« 言われているほど酷くはないけれど・・・「ツーリスト/The Tourist」 | Main | 東京へ行ってきました »

January 03, 2011

ようこそ、ダークサイドへ「ブラック・スワン」

Bs さて、「ツーリスト/The Tourist」が終わったあとはそのまま2本目「ブラック・スワン/Black Swan」に突入。こちらは、「ツーリスト/The Tourist」と違って、アカデミー作品賞へのノミネートが有力視され、特に主役のナタリー・ポートマンは最優秀女優候補の本命とも囁かれる作品。

 お話は至ってシンプル。ニューヨーク・シティ・バレエの気鋭のダンサー・ニーナ(ナタリー・ポートマン)が新シーズン幕開けの「白鳥の湖」の主役として抜擢されますが、厳しくて実力はあるが好色な演出家(ヴァンサン・カッセル)、サンフランシスコからやってきた強力なライヴァル(ミラ・クニス)、前シーズンで引退を余儀なくされたかつてのスター(ウィノナ・ライダー)、優しいけれど支えになっていない母(バーバラ・ハーシー)に囲まれてダークサイドへ堕ちて行く物語。

 美しさ、無垢な繊細さ、確かな技術をもっており”白鳥”を演ずるには十分なのに、王子を誘惑し別世界へ誘う”黒鳥”を演じるには色気不足というこの役柄は、どう考えてもナタリー・ポートマンの書かれたような美味しい役。ここで”化ける”というか”女優開眼する(日本映画チックな表現)”過程を見せられるかどうかが、この映画の肝の部分ですが、数々の映画賞がその結果を表していると思います。「レオン」のあの娘が、アミダラ姫が、ここまでになったのかと考えてしまった私は十分におっさんです。
(「ビートルジュース」「ヘザース」のウィノーナがここまで怖くなってしまったのを嘆くに至っては・・・)

 普通にやったら根性物ドラマになっちゃうところをダーレン・アロノフスキー監督はホラーの味付けでこのドラマを退屈させません。さすがは最強の落込み作品「レクイエム・フォー・ドリーム」の監督。彼はもう一本のアカデミー賞候補作「ザ・ファイター」の方でも製作総指揮を取っており、「レスラー」に続いてアカデミー賞の常連になってきました。へヴィーながらも見ごたえ十分な一本。
 

« 言われているほど酷くはないけれど・・・「ツーリスト/The Tourist」 | Main | 東京へ行ってきました »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

これ、ソーシャル・ネットワークとともにかなり興味ある映画です。素敵なレビューありがとうございます。
PS 私もきっと感慨深いと思うおばちゃんと化すと思います(笑)

Tomokoさん、お返事が無茶苦茶遅くなり失礼しました。どうしても子役時代から見ている人が頑張ってるのを見ると応援してしまうのはやっぱり・・・(苦笑)

ちなみにライバル役のミラ・クニスは長年マコーレーカルキン(ホームアローン)と付き合ってた人です!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/50499089

Listed below are links to weblogs that reference ようこそ、ダークサイドへ「ブラック・スワン」:

« 言われているほど酷くはないけれど・・・「ツーリスト/The Tourist」 | Main | 東京へ行ってきました »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ