« 12.12.12: 11/Paul McCartney & finale | トップページ | The Rolling Stones at PRUDENTIAL CENTER, Newark, December 13th »

2012年12月13日 (木)

"12.12.12 The Concert for Sandy Relief" Setlist and more #121212CONCERT

 5時間50分という壮大なコンサート"12.12.12 The Concert for Sandy Relief"に行って来ました。あまりに見所、聞き所が沢山なので、それぞれのアーティストについては個別のページ(それぞれのアーティストをクリック)で紹介しています。

セットリストに関して幾つかのサイトを見ているとRoger Waters/The Whoのセットリストに若干の混乱が見られるのでただ今検証中。カニエ・ウエストに関しては自信はありません。

【全体の感想】
 コンサートの基本フォーマット11年前の「The Concert for New York City」と同じで、大物ミュージシャンが登場し、そのステージの交換の合間をビリークリスタルが総合司会で大物ゲスト(映画俳優、コメディアン、チャリティ関係者)がつなぎます。このステージセットの交換が円形ステージを使う事によりスムーズになっており、演奏できる曲は前回の2~3曲から今回は増量していたのが印象的。

 またビリージョエル以外は今年皆コンサートツアーを行なっている、もしくは近々開始でバンドとしての状態が良いのが印象的でした(だだし、その休んでいるビリージョエルも絶好調でしたが)。

THE 12.12.12 SETLIST
Bruce Springsteen and the E Street Band
"Land of Hope and Dreams"
"Wrecking Ball"
"My City in Ruins" › "Jersey Girl"
"Born to Run" with Jon Bon Jovi
 いきなり地元の神様登場で会場ヒートアップ。被害を受けたニュージャージの人に取って地元の神スプリングスティーンと弟分ジョン・ボンジョビが二人で"Born to Run"をやるというのは最高の励ましでしょう。

Roger Waters
In The Flesh
The Happiest Days of Our Lives
"Another Brick in the Wall"
The Ballad Of Jean Charles de Menezes
"Money"
"Us and Them"
"Comfortably Numb" with Eddie Vedder
 夏にヤンキースタジアムで見たばかりのロジャー・ウォータースは短い時間内でThe Wall+Dark Side of The Moonを。ううむ、ハリケーンのチャリティコンサートで社会風刺の独自展開、趣旨にあっているのかいないのか。まあ、英国頑固親父の本領発揮ということでしょうか。The Whoとも仲良しのエディー・ヴェダー、出番はここだけとは勿体無い。

Adam Sandler with Paul Schaffer
"Hallelujah"
レーナード・コーエンのカヴァー。アアムサンドラーは911でもオペラマンやってくれたなあ等と思い出しつつ。

Bon Jovi
"It's My Life"
"Wanted Dead or Alive"
"Who Says You Can't Go Home" with Bruce Springsteen "Living on a Prayer"
 「911」コンサートの時に比べて格段に大物感が出てきましたね。スプリングスティーンとの再競演が実現。来年のニュージャージーのボンジョビのコンサート(Metlifeスタジアム)でも如何でしょうか。

Eric Clapton
"Nobody Loves You When You're Down and Out"
"Got to get Better in a Little While"
"Crossroads"
 こちらも「911」コンサートの時と同じで淡々と演奏して去っていくパターン。ヒット曲を並べてアピールするのに比べれば淡々としていて粋かも。ここまで米英米英で二カ国対抗歌合戦。

The Rolling Stones
"You Got Me Rocking"
"Jumpin Jack Flash"
 翌日に自分達のコンサートがあるのにもかかわらず出ただけ奇跡なんだから、2曲しかやらなかったとか文句を言うのはやめましょう。”911”の時のミック&キースに比べてバンドで出てくるとやはり華やかです。ちなみにミックのジョーク”“This has got to be the largest collection of old English musicians ever assembled in Madison Square Garden,” he said. “But I’ve got to say, if it rains in London, you’ve got to come and help us, OK?”

Alicia Keys
"Brand New Me"
"No One"
 ストーンズで会場の雰囲気が盛り上がって所でちょっと小休止。こんな時にはアリシアの声が心地よい・・・はずが、高音がひび割れてしまったのは会場の問題か、私の席の問題か?

The Who
"Who are You"
"Bellboy"
"Pinball Wizard"
"See Me Feel Me/Listening To You"
"Baba O'Riley"
"Tea & Theatre"
 1週間前に見たばかりですが、やっぱりいいなあ。現在進行中の”四重人格”ツアーを再現して、そして"See Me Feel Me/Listening To You"、"Baba O'Riley"と救済の歌。特にSee me, feel me, touch me, heal meの歌詞とバックのサンディの被災地区の映像は完全にシンクロしていました。Won't Get Fooled Again無しとは珍しい(あえて911の時と区別したのか?)。

Kanye West
Abbreviated versions of:
"Clique"
"Mercy"
"Power"
"Jesus Walks"
"Run This Town"
"Diamonds From Sierra Leone"
"Touch the Sky"
"Gold Digger"
"Good Life"
"Runaway"
"Stronger"
 素晴らしいステージだったとは思うのですが、ポールやストーンズやWHOを見に来ている観客とは相容れず(911のコンサートのJay-Zと全く同じ)。ただ今回カニエとアリシア・キーズがいなかったら世界中継するにも困っちゃったはずです。

Billy Joel
"Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway)"
"Movin' Out (Anthony's Song)"
"Have Yourself a Merry Little Christmas"
"New York State of Mind"
"River of Dreams"
"You May Be Right"
"Only the Good Die Young"
 スプリングスティーン&ボン・ジョビのジャージーブラザーフッドに対抗出来るニューヨーク代表はこの人。何回か、「ニューヨーク!、ニュージャージー!ロングアイランド!」って繰り返していたのが笑えます(彼はロングアイランドに住んでいる)。半引退状態でみんな心配していましたが、素晴らしい声で見事復活。是非またニューヨークで見たいものです。"River of Dreams"の途中で真夜中を越えコンサートは12.13.12コンサートに。
Owly Images


Chris Martin
"Viva la Vida"
"Losing My Religion" with Michael Stipe
"Us Against The World"
 マイケル・ステイプは全く予定外のスペシャルゲスト。それも"Losing My Religion"をやってくれるとは・・・とっても得をした気分。12時を超えてのコンサート、ビリージョエルで観客はもう燃え尽きていたのでこのアコースティックセットは良い感じでした。

Paul McCartney
"Helter Skelter"
"Let Me Roll It"
"Nineteen Hundred and Eighty Five"
"My Valentine" with Diana Krall
"Blackbird"
"Cut Me Some Slack" with Dave Grohl, Krist Novoselic and Pat Smear
"I Got a Feeling"
"Live and Let Die"
 911の時はすべりまくりだったサー・ポール・マッカートニー卿はいきなり”ヘルタースケルター”で元気に登場。”イエスタデイ”も”ヘイジュード”も無い渋いセットは火柱と花火で騒然としたLive and Let Dieで終了!

 途中で出てきたニルヴァーナ再編メンバーのステージは楽しめましたが、せっかくなんでこのメンバーのヘヴィなヘルタースケルターが聞きたかったなあ(夜中の1時にそれもきつそうですが)。

Alicia Keys/finale
"Empire State of Mind"
 ポールがステージ上で今回の被害のサポートをしているワーカー達と混じって、さあここでビリージョエルがピアノ、クラプトンが入ってボンジョビ他皆で”Let It Be"となるとそれは911と同じ。そんな予想を裏切ってピアノに座ったアリシアキーズが新たなニューヨークの聖歌とも言うべき"Empire State of Mind"でお開き。

|

« 12.12.12: 11/Paul McCartney & finale | トップページ | The Rolling Stones at PRUDENTIAL CENTER, Newark, December 13th »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/56335376

この記事へのトラックバック一覧です: "12.12.12 The Concert for Sandy Relief" Setlist and more #121212CONCERT:

« 12.12.12: 11/Paul McCartney & finale | トップページ | The Rolling Stones at PRUDENTIAL CENTER, Newark, December 13th »