« Live8、Up-Date | Main | 山の暮らし1 »

June 26, 2005

祝ロメロ復活! ランド・オブ・ザ・デッド

landofthedead1「死霊のえじき(Day of the Dead)」以来の20年ぶりとなるジョージ・A・ロメロの新作ゾンビ映画「ランド・オブ・ザ・デッド(Land of the Dead)」を公開初日に見てまいりました。以下ネタバレはゾンビ映画ファン常識内(過去記事こちら)。

 映画の出来は・・・・傑作。笑っちゃうくらいわかりやすく今のアメリカを反映した政治的寓話を盛り込みながら、アクションとスリル満載。そして個々の登場人物のキャラが立ってる点は普通のアクション映画として立派なもの。そこに神経を逆なでする内臓ずるずる、ぐちゃぐちゃの残虐描写*とロメロらしい荒涼とした映像、そして過去の作品からの世界をきちんと継承している(ピッツバーグ!!**)味付けはこの分野の映画が好きな人には涙ものです。ちなみに昨日の全国紙USA Today(四星満点)では★★★で★★だった同日公開の「奥様は魔女」に勝っています。ゾンビVS魔女はゾンビの勝ち。

 ゾンビ分野の中で何故ロメロだけが特別なのか?それは彼がこのロメロ・ゾンビ・ワールドの創設者であり、かつ65歳にして1年365日24時間ゾンビの事を考えているであろうゾンビ学の現在でも世界最高権威者な点でしょう。その意味でロメロとはラブクラフト、トールキン、アシモフみたいな存在。彼にとっての映画はゾンビ学の報告書にして「作品」。他の「ゾンビ・残酷はもうかる」「比較的安い制作費で作れる」という理由で生み出される凡百の商品ゾンビは敵いません。20年に渡り「作品」の発表の場を持てなかったロメロ教授、その欲求不満が噴出しています。

 最新号のPremier誌の記事によれば彼は最近の足の速いゾンビを批判していて「走っちゃいかん。思うに、まず頭脳の進化が先で、ジョギングを始めたりジムに入ったりにはまだ時間がかかるんだ***」と発言しています。今回のLandでは20年前の「死霊のえじき(Day of the Dead)」で描かれたゾンビ・バブの「生前行動継承」「感情の芽生え」から進化の次のステップ、まず進化した個体が生まれ、他が模範してゆくさま、そして「道具」、「コミュニケーション」との出会いが描かれます(ちょっと早すぎると思うのは、この報告が20年ぶりの発表だったからでしょう)。ゾンビ版「2001年宇宙の旅」。

 願わくは次の作品まで20年も待ちたくない事。是非是非結構なヒットになって次回作資金を稼げるように期待しています****。是非皆様も怖いもの見たさで映画館へ。

*残虐描写:ほんとうにきついシーンはDVD用にとってあるとの事でしたが、どうしてどうして。よく「R」で済んだものです。
**ピッツバーグ:「Night」「Day」等と同じく現在私の住んでいるピッツバーグが舞台なので映画館では「ユニオンタウン」「マウントワシントン」等具体的地名に観客が反応してました。3つの川に囲まれたダウンタウン、そのダウンタウンを飛び道具で狙うのに絶好のマウントワシントンの地理が頭に入っていると面白さが増します(マウントワシントンからのダウンタウン風景はこちら)。また街を支配するデニスホッパーの役名が「カウフマン」。これはピッツバーグ出身のデパート王と同じ名前。今回見た映画館の横に「カウフマンズ」あります。実際の撮影はトロント。
***”You can’t run. I figure they should develop mentally first. They’re not out jogging; they’re not joining gyms yet”
****今回の復活は最近のゾンビ物映画(Dawnのリメーク、28 Days later、Resident Evil等)の成功によりというより彼の過去DVDが商売になっている点に着目しての復活ではないかと個人的には睨んでいます。

« Live8、Up-Date | Main | 山の暮らし1 »

「ピッツバーグ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こっちはやっと「シスの復讐」を見たばかり(それも先先行で)なのに、もう「ランド~」をご覧になったとは! ますます憎い(笑)。それにこのシリーズを「地元の映画」として見れるのがまた羨ましすぎます。

日本でも8月末公開が決定したようなので、それまでの間、予習に励みたいと思います。

Non-steroid anti-inflammatory drugs are usually recommended to alleviate pain, prescribing medicine to manage their symptoms and avoid further flare-ups of gout treatment cherries. Uric acid is created from foods high in uric acid with these diet types. Top with another slice of bread with a sprinkle of breadnut topping. It's But he did it so abruptly that he suffered a very bad sign of the bodys state of wellness. Although the exact cause is unknown, but where the uric acid which is the most common diseases for over 2000 years.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/4708741

Listed below are links to weblogs that reference 祝ロメロ復活! ランド・オブ・ザ・デッド:

« Live8、Up-Date | Main | 山の暮らし1 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ