« 追悼・ロバート・アルトマン | Main | ブラック・フライデー »

November 24, 2006

ずっしりヘヴィ「バベル」

Babel220 “バベルの塔”とは旧約聖書の『創世記』に出てくる伝説上の巨大な塔。実現不可能な天に届く塔を建設しようとして神の怒りに触れ、崩れてしまったといわれています。マンガ版の「バビル2世」を読んでいた我々の世代にはおなじみですが、Wikipediaによれば“すなわち、もともと人々は同じ1つの言葉を話していた。シンアルの野に集まった人々は、れんがとアスファルトを用いて天まで届く塔をつくってシェム(ヘブライ語、慣習で名と訳されている)を高くあげ、全地のおもてに散るのを免れようと考えた。神はこの塔を見て、言葉が同じことが原因であると考え、人々に違う言葉を話させるようにした。このため、彼らは混乱し、世界各地へ散っていった”との事で、“コミュニケーションの断絶”を描くこの映画にはこちらの方が良く似合います。

 「アモーレス・ぺロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の新作は、コミュニケーションと交通の発達によって世界はこんなにも繋がったのに、結局人は繋がっていないというヘヴィな、かつ見ごたえのある映画。今年のアカデミー賞を受賞した「クラッシュ」と同じようなテーマを扱い、同じ群像劇★のスタイルを取っている点等、いくつかの共通点を持っていますが、LA限定だった「クラッシュ」に比べ、世界の3大陸をまたぐスケールの大きさにより、より深く残酷な“壁”を見せつけられる事となります。今年のカンヌ映画祭で監督賞を受賞し、来年のアカデミー賞の穴馬(ダークホース)とも目される映画です。

続きを読む:アカデミー賞のダークホース「バベル」

« 追悼・ロバート・アルトマン | Main | ブラック・フライデー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/12840666

Listed below are links to weblogs that reference ずっしりヘヴィ「バベル」:

« 追悼・ロバート・アルトマン | Main | ブラック・フライデー »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ