« 暗い魅力:バットマン・ビギンズ | Main | Live8、Up-Date »

June 22, 2005

ミュージック・バトン0621現在

  昨日から本日未明にかけてミュージック・バトンの波が私のいるペンシルバニアの山中にまで押し寄せているので思わず参加(Thanks Tomokoさん!)。ただチェーンメイルはどんなにポジティブでも参加しないようにしておりますので、興味のある方・触発された方へお勧めだけで直接勧誘はしないでおきます。それでは行きます:

その1:今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
1606曲、6.35GB。私のiPodは40GBなのでまだ15%しか使ってません。日本の倉庫に眠るCDを持って来たいのですが。

その2:今聴いている曲
Comfortably Numb by Pink Ployd
Live 8に出演が決まった事に触発された訳ではなく、Shuffleの偶然です。次にガンズがかかるかダイアナ・クラークがかかるかは判りません。アルバム「The Wall」からのこの曲はフロイドのライブの最大の山場。

その3:最後に買ったCD
Joe Cooker「Heart & Soul
joecockerRod Stewartと並ぶBlue Eyed Soulの大御所のカバーアルバム。他人の曲ばかりでつまらんと昔は敬遠していましたが、最近聞きなおしております。ハードなもんが苦手なかみさんと車の中で一緒にかけられる(笑)。ここではU2の「One」、マービンゲイの「What’s Going On」、ポール・マッカートニー「Maybe I’m Amazed」、ジョン・レノン「Jealous Guy」、REMの「Everybody Hurts」等の名曲を歌っています。後はジョー・ペリーのソロアルバム「Joe Perry」、ロバート・プラント「Mighty Stranger」、エイミー・マン「The Forgotten Arm」もほぼ一緒に買いました。

その4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
iPodを買ってまだ半年くらいですが、10回以上聞いている曲・各アーティスト一曲限定を基準にして選んだ19曲・アーティストのリスト作成(下に書いておきます)。その中から思い入れを加味して5曲を選びますと

zep11.  「Dancing Days」 by Led Zeppelin, アルバム 「How The West Was Won」より
  発売2年を経過しても尚、現時点で未だ私の「無人島の一枚」であるZeppelinの3枚組ライブから。好きな曲は一杯ありますが、「カシミール」「アキレス」「天国」ではなく比較的マイナーなこの曲がTop。ボンゾの太鼓を中心にベース、ギターが生み出す「うねり」、天下無比。

2.  「Honky Tonk Women (Live) 」 by The Rolling Stones 、アルバム「Live Licks」より
  最新コンサートも楽しみなストーンズの現時点での最新ライブから。この曲はシェリル・クロウ共演ですが、私の声も収録されています(これが収録されたマジソンスクエアのライブに行ってました)。

3.  「Won't Get Fooled Again」 by The Who, アルバム「The Ultimate Collection」より
  で、そのZepもStonesもガンズもエアロも敵わない最強のライブバンド・ザ・フーの代表曲。破壊力、切れ味最高の逸品。

4.  「Nobody Does It Better」 by Carly Simon, アルバム「Carly Simon Anthology」より
  セリーヌ・ディオン、マライヤ・キャリーが苦手な私の一番好きな女性ボーカルはこの人。「You are so vain」とか「Let The River Run」とか色々好きな曲はありますが、この「007」の主題歌を一番回数多く聞いています。声質最高。

kellyclarkson5.  「Breakaway 」 by Kelly Clarkson
  上の4曲は70年代色が過ぎるのでバランスで(笑)。ご存知アメリカン・アイドル出身者の一番出世。最近の曲では一番良く聞いています。この曲も「Princess Diary 2(日本は「プリティ・プリンセス2」かな)」の主題歌。

参考までに
「Black And Blue」 by Van Halen, from "The Best Of Both World"
「Black Cat」 by Janet Jackson, from "Design Of A Decade: 1986-1996"
「Breakaway」 by Kelly Clarkson, from "Breakaway(download"
「Dancing Days」 by Led Zeppelin, from "How The West Was Won"
「Dr. Feelgood」 by Mötley Crüe, from "Red, White & Crüe"
「Free Bird 」 by Lynyrd Skynyrd , from "Millienumium Collection"
「Here For The Party」 by Gretchen Wilson, from "Now 17"
「Heroes」 by David Bowie, from "Changesbowie"
「Honky Tonk Women (Live)」 by The Rolling Stones, from "Live Licks"
「I Don't Want To Miss A Thing」 by Aerosmith, from "O, Yeah! Ultimate Aerosmith Hits"
「Lady」 by Lenny Kravitz, from "Now That's What I Call Music! Vol. 18"
「Most High」 by Page & Plant, from "Walking into Clarksdale"
「Nobody Does It Better」 by Carly Simon, from "Carly Simon Anthology"
「Piano Man」 by Billy Joel , from "Greatest Hits Vol. 1"
「Sympathy For The Devil」 by Guns N' Roses , from "Greatest Hits"
「Thunderstruck」 by AC/DC, from "AC/DC"
「Vertigo」 by U2, from "Vertigo(download)"
「Won't Get Fooled Again」 by The Who, from "The Ultimate Collection"
「1985」 by Bowling For Soup, from "Now 17"

ううむ、良く聞いているつもりのノラ・ジョーンズやダイアン・クレールといった落ち着いた傾向はこうして見ると入ってこなくて、まるで高校時代みたいな展開。

« 暗い魅力:バットマン・ビギンズ | Main | Live8、Up-Date »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

おお!Ramnlerさん、さすがー。
濃い濃い内容、バトンをお渡しした甲斐あり、
たのしませていただきました。

それにしても、Ramblerさんの音楽容量が6Gとは意外でした。
てっきりテラ単位かと思ってました(^-^;)
でも、外付けのHDDだと安心してダウンロードできるので、
是非持ちCD全部ダウンロードしてみて、どのぐらいになるか
おしえてくださいね。

Joe Cookerは、嗄れ声がかっこいくて好きです。
奥様と二人で聞くなんてさすがRamblerさんご夫婦!


お久しぶりデス。
私もTomokoさんからのBatonを受け継ぎましたよ~
(TB、Thanxデス♪私のんもTBっと。)

さすが、Ramblerさん、選りすぐりの5曲はしぶい選曲だぁ~
・・・と、しかし。
「19曲」の中には確かに80年代HRの香りがする曲がちらほら。
Yumiko的にちょっと嬉しかったりして。

それにしても、もうすぐ生で「Dr. Feelgood」を聴けると思うとわくわくですわ~(秋ですけど。。。)

TBありがとうございます。
Ramblerさん、王道っぽいようでちょっとずらした感じの選曲がナイスですね。私なんてふざけたリストなので恥ずかしいからトラバ返しはいたしません(笑)。

Joe Cookerのアルバム良さそうですね。「Everybody Hurts」はぜひ聞いてみたいです。あちこちのブログを見ていると欲しいアルバムがどんどん増えて困ります。金貰ってる評論家の言葉より、愛情あふれるファンの声のほうがはるかに心を動かされます。

★Tomokoさん、どうもありがとうございます。
CDの主力が日本に置きっぱなしなんでなかなか増えないのが残念。

”奥様と二人で聞くなんて・・・”
いや~音楽傾向の好みが違いすぎて妥協点を見出すのが難しい。ストーンズとU2は夫婦分チケットあるのですが、どうしようか悩んでます。ストーンズはいいけどパールジャムにはかみさんがもたない(笑)。

★yumiko-98さん、久々のお越し、ありがとうございます。

80年代の香り、気がついて頂けてさすがです。ガンズの「悪魔を憐れむ歌」が入っているのは、単純に今まで一番聞いていなかったから(反作用)。ボンジョビ、デフレパが入っていてもおかしくなかったと思うのですが。

突然ですが、フーファイターズってジョン・ポール・ジョーンズとコラボして見たり、ノーラジョーンズが出てきたりですごく70年代的だと思いませんか?

★kingdowさん、コメントありがとうございます。

実は私もプリンス殿下の曲、沢山入っているのですがどうも表が割れてしまい今回の5曲、19曲に入りませんでした。ピーター・ガブリエルが入っていないのも同様の理由(GenesisはTurn it on Againがあと少しでした)。

本日「Land of The Dead」公開!出来れば今晩見に行ってネタバレしないように今晩記事書きます。お楽しみに。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/4660187

Listed below are links to weblogs that reference ミュージック・バトン0621現在:

» ミュージックバトンのねずみ講計算 [野田工房]
ミュージックバトンは1ヵ月後には何人に届くのか?理論的に計算 [Read More]

« 暗い魅力:バットマン・ビギンズ | Main | Live8、Up-Date »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ