« USA発Music News 3 | Main | インディアナポリス・モーター・スピードウェイ »

February 20, 2005

アンディ・ウォーホール美術館

Warhol

ニューヨークではクリストがアートであるかどうか?等が話題になっていますが、ニューヨーク・モダンアートといえばこの人・アンディ・ウォーホール。そのウォーホールの故郷・ピッツバーグの「アンディ・ウォーホール美術館/The Andy Warhol Museum」に久方ぶりに行ってきました。

このミュージアムはピッツバーグ・ダウンタウンにあり、彼の作品、シルクスクリーン、ドローイング、映像作品群、関係者(キースヘリングやバスキア)達の作品約3000点が納めらおり、見所十分。毛沢東、エルビス、ジャッキー(ケネディ)、マリリン、そしてキャンベル・スープとウォーホール作品が一度にこれだけ見れるのはここだけ。ただ・・・写真を見ていただいて頂ければ判るとおり、建物が普通のダウンタウンのオフィスビルで、ぜんぜんPOPじゃないのが不満(笑)。

LoveYouLive私にとってのアンディ・ウォーホールとは、POPアートの旗手というより、ストーンズ(「スティッキー・フィンガース」、そして「Love You Live」)やベルベットアンダーグラウンドのアルバム・ジャケットのデザイナー、そして「悪魔のはらわた」とか「処女の生血(今回、日本語ポスターが展示してあり懐かしかった)」とかの70年代のへんてこホラー映画の製作者(実際には何もしておらず、名前を貸しただけだそうな)のイメージが強かった。その後アート・デザイン、そしてPOPカルチャーの事を深く齧るようになって初めてその60年代に果たした役割の偉大さを知った次第。

ただ今でも「アーティスト」としてより「ニューヨークのPOPカルチャーワールドに君臨した帝王、メディアの寵児」としての存在が大きかったと思うので、ちょっとひなびたピッツバーグで作品に触れるよりもやはりニューヨークで見たかったというのはちょっと贅沢な悩み。

thewarholちなみにこの美術館のWebサイトでは「あなたも作れるウォーホール・シルクスクリーン」の企画があってこれが楽しい(右がサンプル)。美術館の中でも土日にFactory(もちろん、NYにあった彼のスタジオ名にちなんでます)と称して実際に作品作りに取り組んだりウォーホール好きが集まっておしゃべりをしたりのコーナーあり。定期的にパフォーマンス等もひらかれてます。

The Andy Warhol Museum
117 Sandusky Street, Pittsburgh, Pennsylvania 15212-5890 USA
Telephone: 412.237.8300 Fax: 412.237.8340
Sunday -- 10:00am - 5:00pm
Monday -- Closed
Tuesday -- 10:00am - 5:00pm
Wednesday -- 10:00am - 5:00pm
Thursday -- 10:00am - 5:00pm
Friday -- 10:00am - 10:00pm
Saturday -- 10:00am - 5:00pm

Adults -- $10
Senior citizens (55+) -- $7
Students with valid ID -- $6
Children (children 3 - 18) -- $6
Members of the Carnegie Museums of Pittsburgh - Free
Fridays -- 5:00pm - 10:00pm Half-Price as part of the special Good Fridays program.

« USA発Music News 3 | Main | インディアナポリス・モーター・スピードウェイ »

「ピッツバーグ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

アンディ・ウォーホール美術館に興味があったので、詳しい情報ありがとうございます。3000点の作品があるって、すごいですね。
あらためてYAHOO MAPで見て、NYから結構遠いことに気づきました。

SUPER DEALERさん、コメントありがとうございます。音楽関係に比べてアート関連へのレスポンスが弱く、残念に思っていましたので嬉しく思っております。

ピッツバーグは飛行機で1時間半、アムトラック&グレイハウンドだと寄り道が多くて10時間かかってしまうのが難点ですね。

great submit, very informative. I'm wondering why the other experts of this sector don't notice this. You must proceed your writing. I'm confident, you have a huge readers' base already!

Ңabe mal auсh solche Aufsatz geschrieben սnd weiss enorm darueber, eventuеll koennte ich auch mal was fuer eսch schrеiben. Weisѕ aber niсht ob das erdenklich ist.

I have been exploring for a little bit for any high-quality articles or weblog posts on this sort of house . Exploring in Yahoo I ultimately stumbled upon this website. Reading this info So i'm glad to express that I've a very excellent uncanny feeling I found out exactly what I needed. I so much without a doubt will make sure to don?t put out of your mind this website and provides it a look on a constant basis.

Thank you for the good writeup. It in fact was a amusement account it. Look advanced to far added agreeable from you! However, how can we communicate?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/3008147

Listed below are links to weblogs that reference アンディ・ウォーホール美術館:

« USA発Music News 3 | Main | インディアナポリス・モーター・スピードウェイ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ