« Central Park now | Main | Live from NY, Gay parade now【写真追加】 »

June 20, 2011

新作なのに懐かしい「SUPER 8/スーパーエイト」

Super_eight 若くして「Alias(制作総指揮)」や「Lost(製作・監督・脚本)」を生み出したアメリカTV界のスーパースター・JJ.エイブラムスの監督最新作(劇場映画の監督はまだ三本目*)は、1979年のオハイオの田舎町での少年・少女たちの未知との遭遇と冒険を描く「ET x グーニーズ x 未知との遭遇+若干のポルターガイスト」テイストの作品。

 とすればこの4作に関った製作・監督のスティーブン・スピルバーグをアドバイザー役(製作)に引っ張ってくるのはもう必然みたいなもの。大風呂敷を広げて最後は家族の愛情に収斂するその展開も含め、80年代のスピルバーグ映画を見ているような懐かしさを感じさせる作品に仕上がっています(同じスティーブンでもキングの「IT」「スタンバイミー」要素もありますが)。

 個人的にはその音楽の使い方(ELOやThe Knack!)、部屋にはってあるポスターやゾンビ映画の巨匠ロメロへの愛情等の細かな背景がツボにはまってしまってお気に入りの一本なのですが(=監督の狙いにホイホイはまっている)、映像的な刺激とジェットコースターのようなストーリーに馴れた今の観客、特に10代~20代の多い日本の観客には物足りなく感じるのではと非常に心配(アメリカはミステリー要素で売っているのに、感動大作として売る日本の宣伝も心配)。日本でどう評価されるか楽しみでもあり、心配でもある一本です。

*「MI-III」「スタートレック」の二本だけ。「クローバーフィールド」は製作で監督ではありません。

« Central Park now | Main | Live from NY, Gay parade now【写真追加】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

お久しぶりです。
ほんとうに80年代スピルバーグ映画でしたね。
70年代のとんがった映像のあとに出てきた
スピルバーグの
ほわ~っとした、暖かみというか…。
そういうのも、いつしか映画界から消えていたんですね。
時代の変遷は早いなあ。

ということで、ニューヨークへの復帰…。
海外からのいち早いレポート&レビュー、
楽しみにしています。

これからもよろしくです。

えいさん、早速のお越しどうもありがとうございます。またゆるゆると再開して参りますので宜しくお願い致します。

この作品、なんだかスピルバーグ印がついてSF超大作扱いされていますが、制作費は$50Mで、「グリーンランタン」の1/4、「マイティ・ソー」の1/3のノースターの可愛らしい小品だと思うのですが・・・

そんな所でも損している気がします。

What's up, I check your blog like every week. Your humoristic style is witty, keep it up! creditos rapidos onlin

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69423/52011655

Listed below are links to weblogs that reference 新作なのに懐かしい「SUPER 8/スーパーエイト」:

» 『SUPER8 スーパーエイト』 [ラムの大通り]
(原題:Precious Life) ----これは夏の超話題作。 来週公開だよね。 「うん。公開されてからネタバレ全開で喋ろうかとも思ったんだけど…。 それだったら、ストーリーなんか説明しなくていいし…」 ----その言い方はないんじゃニャいの? 「あっ、ちょっと言いすぎだっ...... [Read More]

» 映画:スーパー8 逆デジャブ状態に吐き気を催す、今年有数の駄作(と言い切らせてもらおう) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「スタートレック」で男を上げた、 J.J.エイブラムスが監督。 かつ、スピルバーグがプロデュース。 ということで、最強の映画になるか?!、と期待し、公開直後のNY深夜に鑑賞。 ところが!! 個人的には、全く受け付けない展開。 子供の妙に笑わせるギャグセンスのみ...... [Read More]

» SUPER 8 /スーパーエイト [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「LOST」「クローバーフィールド」のJ・J・エイブラムス監督times;スティーヴン・スピルバーグ製作 ということで、いかにもJJ作品らしく、 そこにスピルバーグ要素入れた感じ(ってそのまんま) 全米で...... [Read More]

» [映画『SUPER8/スーパーエイト』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆15日からの現シフトになってから、一度たりとも定時帰宅がなくて、今日も忙しかったが、まだまだ残業のところを午後8時半に何とか切り上げ、そのまま会社の制服で、午後9時20分からの『SUPER8/スーパーエイト』のレイトショーを観てきた。  面白かった。  先...... [Read More]

» 拍手コメントへ返信 (2011-06-24分) [ディレクターの目線blog]
ご来訪の上、コメントと拍手をありがとうございます! これ程好き勝手に書いておりますと、厳しいコメントも頂きますが、たくさんのご賛同の拍手やコメントも頂戴し、何よりの励みになります。いつもありがとうございます。 "拍手コメント"に返信します! すべての"拍手コメント"は、読ませて頂いておりますが、返信機能が無いため、出来るだけこの場で返信させて頂きます。お心当たりのある方は、どうぞ、お手数ですが、下記の“続きを読む”よりお進み下さい。 ※基本的に翌日以降にお返事を差... [Read More]

» SUPER8/スーパーエイト・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
スピルバーグ世代のノスタルジー。 1年前にティーザートレイラーが公開されてから、世界中の映画ファンの間で話題を呼んでいたJ・J・エイブラムスとスティーブン・スピルバーグのコラボ作、その名も「SUPER8/...... [Read More]

» SUPER 8/スーパーエイト [映画の話でコーヒーブレイク]
予告編を見たところ・・・ 「未知との遭遇」と「E.T」「プレデター」をミックスしたような感じなのかな?と思いつつ鑑賞。 スティーブン・スピルバーグ製作、J・J・エイブラムス監督作品。 スピルバーグはやっぱり「地球外生命体もの」「少年の冒険もの」がお好き? ...... [Read More]

» 『SUPER 8/スーパーエイト』 その意味するものは? [映画のブログ]
 1966年生まれのJ・J・エイブラムスにとって、1977年公開の『未知との遭遇』や1980年の『未知との遭遇 特別編』、そして1982年の『E.T.』を観ることは、胸躍る体験だったろう。  そんな彼が、それらの作品...... [Read More]

» SUPER8 「ソ連のせいだ!」(笑) [労組書記長社労士のブログ]
 このブログ、労組書記長でもないし、社会保険労務士でもないし、というような状況に最近なっているのを「困ったなあ、修正しなくちゃ」と思いつつ今年も後半戦に突入、もうしばらく映画と波乗りだけのブログになりそうです。 昨夜、飲みに行ったお店のおねえちゃんが「...... [Read More]

» SUPER 8/スーパーエイト [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>1979年、アメリカ・オハイオ州。 8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、 貨物列車の衝突事故が発生。貨物列車は空軍施設・エリア51から ある場所へと研究素材を極...... [Read More]

» SUPER8/スーパーエイト [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
SUPER8/スーパーエイト'11:米◆原題:SUPER 8◆監督:J・J・エイブラムス「スター・トレック」「M:i−III」◆出演:エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ロン・エルダード、ノア ... [Read More]

» スーパーエイト [映画的・絵画的・音楽的]
 『SUPER 8/スーパーエイト』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)生憎スピルバーグ映画のファンでもないので、見ることは見ましたが、よくわからないところ、疑問に思えるところがいくつも出てきてしまい、とても拍手喝采というわけにはいきません。  それで今回は、そう...... [Read More]

« Central Park now | Main | Live from NY, Gay parade now【写真追加】 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ