2010年3月12日 (金)

AC/DC BLACK ICE JAPAN TOUR March 12th, Saitama Japan

・若干の感想は日記”アンガスは神っ!AC/DC in Japan”へ
・きしんとしたNews記事はこちら”暴走列車、巨大なベル、大砲…究極のAC/DCエンタテインメント・ショー開幕”へ

<BLACK ICE JAPAN TOUR 2010年3月12日>
Acdc011

Acdc010

1. Rock N' Roll Train /暴走/列車
2. Hell Ain't a Bad Place To Be /地獄は楽しい所だぜ
3. Back In Black/バック・イン・ブラック
4. Big Jack/爆弾ジャック
5. Dirty Deeds Done Dirt Cheap/悪事と地獄
6. Shot Down In Flames/ショット・ダウン
7. Thunderstruck/サンダーストラック
8. Black Ice /悪魔の氷
9. The Jack /ジャック
10. Hells Bells / 地獄の鐘の音
11. Shoot to Thrill/スリルに一撃
12. War Machine/戦闘マシーン
13. High Voltage /ハイ・ヴォルテージ
14. You Shook Me All Night Long / 狂った夜
15. T.N.T. / T.N.T.
16. Whole Lotta Rosie /ホール・ロッタ・ロジー
17. Let There Be Rock/ロック魂

Encore
18. Highway To Hell/地獄のハイウェイ
19. For Those About To Rock (We Salute You) /悪魔の招待状

続きを読む "AC/DC BLACK ICE JAPAN TOUR March 12th, Saitama Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

All Star Jam "Train Kept A Rollin'"Jeff Beck Jimmy Page Ronnie Wood Metallica

 前々からご紹介したかったビデオ。本年4月4日にクリーブランドの”ロックの殿堂”にて行われた今年の殿堂入りイベントの模様からですが、大体デビュー25年位が目安ですが今年の殿堂入りがメタリカ(紹介フリー)、ジェフベック(ジミー・ペイジ)、RUN DMC(エミネム)など等。で、毎年最後に行われるジェムセッションですが、今年はそのメタリカ+フリー+ベック+ペイジに加えてジョー・ペリー&ロン・ウッドという超豪華メンツ。ジェームス・ヘットフィールドが「こりゃリズムギタープレイヤー天国だぜっ」等と言っていますが、さもありなん。で、このメンバーならばやっぱり曲は”Train Kept A Rollin'”

Vocals:James Hetfield.
Lead Guitar: Joe Perry/ Jeff Beck/ Kirk Hammett
Rhythem Guitar: James Hetfield / Jimmy Page/ Ron Wood
Bass: Rob Trujillo/ Flea/ Jason Newsted
Drums: Lars Ulrich

ジェフベック+ジミー・ペイジのセッションはこちらに入れておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

Foo Fighters, Jimmy Page and John Paul Jones

先週末6月7日のロンドン・ウェンブリースタジアムでのフーファイターズ/Foo Fightersのコンサートにゲストでジミーページとジョン・ポール・ジョーンズが飛び入りして「Rock and Roll」「Ramble On」を演奏しました。ぐちゃくちゃな映像ですがもうYouTubeにはかなり映像がupされていますのでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

Van Halen in Cox Arena, San Diego

12/01/2007
Vh008Vh009

Line500_1

Vh003Vh002

Line500_1

Vh004Vh005

Line500_1

11/27/2007追加:
 今回の話題はなんと言っても22年ぶりにデイブ・リー・ロスのヴォーカル復帰。

 でもある意味もっと凄いのはベースにエディの息子・若干16歳のウォルフギャング・ヴァン・ヘイレン。そのへんにいそうなただのころころ高校生なんですが、ベースは完璧。あのヴァン・ヘイレンらしい”クリアな爆音”をエディ親父&アレックスおじきと叩き出していました。

喉頭がんを克服したものの、酒が祟ってぼろぼろだったエディはほぼ完調。前半は苦しそうな感じもありましたが、後半はトレードマークのにこにこ演奏。何よりも最初から最後まで上半身裸で回復をアピールしていました。アレックスは相変わらずの酔いどれおやじ風。

 ”二度と兄弟なんとは組まない”と言っていたダイアモンド・デイブですが、今回は兄弟どころか完全にヴァン・ヘイレン一家の中のただ一人。どうかなあ~と思ってみていましたが結構楽しそう(?)。08年もツアー続行とのことなので今の所うまくやっているようです。サミー時代のVHは優秀なロック・バンドという感じですが、デイブが入るとなんだか破天荒なパーティバンド。エンタテイメントということでは過去に2回見たサミー時代&1回見たゲイリー時代を遥かに凌ぎます。

Set listは続きにありますが完全な第一期VH onlyで、二期、三期は黒歴史・・・

*ちなみにサミー・ヘイガー&マイケル・アンソニーのバンドThe Waboもツアー中。ゲイリー・シェローンはヌーノとExtremeを復活させるそうですが・・・・

11/25/2007-コンサート当日11:50PM
只今戻りました。未だ耳がキンキン鳴って良く聞き取れません・・・・・とりあえずとれたてほやほやの写真を一枚。明日以降、写真を久しぶりに沢山載せますのでお楽しみに。

Vh001

続きを読む "Van Halen in Cox Arena, San Diego"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月27日 (木)

Van Halen Kicks Off US Tour Tonight!

 ついに後10数時間後とせまった新生ヴァン・ヘイレンのUSツアーのキック・オフ(ノース・カロライナのシャーロッテでスタート)。出来が非常に気になりますが、さてさて?私は11月に見に行く予定です。

再結成記者会見の模様:
いきなりデイブがエディとハグして見せる所が泣かせる(笑わせる?)ところ。「過去4ヶ月でその前20年分の練習をしたぜっ!」というデイブの発言に期待したい所。

リハーサルの模様がこのところ出回っています。この調子ならOK?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

Boz Burrell 1946-2006

Boz元キング・クリムゾン、元バッド・カンパニーのベーシスト・ボズ・バレルが9月21日にスペインの自宅で死去。当日仲間とパーティで演奏の予定だったのが、椅子に座ったとたんに倒れたとの事で、死因は心臓発作と見られています。享年60歳。

私にとってはやっぱりクリムゾンというよりバドカンのベーシスト。今年ポール・ロジャースの雄姿を見たばかりだったので、元気かななどと思っていました。また名バイ・プレイヤーが去ってしまいました。合掌。

続きにバドカン時代の貴重なビデオ、二本あります。

続きを読む "Boz Burrell 1946-2006"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

Eddie Van Halen “Rise”

舌癌からの復帰を果たし、サミーヘイガーを迎えてヴァン・ヘイレンを復活させツアーを行った(2004年)ものの、今一うまく行かず(かなり空席が目立ったとか)沈黙しているエディー・ヴァン・ヘイレン。アルコールの悪癖も復活したとか、離婚したとか聞いていましたが、今年なってからなんとアダルト映画“Sacred Sin”の音楽を担当したとかで(それどころか、自宅を撮影のために貸したとか・・・)、う~む。その映画のサントラのビデオがこの“Rise”です。一応ソロプロジェクトも進んでいるらしいのですが、どうなりますか


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

Aerosmith and Motley Crue in Pittsburgh, September 9th

9月10日追記:続きにset list入れました&ジョーのお誕生日スペシャル写真大追加はこちらをご覧下さい。

先ほど遂に9月5日から開始されたエアロスミス&モトリークルーのジョイント・ツアー“Route of All Evil Tour”の2日目?3日目?のピッツバーグ・ポスト・ガゼット・パビリオンより帰宅しました!セットリスト等はこちら。まずは取れたての写真速報です。

Motley Crue
Mc879Mc846
Bkline
Mc836Mc929

Bkline
Aerosmith
Aero1074Aero938
Bkline
Aero1046Aero1002

続きを読む "Aerosmith and Motley Crue in Pittsburgh, September 9th"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

Aerosmith and Motley Crue “Route of All Evil Tour”

Aerocrew

スティーブン・タイラーの喉、ジョーイ・クレイマーの腕と負傷者続出で中断していたエアロスミスの北米ツアー(昨年11月のコンサートの模様はこちら)が遂に9月7日のコネチカット・ハートフォード公演から再開。それもなんとモトリー・クルーとのジョイント・ツアーでその名も“Route of All Evil Tour”。これは楽しみです。今の所下記(続き)の日程が明らかになっていますが、近々追加も発表になる模様。ピッツバーグにも是非!

続きを読む "Aerosmith and Motley Crue “Route of All Evil Tour”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

Guns n' Roses@ Hammerstein Ballroom May 14th, 2006

5月18日大量追記:旅行中に書き溜めた感想TEXT UPしました。が、そこに入ってきた”最終日にイジーがゲスト参加・3曲も一緒に演奏”のニュース(+キッドロックも)。うわ~それは見たかった。尚、スキッド・ロウが前座で、イジーの実質脱退コンサートになってしまったGuns LA 1991年の思い出ばなしはこちら

照明の落ちたのが午後10時50分、オーラス「パラダイス・シティ」が紙吹雪の中で終演したのが、午前1時10分★。いや~、我侭アクセル、40過ぎて尚、ロックンロール的アティテュード健在(写真はセバスチャンバックとのデュエットによるMy Michelle)。
Gnr004

今回の復帰に関しても、もはや“過去のバンド”、“スラッシュ、ダフ、イジー無しはガンズじゃない”、という声が多かった訳ですが、前座“Bullet For My Valentine”が終わって2時間、待ちに待たされた状態★★で客電が落ち、バリライトの嵐の中で“Welcome To The Jungle”のイントロがかき鳴らされ、アクセルの咆哮が聞こえてきて興奮しない訳はありません。

今回の会場のHammerstein Ballroomは、3年半前にバケットヘッド・ガンズの最後のコンサートとなったマジソン・スクエア・ガーデンのすぐそば、シティセンターというところの中。キャパシティは3000人。一階はオールスタンディング、横のバルコニーはレコード会社エクゼクティブ風とモデル風の美女たち。そして二階席は早いもの順(私の席はここ)。ヨーロッパでのフェス、ストーンズの前座等を前にしたライブ・リハーサル(アクセルはほんとにそう言った)。おそらくは“復活”ガンズをメディア・興行関係者に見せるためのお披露目(プロモーション用のビデオ・フォト撮りしたはず)。でも4日間は売り切れ。オーディエンスもキッズという感じではまるでなく、年齢高め。昔のツアーのTシャツを引っ張り出してきた感じの人ばかり(かくいう私も、2002年MSGで買ってそれ以来着る機会のなかった新品Tを引っ張り出してきた-写真は今回のNY公演用スペシャルT)。
Gnr008

続きを読む "Guns n' Roses@ Hammerstein Ballroom May 14th, 2006"

| | コメント (7) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧