2009年11月 3日 (火)

U2 Bruce Springsteen & Patti Smith- Because The Night-10/30/09- MSG, NY

 一度でいいから見てみたかった・・・・・パティ・スミスが「ビコーズ・ザ・ナイト」をそのその曲を書いたブルース・スプリングスティーンとデュエットする光景。その夢がかなったばかりかバックバンドはU2。U2&ミック・ジャガーの競演がニュースになっていますが、個人的にはこちらの方がインパクトあり。最初が全然合わない(パティ・スミスがおおとちりで歌いだしを間違う)のもご愛嬌。ブルース&ボノと並んでひけをとらないパティ・スミスの存在感。これぞ本物の夢の競演(パティ&ミックの「ギミーシェルターも見てみたかった気もしますが)。

この映像に関する日記はこちら:「USAのんびり亭」日記 音楽漬けの週末+(その1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U2, Mick Jagger & Fergie - Gimme Shelter - 10/30/09 - MSG, NY

この映像に関する日記はこちら:「USAのんびり亭」日記 音楽漬けの週末+(その1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

U2 at the Rose Bowl

この映像に関する日記はこちら:「USAのんびり亭」日記 音楽漬けの週末+(その1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

Santana - Soul Sacrifice (Woodstock 1969)

8月15日は勿論終戦記念日なのですが、同時に1969年にWoodstockフェスティバルがスタートした日でもあります。

 遅れてきたジェネレーションとしては、勿論高校生の頃に「ウッドストック」の映画を見に行って追体験しましたが(飯田橋の佳作座かギンレイホールのどちらか?)、ミュージックビデオのない時代の高校生にはこうして動くミュージシャンを見る機会はまれで新鮮な体験でした。

 有名なジミヘン、何故かヤングが出てくる前だけだったCSN、熱狂的なスライ、あまり出来は良くなかったと思われるThe Who(ワイト島とかと比べての話ですよ)等も印象的ですが、個人的に一番スゲーっと単純に思ったのは下のサンタナのステージ。今のグラミー賞に輝くソフトでメローなラテンオヤジのサンタナと違って、20代の彼は噛み付きそうな勢いで弾きまくっています。必見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

Van Halen Kicks Off US Tour Tonight!

 ついに後10数時間後とせまった新生ヴァン・ヘイレンのUSツアーのキック・オフ(ノース・カロライナのシャーロッテでスタート)。出来が非常に気になりますが、さてさて?私は11月に見に行く予定です。

再結成記者会見の模様:
いきなりデイブがエディとハグして見せる所が泣かせる(笑わせる?)ところ。「過去4ヶ月でその前20年分の練習をしたぜっ!」というデイブの発言に期待したい所。

リハーサルの模様がこのところ出回っています。この調子ならOK?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

Pete Townshend with David Gilmour “Give Blood”

豪華共演シリーズで探していたのがこれ。昔々TVで見て記憶に残っていたのですが、ザ・フーの解散時期にピート・タウンゼントが、ピンク・フロイドのデビット・ギルモア(ギター)や鉄人・サイモン・フィリップス(ドラム)を迎えて行っていた個人名義ライブの映像。泣きのギターは封印して渋く決めるギルモア、そして雷神の如くのサイモン・フィリップス(軽井沢で”超人ベック”と組んで暴れる姿はこちら)。かっこいいなあ。

この模様は“Pete Townshend's Deep End Live!”としてアルバムも残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

Elton John & The Who "Pinball Wizard"

エアロスミス+モトリー・クルーで幕を開けた私の秋のコンサート・シーズン。たった10日のうちにストーンズ、クラプトンとエルトン・ジョンを見にいくぞ、ザ・フーも追加日程が楽しみと思っていたら・・・・仕事でエルトン行けなくなり、ザ・フーは地元での予定無し・・・・・ダブル・ショック。ここは気を取り直してエルトン+ザ・フーの共演による映画「Tommy」から「ピンボールの魔術師」をご紹介。

これはザ・フーのロック・オペラ「Tommy」をケン・ラッセル監督が映画化したもので、主役Tommyには、勿論ロジャーが、そしてジャック・ニコルソンやアン・マーガレットという俳優たちにクラプトンやティナ・ターナー(アシッド・クイーン!)等が色を添えます。特にこの映画の公開された頃人気絶頂だったエルトンがザ・フーと共演するこの曲はヒットしました。この斬新な映像はのちのMTVにも影響を与えたと言われています。ピートのギター&キース・ムーンのドラム破壊も見る事が出来ます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

Eddie Van Halen “Rise”

舌癌からの復帰を果たし、サミーヘイガーを迎えてヴァン・ヘイレンを復活させツアーを行った(2004年)ものの、今一うまく行かず(かなり空席が目立ったとか)沈黙しているエディー・ヴァン・ヘイレン。アルコールの悪癖も復活したとか、離婚したとか聞いていましたが、今年なってからなんとアダルト映画“Sacred Sin”の音楽を担当したとかで(それどころか、自宅を撮影のために貸したとか・・・)、う~む。その映画のサントラのビデオがこの“Rise”です。一応ソロプロジェクトも進んでいるらしいのですが、どうなりますか


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

The Rolling Stones with Axl Rose & Izzy Stradlin

ZEP&エアロスミスジミー・ペイジ&エアロスミスエアロスミス&GNR等の共演を追っかけているうちに出てきました、ストーンズ&アクセル/イジーの1990年の共演映像。この前年ロスアンゼルスで復活ストーンズの前座を務めて以来の付き合いですが(最初にミックが”LAで会って以来・・・”と説明)、この日アクセル&イジーがストーンズのペイパービューのゲストとして登場しています。曲は"Salt of the Earth"(キースが最初を歌う)”、しっ、渋い(でもカッコ良い)選曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

Guns N' Roses & Aerosmith in Paris 1992

エアロスミスの映像を調べていたら出てまいりました1992年のGuns N' Rosesのパリ・ライブ。この日はアメリカに向けてPay Per View(お金を払って一番組・イベントだけを見る)イベントだった為に、ゲスト多数でレニー・クラビッツとかが出てきましたが、ゲストのトリはスティーブン・タイラー&ジョー・ペリーでMama Kin & Train Kept A Rollin'(ジェフ・ベックは当日どたキャン)。

当時もうアメリカに住んでいた私は結構高い金額(多分$25位だったと記憶。当時のガンズ&メタリカツアーのチケットが$30-40の時代です)を払って、興奮して見た記憶があります。ヴィデオもとりましたが、今はどこに。今、こうしてネットで見れるとは有り難いものです。

続きを読む "Guns N' Roses & Aerosmith in Paris 1992"

| | コメント (0) | トラックバック (0)