« June 2006 | Main | August 2006 »

July 27, 2006

マンハッタンでのんびりと(BlogPet)

今日、Biancoが、Biancoが、マンハッタンで大きいベッドフォードから見た夏の昼下がりをBLOGしなかった
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

ユニクロ・SOHO

Ny0719_3
ニューヨーク・SOHOにこの秋開店の「ユニクロ」の看板。かな~り、目立っています。

July 24, 2006

グラウンド・ゼロ

Ny0719_2
本当に久しぶりに足を運んだWTC跡地・通称”グラウンド・ゼロ”の夏。

July 23, 2006

マンハッタンでのんびりと

Ny0719
ブルックリン・ベッドフォードから見た夏の昼下がりのマンハッタン。

July 22, 2006

マドンナとボン・ジョビ

マドンナとボン・ジョビ。違ったジャンルのアーティストながらも共に1980年代から20年以上を駆け抜け、今40代。走り続けている人は老けないという偉大なる見本。あやからなくっちゃ。

マドンナは18日に準地元ニューヨーク(ほんとはデトロイトですが”I LOVE NEW YORK”と宣言しているので”準”)で、ボン・ジョビは19日に地元ニュージャージーで見てきました。マドンナについてはこちら(写真10枚以上あり)
Madonna0001

ボン・ジョビはこちら(只今3枚だけですが近日10枚以上に増やします)。
Bonjovi0002

July 20, 2006

NBC Today Show(BlogPet)

こないだ、nyramblerが
FRIDAYおSEPT.29
7:00a.m.JanetJackson
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

July 16, 2006

プラダを着た悪魔

Dwp220_2最近見た映画で一番面白かったのは「パイレーツ・オブ・カリビアン」・・・ではなく、この「プラダを来た悪魔」。21世紀版「ワーキングガール」的な内容ですが、詳しくは別館”映画情報”の方でまとめましたのでご覧下さい。

こちら”日記”では”ニューヨーク”の部分をクローズアップ。

個人的な事に触れますと、この“「USAのんびり亭」日記”は、2002年に出来た私がトピ主を勤めさせて頂いているYahoo掲示板「マンハッタンでのんびりと」から派生したブログ。何故わざわざトピのタイトルに“のんびりと”とつけたかというとそれは普通のマンハッタンでの生活がまるでのんびりしておらず、特に仕事に関しては“殺伐”としていたからで、せめてプライヴェートに関しては“のんびり”したいからと願いを込めたものなのです。

この”プラダを着た悪魔”で描かれるマンガチックな“残酷物語”は決して絵空事ではなくニューヨークの現実。でもそこを勝ち抜けばゴージャスな「Sex and The City」な30-40代ライフ(のはず)。ニューヨーク好き、ニューヨークで働いて見たい、暮らして見たい人にお勧めの”ニューヨークな映画”です。

July 15, 2006

Syd Barrett 1946-2006

先週ピンク・フロイド創始者シド・バレットの死が公表されました(亡くなったのは7/7日・イギリス・ケンブリッジにて・長年わずらっていた糖尿病の関連によるものと思われる)。私がピンク・フロイドを知った時には、とっくにいなくなっていた彼ですが、やはり彼こそがその”土台”を築いた人。合掌。詳しくは別館”The Remains The Same"にて(動画あります)。

July 14, 2006

TouTube Rocks

9月13日追記:いつの間にか、下記”ZIDANE”が無くなっていましたので、追加しましてこちらをどうぞ。尚ブッシュ大統領がU2の「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」を歌っている映像はこちらをご覧下さい。

最近YouTubeにはまっています。

とっくにご存知の方が多いと思いますが、これはインターネットにビデオをUp-load出来るサイトで、現在7000万人が毎日ビデオを見て、60000本の新しいビデオがアップロードされているとか(最新号のRolling Stone Magazineの受け売り)。とにかく世界中から色々な言語のニュースや音楽クリップ、ペット癒し系のビデオ、そして笑えるビデオが集まっています。個人の撮ったビデオが世界中の100万人の人に見てもらえるなんていう事も可能な訳で、さながら世界中継放送局の様相。新しいメディアの誕生を感じさせてくれます。

勿論玉石混交&著作権的に問題のあるものも多いのですが、私のようなクラシック・ロックファンには貴重な映像が多いので、ナビゲーションの意味合いも兼ねて、今後音楽別館”The Songs Remains The Same“を中心にどんどんご紹介して参ります(続きに最新映像一覧加えました)。

過去のTouTube使用例:
クロアチア戦の真実!
Guns N' Roses at Donnington

今日見つけたビデオ”ZIDANE a new way to solve problems.. do it like zidane...”

Continue reading "TouTube Rocks" »

July 12, 2006

レイク・エリでのんびりと(BlogPet)

遠くカナダ
一つなどみても海にしか見えないその眺めは圧巻(向こう岸は遠くカナダ)
コテージに泊まってのんびりとした週末を観光しなかったよ
コテージに泊まってのんびりとした週末を過ごしてのんびりとした?
週末はアメリカでコテージとかを追記しなかったの?
一つなどみても海にしか見えないその眺めは圧巻(向こう岸は遠くはアメリカでコテージとかを観光しなかったよ)
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

MLBオールスターゲーム

ご存知本日11日はMLBオースターゲームが、我が街・ピッツバーグで開催・・・・なのですが、私は出張中で不在。ありゃりゃ・・・・。26年に一度のチャンスだったのに残念。明日から値下がりするはずなのでTシャツを記念に買っておきます。
(写真は出張に向かう途中で撮った空港の床のデコレーション)

Allstar

July 10, 2006

ワールドカップ閉幕

イタリア優勝、おめでとうございます。考えてみれば1990年(自国)、1994年(アメリカ)、1998年(フランス)と3回連続PKで消えなくてはならなかった(イタリアの知人に言わせると、要は12年連続で決勝トーナメント無敗だそう)イタリアがPKで勝つとはドラマチック。個人的には準決勝のイタリアVSドイツ戦が最も面白い試合でした。

流石にアメリカでも決勝はかなり大きく報道(アメリカには勿論多くのイタリア系の人が住んでいます・フランス系コミュは比べるとやや小さな世界)されていました。しかし中身はどちらかというとジダン一色。あれ(頭突き)をやるからにはかな~りの理由があったはずでこのあたりは今後もめるかも。

July 09, 2006

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

Potc_dc_27日から公開されていますが、アメリカで爆発的なヒット。中身はディズニーランドの“カリブの海賊”。謎を求めての冒険、アクション、ロマンスてんこ盛り。ただのお子様向けになっていないのは、やはりジェニーディップの怪演のせいでしょう。でもなんとなく「スターウォーズ」に似てきたと思うのは私だけでしょうか?

詳しくはこちら

July 06, 2006

お疲れ様でした(BlogPet)

年後の南アフリカ大会での活躍を期待しています(その前の予選がまず厳しい)


ワールドカップ自体はここからが本番で面白くなりますか
前オーストラリアでスウェーデンとかを活躍しなかったの?
と、Biancoが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

July 05, 2006

独立記念日・花火

Fireworks
独立記念日はまた今年も(昨年こちら・去年の写真の方がきれいです)シンプルに自宅ベランダから花火とバーベキュー。のんびりゆっくりホリデイ(明日から仕事再開はちとつらいけど)。

July 03, 2006

スーパーマン・リターンズ

Superman1_220_2昨年の「がんばれ、ベアーズ」、「ロンゲスト・ヤード(日本公開は今年)」、今年の「オーメン」「ポセイドン(アドベンチャー)」とハリウッドはリメークばかり、それも私の中学~高校生の頃の作品の”作り直し”が沢山。

これは今の映画を作っている人が、私と同年代くらいであの頃の気に入った作品を最新技術で作り直したら商売になるぞ~と思っているに違いありません(「キング・コング」もちとそれに近かった)。

そんな中、スーパーマンも堂々の帰還、題して「スーパーマン・リターンズ(そのまんま)」。勿論現代水準にしてありますが、70年代のクリストファー・リーブ・スーパーマンに対する敬意と憧れが感じられる作品でした。詳しくはこちら。日本公開は8月だそうですがお楽しみに~

July 01, 2006

シルク・デ・ソレイユ”デリリウム”

Delirium

昔からこの”日記”をご覧の方ならばご存知の通り、私はサーカス、特に日本でも”サルティンバンコ””アレグリア”等でおなじみのカナダの”シルク・デ・ソレイユ”のファンで、ツアーの勿論、ラスベガスの「O(オー)」「KA(カー)」「ズーマニティ」、オーランドの「ヌーバ」と飛行機代を使ってみております。

残念ながらニューヨークで先日までやっていたツアー新作「コルテオ・Corteo」は見逃してしまったのですが、もう一つの新パフォーマンス「デリリアム・DELIRIUM」がピッツバーグまでやってきてくれたので、行ってまいりました。これは今までのテントを使った”サーカス”とはちと違い、アリーナクラスの会場を利用し、音楽を強調したアリーナショー。説明は難しいので是非こちらのサイトで中身をちらっとご覧下さい。スケールが大きい&映像との融合が更に進んでいてまた納得の出来でした。お近くの街に行きましたら是非(日本までは行くのでしょうか?)。米国内公演スケジュールはこちら

さてこうなると遂にラスベガスで開演した全曲ビートルズの新作サーカス「LOVE」が楽しみ。年内には見に行ってみたいものです。

« June 2006 | Main | August 2006 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ