2009年6月27日 (土)

ファラ・フォーセット 1947-2009

Farrah_fawcett_420 ファラ・フォーセット/Farrah Fawcett、本名ファラ・レニ・フォーセット。1947年2月2日テキサス州コープス・クリスティ生まれ、カリフォルニア州サンタモニカにて2009年6月25日に満62歳没。

 1976年に人気TV「チャーリーズ・エンジェルス」の初代エンジェルの一人・ジル役で人気爆発。彼女というより彼女のポスターこそが、70年代の時代の風景そのものとなりましたが、彼女はそれに飽き足らず、映画でのキャリアを追及。しかしながら作品に恵まれず結果として全盛期を短くしてしまいました(個人的には彼女より彼女の代わりにエンジェルになったシェリル・ラッドの方が好きだったなあ)。

 長年に渡る癌との闘いのさなか17年ともに暮らし別れたライアン・オニールと復縁。私がニューヨークにGWに行ったとき彼女の闘病とそれを支えるライアンのTVドキュメンタリー「Farrah's Story」の予告が流れていました(続きにそのプレミアの模様のビデオ)。ごく最近になってライアンが求婚したというニュースを聞いてそれは本当に病状が悪いのではと思っていた矢先の訃報でした。

 同じ日に、それも近所(車で15分)でマイケル・ジャクソンがなくなってしまったために、扱いは地味になってしまいましたが、彼女もやはり時代のicon. 慎みましてご冥福をお祈りいたします。

 追記:ファラ・フォーセットの最後のパートナー、ライアン・オニールの娘と言えばテイタム・オニール。10歳にして「ペーパームーン」でアカデミー賞を受賞した天才子役テイタムは70年代に天才ちびっこシンガーだったマイケル・ジャクソンと付き合っていたのでは?

続きを読む "ファラ・フォーセット 1947-2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

ナターシャ・リチャードソン 1963-2009


スキー場での転倒が元で死去。享年45歳。

 偉大なるバネッサ・レッドグレイブの娘にしてリアム・ニーソンの妻。2児の母。ブロードウェイの「キャバレー(サム・メンデス演出のリバイバル版)でトニー賞を受賞していますが、映画のキャリアは母の如くこれからだったのではないかと惜しまれます。「ネル」が代表作じゃちょっともったいないし、「メイド・イン・マンハッタン」の悪役じゃちょっと悲しい。

 夫のリアム・ニーソンは「ラブ・アクチュアリー」で小さな息子を残し妻に先立たれた役をやっていましたがまさか現実になってしまうとは(クラウディア・シェーファーは現れるのでしょうか)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ケイト・ウィンスレット新作「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」&「愛をよむひと(The Reader)」

Revolutionary_road480 Reader_480

Bkline_2

 メリル・ストリープが現役の演技派の女王(アカデミー賞ノミネート14回、受賞2回)だとすると、31歳にして既に5回のノミネートを誇るケイト・ウィンスレット(ウィンズレットが正しいと思うのですが)はプリンセス(?)。その彼女の12月米国公開の新作で既にダブルノミネートの可能性がささやかれているのが、実生活の旦那サム・メンデス監督、「タイタニック」の運命の人レオナルド・ディカプリオを共演に迎えての「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」とベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を、「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化、レイフ・ファインズが共演する「愛をよむひと(The Reader)」の二本です。作品情報&予告編続きにあります。

 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」はディカプリオ・ウィンスレットの共演でまるで「タイタニック」の続編ノリですが、予告編を見ると「アメリカン・ビューティー(サム・メンデス監督のデビュー作)や「リトル・チルドレン」を思わせるヘビィな家族ドラマの模様。「愛をよむひと(The Reader)」ははやりの(?「ワルキューレ」等この冬、映画館にはナチスが一杯)第二次大戦下の欧州でのこちらもヘビィなドラマ。尚2008年3月に他界したアンソニーミンゲラの最後に関与した(製作)作品です。

続きを読む "ケイト・ウィンスレット新作「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」&「愛をよむひと(The Reader)」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

ジェニファー・アニストンの勝負作2本

friends_with_money220thebreakup220
line500

一昨年の「フレンズ」の終了、そして昨年のブラット・ピットとの離婚以来、更に“映画女優“に打ち込むジェニファー・アニストン。

昨年はクライブ・オーウェンと共演の暗いドラマ「ディレイルド」、シャーリー・マクレーン、ケビンコスナーと共演のコメディ「迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-(ルーモア・ハズ・イット)」と新作が公開されましたが、前者は可も無く、不可もなく、後者は大コケで、TVから映画へのキャリア・チェンジの難しさを味わっています。

この厳しさはジョージ・クルーニーが経験し、現在サラ・ジェシカ・パーカーも味わっているもの。しかしクルーニーはアカデミー賞で助演男優賞を獲得、監督賞にもノミネートされるという成功を納め、サラ・ジェシカも「フェイリアー・トゥ・ランチ」というヒット作が生まれた現在、ジェニファーの出遅れが目立っています。2年前に終了したとは言え「フレンズ」は今でも毎日ガンガン再放送をやっている人気番組。ただで見る事が出来るTVとお金を払う映画の“スター”の違いは厳しいもの。

ただ2002年の「Good Girl(ジョン・C・ライリーという旦那がいながら、今をときめくジェイク・ギレンホールと浮気します)」で見せたように、ただのぶりっこ(死語)ではない、したたかさも併せ持っていますのでここが堪えどころ?

新作はフランシス・マクドーマンド、キャスリン・キーナー(二人とも今年のアカデミー賞ノミネート)、ジョアン・キューザックという超強力女優達に囲まれての「フレンズ・ウィズ・マネー」(4月7日限定公開)と、この映画がきっかけで付き合い始めた現ボーイフレンド・ヴィンス・ボーンとの共演コメディ「ザ・ブレイク・アップ」(6月2日、全米拡大公開)。さて、不調の底から一気に浮上なるのでしょうか?

人気blogランキングに参加中。是非ご支援を   banner_02  続きに作品情報

続きを読む "ジェニファー・アニストンの勝負作2本"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 9日 (木)

キーラ・ナイトレイ&スカーレット・ヨハンセン

2006.8.7追記:
キーラ・ナイトレイ(パイレーツ・オブ・カリビアン DMC)&スカーレット・ヨハンセン(マッチポイントスクープブラックダリアプレステイジ)は、共にアクトレスとして確実にステップ・アップ中。記念しまして(?)2月には半分だけだった話題の表紙を見通しで公開。クリックで拡大します。
Vanity_fair
Line500_1

VF1たまには色気のある話題を、という事でアメリカで話題のこの雑誌の表紙を。

毎年アカデミー賞時期に「ハリウッド特集」を組む名門女性誌「Vanity Fair」ですが、今年のハリウッド特集の目玉は、「プライドと偏見」で見事主演女優賞ノミネートのキーラ・ナイトレイと「マッチ・ポイント」で助演女優賞ノミネートかと話題だったスカーレット・ヨハンセン(アメリカではジョハンセンですが)という若手のホープのヌード(左の表紙は全体の半分)。

本来はこれにレイチェル・マクアダムスを加えての3人が裸で登場予定だったそうですが、マクアダムスは撮影当日拒否した模様。「Vanity Fair」のサイトでこのカヴァー撮影の模様のメイキングが見れますが、仲が悪いと噂だったナイトレイ&ヨハンセン、しっかりハグ等をしています(ライバル意識があるのでこうした企画にチャレンジしたのかな?)。いずれにしても過去にデミ・ムーアの妊娠中ヌード等で話題を振りまいてきた同誌、商売上手。

こんなことをしてナイトレイのアカデミー賞に響かないのかな?とおじさんは心配してしまいますが、まあ今年はリーズ・ウィザースプーンVSフィリシティ・ホフマンの対決なので関係はないと思います。

人気blogランキング参加中。 banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

キング・コング女優の明日はどっちだ?ナオミ・ワッツ

EllieParkerイギリス生まれ、オーストラリア育ちの37歳。ピンク・フロイドのサウンド・エンジニアを勤めたという父を10歳で亡くし、14歳でオーストラリアに母親と共に移住。演劇の勉強を始め、10代で地元スクリーンデビュー。この頃、オーディションで知り合ったのが1歳年上のニコール・キッドマンで以来親友関係。トムクルーズに見出されて、ハリウッドに渡ったニコールの後を追うように、アメリカへ進出。1995年には「タンクガール」の準主役(主役のロリ・ペティ、消えちゃいましたね)を務めて注目を集めるも、美人だけれども特色の無い容貌もあり、売れない時期が続きます。この時期に公私渡り世話を焼いてくれたのが、やはりニコール・キッドマンで、今も尚、彼女がいなければ今の私はいないと公言しています(いわゆる“大作”と“アート系”作品の選び方のバランスに関して影響はかなりありそう)。何となく似ているイメージの二人ですが、並ぶとニコールの方がかなり長身。

mulholland_drive転機となったのはデビット・リンチの「マルホランド・ドライブ」。女優使いの荒いリンチの元で、ヌードは元よりあんなシーンやこんなシーン(?)もやらされて、昔流に言えば女優開眼。直後にジャパニーズ・ホラー「リング」のアメリカ版「The Ring」での主役(日本では松島奈々子が演じた役)で商業的成功、「21グラム」での演技的評価(アカデミー賞助演女優賞候補)の双方を得てこの「キング・コング」の主役の座を獲得。本人としてはオリジナルの「コング」に主演しながら、その役のイメージが付きまとったフェイ・レイではなく、1977版“美女”を務めながらその後演技派として名をはせたジェシカ・ラングの線を狙っているものと思われます。

もしアカデミー賞・主演女優賞にノミネートされると、年下の元彼ヒース・レッジャー(「ブロークバック・マウンテン」で主演男優賞候補確実視)と顔を会わせることになりますが、まあ現在交際中のリーヴ・シュレイバーと結婚間近との事で問題は無いでしょう。

今年は「Ring Two」そして「キング・コング」といった大作に主演しながら、独立系映画「エリー・パーカー」Ellie Parkerにてまたもや女優の卵を演じ(売れない時期に出演した短編映画のリメイク)、興行成績: $19,167というおそらく今年最高のマイナーな作品にも主演(続きに作品情報あり)。2006年10月公開の「ザ・ペインテッド・ヴェール」The Painted Veilではエドワード・ノートンと共演します。

ニコール・キッドマンと比べ、出遅れた感ありですが、一気に知名度を高めたここからが勝負。大作からアート作品までこなせる芸域の広さで今後も色々楽しませてくれると思います。

続きを読む "キング・コング女優の明日はどっちだ?ナオミ・ワッツ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月10日 (木)

戦うヒロイン達

最近のアクション映画の女性ヒロイン、皆カッコがボンデージ風。特にこの12月に公開の「イオン・フラックス」のシャーリーズ・セロン、1月公開の「アンダーワールド2」のケイト・ベッキンセールはそっくり。ちょっと前までさかのぼれば「キャットウーマン」のハリー・ベリーが同じスタイル(顔面にかぶっているだけ、身体を隠す布は少ない)ですし、今年の「ファンタスティック4」のジェシカ・アルバも色こそ違えこの系統です。運動性の良さというより、製作者(絶対男性だと思う)の趣味炸裂。

勿論これはファッションにも強い影響を与えた「マトリックス(1999年)」の戦うヒロイン・トリニティ(キャリー・アン・モス)の影響が強いと思うのですが、実は「マトリックス」より1年早い1998年の「アベンジャーズ」The Avengersという映画でウマ・サーマンがこのスタイルのルーツともいえる格好をしています。そういえば「キル・ビル」の黄色いジャンプスーツ姿&「バットマンとロビン」のポイズン・アイヴィー役の怪しげな緑のカッコもあり、この分野(?)の第一人者でしょうか。「キル・ビル」のライヴァル女性殺し屋(ルーシーリュー、ヴィヴィカ・フォックス、ダリル・ハンナ)もボンデージではないものの黒装束でブライド(ユマ・サーマン)を襲いに来ました。「シン・シティ」のデヴォン・青木も黒の忍者スタイル。

しかしこのヒロイン達を集めて天下一武道会を開催したら、誰が一番強いのでしょうか?ヴァンパイアのベッキンセールVS半蔵ソード&中国拳法の達人ブライド、高いところから落ちてもだいじょうぶ対決・キャットウーマンVSトリニティなんて名勝負になりそうですが、結局透明になって人をぶん殴れるジェシカ・アルバの勝ち?

人気blogランキングに参加しました。是非ご支援のクリックを
banner_02

fluxevolution2catwoman1

fantasticmatrixuma1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

サラ・ジェシカ・パーカー

4月22日追記:
最新作「フィエリアー・トゥ・ランチ」の日本タイトルは「男を変える恋愛講座」だそうで、UPIの配給により秋~年末頃の公開だそうです。で、もう一本の新作「ファミリーストーン」の日本公開は6月頃でこちらは「幸せのポートレイト」だそう。
Line500_7

12月19日追記:
笑って泣かせるストーンズ、「ザ・ファミリー・ストーン」(レヴュー)
line500

★10月15日追記:
TV終了時にプロデューサーが”計画がある”という発言をした”Sex and The City”の映画版ですが、現在中止状態(ソース)。原因は4人のギャラで、サマンサ役のキム・キャトラルが4人のキャラクターの均等な扱いと同等のギャラを要求している為。

これはキャトラルが特に欲張りな訳ではなく、通常TVは主役の扱いが同等ならば出演料は同じ(「フレンズ」は常に6人が足並みを揃え、同等ギャラでした。TV版「SATC」も同じだったと見られます)。しかし”映画スター”としてはサラ・ジェシカ・パーカーが各上の為、彼女の出番が多くなり、ギャラも多くなる方向で進んでいた為の流れにさおをさしたと見られます。

勿論状況が変われば再始動もあると思いますが、当面はお預けの模様です。
Line500_7

sexandthecity1大ヒットTVシリーズ「Sex and The City」のキャリー役を卒業して今年からは映画スターとしてのキャリアに再チャレンジ中。今後続々と主演作品が予定されています。

今はニューヨークのキャリア・ウーマンが似合う彼女も、1965年3月25日オハイオ州ネルソンヴィル(田舎)生まれ。8歳にして子役デビューし、「サウンドオブミュージック」の舞台やブロードウェイ版の「アニー」では主役を務める。まだ10代で出演した「フットルース」の田舎娘役(ヒロインの親友役)で、注目を集め、その後「LA Story」でキャピキャピ(死語)脳天気カリフォルニア・ガールを演じて知名度を上げました(この映画で初めて知りました)。

その後「マイアミ・ラプソディ」、「スリー・リバース」、「ハネムーン・イン・ヴェガス」そしてティムバートン・ジョニー・ディップの「エド・ウッド」等で中堅女優として活躍していましたが、Cable TVシリーズ「Sex and The City」のキャリー・ブラッドショー役で大ブレークしたのはご存知の通り。中堅時代の「ファーストワイフ・クラブ」で主役本妻トリオ(ゴールディ・ホーン、ダイアン・キートン、ベット・ミドラー)の敵役となる愛人役で出ているのですが、この役がキャリー役とイメージがかぶっているので是非ご覧下さい。

matthewandsara年代的にはメグ・ライアン、デミ・ムーア、ジョディ・フォスターのちょっと下で、ジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマンのちょっと上くらいですが、ここからが映画女優としては勝負。どんなふうになって行くかが楽しみです。

私生活では“不安定”ロバート・ダウニーJrと長く付き合っていましたが、結局良い人そうなマシュー・ブロデリック。年末は旦那(「プロデューサーズ」)と奥様(「ファミリー・ストーン」)の夫婦で活躍。

★サラ・ジェシカ・パーカー出演DVD

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年10月 2日 (日)

3人のジェシカ

とは言っても、ジェシカ・ラング、ジェシカ・タンディではありません。

アイドルからリアリティTV「ニューリーウェッズ」で知名度を高め、この夏の「Dukes of the Hazards」のヒットで“女優”にもなった歌手ジェシカ・シンプソン、TV「ダーク・エンジェル」、「シンシティ」そして「ファンタスティック・フォー」のジェシカ・アルバ、そして「テキサス・チェーンソー(マサカー)」、「ステルス」のジェシカ・ビール。共通点はみなぴちぴち(死語)で、やたら露出度が高いこと。この3人の比較紹介です。

Bkline_2

jessicaSジェシカ・シンプソンJessica Simpson
1980年7月10日、テキサス州ダラス生まれ。10代でミッキー・マウス・クラブの一員となり1999年には歌手デビュー。一躍ティーンアイドルとなるが、すぐに同じMMC出身のブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラにその座を明け渡す事に。22歳でNick Lacheyと結婚したが、その二人の新婚家庭にカメラを持ち込んだリアリティTV「Newlyweds: Nick and Jessica」がヒット。そのおおぼけで可愛いキャラクターで復活。映画出演二本目の「The Dukes of Hazzard(右ポスター)」がこの夏大ヒットとなり、“女優”としての価値も高まる。妹のアシュレーシンプソンも歌手、そして女優デビュー。

Bkline_2
jessicaAジェシカ・アルバJessica Alba
1981年4月28日、カリフォルニア州ポモナ生まれ。12歳で演技の勉強を始め、「ビバリーヒルズ青春白書」等にゲスト出演。映画では「25年目のキス」等に端役で出ていたが、(強い女好き)ジェームス・キャメロンの目に留まり、彼が製作したTV「ダーク・エンジェル」の主役の座に。人気はあったが短命に終わったシリーズの後は、本格的に映画キャリアを追求。「ダンス・レボリューション」Honeyで主役。2005年は「シン・シティ(4月)」「ファンタスティック・フォー(7月)」「Into The Blue(左ポスター)」が9月30日に公開になった。他の写真はこちら

Bkline_2

jessicaBジェシカ・ビールJessica Biel
1982年3月03日、ミネソタ州イーライ生まれ。
子役として映画、TVで活躍。特にTV「7th Heaven」の牧師の娘役で人気が出たが、キャストをめぐるスキャンダルで降板。主役(ソーラ・バーチの役)が決まっていた「アメリカン・ビューティ」出演を失う事になった。男性誌のグラビアから再度キャリアのやり直し。「悪魔のいけにえ」のリメーク「テキサス・チェーンソー」The Texas Chainsaw Massacre (2003)役で再度浮上。「セルラー」「ブレイド」そしてこの夏の「ステルス」と主演作が連続。10月14日には「エリザベスタウン(左)」が公開。

Bkline_2
こうやって最近売れっ子の“3人のジェシカ”を並べてみると、いよいよハリウッドにも80年代生まれの波がやってきたことを実感。ただ若さと曲線だけでは生き残っていけないので、ここからの作品選びが勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

グレタ・ガルボ(Greta Garbo )

garbo本名・グレタ・ロヴィッサ・グスタフスン。1905年9月18日、スウェーデンのストックホルム生まれ。『グランド・ホテル』(32)、『マタ・ハリ』(32)等で知られる戦前のハリウッドを代表する大スター。その神秘的な美貌と謎に満ちた私生活から、日本では「神聖ガルボ帝国」とまで呼ばれ、ハリウッド女優が神様だった時代の象徴。マドンナは「ヴォーグ」の歌詞中にその名を真っ先に上げ、ユーミンは呉田刈穂のペンネームを使っていました。

全盛時の終わりを察知して潔く引退。ハリウッドを離れてニューヨークのマンハッタンに住み、人前に出ることを拒否して自宅で園芸をしながら静かに隠遁生活送ったとの事。1990年没。

その彼女が愛したマンハッタンのスカンジナビアンハウスにて、彼女の生誕100周年を祝して、「Forever Garbo: A Retrospective」と題した回顧展が始まるところでした。その神秘的なポートレイトの写真展や代表作の連続上映が行われます。誕生日9月18日から今年12月17日まで。

場所:Scandinavia House
58 Park Avenue/38th Street
New York, NY10016
詳しくはこちら:http://www.scandinaviahouse.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧