデミー賞の本命へ「Lincoln/リンカーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

多分あなたは騙される『FLIGHT/フライト』

Flight_2 映画『フライト』、飛行機墜落アクションや原因究明サスペンスを期待すると完全にうっちゃりを食らいます。贖罪と再生のドラマ。ディンゼル・ワシントン、アカデミー賞候補。ジョン・グッドマン、『アルゴ』に続き好調。ストーンズの曲が印象的。

続きを読む "多分あなたは騙される『FLIGHT/フライト』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

デップ!ベール!&マン!「パブリック・エネミー」

Public_enemies480 大恐慌期のアメリカで銀行を次から次へと襲いその名をはせた実在のアウトロー・ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが、そしてそれを執拗に追うFBI捜査官パービスをクリスチャン・ベールが演じるという今が旬な役者が演じ、それを「インサイダー」「ヒート」「マイアミバイス」のマイケル・マンが監督するという“夢の顔合わせ”映画がこの「パブリック・エネミー(民衆の敵達=デリンジャー達の仇名)」。

 昔、昔、このデリンジャーとパービスをウォーレン・オーツとベン・ジョンソン(共に「ワイルドバンチ」のメンバー)が演じ、ジョン・ミリアスが監督するという“男臭い”映画がありましたが(B級だけどぴりりとした逸品)*、あの作品を越えることが出来るでしょうか。デップは「(海賊に続いて)この時代のギャングも一種のロックスターみたいなもの」と発言しているようですが。

 アメリカ公開は7月1日ですが日本公開は年末とか・・・(ブルーレイがでちゃうよ)。

*脇役で「ジョーズ」以前、「アメリカングラフィティ」と同じ頃のリチャード・ドレイファスが出てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

デビット・フィンチャーの新領域「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」

Curious_case_of_benjamin_button480 デビット・フィンチャー監督による静謐な人生ドラマ。80歳の赤ん坊として生まれ若返って行く男(ベンジャミン・バトン=ブラット・ピット)と幼馴染(デイジー=ケイト・ブランシェット)*の70年に渡るロマンスを縦軸に、そこに関る人々の人生が様々な形で交錯します。「世にも不思議な物語」の体裁をとりながらどんな人生にも出会い、別れ、四季があり、折り重なり合って交錯し、そしてはかなく消え去って往く様を淡々と描きます。

 監督のデビット・フィンチャーは、「エイリアン3」で長編デビュー後、ブラピと組んだ「セブン」「ファイトクラブ」で刺激の強い“映像技巧派の若きエース”ポジションを確立した人ですが、個人的にはどうも馴染めずにいました(「ゲーム」「パニック・ルーム」は悪いほうに“技巧”がこけた作品かと思っています)。

 しかし前作「ゾディアック」あたりからその映像技巧を一歩引かせて、“物語”を紡ぐ事に全力を注いでいるように進化し、今回はかつての”技巧的映像サスペンス職人”から“映画作家”としての成長と円熟が感じ取れる新領域に突入しています。勿論しわくちゃの老人が若返るゴシックホラー的な味付け**は彼ならではのテイスト。また全編を通じての光と影の使い方の巧みさは改めてこの作家の実力を知らしめてくれます。

 今年のアカデミー賞で13部門にノミネートされながら「スラムドック$ミリオネア」に主要部門で破れ美術、メーキャップ、視覚の3技術部門受賞に留まりましたが、作品自体の持つ“静かなパワー”が強い印象を鑑賞後の心に残す作品です。

*これが3度目と成るフィンチャー&ブラット・ピットの顔合わせ。「バベル」で倦怠期の夫婦を演じていたブラピ&ブランシェットの本格的な組み合わせ、その「バベル」夫婦の娘を演じていたエル・ファニングがブランシェットの子供時代を演じ、またかつて「レジェンド・オブ・フォール」でブラピの相手を務めたジュリア・オーモンドがブラピ&ブランシェットの○○○を演じる妙。“ガラドリエル”ブランシェットと“白の女王”ティルダ・スウィントン(ブラピとは「バーン・アフター・リーディングでも競演」)という印象の似た二人の女性を主人公の人生の重要な恋愛相手に起用する等、ハリウッドワールドもまた“出会いと別れ”、そして輪廻転生の世界?

**フィッツジェラルドの原作の舞台はボルティモアですが、映画はニューオリンズ。ブラピも出ている「インタビュー・ウィズ・バンパイア」や、「スケルトン・キー」等の南部ゴシック譚の色が強く出ておどろおどろしい印象を生み出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ケイト・ウィンスレット新作「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」&「愛をよむひと(The Reader)」

Revolutionary_road480 Reader_480

Bkline_2

 メリル・ストリープが現役の演技派の女王(アカデミー賞ノミネート14回、受賞2回)だとすると、31歳にして既に5回のノミネートを誇るケイト・ウィンスレット(ウィンズレットが正しいと思うのですが)はプリンセス(?)。その彼女の12月米国公開の新作で既にダブルノミネートの可能性がささやかれているのが、実生活の旦那サム・メンデス監督、「タイタニック」の運命の人レオナルド・ディカプリオを共演に迎えての「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」とベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を、「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化、レイフ・ファインズが共演する「愛をよむひと(The Reader)」の二本です。作品情報&予告編続きにあります。

 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」はディカプリオ・ウィンスレットの共演でまるで「タイタニック」の続編ノリですが、予告編を見ると「アメリカン・ビューティー(サム・メンデス監督のデビュー作)や「リトル・チルドレン」を思わせるヘビィな家族ドラマの模様。「愛をよむひと(The Reader)」ははやりの(?「ワルキューレ」等この冬、映画館にはナチスが一杯)第二次大戦下の欧州でのこちらもヘビィなドラマ。尚2008年3月に他界したアンソニーミンゲラの最後に関与した(製作)作品です。

続きを読む "ケイト・ウィンスレット新作「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」&「愛をよむひと(The Reader)」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」Sweeney Todd

Sweeney_todd480予告編は続きにあり。

続きを読む "「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」Sweeney Todd"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」Charlie Wilson's War

Charlie_wilsons_war480予告編は続きにあり。

続きを読む "「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」Charlie Wilson's War "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

「つぐない」Atonement

Atonement480予告編は続きにあり。

続きを読む "「つぐない」Atonement"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

「アメリカン・ギャングスター」American Gangster

American_gangster480予告編は続きにあり。

続きを読む "「アメリカン・ギャングスター」American Gangster"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧