« ストロベリー・フィールズ・フォーエバー、もしくはLet It Bleed | Main | USA発Music News 5 »

March 06, 2005

NYダウンタウンの魅力満載「Hitch」

Hitchアカデミー賞も決定し、ここはヘビーなドラマではなくちょいと軽いコメディが見たいと思い軽い気持ちで行った「Hitch」。これが当たりで今年最初のDVDが出たら買おうムービー決定。

ニューヨークを舞台に”Date Doctor”という名で呼ばれる恋愛コンサルタントをしているウィル・スミス。腕は一流(オープニング3分で3人のクライアントの「仕事」を鮮やかに決める)だが、遊び半分の奴はクライアントとして取らないというポリシーの彼が、さえないクライアントの一世一代の恋愛のコンサルタントをしているうちに自分の恋愛も大混戦といういわゆるラブコメ(こちらではロマンチック・コメディ)・デートムービー。

舞台はウォールストリート近辺、チェルシー(ミートディストリクト)、ワールドファイナンシャルセンター、そしてエリス島とニューヨークダウンタウン近辺。「911」を乗り越えた元気な明るさを見せていて魅力的。他にはマジソンスクエアガーデン(ニックス戦)と回想シーンでコロムビア大学もちらり。こんなNYの魅力満載の映画は「ユー・ガット・メール
」以来じゃないでしょうか。「ユー・ガット・メール」がアッパーウエスト恋愛映画ならばこれはダウンタウン恋愛映画。この映画をみたらダウンタウンに行きたくなること請け合い。

NYには数百万も独身男女がいるのになんで運命の人に出会えないんだろう、というのは「Sex and the City」の中心テーマだったけれど、確かにNYでは
1) 仕事に忙しすぎてそれどころじゃない(主人公もヒロインも、女性セレブも太ったCPAも仕事に忙しくて相手がいない。CPA氏の場合はそれだけが原因ではないが・笑)
2) いい男はみなゲイ
3) ウォールストリートのビジネスエリートはお宅系が多く恋愛が苦手か、ジューイッシュが多くて結婚には大変
4) インターレイシャル(人種をこえた)恋愛が普通でなかなかファースト・コミュニケーションが成り立ちにくい
という事で恋愛コンサルタントの商売が成り立つ要素は十分。そんな背景をバックに主役のウィルスミスが相変わらず口八丁、手八丁で、派手なSFX無しに立派に主役が務まる事を証明しています。お勧めの一本。

PS情報
・ 日本では「最後の恋のはじめ方」とかいうタイトルがついているとか・・・
・ サントラではEarth, Wind & Fire、The O'Jays、Heavy D & The Boyz等が使われていますが、一番魅力的なのはJimmy Cliffの「You Can Get It If You Really Want」。映画の内容とマッチしてます。

« ストロベリー・フィールズ・フォーエバー、もしくはLet It Bleed | Main | USA発Music News 5 »

「ニューヨーク」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Ramblerさん、TBありがとうございます。
ホント、HITCHは面白かったですね。もう一度行きたい位です。日本ではそんなタイトルなのですか。変ですね。
わたしはUsherのYeah!が好きなのですが、映画を観て以来、iPODでYeah!を聞くたびに吹き出しそうになります。

★newyork0630さん、お越し&TBどうもありがとうございました。Hitchほんと、お勧めです。出てる人たちがジャークな人も含めて「いる、いる、こんな奴」という感じでした。

私も今度Yeah!をiPodに入れておきます(笑)

こんばんわ!
Hitch見ました!とーっても楽しかったです!
Will Smithの最後の言葉が最高にかっこよかったですね☆ところで、最初のパブのシーン(彼女に会う前の)に流れてた曲ってなんだかわかりますか?ノリノリの!たーら、たたらららーら、たらら、たたら、いやいや♪ってゆー・・・。
すっごいわかりずらくてごめんなさい・・。

★naoさん、こんにちは。はじめまして。
で、、、、曲なんですが、すみません。お詫びにサントラの内容を書いておきます。是非ご参考下さい。
1. Amerie “1 Thing”
2. John Legend "Don't You Worry 'Bout A Thing"
3. Earth, Wind & Fire featuring Kelly Rowland and Sleepy Brown "This Is How I Feel"
4. Mark Ronson featuring Ghostface Killah, Nate Dogg, Trife Da God and Saigon "Ooh Wee"
5. Heavy D & The Boyz "Now That We Found Love"
6. Meleni Smith "Happy"
7. The O'Jays "Love Train"
8. The Temptations "I Can't Get Next To You"
9. Jimmy Cliff “You Can Get It If You Really Want”
10. Martha Reeves & The Vandellas "It's Easy To Fall In Love *(With A Guy Like You)"
11. Earth, Wind & Fire "Reasons"
12. Omarion "Never Gonna Let You Go (She's A Keepa)
13. Kevin Lyttle "Turn Me On (Low Tide Remix)"

今日やっと見てきました。

ある意味予想内、
ある意味予想外な映画でした。

お洒落で、スタイリッシュな映画というより、
カッコ悪さがカッコイイと言いたくなった映画でした。

★Blueさん、お越しありがとうございます。
最近なかなかそちらへも遊びにいけず申し訳ありません。

Hitch、なるほど、なるほど。通常のハリウッド映画が描くニューヨークは確かにもっとカッコよかったり、その裏返しでどろんどろんしているのですが、この映画は本当にニューヨークを良く知っている人の書いたシナリオだと思いました(地に足がついている感じ・Sex and the Cityのニューヨークと繋がっている感覚)。

こちらではDVDが発売です。またじっくり見てみようと思っています。

Very nice blog post. I definitely appreciate this site. Keep it up!

Unquestionably believe that which you stated. Your favorite justification appeared to be on the net the simplest thing to be aware of. I say to you, I definitely get annoyed while people consider worries that they just do not know about. You managed to hit the nail upon the top and also defined out the whole thing without having side effect , people can take a signal. Will probably be back to get more. Thanks

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/3193097

Listed below are links to weblogs that reference NYダウンタウンの魅力満載「Hitch」:

» NYが舞台のHITCH(ヒッチ) [アッパーウエスト発 ワンダフルライフinニューヨーク]
ニューヨークを舞台としたウィル・スミス主演のロマンチック・コメディ映画“ HITCH ”を観ました。 Will Smith扮するアレックス・ヒッチ(HIT... [Read More]

» 『最後の恋のはじめ方』 [ラムの大通り]
------『最後の恋のはじめ方』ってソニー・ピクチャーズの映画だよね。 メジャーにしては、また珍しい邦題の付け方だ。 「うん。原題は『HITCH』=ヒッチ、人... [Read More]

« ストロベリー・フィールズ・フォーエバー、もしくはLet It Bleed | Main | USA発Music News 5 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ