« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

グレート・スティラップ・ケイ、バハマ

 最後の寄港地はバハマ国の孤島・グレート・スティラップ・ケイ。この小さな島はなんと今回利用したクルーズ会社の私物。沖に碇を下ろした船から小型船で皆、島に渡り、ビーチで遊んだりしながらバーベキュー(船内と同じ無料扱い)を食べたりしてゆったりと時間を過ごします。さて、いよいよマイアミへ戻ります。

0018

December 29, 2006

セント・トーマス(USヴァージン諸島)

 ややこしいのは、船の停泊地はセント・トーマス(USヴァージン諸島)なのですが、結局ツアーで行った先は昨日と違うセント・ジョンズ島。ここには有名な”トラック・ビーチ(上の写真2枚)”というビーチがありますが、とにかく水が綺麗&透明度高し。

0015

0016

バーのカウンターで見かけたサンタクロース。仕事明けで休暇を過ごしているようだったので声はかけませんでした。
0017

December 28, 2006

セント・ジョンズ(アンティグア)

0013

0014


December 27, 2006

プエルトリコの熱帯雨林

 クリスマスを船上でのんびり過ごした後は最初の停泊地プエルトリコの首都サンファンに到着。ベニチオ・デル・トロ、ジェニファー・ロペス&マーク・アンソニー夫妻、そして毎年恒例のプエルトリカンパレード(ニューヨーク・数年前にパレードが”崩れて”多くの暴行事件が起きた)、そして野球で有名なプエルトリコですが、ここにはアメリカ領土内では唯一と言われる熱帯雨林があるとの事で、国定カエル・”コキ”を求めてその見物に。

 一応観光地内なのでまあまあ整備されていますが、熱帯雨林の印象は「ジュラシック・パーク」。

0012

2007年アカデミー賞を探る(BlogPet)

きょうBiancoは映画もblogしたかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

December 26, 2006

クリスマス・オン・ザ・シー

 クリスマスの日は一日中海の上。過去に原子力空母に泊まった事はあるのですが(!・実話)、クルーズなど初めての私には何もかも珍しく、ばくばく食べ放題・・・(食べ物+ソフトドリンク無料。アルコール&いくつかのソフトドリンク有料)。ちょっと体重に不安が。

 クリスマスという事もありキャパシティ一杯の2700人がほぼ満杯。クルーズというとお金持ちの娯楽の印象がありますが、アメリカでは結構中級ファミリー向けの娯楽となっている模様で、子供連れ率高し。日本人はお客さん11人・スタッフは一人との事。

 海の色は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の映画シリーズで見たとおりの濃いブルー。どうかクラーケンやら、フライング・ダッチマン号には会いませんように・・・・

0011

December 25, 2006

マイアミ

遅くなりましたが、今回のマイアミ経由カリブ海クルーズ旅行のご紹介を。

12月23日に極寒のピッツバーグを脱出し、3時間飛べばそこはもう気温30度近く・湿度85%のマイアミ。朝起きてホテルの窓から眺めればこれから1週間お世話になる豪華客船が良く見えます。仕事を忘れて気分はリゾート。
0010_1


December 21, 2006

ニューヨーク、ぶらぶら歩き その2

Ny26Ny27

Line500_1

Ny014

Ny026

December 20, 2006

ニューヨーク、ぶらぶら歩き

順序もなにもばらばらですが。師走のニューヨークの点描。どこも人で一杯。

Ny024

Ny010

Line500_1

Ny011

Ny016

Line500_1

Ny019

Ny023

Line500_1

上左:パブリックライブラリーでは”EHON”展示開催中
上右:ロックフェラーセンター・スケートリンク
中左:夜のタイムズ・スクエアはいつもお祭り状態。
中右:チャイナタウンのクリスマス
下左:AOLタイムワーナーセンター・私は9日に行ったのですが、10日の夕刻には「硫黄島からの手紙」の公開イイベントでクリント・イーストウッドと渡辺謙が来ていたとか・・・それは見たかった!
下右:まわりと比べるとやや地味・ティファニー

December 19, 2006

15年ぶりの再会・コーラスライン

Ny012_1 かつてはブロードウェイを代表するミュージカルであり、「キャッツ」に抜かれるまでロングランの記録を保持していた「コーラスライン」。私も15年ほど前にロスアンゼルスで見ましたが、今回念願のブロードウェイでの再会。基本は昔と同じですが、こちらが歳を重ねた分、より楽しむ事が出来ました(+ダンス&歌の水準は上がっている)。

 ストーリーはシンプルでブロードウェイのミュージカルのコーラスライン(主役の後ろに並ぶダンサー&シンガー)のオーディションの過程をそのままミュージカル化したもの。巻頭の群舞の中から様々な出身地、年齢、人種の17人の男女がまず残り、そして17人が、最終的に仕事を得る事が出来る8人を目指してしのぎを削ります。その過程において浮かび上がるそれぞれの個性の違い、年齢、貧富、人種、そして同性・異性愛(80年代にはこれだけでインパクトがあった)等の差。この中で最後に誰が残るのでしょうか。そしてこんなにも個性の違うメンバーが“一つ(ONE)”になれるのでしょうか。

 80年代にこのミュージカルが登場したときは、そのまるで飾り気のない舞台(大掛かりな装置無し・しいてあげれば鏡くらい?)、社会的な問題を反映した内容が話題だった事を良く覚えています。ニューヨークではなく、LAで宿願を果たし遂に見たときはそのダンスと歌に圧倒され、そして“誰が勝ち残るのか”という興味で楽しむ事が出来ましたが、インタビューのシーンでの英語のしゃべりについて行けず(個性を出すために、それぞれの“訛り”を強調している)、悔しい思いをしました。今回はこちらの英語の聞き取りとそれぞれの人種に関する理解が深まっていることもあり、個性の違いを理解しながら、“一つ”の舞台を作っていく全体の構成、演出、そして出演者の個性の面白さの方にひかれました(誰が残るかは忘れていましたが、“落ち”は勿論記憶しています)。シンプルながらずしりと重く、しかし歯ごたえのある逸品。最近のブロードウェイは、映画の焼き直しと有名ミュージシャンの曲を利用したような軽い物ばかりと、お嘆きのそんなあなたにお勧めです。

 日本でも報道されていると思いますが、沖縄出身の高良結香さんという方が、コニー役で出演中。過去にも42nd Street等で日本人がそれこそ“コーラスライン”で出ていたと記憶しますが、こんなに歌って踊って演技してというクラスでの出演はまれな事だと思います。これって松坂級に凄い事なんではないでしょうか?
高良結香さん公式ブログ:http://yukatakara.jugem.jp/

December 18, 2006

Biancoが映画は公開したかったみたい(BlogPet)

Biancoが映画は公開したかったみたい。
しかしnyramblerと映画へヒットするはずだったみたい。
しかしきのう、あんも公開された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

December 13, 2006

5番街

 5thアヴェニューと57thストリートの交差点の上にはこんなに大きな雪の結晶があります(大雪が本当に降ったら落ちないんでしょうか?)。

Ny020

Ny021


December 12, 2006

カルティエVSフェンディ

Ny025

 ニューヨークの五番街のデコレーションといえば、お店をリボンで結んでしまう「カルティエ」が有名ですが、対抗するかのように「フェンディ」のお店にはベルトが・・・・

Ny022

December 11, 2006

週末ニューヨーク

Rc001 週末は9月以来のニューヨークでのんびりと。すでにクリスマス・モード全開でしたが、どこもかしこも人・人・人。しばらくの間、ニューヨークで撮りだめしてきた写真をご覧ください。

完全放置状態で(BlogPet)

きょうは公開すればよかった?


 完全放置状態で、ビアンコ頼みの荒れ果てた日記と化してしまい、誠に申し訳ございま.



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

December 10, 2006

一日遅れのストロベリー・フィールズ

Ny013
 ジョン・レノンの命日の8日にマンハッタン入りしたのですが、たどり着いたのは翌日9日の夕刻。前日は世界各国からファンが集まって”集会”をしていたそうですが、この日は花やろうそくも片付けられてさっぱりとしたいつものストロベリー・フィールズの佇まい。なんだかお祭りになってしまった8日よりもこちらの方がシンプルでいいなあ。

December 08, 2006

おもしろ映画ブログコンテスト最終審査エントリー候補にノミネートされました。

 このたび、この「USAのんびり亭」日記の別館、「USAのんびり亭」映画情報 が、映画情報サイト「シネマぴあ」の「みんなで探すシネマぴあ」おもしろ映画ブログコンテスト最終審査エントリー候補にノミネートされました。なんとなく身分不相応な気もしますが、「ぴあ」は、昔昔の「ぴあテン、もあテン、恐怖の予告編大会」に行った事があるくらい馴染みでしたので、ちょっとうれしく思います。ご支援の程、よろしくお願い致します。詳しくは下記をご覧くださいませ。

「シネマぴあ」ブログコンテスト最終審査エントリー候補ノミネート


December 06, 2006

「ボーラット」!

Borat_22011月に公開されて大ヒットしたこの映画。しかしたった1ヶ月たって考えると何であんなヒットしたかなあ?と思えるオゲレツ・コメディ。日本公開はこれからだと思いますが、日本でどう受け入れられるのでしょうか?

関連記事:「ボーラット」がやってきた。ヤグシュマシュ!

December 04, 2006

大統領をめぐる映画(BlogPet)

と、nyramblerが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Bianco」が書きました。

December 02, 2006

2007年アカデミー賞を探る

Departed1_220_1Dreamgirls220_1_1Babel220_1Queen_220_1Flagsofourfathers_220

Bkline
 12月1日は映画の日。いよいよ来年のアカデミー賞に向けての話題が盛り上がって参りました。そこでアメリカの雑誌・サイト等の予測を元に、12月1日時点のアカデミー賞の予測を、部門別6回に分けてお送り致します(そろそろ日本に出没する「アカデミー賞最有力」広告に騙されないでくださいませ)。

・「2007アカデミー賞を探る:作品賞」(2006.12.1)
・「2007アカデミー賞を探る:監督賞」(2006.12.2)
・「2007アカデミー賞を探る:主演男優賞」(2006.12.4)
・「2007アカデミー賞を探る:主演女優賞」(2006.12.5)
・「2007アカデミー賞を探る:助演女優賞」(2006.12上旬公開予定)
・「2007アカデミー賞を探る:助演男優賞」(2006.12上旬公開予定)

関連記事
・「2007年アカデミー賞を探る(9/3)
・逆転を狙って駆け込み公開される映画はこちら:2006年12月アメリカ公開映画

« November 2006 | Main | January 2007 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ