« アカデミー賞予測 I | Main | アカデミー賞予測 II »

February 03, 2005

Guns N' Roses 1991

GNRこのブログに良くお越し頂いているyumiko-98さんのブログ「洋楽フリークス」に影響を受けましてガンズンローゼスの思い出等をしばし。

80年代LAメタルにちょっと距離を感じていた私には正統的ブルース基盤のハードロックバンド・ガンズは80年代~90年代前半最も聞き込んだバンド。そんな我が生ガンズ体験は91年9月。それもガンズの地元ロスアンゼルスのコンサートの殿堂・フォーラム。

この時期は7月に「タミネーター2」が公開されMTVでは「You Could Be Mine」がかかりまくり、9月に「ユーズ・ユア・イリュージョン I&II 」が発売されるという直前。アルバム発売前にもかかわらず、スキッド・ロウを前座に5月頃から開始されたツアーは各地で売り切れ。それにも関わらず7月頭にはセントルイスでアクセルが途中で引っ込んじゃって暴動が起きるというまさにある意味ガンズやり放題の頂点の時期。

スキッド・ロウの素晴らしいステージ(こちらも「スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド」発売直後で最高の時期。ビースティの「ファイト・フォー・ユア・ライト(Licensed to Ill)」が大音響で鳴り響きそこに「ズドーン」という感じでギターが絡むというオープニングはまじ鳥肌もんでした)の後、待たされること1時間半(途中会場にいる派手目のおねーちゃんを暇なのでオーディエンスが「脱げ、脱げ」コールで脱がして遊ぶ)、待ちに待たされたコンサートは「Right Next Door to Hell」で開幕。いきなり観客沸点。アリーナは海の様に客がうねってる。スラッシュ・イジー・ダフに当時新加入のマーットソーラムのドラムがかみ合ってタイト・かつぶ厚い音。その音の壁に後押しされたアクセルが絶好調で客席に突っ込んで行きそうな勢い。うそか本気か途中裏に引っ込むそぶりをして見せたり(暴動の事を知ってるオーディエンスがぎゃーぎゃー叫ぶ)しての完璧な観客コントロール。全メンバーがとにかくステージ上を疾走するような2時間半以上の音の爆撃。最後の方はオーディエンスの方が皆、騒ぎすぎ、歌いすぎ、酸欠でぱくぱくしているような凄まじいもの。

アンコールはニューアルバムからの新曲という事で「Don’t Cry」と「November Rain」。特に後者は初めて聞きながら「これはガンズの“天国への階段”になるかも」と聞き惚れていた記憶があります。トドメの2ndアンコール「Paradise City」が終了した時には時計は深夜1時近く。

この時にLA公演は北米ツアーの最終、すなわち地元打ち上げ(最終日は3時間以上やったとか)。で、このツアーを最後にイジーがガンズを脱退する事になった為に、ある意味ではさよならコンサート的な意味合いもあったのでしょうか。イジーを失ったガンズはこの後、「Use Your Illusion I&II」からの曲のヴァラエティも増え、バックコーラス等を入れて華やかにスタジアムバンドになって行ったが、この時のような「シンプルな激しさ」は失われて行った気がします。

翌年の「フレディ・マーキュリー追悼コンサート」「ガンズ/メタリカツアー」、そして「2002年のMSGコンサート」のお話は近日。

関連記事
・ガンズ・アンド・ローゼズ、新たにSanctuary Music Groupと契約

« アカデミー賞予測 I | Main | アカデミー賞予測 II »

「ロスアンゼルス」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Ramblerさんこんにちわ!BBSありがとうございます。おお、、なんて懐かしい・・ガンズ・・なんだか甘酸っぱい青春の香りがすでにする私です(笑)やっぱり今後たとえブチ復帰が続いたとしても私の中ではもう彼らは終わってしまってる状態ですね。2年前のMTVの画像を見て愕然としてしまった・・見なければよかったとまで思いました。あの時のすばらしかった時代を封印して、ゼッペリンみたいに潔く伝説のバンドになってもらいたいと思う私です。

どうも、こんばんは。
さっそくのGUNSネタ、ありがとうございますっ。

本日は大阪でVELVET REVOLVER(VR)のライブがあり、初めて生SLASH,DUFFを間近で観てきました。VR自体カッコイイ、ライブ映えするアルバムを作っていたので、期待していたのですが、GUNSの曲では"IT'S SO EASY","MR.BROWNSTONE","USED TO LOVE HER"と3曲も!プレイ、VO.のSCOTTのAXLモノマネもかなり冴えていて(笑)、+α楽しめたライブでした(興奮覚めやらず・・・)。

 ところで、'91のGUNS、勢いが一番あって、メンバー的にもIZZYとMATTがかぶっているなんて、最高な時じゃないですかぁ!しかも地元のライブということで、オーディエンスのAXLから2時間半以上の音の爆撃を受けたら3日は仕事にならないでしょう、しかし!受けてみたい・・・。AXLがいなきゃGUNSじゃないって言う人はたくさんいるんですが、私はIZZYがいなきゃ、ほんまのGUNSのSLASHじゃない!って思っているくらい、IZZYのサイドギターは素晴らしいと思っています。

 VRのライブ、確かに楽しめましたが、体中の血が逆流するほどの興奮というのは、多分IZZYとAXLがいないと体験できない、つまりは、もう夢の話というかんじです。。。あ、これは言っちゃあいけませんね。
 SKIDSもセバスチャンが・・・、あ、これも禁句ですね。

 つくづく、リアルタイムに生で伝説を体験したnyramblerさんが羨ましいです。。。

Tomokoさん、ようこそいらっしゃいました。お待ちしておりました(笑)。確かにガンズに関しては伝説として封印してしまいたい気持ちとまだ生乾きな気持ちが交錯しますね~。でもyumiko-98さんのヴェルヴェット・リヴォルバーのレポ読むと血が騒ぐのも事実。アクセルはジョン・ボンジョビやシェリルクロウ、松田聖子と同じ年ですもんね。もう一花咲かせて欲しいなあ。ガンズ名義でなくていいから。

yumiko-98さん、お忙しい中のコメント、トラックバック、ありがとうございます。確かにイジーってステージ上では常に冷静にバランスを取っていたガンズの要(&優秀なソングライター)だったんですね。その上にパンクなダフと波の大きなスラッシュが走り回っていたんだなあと今更ながらに思う次第。

等と冷静に書いていますが、いや~ヴェルヴェット・リヴォルバーのレポ読むと血が騒ぎます。私も久々に熱いコンサートに行ってみたい!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/2791843

Listed below are links to weblogs that reference Guns N' Roses 1991:

» 【LIVE REPORT】VELVET REVOLVER in OSAKA [洋楽フリークス]
 17:30でさっさと仕事を切り上げ、ZEPP OSAKAに一直線!ということで、先ほどのセットリストに続き、詳細をREPORTします。長文です。  予想通り... [Read More]

» USE YOUR ILLUSIONS [iN-phase,Horyの部屋]
今回取り上げるのは、名実共に世界に轟くGUNS 'N ROSESのUSE YOUR ILLUSION I & II。APPTIE FOR DESTRUCTIONの伝説的な大成功の後、ミニアルバムGNR LIESを経てのバンド通算セカンドアルバム。発売当初は2枚組みとい...... [Read More]

« アカデミー賞予測 I | Main | アカデミー賞予測 II »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ