« Shall We Dance?アメリカを行く | Main | USA発Music News 6 »

March 15, 2005

ニューヨーク本の決定版「生にゅー!」

namaNYニューヨークについての本は山ほどあれど、私の選ぶ決定版は「生にゅー!・生でリアルなニューヨーク通信」。インターネットの普及、特にブログの登場で誰もが音楽、映画、そしてニューヨークの専門家のふりが出来るのですが(お前がその最たるもんと言われそう)、やっぱりプロとアマの仕事の差と言うものは歴然と存在しています。ニューヨーク関連本もアマの人が書いた体験記が多いのですが、そんな中、やっぱりプロの仕事っ!と唸らされるのがこの一冊。

作者の黒部エリさんは元々「週間現代」や今はなき「Hot Dog Press」で連載を持っていたライターさんで、同時に青山えりか名義で少女小説(ジュニア小説)を30数冊書きまくっていた(累計部数はたぶん250万〜300万冊くらいだそうな)本物のプロ。93年から現在に至るまでニューヨーク生活(私と被ってたじゃん)との事で、凄くリアル&視点が鋭くてやっぱりプロは違うなあと思うことしきり。

ご本人は絶対に覚えていないと思いますが、私がまだ一度もアメリカに来る前にご本人と数回お目にかかりました。LA行きが決まっていた私に「LAじゃつまらん。NYが良い。NYならば遊びに行く」とおっしゃっていたのは一生忘れません(笑)。言うならば私のNYの師匠(?)。NY時代が被っていたにも関わらずお目にかかれなかったのが、残念ですが、次回続編が出たら今回はNY紀伊国屋までサインをもらいに行きますので宜しくお願いします。

ホームページもいつも読んでいたのですが、この所、更新がなく寂しく思っていたら、最近ご本人によるブログ「黒部エリぞうのNY通信」が始まりました。これもやっぱり流石の出来ですので是非是非ご覧下さいませ(右の写真をクリックするとそのままとびます)。今一番NYの空気を伝えてくれるブログです。

KurobeErizou目次:
INTRODUCTION
トレンド分析チェケラッチョ
◎イカす日本語ブーム
◎お色気ヒルトン・シスターズ
◎噂のアトキンズ・ダイエットで大減量!
◎和のこころが生む盆栽メイク
◎激突! おっぱいフラッシュとお尻シェイク
◎本物のサイキックか? 噂のデヴィッド・ブレイン
◎世界のまずいもの大賞 なんちゃってジャパニーズ
◎いま民芸調がイン? 人気のマリタイム・ホテル
◎都会に増加中。メトロセクシャルな男ってなんだ?
◎日本とアメリカでここまで違うネイル事情
◎マイウェイをつらぬく不屈のヴィーガン道
◎どこでもナマステ 大ブームのヨガにケツのり!

アメリカ生活サバイバル道場
◎急患に運び込まれて12時間 悶絶!ニューヨーク闘病記
◎世界をゆるがすアイロン問題
◎ブレードヘアで鏡獅子の巻
◎実録! わが家にあったサダム・フセインの置き時計
◎壮絶! ニコレットガムで禁煙大作戦
◎ニッポンの心、ジベタリアン
◎ぜんぜん「つかみ」がオッケーじゃない世界の認識力
◎アホでマヌケなアメリカンおやじギャグ
◎ベールを被ったシロガネーゼ
◎立ち食い好きのニューヨーカー
◎アメリカ人気質ってやつは……

恋愛サドンデス
◎ニューヨークに潜むアジ専男のワナ
◎コミットメント・フォビア男にご用心
◎ロンドンの美少年と、ニューヨークの短パン青年
◎ロリコン好きの日本男子ってどうよ?
◎エッチの出会い系サイトが大人気 その実態とは?
◎日本人ギャルはモテる説は、本当か?
◎日本人男子は海外でどのくらいモテるのか?
◎フェロモン磁石ギャルの男運
◎オンライン長距離恋愛の結末は?

どすこいグルメ
◎うまいワカモーレといえば、ドス・カミノスどす!
◎押し合いへしあいの店内でアジアを満喫できるキン・カオ
◎勝負デートはここで決める Bストリート
◎アメリカンな郷愁の味 メアリーズ・フィッシュ・キャンプ
◎クラフトでぼくもわたしもドウイット・ヨアセルフ!
◎大仏さまの前でナンパできるタオ
◎アートな若造たちが集まるプラネット・タイランド
◎66でセレブに大接近!
◎バースデイをするなら、ローズ・オブ・インディアで
あとがき

« Shall We Dance?アメリカを行く | Main | USA発Music News 6 »

「ニューヨーク」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

こんにちは、黒部です。
本とブログの紹介をしていただいて、ありがとうございますー! こんなに大々的にしてもらって恐縮です(ぺこぺこぺこ)
ところで私、「LAではなくてNYにしてくれ」なんてこといったんですかー? なんなんだ、そのバガヤロな発言は(笑)
いやー、失敬なヤツですいません。
しかしプロフィールを読んでも、ブログを読んでも、いまだにランブリーノさんの正体がわからず、気になってたまりません。こうなったら、次回にNYにいらっしゃる時に会うってことでどうでしょう。ぜひぜひ再会をお待ちしております。ではではまた。

★おおっ、師匠みずからお越し頂きましてありがとうございます。15年前の発言ですが、、「LAではなくてNYにしてくれ」ではなく、「NYだったら遊びに行く」だったと思います(笑)。

私の正体は、、表紙の写真、わんちゃんが足の下にあるのは言わずと知れたイエローキャブだと思いますが、私にはポルシェに見えました(続)。

Hi,Ramblino-san.
Sorry for writing in Einglish.
My Japanese word processor does'nt work in this box.
I assume you are working in the printing industry, right? I am trying to remember where we had met before.
anyway I am looking forward to seeng you, hopefuly soon in New York.
Best,

私もエリさんのBlogにはまってしまった一人です。もともとはRamblerさんが紹介してくださって(猫のいるホテル)しょっちゅうおじゃましています!
NYのBlogって色々あるけど、読み応えがあるエリさんのは、また新鮮でいいですよね。
(どことは言わないけど、ネットアイドル狙ってるの?みたいな、自分の顔写真ばっかりバンバンでてくる目障りなBlogもありますが・・)

私もエッセーよりの大人なBlogが好みなので、今後も楽しみにしてます♪
素敵なサイトを紹介してくださったRamblerさんに感謝!です。

★エリさん、Tomokoさん、どうもお越し頂きましてありがとうございます。

最近ブログ巡回人と化している私ですが、文章の上手さではやっぱりエリさんが一番。早くパソコントラブルから早く復帰して下さいませ。

Tomokoさん、それは○ば○○とかいう人のブログですか(笑)。

Ramblerさん

(^-^;) そのとーーり!!さすがでございます。
どうも好きになれないですね(きっぱり)
ある意味HPって自己満足になるのは
あたりまえだけど、
プラス、ああ自己顕示欲を前面に出されると、
ひいちゃいます。まじで。

★Tomokoさん
やっぱり。付き合い長くなってきてTomokoさんが嫌いなものが判るようになってきました(笑)。あれはやりすぎです、はい。

さすがはRambler父さん(爆)ありがとうございます~

そうそう、私のBlogで、Kissネタ書きました。
激カワイイ話題なのでみてやってください。
http://jupimars.exblog.jp/

★Tomokoさん、

なあんとまあ、偶然。私はそのKISSで御馴染みのデトロイトにいたんですよ。さすが父さん(笑)。

最近こちらにいらして頂いているkingdowさんも同じ広告でにやりとされていたようです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/3307098

Listed below are links to weblogs that reference ニューヨーク本の決定版「生にゅー!」:

» メトロセクシャル洗濯機 [soft focus fruit]
洗濯機が壊れた。気分的にかなりダメージを受ける。 中身が片寄っている時、修正す [Read More]

« Shall We Dance?アメリカを行く | Main | USA発Music News 6 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ