« ワシントンDCの桜 | Main | マドンナ、ツアー日程発表 »

April 03, 2006

さくら

海外で長く暮らしていると、ないものねだりなのかも知れませんが、日本の良いところにひきつけられます。昨年、一時帰国したときに、新幹線から富士山を見上げた時の気持ち、先般のWBCの日本代表に感じた気持ち、ニューヨークで鰻を食べた時の気持ち(笑)。今回のワシントンDCの桜はその意味では、何だか本当に素敵な気持ちで一杯。多くのアメリカ人達が花見に繰り出し、桜の美しさを愛でている風景は素直に気持ちの良いものでした。

日露戦争終了後、そして第一次世界大戦前という事で日米関係が歴史上最も友好的だった時代1912年から1917年当時に日本から送られた3000本の桜(最初に送られた桜は検疫でひっかかり処分。これにめげずに再度送りなおされたもの。詳しくはこちら”ワシントン桜物語”)。90年近くたって、美しく花を咲かせているその姿。遠く異国にあっても凛として生きて行きたいものです(本日、すごくまじめモード)。

Dc004


« ワシントンDCの桜 | Main | マドンナ、ツアー日程発表 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/9425351

Listed below are links to weblogs that reference さくら:

« ワシントンDCの桜 | Main | マドンナ、ツアー日程発表 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ