« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

from New York

朝の空港は、年末をどこかでのんびりとすごそうと、もしくはクリスマスからの戻りで大混雑でしたが、先ほど、マンハッタン到着(ニューアークからバス)。ただ今、ミッドタウン・グランドセントラル・ステーション近くのスターバックスから書き込んでおります。

風は冷たいですが、日差しが柔らかく、この時期としては非常に暖かい印象です。相変わらず街には独特の緊張感があって、ああ、ニューヨークへ戻ってきたという実感がわいて来ました。機会があればどんどん更新していきます。

December 29, 2005

Music City(BlogPet)

nyramblerたちが、名誉殿堂ミュージアムもあり、カントリー&
ウエスタン、とこにカントリー&
ウエスタンが流れ、ダウンタウン・
ブロードウェイ(別名・HonkyTonkStreet)
にはライブハウスが立ち並んでいます
ライブハウスはカバーチャージ無し(別名・HonkyTonkStreet)
にはお勧めの街
と、Biancoは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

カンクーンII

beach2アメリカ国内での報道やチャリティを見ていたら「ハリケーン・カタリーナ」の方が大きく報道されていましたが、カリブ海を直撃し大打撃を与えた(気圧の低さ、最大風速78M!はこちらが上)のが「ハリケーン・ウィルマ」。

とにかくあちらこちらの屋根が吹き飛び、ホテルの窓が皆割れ、部屋の中水浸し(売り物のオーシャンヴューの部屋ほどずたずただったらしい)。おかげでガラス業と部屋の中のTVの買い替え特需が起きているそうですが、被害から2ヶ月を経過した今でも、あちらこちらで木が倒れていました。

写真は海の中に残る桟橋の残骸。何もなかったかのように水が美しいのがなんだかシュール。

December 28, 2005

ホリデイはカンクーン

beach01クリスマス休暇から戻りました。行き先はメキシコのリゾート地・カンクーン。今年のハリケーン・ウイルマの傷跡も生なましく残っていましたが、何とかこのクリスマスから一部復帰。何と言っても海の美しいこと、気候の良い事、ほとんど天国。観光客もそれほど多くなく、逆に穴場だったかも(1週間前に予約して行けるなんて通常は考えられません)。

なんといっても全てはオールインクルーシブ(食べ物、飲み物、滞在中なんでも来い!)。マヤの遺跡も私を呼んでいたのですが、結局ホテル内から出ず、ひたすら日向ぼっこ&読書&飲食い。結果、体重5ポンド増・・・

December 24, 2005

Very Merry Christmas!

Christmas2005いよいよクリスマスですが、これを機会に本格的な”のんびり”を目指し、雪の残る山の街を離れ、明日から数日間南へ逃亡致します。期間中は久方ぶりにコンピュータ、インターネットへの接続&携帯無しの暮らしをしようと思っております。のんびり亭日記映画情報音楽情報掲示板への出没等、全て停止致しますことをお許し下さい。

それでは皆さま、Very Merry Christmas!

December 22, 2005

12月8日(BlogPet)

きょうBiancoがnyramblerと場所はblogするつもりだった。
そしてニューヨークにnyramblerはニューヨークまでblogしなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

雑誌、雑誌、雑誌

timepeople出張中の楽しみはとにかく雑誌&新聞を読みまくること。この1週間でプレミア、ローリングストーン(x2)、Time、Bussiness Week、People、Entertainment Weekly、そしてUSA Today, New York Timesと読んでいて、今なら政治から芸能ネタまでなんでもござれ状態。

ちなみにTIME誌の選んだ「今年の人(達)」は、ボノ(U2)とビル&メリンダ・ゲイツの3人。貧困等の社会問題に対する活動が評価されての選定です。

December 21, 2005

南の島とニューヨーク

クリスマスの休みを目前にして出張続きで身体がぼろぼろ。休みはゆっくりしていたいなあ・・・などと考えていたのですが、気を取り直して急にクリスマスは南の島(正しくは海岸ですが)に、新年はニューヨークに行くことに決めました。さあて、目標が出来たらまた頑張ってはたらかなくちゃ・・・(悪循環)。

December 20, 2005

映画「ザ・ファミリー・ストーン」

thefamilystone4土曜日に見た2本の内、「ザ・ファミリー・ストーン」はニューヨーク郊外の町に住む両親とその5人の子供たちのストーン一家に、がちがちのニューヨーク女性=サラ・ジェシカ・パーカーが飛び込んでくる事によって、静かなクリスマスがぶち壊しになるコメディ&ファミリー・ドラマ。爆笑しながらホロリとさせるクリスマス向けの映画です。

アメリカ人にとってはクリスマスがいかに大切な物なのかが良くわかります。お勧めの一本。詳しくはこちら

December 19, 2005

ピッツバーグのツリー

tree1ニューヨークにはかないませんが、ピッツバーグにもダウンタウンの中心、通称グラスタワーの前に立派なクリスマスツリー&スケートリンクがオープンしています。

無茶苦茶な寒さが続きますが、みんななんだか楽しそう。

December 18, 2005

キング・コングとニューヨーク

king_kong2本日は映画2本連続。見てきたのは「キング・コング」と「ザ・ファミリーストーン」。前者はニューヨークの美女に魅せられた田舎の野獣が転落する話。後者はニューヨークの美女が田舎で自爆する話。前者で目をうるうるさせ、後者でちょっと涙が・・・

特に前者はCGで再現された1933年のニューヨークが圧巻で、当時から世界の都だったことが良くわかります。

Continue reading "キング・コングとニューヨーク" »

December 17, 2005

Blue Sky

sky米国東地区は猛烈な寒さ。こんな時期の出張は最悪で、毎年必ず数回の2~3時間遅れ+最低1回程度の予期しない場所での泊まりになります。今回もピッツバーグ空港が雪の為、出発が大幅に遅れなんと飛行機にお湯をかけて(正しくは不凍結液体)、何とか出発。

でも雲を抜けるとそこは青い空とサンシャイン。久方ぶりに青い空を見たらなんだかジ~ンとしてしまいました。

December 15, 2005

8回目の追加公演・ビリー・ジョエル

billyjoel8th1なんと・・・8回目のマジソンスクエアガーデン公演、決定。今年U2が5回(6回?)、ポールが4回だった事を考えると凄いなあ。2003年にはMSGのステージ上でひっくり返った経歴があるのでちょっとだけ心配(薬物過剰摂取が原因でした)。

3年前、ブルーススプリングスティーンが地元ジャイアンツスタジアムで10回という偉業を成し遂げましたが、LAはドジャースタジアムの1回だけだったと記憶しています。ボン・ジョビもNJ以外ではスタジアムは使わないし(2006年初夏にボンジョビ@ジャイアンツスタジム打ち上げ公演、予定されている模様)。やはり地元は特別。

ロックフェラーセンター・ツリー点灯(BlogPet)

こないだ、nyramblerが
GalleriaatPittsburghMills近所のモンロービルタパスに比べ、新しいのと映画館が中に付いている事が嬉しい典型的なアメリカ郊外タパス。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

Music City

nashvilleご存知Nashvilleは音楽の街。

街のいたるとこにカントリー&ウエスタンが流れ、ダウンタウン・ブロードウェイ(別名・Honky Tonk Street)にはライブハウスが立ち並んでいます。ライブハウスはカバーチャージ無し(ドリンクのみ)、深夜2時まで営業がほとんど。無料ダンスレッスンをしてくれる所等もあり、カントリー&ウエスタン、ブルーグラス等が好きな人にはお勧めの街(カントリーミュージックの名誉殿堂ミュージアムもあり)。

街のおちらこちらにギターの形のオブジェが飾られています。

December 13, 2005

6回目の追加公演・ビリー・ジョエル

billyjoel6th111月19日の記事「ビリー・ジョエル復活」でお伝えした時は1回だけだったニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデン公演。その後好評に付き追加に告ぐ追加で、先週末ついに6回目のコンサート・チケット発売。

彼の音楽で構成されたミュージカル「Movin'n Out」のブロードウェイ公演は12月11日で幕を下ろしましたが、来年は本人が活躍してくれそうです。遂に我慢しきれず、私も2月にNYへ行きますっ!関連記事こちら

Shadyside

shadyside雪が休止の合間を縫って、シャディサイドのウォールナットアヴェニューへお買い物。ここはブランド物や、雑貨屋等が並ぶちょいとお洒落な通り。でもホリデイシーズンの日曜の午後だというのに、人影まばら(フットボールをやっていたのが最大の理由と思いますが)。

この写真の頃は雪もあがっていい感じだったのですが、この後、目の前が見えなくなるような大雪に見舞われ、帰りの道は時速20マイルで家までのろのろ運転。途中で一回転する車を見てしまいました。皆様、雪道の運転にはご注意を。

December 12, 2005

祝1周年、のんびり亭日記

snow1211自我自賛は気恥ずかしいものですが、お蔭様を持ちましてこの「USAのんびり亭」日記がこの12月11日で1周年を迎えました。昔から日記が続いたためしがなかった私が1年続けました、ぱちぱちぱち。でも、これもいつも読んで頂いている皆様のおかげです。どうもありがとうございます。
(写真は今日の午後のピッツバーグ・1周年を祝して大雪になりました・・・)

Continue reading "祝1周年、のんびり亭日記" »

December 11, 2005

ノースカロライナのツリー

Cir旅の間の楽しみは色々な空港を見ること。この季節はそれぞれ趣向をこらしたクリスマスツリーが見れることが、楽しみ。ピッツバーグから南に約1時間のノースキャロライナのシャーロッテの空港のツリー。赤い箱は子供たちにプレゼント用のドネーション(寄付)用の箱。

ただ柔らかな陽光とあいまって、なんとなくクリスマス気分にならないのは何故?

December 10, 2005

カリフォルニアの夜明け

SDボンジョビの余韻も冷めぬまま、年末の旅へ。カリフォルニアにはほんの少しだけ、それもほとんどサンシャインを拝めぬままの短い滞在。空港での夜明けが美しい。ほんとにピッツバーグと同じ国?(前日シカゴでは飛行機暴走、死傷事故発生)。

December 08, 2005

12月8日

GergeJohn12月8日、ジョン・レノンの死から25年。

日本にいた頃は遠い世界で起きた出来事のように感じていましたが、ニューヨークに引っ越した時、最寄の救急病院がルーズベルト病院(ジョンが運び込まれ、亡くなった場所)だった事もあり、12月8日が急にリアルに感じられました。

Continue reading "12月8日" »

マドンナ&ケイト・ブッシュ(BlogPet)

きょうは、ミネソタで活躍された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

December 07, 2005

ボン・ジョビ@ピッツバーグ

bonjovi2まだエアロスミス&レニークラヴィッツから10日しかたっていないのに今度は、ボン・ジョビ。全24曲2時間のコンサートはとってもエンタテイメント。実は同年代ですがまだまだ皆、元気。速報Photo3枚はこちらをご覧くださいませ。Set List等は追って書きます。

December 06, 2005

マドンナ&ケイト・ブッシュ

madonna1この所、愛聴しているのがマドンナのニューアルバム「Confessions on a Dance Floor」とケイト・ブッシュの12年ぶりのニューアルバム「Aerial」。まったくタイプの違う英米の女性ヴォーカルですが、ケイト・ブッシュは1958年7月30日英国ケントのベクスリーヒース、マドンナは1958年8月16日、米国ミシガン州ベイシティ生まれの17日違い。47歳同士、お互いに子持ちになって落ち着いてもまだまだ音楽の最前線で活躍中。

Continue reading "マドンナ&ケイト・ブッシュ" »

December 05, 2005

A Day In The Life

mills1もうこのネタで日記を書くのは後ろ向きなので、そろそろやめにしたいのですが、朝起きてみるとやはり雪が・・・とほほ。

で、これも毎度ですが毎週恒例のピッツバーグ・スティーラーズ戦を、今回はいつもの店・バッファロー・ブルースではなく、北上してGalleria at Pittsburgh Millsというモールの中にあるLucky Strikeというスポーツバーへ観戦に。

Continue reading "A Day In The Life" »

December 04, 2005

イビザ・タパス&ワインバー

Ibiza極寒のピッツバーグ。どうしても家の中に篭りがちになります。でも、こんな時こそ寒さに負けず、たまにはちょいとお洒落なレストランに行きたいっ!という事で気力を振り絞って行って来たのが、Ibiza Tapas & Wine Barというお店。今年の6月13日にオープンしたばかりのバーミンガム・ブリッジの南にあるスペイン料理&ワイン・バー。

Continue reading "イビザ・タパス&ワインバー" »

December 02, 2005

雪やこんこん

snow1202昨日もちらちらしていましたが、一夜明けると、白い朝。もう今年、4回目?5回目?今年の冬も長く厳しそうです。

ロックフェラーセンター・ツリー点灯

Tree2001TV・新聞報道で、もうご存知と思いますが、昨日30日にニューヨークのロックフェラーセンターのクリスマスツリーが点灯されました。毎日その前を通って歩いて自宅まで帰っていた日々は遠い昔。点灯式の時は交通規制があって帰るのに不便でした。そしてこの日からは5番街をまっすぐ歩くのは不可能なほどの人ごみが始まります。

右はその頃、4年前・2001年に撮った写真です(丁度ジョージ・ハリスンのなくなった11月29日に撮影)。今年のツリーの素晴らしい写真は、よっちゃんさんのブログ「ABC249★ニューヨーク・スローライフ」にありますので、是非比較してみてくださいませ。

December 01, 2005

ジョージ・ハリスン、4周忌

GH001ジョージ・ハリスンがLAで逝去したのが、2001年11月29日午後1時30分-私の住んでいたNYでは午後4時30-日本時間30日午前6時30分。早いものでもう4年。9月11日からまだ3ヶ月たっていなかったNew Yorkに、何か追い討ちをかけるような出来事でした(関連記事はこちら)。

今年のポールストーンズクラプトン等の同年代の人たちの活躍を見るにつけ、やはりあまりにも早すぎた死だったとしか思えません。

”All Things Must Pass”、故に日々を大切に生きなくては。合掌。

« November 2005 | Main | January 2006 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ