« アンディ・ウォーホール美術館 | Main | アカデミー賞予測III 総まとめ編 »

February 21, 2005

インディアナポリス・モーター・スピードウェイ

IndySpeedWay3本日はデイトナ500(アメリカでは無茶苦茶人気の高いオートレース・NASCARの今期第1戦)の日、素晴らしい天気のフロリダからお伝えします・・・と書きたいのだが、何と本日は冷たい小雨交じりのインディアナポリス・モーター・スピードウェイからの日記です。

日本ではF1人気の方が高いので、F1アメリカグランプリの開催地(今年は6月19日)と言った方が良いこのスピードウェイは何と1906年(日露戦争の頃です)にテストコースとして作られ、1911年に最初の「インディアナポリス500マイルレース」が開催されたという、興味のない人には全く関係の無い、でもモータスポーツに興味がある人には聖地みたいな所(「“レース”の世界の首都」というのがコースのキャッチフレーズ)。

IndySpeedWay5月に開催される500マイルレース(今年は決勝が5月29日)は1周2.5マイル(4km)のオーバルコース(楕円型のレースコース)を200周、合計500マイル(約800km)を最高速度400km/hを吹っ飛ばすという豪快なもの。その長い歴史と伝統、観客数40万人、賞金総額約10億というスケールはル・マン24時間、F1のモナコGPと並んで世界三大レースの一つに数えられているとの事。5月の開催時には全米から観客が集まり、無料ライブが開催される一種の巨大なお祭り。

IndySpeedWay2レース場の内部には“Hall of Fame Museum”というコースとレース、レーサーにまつわる博物館(写真)があり、小さいながらも1911年当時のレースカー等も展示されている。でもレースのある時にくればもっともっと楽しいでしょうね。F1の方はチケットがまだあるらしいので密かに狙っております

« アンディ・ウォーホール美術館 | Main | アカデミー賞予測III 総まとめ編 »

「インディアナポリス」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

こちらでも、こんにちは。ここは、ずっと訪れてみたい場所のひとつでした。もちろん、INDY 500のシーズンに。その昔、アメリカン・レースCARTで活躍していたレーサーに、マリオ・アンドレッティという人がいるのですが、ここで彼の走りを見るのが夢でした。その夢が実現する前に彼は引退してしまったのですが…。日本での生中継がなくなってしまったので、レース自体も見なくなって久しいです。懐かしいなぁ。。

★mayuminさん、こちらへもありがとうございます。インディアナポリス、誰からもコメント、TBなく寂しく思っておりました。感謝です!

マリオ・アンドレッティ、写真がどかんと記念館の中に飾ってありましたよ。いつか是非行って見て下さい。

I believe this is one of the so much vital info for me. And i'm satisfied reading your article. However want to statement on some general things, The site style is wonderful, the articles is in reality great : D. Excellent job, cheers

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/3019705

Listed below are links to weblogs that reference インディアナポリス・モーター・スピードウェイ:

« アンディ・ウォーホール美術館 | Main | アカデミー賞予測III 総まとめ編 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ