« The Who at Budokan | トップページ | U2 sing at the Obama party »

2008年11月18日 (火)

Billy Joel "One Night in Tokyo"

11月23日追記:
 「New York State of Mind」の時は涙が出そうになりました。何回も書いていますが「911」のテロの後、ニューヨークに住んでいる事が不安だった時にTVのチャリティ番組(全地上波民放共通・トム・クルーズとかが電話の受付をやった)で、彼は消防士の帽子をピアノの上においてこの曲を演奏。「どんなことがあっても私はここ、ニューヨークにいるのが心の平穏なのさ」という歌詞が心にしみるとかいうレベルを突き抜けて、ダイレクトに飛び込んできました。音楽が、たった一曲が人の心を動かせる事を実感した瞬間でした。

 アメリカのコンサートに比べて時間が短かったり、客の合唱がうまくいかなかったり、「イタリアンレストラン」がなかったりでしたが、私には「New York State of Mind」1曲で充分。そして「ピアノマン」があれば、おなか一杯。その後のご飯も含めて楽しい一夜でした。

BJatMSG011
写真は2006年2月にニューヨークMSGで私が撮ったもの。
詳しくは
Billy Joel@MSG
Billy Joel@MSG II Set List
をご覧下さい。日米のset listを比べると好みがはっきり出ていて興味深いものがあります。曲数の違いは・・・・残念(セットリストは続きに移行します)。

2008年11月18日東京ドーム公演セットリスト
01.「THE STRANGER ストレンジャー」
02.「ANGRY YOUNG MAN 怒れる若者」
03.「MY LIFE マイ・ライフ」
04.「ENTERTAINER エンターテイナー」
05.「JUST THE WAY YOU ARE 素顔のままで」
06.「ZANZIBAR ザンジバル」
07.「NEW YORK STATE OF MIND ニューヨークの想い」
08.「ALLENTOWN アレンタウン」
09.「HONESTY オネスティ」
10.「MOVIN' OUT ムーヴィン・アウト」
11.「PRESSURE プレッシャー」
12.「DON'T ASK ME WHY ドント・アスク・ミー・ホワイ」
13.「KEEPING THE FAITH キーピン・ザ・フェイス」
14.「SHE'S ALWAYS A WOMAN シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン」
15.「RIVER OF DREAMS リバー・オブ・ドリームス」
16.「HIGHWAY TO HELL(AC/DC)」
17.「WE DIDN'T START THE FIRE ハートにファイア」
「18.IT'S STILL ROCK N ROLL TO ME ロックンロールが最高さ」
19.「YOU MAY BE RIGHT ガラスのニューヨーク」
-----------------------------------------------------------
20.「ONLY THE GOOD DIE YOUNG 若死にするのは善人だけ」
21.「PIANO MAN ピアノ・マン」

|

« The Who at Budokan | トップページ | U2 sing at the Obama party »

コメント

Billy Joel 良かったですね~。心地よい時間でした。
日本好みのセットリストはさすがでしたね。一夜限りなので大満足でした!
その後のご飯もおいしく、楽しく。またご一緒できたらと思います。

投稿: YOSHIMI | 2008年11月22日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/43166320

この記事へのトラックバック一覧です: Billy Joel "One Night in Tokyo":

« The Who at Budokan | トップページ | U2 sing at the Obama party »