2013年1月14日 (月)

個人的なアカデミー賞一押し「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」

Zero_dark_thirty_ver4 個人的には最もアカデミー賞の作品賞を取って欲しい映画。「ハートロッカー」で元夫ジェームス・キャメロンの「アバター」を打ち破り、アカデミー賞作品賞、監督賞に輝いたキャスリン・ビグロウ監督の新作「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」は、前作が映画を見た者をイラク戦争の爆弾処理の現場へ送り込んだように、この映画ではアルカイダの首領・ウサマ・ビン・ラディン追跡の渦中へ見るものを叩き込みます。

 素晴らしいのはこの映画が単なるウサマ・ビン・ラディン殺害の内幕映画のような“題材によりかかったキワモノ”ではなく、追跡サスペンス映画としても一級品な点。「ツリー・オブ・ライフ」「ヘルプ」で昨年のアカデミー賞を騒がせたジェシカ・チャスティンが堂々の主役ぶりで執念に燃えるCIAの情報分析官を演じ、アカデミー賞主演女優賞のフロントランナーへ躍り出ています。

 元々失敗に終わったビン・ラディン逮捕作戦を描く予定で準備を進めていたら米国海軍特殊部隊が本当にビン・ラディンの殺害に成功してしまった為、内容が大幅に変更になったこの映画。余りにディープに秘密だったはずの追跡・殺害作戦の内容を詳細に描いている為、また拷問が本当にあったかどうかで政治的な議論に巻き込まれています。

 こうした議論があったせいかどうか、アカデミー賞の前哨戦では有利だったにも関わらず、作品賞にはノミネートされたものの監督賞にノミネートされず。作品としては「ハートロッカー」に劣らず、それ以上の評価を得ているこの作品でキャスリン・ビグロウ監督を落とすとは、相変わらずアカデミー協会も保守的です(まあ今年のアカデミー賞は確かに例年以上に水準が高いのも事実ですが)。日本では2月15日公開。

続きを読む "個人的なアカデミー賞一押し「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

アカデミー賞の本命へ「Lincoln/リンカーン」

Lincoln アメリカの大統領史上、今でも最も愛されてるのは第16代大統領・エイブラハム・リンカーン。そのリンカーン”をスピルバーグが監督するとすれば、“王道伝記映画”、もしくは「プライベイト・ライアン」のような凄絶な南北戦争映画を想像すると思いますが、この映画にそれを期待するとそれは肩透かし。ピューリツアー受賞作家Doris Kearns Goodwinの"Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln"という小説を原作にしたこの作品は政治家としてのリンカーンがどうやって奴隷解放を実現していったかを描く政治劇です。「アメリカ合衆国憲法修正第13条」の可否をめぐっての虚虚実実の駆け引きを中心にリンカーン最後の4ヶ月間を派手な映像もアクションは抑え目にしながら、淡々と描いています。

 会話主体の映画らしく、アカデミー賞の助演賞候補に選ばれたサリー・フィールド(リンカーン夫人)、トミー・リー・ジョーンズ (法案の行方を握る有力議員サディアス・スティーヴンス)に加えてデヴィッド・ストラザーン (ウィリアム・スワード国務長官)、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ジョン・ホークスという豪華キャストがそれぞれ実力を発揮していますが、しかし何と言ってもこの映画の最大の見せ場はダニエル・デイ・ルイス=リンカーン。ひとたび彼が言葉を発すれば大物政治家らしい説得力、自信、忍耐力、意志の強さが噴出します。映画後半になると彼がしゃべる出すのを待ち構えていた程。圧巻。今年もアカデミー賞主演男優賞の大本命です。

作品自体も余りに落ち着いていて、刺激的な「ゼロ・ダーク・サーティ」や「アルゴ」、「レ・ミゼラブル」に比べて地味な感じは否めませんが、“リンカーンがそこにいたから、(オバマ大統領が誕生する)今のアメリカが存在している”という強烈なメッセージと、大統領選挙(昨年11月)、映画の公開(11月)、そしてオバマ大統領就任式(1月20日)という現実とが絶妙なリンクしあって作品賞候補としても本命に浮上してきました。2月24日の発表が楽しみです。

続きを読む "アカデミー賞の本命へ「Lincoln/リンカーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

アメリカの闇「消されたヘッドライン」

 日本ではあまり良く知られていませんが、実はアメリカの首都・ワシントンDCはけっこう危ない街。巨大な公園のようなこの街は人気のないエリアも多くスラム街も存在します。ひと気のない街で夜中に殺されても単なる強盗で片付けられてしまうでしょう。またニューヨークとは違ったストレスが多いこの街で誰かが線路に飛び込んでも、また突き落とされたとしても単にアンラッキーと片付けられてしまいかねません。TVで3分、もしくは新聞の片隅の小さな記事となってそして3日もたてば忘れ去られてしまう、悲しいけれどそれが現実です。しかもその単純に見える事件の背後に巨大な闇が動いているのだとしたら?

 警察は忙しすぎて機能せず、ニューヨークのようにスパイダーマンやデアデビルといったヒーロー達が助けてくれない現状の中で誰が助けてくれるのか?他のメディアに押され利益が上がらずぼろぼろになって巨大なメディアグループ傘下に堕ちているアメリカの新聞社に頼る事は出来るのでしょうか。
 
確かにワシントンDCの新聞社「ワシントングローブ社」**のカル・マカフレイの様な掟破り、型破りな古豪型の敏腕記者も存在しますがこのタイプは恐竜と同じで今や絶滅寸前。同社でブログを駆使して活躍するデラ・フレイ記者は優秀ですがまだまだひよっこ。だとすれば頼りになるのは結局自分自身。一人一人がインターネットに代表されるメディアを駆使して自ら市民ジャーナリストとなってこの闇と戦って行くしかないのでしょう。

以下は続きに

続きを読む "アメリカの闇「消されたヘッドライン」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月23日 (金)

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」Charlie Wilson's War

Charlie_wilsons_war480予告編は続きにあり。

続きを読む "「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」Charlie Wilson's War "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

大統領をめぐる最新映画3:「ボビー/Bobby」

大統領をめぐる最新映画1:「デス・オブ・ア・プレジデント(ある大統領の死)/ Death of a President」
大統領をめぐる最新映画2:「シャラップ&シング/ Shut Up & Sing」

Bobby220 超優等生でカリスマを持ち、かつ現実主義的、冷徹で女性にだらしなかった兄・JFKに比べ、カリスマ性には欠けるものの、理想主義的な精神と誠実な人柄で周りからは兄以上に愛された弟ロバート・ケネディ(通称ボビーor RFK)。1968年の大統領選挙の民主党候補として、ベトナムからの即時撤退や人種間融和を主張し代表選に向けて活動中に6月4日のロスアンゼルスの名門ホテル・アンバサダーホテルで、銃撃され翌日死亡。享年42歳。彼の遺体を載せた列車の沿線には人種の垣根を越えた多くの人が集い、彼の死を惜しみました。

 11月23日に公開になる「ボビー/Bobby」は、その運命の1968年6月4日のアンバサダーホテルに偶然居合わせた22人の人々の出来事を描く映画です。最近ご無沙汰の俳優エミリオ・エステベスが監督し、22人にはアンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア&アシュトン・カッチャー夫妻、シャロン・ストーン、リンジー・ローハン、ヘレン・ハント、クリスチャン・スレーター、ウィリアム・H・メーシー、ヘザー・グラハム、ハリー・ベラフォンテ、ローレンス・フッシュバーン、イライジャ・ウッド、そしてエミリオ・エステベス本人とその父マーティン・シーン(さすがに弟チャーリー・シーンはいない)等等という豪華メンバー。

 予告編を見て驚いたのはデミ・ムーアの髪の手入れをしていたシャロン・ストーン。一時期はライバルと目された二人の絡みはスリリング。そう言えば、デミ・ムーアは監督エミリオの婚約者でしたね(二人が共演の「セント・エルモス・ファイヤー」が懐かしい。婚約破棄後デミはブルース・ウィリスと、エミリオはポーラ・アブドュルと結婚。そして二組とも離婚)。これも楽しみな一本です。

続きに予告編&作品情報あり。
人気blogランキング参加中。 banner_02

続きを読む "大統領をめぐる最新映画3:「ボビー/Bobby」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月 2日 (木)

大統領をめぐる最新映画1:「デス・オブ・ア・プレジデント(ある大統領の死)/ Death of a President」

Death_of_a_president2_220 4年に一度の11月第一週の火曜日、アメリカでは大統領選挙が行われます。アメリカでは“大統領”は結構美味しい映画の素材で、“風とライオン(セオドア・ルーズベルト大統領)”、そして“パール・ハーバー(フランクリン・ルーズベルト大統領)等で実在の大統領が出てきますし、キューバ危機でのケネディ大統領(JFK)を描いた“13デイズ”、そのJFK暗殺の真相に迫る“JFK”、大統領暗殺を狙う犯罪者とシークレット・サービスの対決を描く“シークレット・エージェント(イーストウッド)”、ザ・センチネル・陰謀の星条旗等にも架空の大統領が登場。更に“アメリカン・プレジデント”では大統領がラブコメを、“エアフォース・ワン”“インデペンデンス・デイ”では、大統領がテロリストや宇宙人と直接戦います。「ニクソン」や「ニクソン大統領を暗殺しようとした男」もありますし「大統領の陰謀」や「目撃」等では大統領自身が悪役でした。

 2004年の「華氏911」は打倒ブッシュ政権を直接的に目指したドキュメンタリー映画でしたが、この時に倒れなかったブッシュ政権も二期目でそろそろ2008年11月の“次”を巡っての議論が動き出しています(憲法の規定で三期はない)。そんな中、“大統領”を巡った映画が何本かこの秋に公開されますので、ご紹介。

 10月27日にひっそりと限定公開された話題作(矛盾)が「デス・オブ・ア・プレジデント(ある大統領の死)/ Death of a President」。2007年に現職のブッシュ大統領がシカゴで銃撃され死亡、その1年後にその暗殺事件の真相を追うTVドキュメンタリーが制作されたという、無茶苦茶大胆な設定の映画。なんと言っても現役の大統領の擬似暗殺シーンが生生しく描かれており(予告編で見る限り雰囲気はレーガン大統領暗殺未遂の雰囲気にそっくり)。ただトロント映画祭で話題になり(国際評論家賞受賞)、映画館館主から上映拒否騒ぎがおきたりの話題作ではあったのですが、評論家、観客からの評価は高くなく、興行的には惨敗の模様です。

続きに予告編&作品情報&更に”危ない”別ポスターあり。人気blogランキング参加中。 banner_02

続きを読む "大統領をめぐる最新映画1:「デス・オブ・ア・プレジデント(ある大統領の死)/ Death of a President」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)