November 23, 2012

Black Fridayに思うこと/Black Fridayその1

Continue reading "Black Fridayに思うこと/Black Fridayその1" »

November 09, 2012

11月8日

Continue reading "11月8日" »

November 08, 2012

AD-Tech/アド・テック NY

Continue reading "AD-Tech/アド・テック NY" »

November 07, 2012

大統領選挙

Continue reading "大統領選挙" »

November 04, 2012

after Sandy:そうだ、大統領選があるんだった

 ハリケーン・サンディに直撃されたアメリカ大統領選挙。通常ならば最終コーナーで激しい罵り合いの広告が飛び交う時期ですが、今回は”こんな時期に”という事で落ち着いています。

 所が不利を伝えられるロムニー陣営が今の流れに思いっきり苛立っています(続きを御覧下さい)。確かに攻める方が”現政権の悪口”を封じられたら厳しい戦いになるとは思いますが。いずれにしても結果は数日後!

"Bruce Springsteen" Hurricane Sandy Coming Together

標的はこの人でしょう:選挙前日にはJay-Zと異色のコラボ・コンサート:
Jay-Z and Bruce Springsteen to Join Obama on Final Day of Campaign

番組がそのまま見れます:
のんびり亭音楽別館”The Song Remains The Same:All Star”「 Hurricane Sandy: Coming Together

Continue reading "after Sandy:そうだ、大統領選があるんだった" »

September 28, 2012

米国4件目のユニクロはNJ/初の郊外型店舗

Continue reading "米国4件目のユニクロはNJ/初の郊外型店舗" »

January 19, 2010

頑張れ!JAL

 JALが事実上の倒産。これは私のようにちょこちょこ海外へ行っている人間には非常にインパクトのあるニュース。一昨年はJALの当たり年でかなり利用し、サファイアクラスなるものをGETしたのですが、昨年は一転して一度も利用せず。噂に聞くとビジネスクラス以上はまだしも、エコノミークラスのサービスの低下は著しいとのこと。かつての栄光の残滓を知るものには諸行無常の響きあり、という所でしょうか。ただ、これって長年に渡って政治家、特に自民党に食い物にされて無茶な地方空港に便を飛ばさざるをえなかったりしたつけが廻ってきたことが大きいはず。

 あの「911」の時、ニューヨークで「飛行機に乗せろっ」「いったいいつ飛ぶんだっ」「私はJALの幹部をしっているっ」等と空港でグラウンドホステスの女性たちに罵声をあびせ、酷い人は女性の襟元を掴んで詰め寄った人たちが出たことを聞きました。あの混乱の中でだれかれもなくNYの事務所で軽食と新聞を用意して対応していたJALの人達の姿に感動を覚えたことを思い出します。

 かつての超高給や高額企業年金は確かに酷いと思うけど、特に現役で頑張っている人たちにはなんの咎もないはず。アメリカではアメリカンエア以外の大手は全て破綻経験者。是非ここから這い上がって欲しいものです。

Continue reading "頑張れ!JAL" »

February 16, 2009

海外でも大うけ!中川さん(酒)

January 21, 2009

オバマ大統領就任

 ついに悪役ブッシュ政権が終わり善玉オバマ新大統領が誕生しました。驚いたのは日本の報道が歓迎一色なこと。どーして、そこまで他国の大統領に期待するんだろうという天邪鬼な気持ちがむくむく。

 アメリカの政治、経済、文化が日本に大きな影響を与える現状で、新大統領に期待したくなる気持ちはわかりますが、あまりに礼賛ムード一色。これがきっとひいきの引き倒しで流れがちょっと変ると無茶苦茶書くのでしょう。
ある意味では日本にとってはブッシュ政権の方が組みやすかったはずで、多分日本には色々と厳しい要求が出てくることと思います。

 このあたりは冷静に流れを見て行きたいと思います。

*オバマ就任を祝うコンサートでのU2のパフォーマンスはこちら

November 06, 2008

敗れしものたちに祝福を

 アメリカ大統領選挙の時にいつも思うのは、敗者の潔さ(除く2000年ブッシューゴア大統領選挙)。今回のマケインも勝敗の確定した段階(それもかなり初期段階)にオバマに祝賀の電話をいれ、きちんと敗北を認め(下記のビデオ)、共に戦った人たちを称え、そして”希望”をオバマに託して、アメリカ国民に対し新大統領の下に結集を呼びかけています。”きちんと多数決に従う”というのは民主主義の基本な訳で、その意味でいつもどおり、淡々と道に従っています。

 マケイン候補は共和党内でも一匹狼、中道よりの穏健派として知られ2000年の大統領選挙ではブッシュと共和党の指名候補を争った人。今回も”共和党内で最もブッシュ色が薄い”点を買われて候補になった経緯がありました。確かにサラ・ペイリンの副大統領指名は失敗だったと思うものの、大統領になったとしたらきっとそれなりだったのでしょう(ブッシュよりは人の話を聞きそう)。今は是非ゆっくりやすんでよ、おじいいちゃんと声をかけたくなるところが、人柄というところでしょうか。

 選挙で負けて相手を称えることの(あまり)ない日本。選挙に負けると色々報復をくらって失脚したり投獄される国も世界にあるなかではまだまともだと思いますが、いずれにしてもまだまだ民主主義の成熟度が違うと考えさせられます。


December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

のんびり亭本館・別館ご案内

無料ブログはココログ