« December 2009 | Main | March 2010 »

January 30, 2010

月の美しい夜でした

Moon

Continue reading "月の美しい夜でした" »

January 29, 2010

今週の週刊文春

毎週恒例ではありますが(笑)
はっきり言って、小沢一郎の件、少々飽きが来ております。ハイチの地震の件はやっぱり日本からだと興味ないのかな~
100204


Continue reading "今週の週刊文春" »

January 24, 2010

一気に更新しました

 最近、またブログの更新をさぼっていたのですが過去一週間分一気更新致しました。ご覧くださいませ。

1月17日:今年の自宅レンタルビデオ①②
1月18日:さらば、小林投手!
1月19日:頑張れ!JAL
1月21日:今週も「週間文春」
1月22日:金曜日は本屋に行こう
1月23日:今年の劇場鑑賞その②「Dr.パルナサスの鏡」
1月24日:Hope for Haiti Now/ハイチ大地震チャリティコンサート

続きに何故か豊洲方面から臨む佃方面の写真あり(1月23日撮影)

Continue reading "一気に更新しました" »

Hope for Haiti Now/ハイチ大地震チャリティコンサート

Haiti_email_2 ご存知、ハイチでは大地震の為、11万人が亡くなりまだ犠牲者が増え続けている大変な状況。アメリカでは早速映画関係者、音楽関係者に放送関係者が連携してのチャリティ番組が22日にMTV,CNN、ナショナル・ジオグラフィック等の系列とは関係のない放送局の合同番組として放送されました。司会はジョージ・クルーニー。音楽の出演はボノ、スティング、ジャスティン・ティンバーレイク、クリスティーナ・アギレラ、アリシア・キーズ、Jay Z、マドンナ等という豪華版。ダイジェストは下で見れますが、今でもYouTube等でそれぞれのアーティストは見れます。放送翌日からはこのミュージシャン達の映像がiTunes経由で購入でき、勿論その金額は全額、ハイチ支援に使われるとのことです。

Bkline_2

Continue reading "Hope for Haiti Now/ハイチ大地震チャリティコンサート" »

January 23, 2010

今年の劇場鑑賞その②「Dr.パルナサスの鏡」

スローペースではありますが、今年の劇場映画鑑賞②は「Dr.パルナサスの鏡」。詳細は近日。簡単な紹介は続きに。
Imaginarium_of_doctor_parnassus_ver


Continue reading "今年の劇場鑑賞その②「Dr.パルナサスの鏡」" »

January 22, 2010

金曜日は本屋に行こう

 仕事帰りに本屋へ。気になっていた「成功は一日で捨て去れ」柳井正(新潮社)、「映画秘宝3月号」洋泉社、「CUT2月号」ロッキングオン社を購入。一気に並列して読み始める。ううむ、「悪霊の島」が進まない・・・

Continue reading "金曜日は本屋に行こう" »

January 21, 2010

今週も「週間文春」

 今週こそはゆっくりと思ったのに・・・・結局もばたばた(とは言いつつも水曜日はニューヨーク時代の旧友たちと一杯やったのですが)。楽しみはこれだけ・・・・
100128

Continue reading "今週も「週間文春」" »

January 19, 2010

頑張れ!JAL

 JALが事実上の倒産。これは私のようにちょこちょこ海外へ行っている人間には非常にインパクトのあるニュース。一昨年はJALの当たり年でかなり利用し、サファイアクラスなるものをGETしたのですが、昨年は一転して一度も利用せず。噂に聞くとビジネスクラス以上はまだしも、エコノミークラスのサービスの低下は著しいとのこと。かつての栄光の残滓を知るものには諸行無常の響きあり、という所でしょうか。ただ、これって長年に渡って政治家、特に自民党に食い物にされて無茶な地方空港に便を飛ばさざるをえなかったりしたつけが廻ってきたことが大きいはず。

 あの「911」の時、ニューヨークで「飛行機に乗せろっ」「いったいいつ飛ぶんだっ」「私はJALの幹部をしっているっ」等と空港でグラウンドホステスの女性たちに罵声をあびせ、酷い人は女性の襟元を掴んで詰め寄った人たちが出たことを聞きました。あの混乱の中でだれかれもなくNYの事務所で軽食と新聞を用意して対応していたJALの人達の姿に感動を覚えたことを思い出します。

 かつての超高給や高額企業年金は確かに酷いと思うけど、特に現役で頑張っている人たちにはなんの咎もないはず。アメリカではアメリカンエア以外の大手は全て破綻経験者。是非ここから這い上がって欲しいものです。

Continue reading "頑張れ!JAL" »

January 18, 2010

さらば、小林投手!

 スポーツの世界には記録を残す人と記憶を残す人がいると良く言われますが、小林繁投手は後者の典型。実働11年で139勝という記録は、「日本プロ野球名球会」なる謎の組織の入会規定を満たしておらず、記録にはそれほど残っていません。しかしかつての長嶋巨人の就任年最下位から翌年の優勝へ導いた大エースとして、そして江川事件で阪神へ移籍してからの凄まじい気迫の投球(その年、22勝&巨人には8勝0敗)は今でも私の記憶にはっきりと残っています。

 巨人ファンだった子供の私を巨人嫌いへ変えた人。その後の人生も波乱万丈だったようですが、57歳はあまりに若すぎます。慎みましてご冥福を祈りたいと思います。
 

Continue reading "さらば、小林投手!" »

January 17, 2010

今年の自宅レンタルビデオ①②

National_treasure_book_of_secrets48Vantage_point480

Bkline_2

 防忘録も兼ねまして本年からはレンタルビデオもちゃんと日記に残しておきます。
昨日鑑賞の本年鑑賞ビデオ①「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」に続き、本日は②「バンテージ・ポイント」。感想は続きに。

Continue reading "今年の自宅レンタルビデオ①②" »

January 16, 2010

MASTER TAPE ~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~

 怒涛の一週間を過ごしての穏やかな土曜日。

 今年の自宅レンタルビデオ①は「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」。買った本&雑誌は「レッド・ツェッペリン コンプリートブック(シンコーミュージック・エンタテイメント社)」、「映画は遊んでくれる(芝山幹朗・清流出版)」、「週刊文春」。lこのあたりの映画、本、雑誌についてはまた別途。で、夜は地道に自宅でお鍋をつつきながらビデオ&TV。珍しくTVで何を見たのかといえば「MASTER TAPE ~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~」。

 番組の内容はスタジオに名盤「ひこうき雲」を作成したメンバーが集まって単に雑談をする(?)というもので、非常にシンプルなものではあるのですが、これがすっごく美味しくてスリリング。ちょうど「加藤和彦ラスト・メッセージ」という本を読んだばっかりで、73年当時のアルファスタジオや当時のユーミン、「僕と細野さんがいなければ日本の音楽は10年遅れていた」なんていう文章に触れたばかりだったので非常に刺激的。

 なんてことのない雑談に深かみがあり、こうやって日本のPopが創られてきたんだな~という感慨。アメリカのMTVでもこうして名盤が生み出されるまでのストーリーというのは結構やっているのですが、これはどろどろとした人間ドラマが中心(焦り、怒り、悲劇、ドラッグ、そして栄光!)。こうしてさらっとした構成されているのは美味しい日本的お茶漬けの味。

2月に再放送もあるそうなので機会がある方は是非。

Continue reading "MASTER TAPE ~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~" »

January 15, 2010

怒涛の一週間

 残念ながら今年に入って毎日更新という目標は敗れてしまいました。いきなり怒涛の仕事の日々。金曜日が終わると週末は燃え尽きてばったり・・・・

January 12, 2010

クリノッペコンテスト・ピコンピコンマシーンで優勝!

 実は昨年末から携帯ゲームサイト・GREEにはまっております。文字通りの箱庭育成ゲーム「ハコニワ」は既に5つめ(育てた植物80種類越え)&クリノッペの育成もすくすくと。

 という事で、連休中はクリノッペコンテスト・ピコンピコンマシーンをずっとやっておりました。結果は・・・優勝(それも、夫婦共々)。

 いい歳こいてとも思うのですが、なかなかゲームはやめられません(すみません、MIXIの方のゲームはこれ以上手を広げると廃人化の恐れがあるので遠慮しております)。

January 11, 2010

豊洲の落陽

本当は日曜日に「アバター」を見終わった後の風景ですが。綺麗だったのでガラス越しにパチリ。日曜、月曜の日記は続きにあります。
20100110


Continue reading "豊洲の落陽" »

January 10, 2010

今年の劇場鑑賞その①は「アバター」

Avatar_360 食べ過ぎの翌日は昨日果たせなかった今年の映画鑑賞第一発目はやっぱり「アバター」。現在全世界で爆発的な勢いでヒットしているSF大作。

 アメリカではとにかく興行成績の客足が落ちず(普通の大作は公開後30-60%落ちるのが普通)、興行成績一位を驀進中で2009年内に公開された映画ととしては「トランスフォーマー・リベンジ」を越え、一昨年の超ヒット「ダークナイト」を越え、史上第一位の「タイタニック」に迫る勢い(4週連続No1)。とすると「アバター」の監督であり、「タイタニック」の監督であるジェームズ・キャメロンは世界&アメリカ興行記録の一位、二位を占める事となります。さっすが。

 そのヒットの秘密は・・・・・とにかく見終わった後に語りたくなり、もう一度見たくなる作品の習慣性(毒性?)。続きます。

Continue reading "今年の劇場鑑賞その①は「アバター」" »

January 09, 2010

新年会 at ガール・ド・リヨン

Gdl04
 お馴染みのTomokoさん達との新年会は八丁堀の「ガール・ド・リヨン/Gare de Lyon」(2度目)。ここは「HANAKO」にも”ワインがのめないかたお断り”の店として紹介された場所。初めて行った時は敷居の高い店じゃないかとちょっと心配だったのですが、そんな心配は無用のカジュアルなフレンチレストラン。

 個人的にはパテが美味しくて色々と味わってしまいました。また「牛のほほ肉のワイン煮込み」と赤ワインの食い合わせが最高。とにかくワインをぐびぐびと行く為のメニューが手ごろな値段で揃っていて、結果ワインもがんがんいってしまう危険な(?)、お店です。
Gdl02

 前回も結構酷かったのですが今回も悪酔い者発生。酔ったあげくに東京駅近くの「山頭火」でラーメンに行ってしまうというおまけがついて、ああああ、減量の誓いが崩れる~(続きにお店の情報と「山頭火」のラーメンが)

Continue reading "新年会 at ガール・ド・リヨン" »

January 08, 2010

スーザン・ボイル at 紅白歌合戦

 今週買った「週間文春」でも触れているのですが、紅白歌合戦でキムタクがスーザン・ボイルのイントロダクションをした時に(自慢の)英語が通じなったことが話題のようですがこれはちょっとかわいそう。あの場合はあきらかにスーザン・ボイルが緊張したのか、あがっていたのか全然聞いていなかったと言うのがほんとのところなんじゃないでしょうか(録画を見返してみてもキムタクは結構明瞭に発音しています)。

 まあ、確かに今年のはじめは本当にただのおばちゃんだった人がこうやって海外のステージに引っ張り出されたのですから緊張しているのは当たり前。本人はひたすら「うまく歌えますように」とがちがちになっていたはずできちんと受け答えが出来なかったのを「英語がつうじなかった」と言われるのではちょっとね。個人的にはスーザンボイルの歯がちょいと汚かったのが気になりましたが。

 これも紅白歌合戦を乗っ取りつつあるジャニーズ事務所への反発かな?

January 07, 2010

スティーヴン・キングが『シャイニング』続編を執筆!

リンク: スティーヴン・キングが『シャイニング』続編を執筆!その内容が明らかに|映画ブログメディア Hot Trash.com.

 新年から嬉しいニュース。ただ「映画版『シャイニング』はホラー・クラシックとして名高いマスターピースであり、それを超えることは困難ということで、ファンの間では続編小説が出版されても映画化はしないでくれ!という声が高まっている」というのはちょいと違うのでは?

January 06, 2010

週間文春

 忙しいなかの楽しみは雑誌。朝はまじめに日経新聞読んでますが帰りは「週間文春」。帰宅に要する時間が昔の半分なので続きはお風呂の中で読んでます( ̄○ ̄;)!

 通勤が一時間以上だった昔は週に5誌くらい買っていました。月曜は「ポスト」か「現代」に始まり、火曜に「週間朝日」、水曜に「SPA」、木曜に「文春」、そして金曜に「宝石」!これに「ジャンプ」「スピリッツ」「モーニング」を買って「週間プロレス」を買って夕方は(これは新聞ですが)「東スポ」と「日刊現代」を買っていたのですから完全に中毒。でも今や生き残りは「週間文春」だけ。

 「文春」が生き残った理由はやはりコラム陣が充実していること。ただ昔はあんなに面白かった椎名誠「風まかせ赤マント」が今は面白く感じられず、若手なはずの宮藤官九郎「いまなっつった?」、劇団ひとり「そのノブは心の扉」に心惹かれず、当たり外れはあるにしろ小林信彦「本音を申せば」の方が面白く感じられるようになり、林真理子「夜ふけのなわとび」より中村うさぎ「さすらいの女王」に鋭さを感じるのは歳を重ねたせいか、それとも心境の変化か?

続きに今週の見出し、あります。

Continue reading "週間文春" »

January 05, 2010

いきなり

いきなり残業でぼろぼろしております。2010年も忙し目のスタート。ふう~っ

January 04, 2010

仕事始め

 起きて即体重測定。結果はが~んというか予想通りというか年末に比べ+1.5Kg。目標は5キロマイナスだったので目標まで-6.5Kgとたった4日でハンデを背負うこととなりました。

 本日から仕事始め。なんとなくスローな一日の後新年会。またもや明日体重計に乗るのが怖い~

January 03, 2010

1月3日、静川のタコ、「Brutus」、そして「龍馬伝」

 仙台の朝は寒く起きるに難し。連日のご馳走で体重不安をかかえつつ起床(体重計がないので不安増大)。かみさんの友人の実家(本人は海外で働いている)で静川のタコを堪能しながら仙台駅へ。途中渋滞で指定席を取っていた新幹線に乗り遅れるも次の自由席をget。何とか座って東京へ。

 戻りの新幹線はとにかく満席で立ち席の方、多数。iPod+駅で買った「BRUTUS (ブルータス) 2010年 1/15号 [本が人をつくる]」で帰りの2時間を乗り切る。特集で取り上げられている本を見ると最近の自分の読書が「痩せて」来ている事を再実感。

 戻ったら丁度新しい大河ドラマ「龍馬伝」。今回プログレッシブカメラという高精細カメラを使っているそうで「画像に深み」らしいのですが、画の情報過多で抜けが悪い感じでちょいと好みじゃありませんでした。先週までの「坂の上の雲」の正岡子規と「龍馬伝」の岩崎弥太郎が同一人物なのもちょいマイナス。さて今後どうなりますか。

 大学ラグビー、高校サッカー、そして駅伝とひいきの学校が全滅でお正月もこれにてお開き。明日からまた仕事が始まります。

Continue reading "1月3日、静川のタコ、「Brutus」、そして「龍馬伝」" »

January 02, 2010

元旦~2日の日記

元旦
 早起きして初日の出写真を撮った後、近所の住吉神社で初詣(写真はこちら)。家で昨日終わらなかった掃除の続きをした後、実家へ。その途中でやっとスティーブン・キングの大作「悪霊の島 上」に着手。そのスリリングな幕開けに今年はビジネス書以外へも積極的に手を出そうと固く誓う。

 実家では一族大集合。こんなに多くが集うのは結婚式以来?食べすぎ&飲みすぎで体重増が不安。

2日
 思った通りの体重増。新年の減量の誓いも2日目にして壊滅!?

 東京駅へバスで出て新幹線でかみさんの実家・仙台へ。夜はかみさんの旧友と居酒屋で1杯。ほっけ、カマ焼き、焼き鳥ととにかくうまく&安く仙台の食文化の高さを実感。お腹一杯で・・・・また体重不安。


Continue reading "元旦~2日の日記" »

January 01, 2010

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。快晴の東京からまずはあまりにベタではありますが初日の出。皆様の2010年が素晴らしい年になりますように。続きに朝の下町の点描写真あり。
Gantan01

Continue reading "明けましておめでとうございます" »

« December 2009 | Main | March 2010 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ