« Chinese New Year in NY Chinatown | Main | アカデミー賞予想結果、15勝9敗 »

February 21, 2011

アカデミー賞予測 一気に全部門

2月27日(日本時間28日朝)の授賞式まで後1週間を切った第83回アカデミー賞。今年は久々にアメリカにいて作品を随分見たので、久しぶりに予想復帰。本当は作品賞候補全作品を見て予想しようと思ったのですが、8本でギブアップ。下記(続き)に一気に予想(◎が本命、○対抗予想、発表後に受賞作をBd_star13で表示します)。明日以降その理由を書いて行きます。ちなみに授賞式の夜は、日曜だと言うのに仕事で中継が見れない予定(涙)

■ 作品賞/Best Picture
・『ブラック・スワン』Black Swan
・『ザ・ファイター』The Fighter
・『インセプション』Inception
・『キッズ・オールライト』The Kids Are Alright
○『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『127時間』127 Hours
◎『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network
・『トイ・ストーリー3』Toy Story 3
・『トゥルー・グリット』True Grit
・『ウィンターズ・ボーン』Winter's Bone

■ 監督賞/Directing
・ダーレン・アロノフスキー
―― 『ブラック・スワン』Black Swan
・デヴィッド・O・ラッセル
―― 『ザ・ファイター』The Fighter
○トム・フーパー
―― 『英国王のスピーチ』The King’s Speech
◎デヴィッド・フィンチャー
―― 『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network
・ジョエル・コーエン & イーサン・コーエン
―― 『トゥルー・グリット』True Grit

■ 主演男優賞/Actor in a Leading Role
・ハビエル・バルデム
―― 『ビューティフル BIUTIFUL』
・ジェフ・ブリッジス
―― 『トゥルー・グリット』True Grit
○ジェシー・アイゼンバーグ
―― 『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network
◎コリン・ファース
―― 『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・ジェームズ・フランコ
―― 『127時間』127 Hours

■ 主演女優賞/Actress in a Leading Role
○アネット・ベニング
―― 『キッズ・オールライト』The Kids Are Alright
・ニコール・キッドマン
―― 『ラビット・ホール(原題) / Rabbit Hole』
・ジェニファー・ローレンス
―― 『ウィンターズ・ボーン』Winter's Bone
◎ナタリー・ポートマン
―― 『ブラック・スワン』Black Swan
・ミシェル・ウィリアムズ
―― 『ブルーバレンタイン』

■ 助演男優賞/Actor in a Supporting Role
◎クリスチャン・ベイル
―― 『ザ・ファイター』The Fighter
・ジョン・ホークス
―― 『ウィンターズ・ボーン』Winter's Bone
・ジェレミー・レナー
―― 『ザ・タウン』
・マーク・ラファロ
―― 『キッズ・オールライト』The Kids Are Alright
○ジェフリー・ラッシュ
―― 『英国王のスピーチ』The King’s Speech

■ 助演女優賞/Actress in a Supporting Role
・エイミー・アダムス
―― 『ザ・ファイター』The Fighter
・ヘレナ・ボナム=カーター
―― 『英国王のスピーチ』The King’s Speech
○メリッサ・レオ
―― 『ザ・ファイター』The Fighter
◎ヘイリー・スタインフェルド
―― 『トゥルー・グリット』True Grit
・ジャッキー・ウィーヴァー
―― 『アニマル・キングダム(原題) / Animal Kingdom』

■ 脚本賞/Writing (Original Screenplay)
・『アナザー・イヤー(原題) / Another Year』
・『ザ・ファイター』The Fighter
○『インセプション』Inception
・『キッズ・オールライト』The Kids Are Alright
◎『英国王のスピーチ』The King’s Speech

■ 脚色賞/Writing (Adapted Screenplay)
・『127時間』127 Hours
◎『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network
・『トイ・ストーリー3』Toy Story 3
○『トゥルー・グリット』True Grit
・『ウィンターズ・ボーン』Winter's Bone

■ 編集賞/Film Editing
・『ブラック・スワン』Black Swan
・『ザ・ファイター』The Fighter
○『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『127時間』127 Hours
◎『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network

■ 視覚効果賞/Visual Effects
○『アリス・イン・ワンダーランド』
・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
・『ヒア アフター』
◎『インセプション』Inception
・『アイアンマン2』

■ 音響編集賞/Sound Editing
◎『インセプション』Inception
・『トイ・ストーリー3』Toy Story 3
・『トロン:レガシー』
○『トゥルー・グリット』True Grit
・『アンストッパブル』

■ 撮影賞/Cinematography
・『ブラック・スワン』Black Swan
・『インセプション』Inception
○『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network
◎『トゥルー・グリット』True Grit

■ 美術賞/Art Direction
◎『アリス・イン・ワンダーランド』
・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
○『インセプション』Inception
・『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『トゥルー・グリット』True Grit

■ メイクアップ賞/Makeup
・『バーニーズ・バージョン(原題) / Barney's Version』
・『ザ・ウェイ・バック(原題) / The Way Back』
◎『ウルフマン』

■ 衣装デザイン賞/Costume Design
○『アリス・イン・ワンダーランド』
・『アイ・アム・ラブ(原題) / I Am Love』
◎『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『テンペスト(原題) / The Tempest』
・『トゥルー・グリット』True Grit

■ 歌曲賞/Music (Original Song)
・「カミング・ホーム」
―― 『カントリー・ストロング(原題) / Country Strong』
・「アイ・シー・ザ・ライト」
―― 『塔の上のラプンツェル』
○「イフ・アイ・ライズ」
―― 『127時間』127 Hours
◎「ウィー・ビロング・トゥギャザー」
―― 『トイ・ストーリー3』Toy Story 3

■ 作曲賞/Music (Original Score)
・『ヒックとドラゴン』
・『インセプション』Inception
○『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『127時間』127 Hours
◎『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network

■ 音響賞/Sound Mixing
◎『インセプション』Inception
・『英国王のスピーチ』The King’s Speech
・『ソルト』
・『ソーシャル・ネットワーク』The Social Network
○『トゥルー・グリット』True Grit

■ 長編アニメ賞/Animated Feature Film
○『ヒックとドラゴン』
・『イリュージョニスト』
◎『トイ・ストーリー3』Toy Story 3

■ 短編アニメ賞/Short Film (Animated)
○『デイ&ナイト』
◎『ザ・グラッファロ(原題) / The Gruffalo』
・『レッツ・ポリュート(原題) / Let's Pollute』
・『ザ・ロスト・シング(原題) / The Lost Thing』
・『マダガスカル, カーネット・デ・ボヤージュ(原題) / Madagascar, carnet de voyage』

■ 短編実写賞/Short Film (Live Action)
◎『ザ・コンフェッション(原題) / The Confession』
・『ザ・クラッシュ(原題) / The Crush』
・『ゴッド・オブ・ラブ(原題) / God of Love』
○『ナ・ウィウィ(原題) / Na Wewe』
・『ウィッシュ143(原題) / Wish 143』

■ ドキュメンタリー長編賞/Documentary (Feature)
・『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ(原題) / Exit through the Gift Shop』
・『ガスランド ~アメリカ 水汚染の実態~』
◎『インサイド・ジョブ(原題) / Inside Job』
○『レストレポ ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録~』
・『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』

■ ドキュメンタリー短編賞/Documentary (Short Subject)
◎『キリング・イン・ザ・ネーム(原題) / Killing in the Name』
・『ポスター・ガール(原題) / Poster Girl』
○『ストレンジャーズ・ノー・モア(原題) / Strangers No More』
・『サン・カム・アップ(原題) / Sun Come Up』
・『ザ・ウォーリアーズ・オブ・キウガン(原題) / The Warriors of Qiugang』

■ 外国語映画賞/Foreign Language Film
・『ビューティフル BIUTIFUL』 メキシコ
・『ドッグトゥース(原題) / Dogtooth』 ギリシャ
・『イン・ア・ベター・ワールド(原題) / In a Better World』 デンマーク
・『アンサンディ(原題) / Incendies』 カナダ
・『アウトサイド・ザ・ロウ(原題) / Outside the Law (Hors-la-loi)』 アルジェリア

« Chinese New Year in NY Chinatown | Main | アカデミー賞予想結果、15勝9敗 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/50948920

Listed below are links to weblogs that reference アカデミー賞予測 一気に全部門:

« Chinese New Year in NY Chinatown | Main | アカデミー賞予想結果、15勝9敗 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ