« ポール・ヴァーホーヘン「ブラック・ブック」。 | Main | 「The Return of Led Zeppelin」 »

November 29, 2007

あるスキャンダルの覚え書き(Notes on a Scandal)

Notesonascandal220 映画館で見るのも良いけれど、じっくりDVDで見るのにぴったりの作品。とにかく見所はジュディ・デンチ(恋に落ちたシェークスピア)VSケイト・ブランシェット(エリザベス)という共にエリザベス一世を演じた演技派女王様女優の激突。

 特にブランシェットは「アビエイター」でアカデミー賞の助演女優賞をとってから、「バベル」で瀕死のブラット・ピットの妻、この映画、「さらばベルリン(Good German)」そして今年はエリザベス一世に復帰の「エリザベス・ゴールデンエイジ」&なんとボブ・ディランを演じる「アイム・ナット・ゼア」と無敵状態。来年は「インディアナ・ジョーンズ」で悪役をやるらしいのですが、老ハリソン・フォードでは勝てなさそう・・・

« ポール・ヴァーホーヘン「ブラック・ブック」。 | Main | 「The Return of Led Zeppelin」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/17262756

Listed below are links to weblogs that reference あるスキャンダルの覚え書き(Notes on a Scandal):

« ポール・ヴァーホーヘン「ブラック・ブック」。 | Main | 「The Return of Led Zeppelin」 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ