« 花のカリフォルニア II | Main | USA発Music News 3 »

February 16, 2005

グラミー賞遅報

日曜の夜はグラミー賞、だったですが外出していた私が戻った時には半分が過ぎていたので以下、番組を半分見た上での感想。詳細に関してはトラックバックを頂いたTAKさんのブログ「三十路過ぎのロック談義 -My favorite albums -」の「47th Grammy Award : 今年のパフォーマンスは超保存版!」にちょ~詳しい内容がありますので是非ご覧下さい。

正直レイ・チャールズ追悼色が色濃く出すぎでなんだかな、というのが正直な気持ち。8部門で受賞した「Genius Loves Company」も良いアルバムでしたが、結局は企画物で総花アルバム。偉大なミュージシャンへの追悼はわかりますが、昨年ならばやはりUsherかGreen Dayという「旬」のアーチストにあげなきゃ(この2つのライブは流石)。流石はメタリカではなくジェスロ・タルに「ベストハードロックグループ」をあげたグラミー(長い事、メタル・ハードロックファンの間でジョークのネタでした)。

で、総花と言えばやっぱり津波被災者チャリティ・オールスターによるビートルズナンバー「Across the Universe」。これはVelvet Revolverの演奏(+Alison Kraussがヴァイオリン)。その上にヴォーカルとしてBono, Stevie Wonder, Billie Joe Armstrong(Green Day), Alicia Keys, Norah Jones, Brian Wilson, Scott Weiland、Tim McGraw そしてSteven Tylerがメドレーで歌うという豪華版。歌詞もオリジナルの「Nothing gonna change my world(何も私の世界を変える事は出来ない)」という内省的な歌詞を「Something gonna change the world(世界を変える事が出来るものがある)」という風にポジティブなメッセージに変えたもの。でも、しかし、やっぱり、これがオールスターの弱みと言うか、4番打者ばかりの野球チームというか、盛り上がりに欠ける出来でした。残念。

個人的にはビートルズのインド傾斜の責任者ラビ・シャンカールの娘・ノーラ・ジョーンズはどんな気持ちで歌ったんだろうとか、スラッシュとスティーブンタイラーの絡み(昔ガンズのパリ・ライブにスティーブンとジョーがゲストで出た)、スーツにネクタイのダフにやっぱりこのメンバーだと浮いてるぞ、ウェイランド(笑)とかに気をとられていたのも事実ですが。

驚いたのはジャニス・ジョプリン(今、伝記映画企画が2本進行中・一本はPink、一本がレニー・ゼルウィガー)のトリビュートに出てきたメリッサ・エスリッジ。乳癌の治療中という事で坊主頭にはびっくりしましたが(シンニード?)、その熱唱は素晴らしいものでしたが、これもトリビュート。

というかな~り後ろ向きだった今年のグラミー、この10年で最低の視聴率だったそうな。

« 花のカリフォルニア II | Main | USA発Music News 3 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

グラミーのジャニス・ジョプリンのトリビュートすごい迫力で感動しました。
2人ともCD聴いてみたい。そのためには名前を調べないと。
今年のグラミーは、これが見れただけで満足です。

よっちゃんさん、
お忙しい中のお越し、ありがとうございます。グラミーでのジャニス・トリビュートは
Joss StoneとMelissa Etheridgeの二人。次の音楽ニュースでHPもご紹介します。Joss Stoneは新進気鋭。Melissa Etheridgeはもう大御所の域かな。二人のライブ、素晴らしかったけど、やっぱりジャニスが聞きたくなりました。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/2961050

Listed below are links to weblogs that reference グラミー賞遅報:

« 花のカリフォルニア II | Main | USA発Music News 3 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ